土曜 ドラマ nhk。 土曜ドラマ「監査法人」

土曜ドラマ

土曜 ドラマ nhk

ストーリー 2002年。 バブル後遺症に悩む日本経済は、未だ先行きが見えないでいた。 公認会計士・若杉健司が勤めるジャパン監査法人には二つの大きな意見対立があった。 不況に苦しむ企業を救うためには、多少の粉飾も見逃そうという「ぬるま湯監査」派。 不良企業は切り捨て、いかなる不正も認めないという「厳格監査」派。 健司は、信頼できる先輩・小野寺直人のもとで、「厳格監査」こそ正義と信じるが、切り捨てられていく企業や社員の痛みを感じるたびに、仕事に疑問を感じていく。 そんな時、健司は大手食品会社の粉飾を発見する。 やがてそれは、財界、金融界を巻き込んだスキャンダルに発展し、健司たちも巨大なうねりに飲み込まれていく…。 もっと読む 各回のあらすじ 第1回「会社、つぶせますか」 北陸建設工業の監査を任された会計士・若杉健司(塚本高史)は、経理書類に粉飾の疑いを抱く。 建設中の物件が売上げに計上されていた。 隠蔽(いんぺい)しようとする社長・五味(長門裕之)は、長年の友人である監査法人理事長・篠原(橋爪功)に頼み込む。 健司が強引な調査をしたことで、隠蔽作業に駆り出された男が転落事故で死亡する。 厳格監査は正しい道なのか? 健司は決断を迫られる。 第2回「800億円の裏帳簿」 健司(塚本高史)が監査を務めることになった大手食品メーカー・飛鳥屋の倉庫で火事が起こる。 しかし、財務諸表には火災損失の気配さえ見受けられない。 会社側の説明では、倉庫の管理は別会社に依頼しているという。 健司は飛鳥屋と別会社のあおなみ興産の間に不審な経理処理を見つけだす。 そして同僚の山中茜(松下奈緒)の調査で、倉庫から飛鳥屋の売れ残りの在庫が大量に見つかる。 それは巨額の不良債権を隠ぺいした証拠だった。 第3回「粉飾の連鎖」 ソフト会社ウインドメルの監査で、健司(塚本高史)は架空循環取引による粉飾を発見する。 しかし、主査の吉野(勝村政信)は「社長の力になりたい」と、健司の指摘をもみ消す。 その吉野を篠原(橋爪功)は東都銀行の監査主査に指名する。 東都銀行の経営状況は厳しく、頭取の国友(竜雷太)との癒着もあり、柔軟な吉野に託したのだ。 吉野はなぜか健司を監査チームに加えて…。 2兆円の不良債権を抱える巨大銀行に会計士たちが挑む。 第4回「崩壊の序曲」 東都銀行にNOを突きつけた健司(塚本高史)と茜(松下奈緒)は、先輩の失そうや銀行役員の自殺を目の当たりにし、監査の仕事に迷いを持つ。 小野寺(豊原功補)は財政監督庁と手を組み、理事長・篠原(橋爪功)の追い落としをねらう。 東都銀行に財政監督庁の強制検査が入る一方、ジャパンにも東京地検特捜部のメスが入り、飛鳥屋の粉飾に端を発した一連の偽装が明らかになる。 ジャパンは事実上業務停止へと追い込まれるのだった。 第5回「夢の代償」 小野寺(豊原功補)が立ち上げた「エスペランサ監査法人」は急成長。 だが健司(塚本高史)は、優秀な企業だけを選別し、業績不振の企業を切り捨てるやり方に疑問を感じる。 健司は茜(松下奈緒)とともに、井上(阿部サダヲ)のベンチャー企業上場のための監査を請け負う。 健司は違法スレスレの行為を見つけるが「株価をつり上げるために必要なことだ」と開き直られる。 上場させるべきか悩む健司。 そして井上が襲われる事件が…。 第6回<終> 「会社、救えますか」 井上(阿部サダヲ)の殴打事件がきっかけで、粉飾が明らかになり、プレシャスドーナツの株価は急落。 エスペランサ監査法人は上場させた責任を問われ、理事長・小野寺(豊原功補)は財政監督庁から処分を受ける。 井上は社長のイスを追われ、健司(塚本高史)も会計士としてのプライドを失いエスペランサを辞める。 健司は故郷で静養していた妻・朋美(占部房子)を訪ね、家族3人での再出発を願い出る。 しかし健司は、精神的に疲れたのは仕事しか省みないあなたのせいだと責められ、娘・知香(奥山志紀)を朋美に託すことになる。 何もかも失った健司だが、執行猶予の判決を受けた篠原(橋爪功)と会い、会計士となった原点を見つめ直す。 そんな折、尾張部品の律山(うじきつよし)が訪ねてきて、どの監査法人からも見放された「監査難民」となっている我が社を救って欲しいと頼む…。

次の

土曜ドラマ

土曜 ドラマ nhk

ストーリー 2002年。 バブル後遺症に悩む日本経済は、未だ先行きが見えないでいた。 公認会計士・若杉健司が勤めるジャパン監査法人には二つの大きな意見対立があった。 不況に苦しむ企業を救うためには、多少の粉飾も見逃そうという「ぬるま湯監査」派。 不良企業は切り捨て、いかなる不正も認めないという「厳格監査」派。 健司は、信頼できる先輩・小野寺直人のもとで、「厳格監査」こそ正義と信じるが、切り捨てられていく企業や社員の痛みを感じるたびに、仕事に疑問を感じていく。 そんな時、健司は大手食品会社の粉飾を発見する。 やがてそれは、財界、金融界を巻き込んだスキャンダルに発展し、健司たちも巨大なうねりに飲み込まれていく…。 もっと読む 各回のあらすじ 第1回「会社、つぶせますか」 北陸建設工業の監査を任された会計士・若杉健司(塚本高史)は、経理書類に粉飾の疑いを抱く。 建設中の物件が売上げに計上されていた。 隠蔽(いんぺい)しようとする社長・五味(長門裕之)は、長年の友人である監査法人理事長・篠原(橋爪功)に頼み込む。 健司が強引な調査をしたことで、隠蔽作業に駆り出された男が転落事故で死亡する。 厳格監査は正しい道なのか? 健司は決断を迫られる。 第2回「800億円の裏帳簿」 健司(塚本高史)が監査を務めることになった大手食品メーカー・飛鳥屋の倉庫で火事が起こる。 しかし、財務諸表には火災損失の気配さえ見受けられない。 会社側の説明では、倉庫の管理は別会社に依頼しているという。 健司は飛鳥屋と別会社のあおなみ興産の間に不審な経理処理を見つけだす。 そして同僚の山中茜(松下奈緒)の調査で、倉庫から飛鳥屋の売れ残りの在庫が大量に見つかる。 それは巨額の不良債権を隠ぺいした証拠だった。 第3回「粉飾の連鎖」 ソフト会社ウインドメルの監査で、健司(塚本高史)は架空循環取引による粉飾を発見する。 しかし、主査の吉野(勝村政信)は「社長の力になりたい」と、健司の指摘をもみ消す。 その吉野を篠原(橋爪功)は東都銀行の監査主査に指名する。 東都銀行の経営状況は厳しく、頭取の国友(竜雷太)との癒着もあり、柔軟な吉野に託したのだ。 吉野はなぜか健司を監査チームに加えて…。 2兆円の不良債権を抱える巨大銀行に会計士たちが挑む。 第4回「崩壊の序曲」 東都銀行にNOを突きつけた健司(塚本高史)と茜(松下奈緒)は、先輩の失そうや銀行役員の自殺を目の当たりにし、監査の仕事に迷いを持つ。 小野寺(豊原功補)は財政監督庁と手を組み、理事長・篠原(橋爪功)の追い落としをねらう。 東都銀行に財政監督庁の強制検査が入る一方、ジャパンにも東京地検特捜部のメスが入り、飛鳥屋の粉飾に端を発した一連の偽装が明らかになる。 ジャパンは事実上業務停止へと追い込まれるのだった。 第5回「夢の代償」 小野寺(豊原功補)が立ち上げた「エスペランサ監査法人」は急成長。 だが健司(塚本高史)は、優秀な企業だけを選別し、業績不振の企業を切り捨てるやり方に疑問を感じる。 健司は茜(松下奈緒)とともに、井上(阿部サダヲ)のベンチャー企業上場のための監査を請け負う。 健司は違法スレスレの行為を見つけるが「株価をつり上げるために必要なことだ」と開き直られる。 上場させるべきか悩む健司。 そして井上が襲われる事件が…。 第6回<終> 「会社、救えますか」 井上(阿部サダヲ)の殴打事件がきっかけで、粉飾が明らかになり、プレシャスドーナツの株価は急落。 エスペランサ監査法人は上場させた責任を問われ、理事長・小野寺(豊原功補)は財政監督庁から処分を受ける。 井上は社長のイスを追われ、健司(塚本高史)も会計士としてのプライドを失いエスペランサを辞める。 健司は故郷で静養していた妻・朋美(占部房子)を訪ね、家族3人での再出発を願い出る。 しかし健司は、精神的に疲れたのは仕事しか省みないあなたのせいだと責められ、娘・知香(奥山志紀)を朋美に託すことになる。 何もかも失った健司だが、執行猶予の判決を受けた篠原(橋爪功)と会い、会計士となった原点を見つめ直す。 そんな折、尾張部品の律山(うじきつよし)が訪ねてきて、どの監査法人からも見放された「監査難民」となっている我が社を救って欲しいと頼む…。

次の

監査法人 (テレビドラマ)

土曜 ドラマ nhk

歴史 上半期(4月 - 9月)の休止をはさむ形 をとり、下半期を中心に放送される。 そのテーマソングも印象的な『』をはじめとして、人気作家のドラマ化作品が多い。 内容的には社会派ドラマ・ホームドラマ・推理ドラマなどが多い。 に枠としての放送は一時終了し、『』(1984年4月 - 1988年3月)を土曜日に放送した。 その後、から断続的に1998年3月まで再び『土曜ドラマ』が放送された。 1998年4月から2年間は『』として放送した。 2000年の改編から21時台は『』を放送し、ドラマは平日に移ることになった(『』にも経緯の記述がある)。 2005年から2010年まで 2005年12月、一連のからの経営再建を目指す一環で行う改編に伴って、『土曜ドラマ』は枠名として復活した。 基本的な流れとしては、『』(3月で一旦終了、その後『』として当初1クールごとに、『』との交代形式で放送し、7月に「」を放送)を引き継ぐ形を取り、スタッフの多くはの帯番組枠としてから12月(アンコールを含むと2006年3月)まで放送された『』シリーズから転籍してきたため、事実上『よるドラ』と『月曜ドラマ』の整理・統合ともいえる。 放送時間は『』などに替わり、毎週土曜22時 - 22時58分である。 2006年4月8日『』からは、土曜21時台の『』が廃枠になったことと、23時台に海外ドラマ()を戻すため、1時間早まった21時 - 21時58分へ移動した(後に- 21時53分終了)。 海外向けの『』でも総合テレビと同時刻での放送となっている)。 『』開始当初から面では芳しくなく、1桁台を推移していたが、作品により2桁を獲得するものもあった。 2010年1月にテレビ雑誌『』は番組枠「土曜ドラマ」として特集記事を組んだ。 また、ほとんどの作品は半クール(5 - 6回程度)の中篇が主であり、10回前後の1クールの作品はほとんど放送されていなかった(ただし『』や『』、『』など過去の作品で1クールをかけた長篇は年1 - 2本程度あった)。 最初期からあてはまることであるが、がある日は放送時間が変更されたり、ドラマを編成しないこともあった(NHKは試合終了まで中継するため)。 編成した日で中継が延長される場合は、時間が繰り下げられたり、中止して翌週以降に順延された。 2006年4月22日の『マチベン』は21時45分からスタートしており(最初から45分遅く始まるように設定していて、試合が早く終わったため予定通りに放送)、同年5月27日の『』は休止している。 総合テレビで定期的に放送される『』が21時台も放送する時は休止した。 例外として3月3日には、当時放送していた『』を1時間繰り下げて放送し、替わりに『 ヒューマン』を休止した。 2006年9月頃から、直後に放送されていた番組『』(4月15日から、日曜日23時 - 23時40分へ枠移動になった)のが取りやめられ、新聞のテレビ欄は21時 - 22時までの番組となっているが、放送時間は従前通り21時53分までで、21時53分 - 21時55分までの2分間は、()としてなどを、21時55分 - 22時は『』を放送している。 また、2007年1月からはで先行放送が行われている(18時から18時58分。 年度上半期はなどで時間変更あり。 2010年は基本的に本放送前日(金曜日)の18時50分 - 19時43分に放送)。 4月以後、デジタル放送はステレオ2でのが実施される(それ以前、『』が視覚障害者を取り上げた作品であることを踏まえ、デジタル・アナログともに解説を入れていたことはあった )。 テレビの完全デジタル化に伴う編成の抜本見直しに伴い、2010年10月の『』の放送終了をもって『』などの特別番組の編成枠となった。 2011・12年度(土曜ドラマスペシャル) 2011年に『』と『』の2作品が放送された後、同年10月からは(原則として21時 - 22時15分)の枠内で随時、『 土曜ドラマスペシャル』として放送された。 なお、この時期には夜に放送される現代劇の連続ドラマ枠として火曜日の『』(22時 - 22時45分もしくは22時50分)と、2011年10月新設の『』() があり、こちらは固定して続いているドラマ枠である。 2013・14年度 2013年4月以後は、土曜日の18-20時台を中心に家族層に受け入れられるレギュラー新番組が新設されたことと、22時台のスポーツ情報番組ゾーン強化に伴い、単発枠が事実上廃止になり(ただし長時間討論会やスポーツ中継など、従来通り単発番組を編成する場合もある) 、また地デジ・BSを通して連続ドラマ枠を再度強化する観点から、『土曜ドラマスペシャル』を発展解消し、定時連続ドラマ枠(通常編成時は21時 - 22時)としての『土曜ドラマ』が再開されることになった。 随時『』もこの時間帯(主に、前作と新作の谷間の週。 作品によって21時50分まで)に編成するほか、毎週月曜に『』枠第1部にあたる原則 0時10分 - 1時10分(日曜深夜) にも再放送が行われたが、2014年10月度の改編でこの再放送が原則として土曜 0時10分 - 1時10分(金曜深夜)に時間枠を移転した。 2015年度 2015年度では、不定期で放送されていた『NHKスペシャル』が定期放送になったため、当番組は22時 - 22時45分に変更された。 2016年度 2016年度は2012年度以来4年ぶりに不定期放送に戻り、単発、もしくは2-3回程度の短期集中連続ドラマを中心にして編成予定であり、『NHKスペシャル』と交互に放送する。 基本放送時間帯も21時 - 22時15分となるが作品によっては21時50分までの回もあるが、例外として4 - 6月に放送された「トットテレビ」は1本当たり28分の短縮版として20時15分 - 20時43分、10 - 11月に放送された「スニッファー嗅覚捜査官」は再び22時 - 22時43分で、この2つはNスペとの並列放送だった。 2017年度 2017年度は20時15分 - 20時43分の枠で放送された。 2018・2019年度 2018年9月までは2017年度と同じく土曜日20時15分 - 20時45分の枠で放送したが、同10月以後は2016年度と同じく、原則としてNHKスペシャルと交互に21時 - 21時50分の枠で放送しており、連続放送である場合は1シリーズ5回程度、まれに『土曜ドラマスペシャル』の名義で単発や前後編なども放送する。 なお土曜日はこの時期から、18時5分 - 18時45分「」、23時30分 - 24時「」と併せて連続ドラマ3枠体制がとられている。 放送作品一覧 土曜ドラマ(第1・2・3次) 第1次・1970年代 タイトル 放映日 話 数 主な出演者 備考 シリーズ 10月18日 1 、、、• 優秀賞• 金賞受賞 松本清張シリーズ 10月25日 1 、、、• プラハ国際テレビ祭金賞受賞 松本清張シリーズ 11月1日 1 、、、• 原作:松本清張 「寒流」 松本清張シリーズ 11月8日 1 、、、 シリーズ 11月22日 - 12月13日 4 、、、 タイトル 放映日 話 数 主な出演者 備考 懐かしの名作シリーズ 1月17日 1 、、、• 原作: 懐かしの名作シリーズ 1月24日 1 、、、• 原作: 懐かしの名作シリーズ 1月31日 1 、、、• 原作: 懐かしの名作シリーズ 2月7日 1 、、、• 原作: シリーズ 第1部 2月28日 - 3月13日 3 、、、 劇画シリーズ 3月20日 1 、、、• 原作: 劇画シリーズ 3月27日 1 、、、• 原作: 劇画シリーズ 4月3日 1 、、、• 原作:• 芸術祭大賞受賞• フィクション部門ノミネート シリーズ 6月10日 - 7月15日 6 、、、• で放送されたものの再編集 タイトル 放映日 話 数 主な出演者 備考 サスペンスシリーズ 1月8日 1 、、、• 原作: サスペンスシリーズ 1月15日 1 、、、• 原作: サスペンスシリーズ 1月22日 1 、、、• 原作: サスペンスシリーズ 1月29日 1 、、、• 原作: 山田太一シリーズ 第2部 2月5日 - 2月19日 3 、、、、 SFシリーズ 4月9日 1 、、、• 原作: SFシリーズ 4月16日 1 、、、• 原作: SFシリーズ 4月23日 1 、、、• 清張本人が出演 松本清張シリーズ 10月22日 1 、、、• 原作:松本清張 「駅路」 松本清張シリーズ 10月29日 1 、、、 松本清張シリーズ 11月5日 1 、、、 山田太一シリーズ 第3部 11月12日 - 12月3日 3 、、、 タイトル 放映日 話 数 主な出演者 備考 シリーズ 1月7日 1 、、、 懐かしの名作シリーズ 1月28日 1 、、、• 原作: 懐かしの名作シリーズ 2月11日 1 、、、• 原作: 懐かしの名作シリーズ 2月18日 1 、、、• 原作: シリーズ 第1部 2月25日 - 3月11日 3 、、、 シリーズ 4月15日 - 4月29日 3 、、 シリーズ 10月7日 1 、、、• 芸術祭大賞受賞• 清張本人が出演 松本清張シリーズ 10月14日 1 、、、• 原作:松本清張 「獄衣のない女囚」 松本清張シリーズ 10月21日 1 、、、 松本清張シリーズ 10月28日 1 、、、 田向正健シリーズ 第2部 11月11日 - 11月25日 3 、、、 鎌田敏夫シリーズ 12月2日 - 12月16日 3 、、 タイトル 放映日 話 数 主な出演者 備考 シリーズ 1月13日 - 2月3日 3 、、、 サスペンスロマンシリーズ 2月17日 1 、、、• 原作:• 第5回本賞受賞 サスペンスロマンシリーズ 2月24日 1 、、、• 原作: サスペンスロマンシリーズ 3月3日 1 、、、• 原作: シリーズ 3月10日 - 3月24日 3 、、、 浪花人情シリーズ 10月13日 1 、、、 浪花人情シリーズ 11月3日 1 、、、 山田太一シリーズ 第4部 11月10日 - 11月24日 3 、、、 城山三郎シリーズ 12月8日 - 12月29日 4 、、、 第2次・1980年 - 1998年 1980年• 1981年• 1982年• 1988年• カイワレ族の戦い 1989年• ときめき宣言• 夕陽をあびて• 兄弟 〜あにおとうと〜 1990年• 別の愛• 家族の値段• 恋愛模様• 理想の男性 1991年• 明治編 1992年• 新・王将• オバサンなんて呼ばないで! 恐怖の航海• 潮風のサラ• 春むかし• 新十津川物語 大正編・昭和編• 愛を忘れないで• 流れてやまず• パパ嘘だと言って• 推定有罪• とおせんぼ通り 1993年• 欅の家• 大草原に還る日• 消えた金塊ブリンクス・マット強奪事件• パパとアリスの奮戦記• ミス・ローズ・ホワイトの秘密• パート1• オバサン、咲いた! 三十三年目の台風• がんばらんば〜平成の島原大変〜• 勇士たちの帰郷• 愛が聞こえます• 聞こえるかい心の歌が 1994年• 五右衛門• 銀行 男たちのサバイバル(全3回)• 米田家の行方• 北山一平 アイラブ人生• 黄昏の甘い恋歌ときめき御用達・おばちゃまは元気印! パート2• 1995年• もうひとつの家族• (全2回)• 放送記者物語• 涙たたえて微笑せよ明治の息子・島田清次郎• 鏡の調書天使が街にやってきた• 家族旅行• 遠い国からの殺人者• 八月の叫び• メナムは眠らず• されど、わが愛• 天空に夢輝き 〜手塚治虫の夏休み〜• やらまいか! 夏の一族• 百年の男鯉のように百年生きろ• 一日三回食後に服用・よひんびん物語• 1996年• ランタナの花の咲く頃に• 水辺の男• ぜいたくな家族• ちいさな大冒険• 我等の放課後• カンパニー• 秋の選択• 女にも七人の敵 1997年• おごるな上司! うどんとビデオ• いのちの事件簿 〜福祉の最前線でケースワーカーは今〜• 風のねがい• もうひとつの心臓• 女たちの帝国• 唄を忘れたカナリヤは…• 生前予約〜現代葬儀事情• スズキさんの休息と遍歴• 熱の島で〜ヒートアイランド東京• 極楽遊園地 1998年• ラスト・イニング 第3次・2005年 - 2011年 以下、特記がないものはNHK放送センター自社製作。 第3次以後は、一部の作品でや外部プロダクションに製作を委託するものがある。 [ ] 2005年• (12月10日 - 17日、全2回、原作:、主演:) 2006年• (1月14日 - 2月25日、全6回、原作:、主演:)• (3月4日 - 3月25日、全4回、原作:、主演:)• (4月8日 - 5月13日、全6回、主演:)• (5月20日 - 7月1日、全5回、原作:、主演:)• (7月8日 - 7月22日、全3回、原作:、主演:)• (8月19日 - 9月2日、全3回、原作:・、主演:)• クライマーズ・ハイ(再放送、9月30日 - 10月7日)• (10月21日 - 11月4日、全3回、原作:、主演:)• (11月11日 - 12月2日、全4回、主演:)• (12月23日、単発、原作:井上こみち、主演:樋口可南子) 2007年• (1月13日 - 1月20日、全2回、主演:)• (1月27日 - 2月3日、全2回、原作:、主演:)• (2月17日 - 3月24日、全6回、原作:、主演:)• (4月7日 - 5月12日、全6回、主演:)• (5月26日 - 6月16日、全4回、原作:、主演:)• (6月30日 - 8月4日、全6回、主演:)• (8月18日 - 9月1日、全3回、原作:、主演:)• (10月6日 - 11月10日、全5回、主演: 製作:NHK大阪)• (12月1日 - 12月15日、全3回、原作:、主演: 製作:・) 2008年• (1月19日 - 2月23日、全6回、原作:、主演:)• (3月1日 - 3月29日、全4回、主演:・ 製作:NHK名古屋)• (4月12日 - 5月31日、全6回、主演:)• (6月14日 - 7月19日、全6回、主演:・ 製作:NHK名古屋)• (9月13日 - 10月18日、全6回、主演: 製作:NHKエンタープライズ)• (10月25日 - 11月22日、全5回、主演:西島秀俊、製作:NHK大阪) 2009年• 刑事の現場(再放送、1月10日 - 1月31日)• (4月18日 - 5月23日、全6回、原作:、主演:)• (5月30日 - 7月4日、全5回、原作:、主演:)• (7月11日 - 8月8日、全5回、主演:森山未來・ 製作:NHK名古屋)• (8月29日 - 9月26日、全5回、主演: 製作:NHK大阪)• (10月10日 - 11月7日、全5回、主演: 製作:NHKエンタープライズ、)• (11月14日 - 12月19日、全6回、原作:、主演: 製作:NHKエンタープライズ) 2010年• (1月16日 - 2月27日、全6回、原作:、主演:)• (4月17日 - 5月22日、全6回、主演:)• (7月3日 - 7月31日、全5回、原作:、主演: 製作:NHK名古屋)• (8月28日 - 10月2日、全6回、原作:、主演: 製作:NHKエンタープライズ) 2011年• (2月26日 - 4月2日、全4回、主演: 製作:NHKエンタープライズ、製作協力:、)• (5月14日 - 5月21日、全2回、主演:佐々木蔵之介、製作:NHKエンタープライズ、ケイ・ファクトリー) 土曜ドラマスペシャル:2011年 - 2013年 2011年• (10月1日 - 15日、全3回、原作:、主演: 製作:NHKエンタープライズ)• (11月5日 - 12日、全2回、原作:、主演:)• (11月19日 - 26日、全2回、原作:、主演: 製作:NHKエンタープライズ)• (12月10日、主演: 製作:NHK名古屋) 2012年• (1月7日 - 14日、全2回、原作:、主演:)• (1月28日 - 2月4日、全2回、主演:)• (2月25日、主演:)• (3月3日、主演:)• (4月14日 - 21日、全2回、原作:、主演:)• (6月16日、原作:、主演:)• (9月8日 - 10月6日、全5回、主演:)• (11月3日 - 12月1日、全5回、主演:) 2013年• (1月26日 - 2月9日 、全3回、主演:)テレビ放送60年記念ドラマ• (3月23・30日。 全2回 で4回放送された内容を長編2本に再構成したもの、製作:NHKエンタープライズ) 土曜ドラマ(第4次) 第4次・2013年 - 2013年• (4月13日 - 4月27日、全3回、主演:)• (5月25日 - 6月29日、全6回、主演:)• (7月13日 - 8月3日、全4回、原作:池井戸潤、主演:)• (8月24日 - 9月14日、全4回、原作:、主演:・、製作:NHK大阪、製作協力:東映太秦映画村)NHK大阪放送局放送開始60周年記念ドラマ• (10月12日 - 11月16日、全6回、主演:三上博史)• (11月30日 - 12月21日、全4回、主演:、制作:NHK名古屋) 2014年• (1月18日 - 1月25日、全2回、主演:尾野真千子)• (4月19日 - 5月17日、全5回、原作:、主演:、製作:NHKエンタープライズ)• (7月26日 - 9月6日、全6回、原作:、主演:)• (10月4日 - 11月1日、全5回、主演:小池徹平、製作:NHK大阪)• (11月22日 - 12月27日、全6回、主演:) 2015年• (1月31日 - 2月28日、全5回、原作:、主演:)• (4月18日 - 5月16日、全5回、原作:横山秀夫、主演:)• (5月30日 - 8月1日、全9回、原作:、主演:)• (10月10日 - 11月21日、全7回、原作:、主演:) 2016年• (1月9日 - 2月13日、全6回、主演:)• (9月24日 - 10月15日、全4回、原案:・、主演:尾野真千子)• (12月17日、原作:、主演:、製作:NHK大阪) 2017年• (4月8日 - 5月20日、全7回、主演:、)• (6月10日 - 7月15日、全6回、原作:、主演:)• (9月2日 - 10月21日、全8回、原案:、主演:)• (4月21日 - 5月26日、全6回、主演:)• (6月30日 - 7月28日、全5回、原作:、主演:)• (9月1日 - 10月13日、全7回、原作:、主演:、製作:NHK大阪)• (10月20日 - 27日、全2回、主演:)• (1月5日、主演:)• (1月26日 - 2月23日、全5回、原作:、主演:・)• (3月30日、原作:、主演:)• (5月18日 - 6月15日、全5回、原案:、主演:)• (8月31日 - 9月28日、全5回、主演:)• (10月19日 - 11月16日、全5回、原作:、主演:)• (12月14日 - 12月21日、全2回、原作:、主演:) 2020年• (1月18日 - 2月8日、全4回、原案:、主演:、製作:NHK大阪)• (3月21日、主演:)• (5月16日 - 5月30日、全3回、原作:、主演:、共同制作:)日台共同制作ドラマ• たびたびや特番などを編成した都合による。 NHKの連続ドラマでは副音声解説を、主にデジタル放送を中心に増やしており、現在は地上波で放送されるドラマ枠はほぼ全てで解説放送を展開している(BSは一部の番組を除く)。 アナログでのそれは視覚障害者やを題材にした作品、及び『』などの(『』は実施せず)ぐらいしか行っていなかった• 当初は21時台のみ。 2011年4月より19時30分 - 20時45分と21時 - 22時15分の2部構成。 BSハイビジョンでは、過去のドラマ作品のアンコール放送も実施した。 - 放映の『』も「よるドラ」と呼ばれているが、まったく異なる• 2014年度は「」を放送するため、4月 - 9月は原則 0時50分 - 1時50分• 1994年6月にで放送されたドラマ(全4回)を再編集の上放送した。 これは・などを除く、連続ドラマ枠でも同様の委託製作をするものもある。 このような外部や関連法人への製作委託は1990年代から恒常的に行われている。 当初は月曜劇場枠で同年1 - 3月の10回シリーズでの放送を予定していたが、当枠の新設に伴い変更された。 当初、2006年9月2日 - 10月7日に放送予定だったが、当初出演予定だったの出演辞退により放送延期を7月に発表(代役は)。 また、主要出演者の1人であるの肺癌手術・療養に伴い2006年8月に「放送は2007年1月以降」と発表。 柴田の復帰を待って2006年12月に収録が再開された。 当初、2007年9月8日 - 10月13日に放送予定だったが、木村の妊娠による体調不良により制作・放送が無期延期となった。 木村が出産後復帰したことにより制作が再開された。 編成の都合上19時30分 - 20時45分放送• 2017年1月 - 2月にで放送した作品の再放送で、一部再編集して放送(BS版は全8回)。 当初放送予定だった『』が、放送開始直前になって主演のが無期限の活動停止となったため放送を中止したことに伴う代替番組。 2013年3月29日, at the. ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2010年12月27日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマスタッフスブログ. NHK 2011年9月14日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2011年8月19日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2012年4月12日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2012年3月29日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2012年9月12日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年1月21日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年3月18日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年5月21日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年4月12日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年8月23日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年9月12日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2013年10月3日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年1月14日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年3月7日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年4月21日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年4月3日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年9月16日. 2014年10月16日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年10月16日. 2014年10月16日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年10月16日. 2014年10月17日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2014年9月16日. 2014年11月11日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2015年3月23日. 2015年3月23日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2015年7月16日. 2015年7月21日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2015年10月13日. 2015年10月14日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月26日. 2016年2月26日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2017年1月27日. 2017年1月28日閲覧。 2017年6月8日. 2017年6月8日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年7月17日. 2019年7月17日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2020年4月6日. 2020年4月6日閲覧。 モデルプレス. modelpress編集部 2020年4月6日. 2020年4月6日閲覧。

次の