南海 トラフ 5.11。 5月11日南海トラフ地震発生する予言とは?元ネタは何?

11月3日か11月5日に南海トラフ人工地震が起こると再び話題に

南海 トラフ 5.11

7 2 2020年5月19日 5時00分ごろ 岐阜県飛騨地方 4. 0 2 2020年5月19日 4時26分ごろ 岐阜県飛騨地方 2. 4 1 2020年5月19日 3時50分ごろ 岐阜県飛騨地方 2. 7 1 2020年5月19日 3時04分ごろ 岐阜県飛騨地方 2. 6 1 2020年5月19日 2時57分ごろ 岐阜県飛騨地方 3. 3 2 2020年5月19日 2時36分ごろ 岐阜県飛騨地方 2. 8 1 2020年5月19日 2時32分ごろ 岐阜県飛騨地方 2. 5 1 2020年5月19日 2時30分ごろ 岐阜県飛騨地方 2. 9 2 2020年5月19日 2時03分ごろ 岐阜県飛騨地方 3. 7 震度1 2020年5月15日00時24分 岐阜県飛騨地方 M3. 1 震度1 2020年5月14日10時58分 岐阜県飛騨地方 M2. 6 震度1 2020年5月14日09時54分 岐阜県飛騨地方 M2. 5 震度1 2020年5月14日09時39分 岐阜県飛騨地方 M2. 9 震度2 2020年5月14日00時29分 岐阜県飛騨地方 M3. 4 震度1 2020年5月13日22時20分 岐阜県飛騨地方 M3. 1 震度1 2020年5月13日15時15分 岐阜県飛騨地方 M3. 7 震度3 2020年5月13日11時06分 岐阜県飛騨地方 M2. 7 震度1 2020年5月13日10時28分 岐阜県飛騨地方 M4. 6 震度3 2020年5月13日09時40分 岐阜県飛騨地方 M4. 5 震度2 2020年5月13日09時16分 岐阜県飛騨地方 M2. 6 震度1 2020年5月13日08時19分 岐阜県飛騨地方 M2. 6 震度1 2020年5月13日07時31分 岐阜県飛騨地方 M3. 5 震度2 2020年5月13日07時07分 岐阜県飛騨地方 M3. 2 震度2 2020年5月13日07時04分 岐阜県飛騨地方 M4. 5 震度2 2020年5月13日05時42分 岐阜県飛騨地方 M2. 9 震度1 2020年5月13日03時44分 岐阜県飛騨地方 M2. 8 震度1 2019年12月5日 22時35分ごろ 茨城県北部 4. 5 3 2019年12月5日 15時01分ごろ 茨城県北部 3. 9 2 2019年12月5日 8時38分ごろ 茨城県北部 3. 9 2 2019年12月5日 8時36分ごろ 茨城県北部 3. 1 1 2019年12月4日 18時13分ごろ 茨城県南部 4. 0 3 2019年12月4日 17時57分ごろ 茨城県北部 3. 2 1 2019年12月4日 12時01分ごろ 茨城県北部 2. 6 1 2019年12月4日 10時50分ごろ 茨城県北部 3. 5 2 2019年12月4日 10時38分ごろ 茨城県北部 4. 8 4 2019年12月3日 10時18分ごろ 茨城県南部 4. 7 4 2019年12月2日 20時14分ごろ 茨城県南部 3. 2 1 2019年11月29日 10時19分ごろ 茨城県南部 3. 4 1 2019年11月25日 12時22分ごろ 茨城県沖 4. 0 2 2019年11月23日 8時44分ごろ 茨城県沖 3. 7 2 2019年11月22日 5時23分ごろ 茨城県南部 4. 5 3 2019年11月22日 1時01分ごろ 茨城県沖 3. 4 1 2019年11月18日 18時34分ごろ 茨城県南部 3. 4 2 2019年11月18日 8時00分ごろ 茨城県北部 4. 0 2 2019年11月17日 19時20分ごろ 茨城県北部 3. 5 2 2019年11月17日 11時55分ごろ 茨城県北部 2. 9 1 2019年11月16日 19時48分ごろ 茨城県沖 4. 0 1 2019年11月15日 9時39分ごろ 茨城県南部 3. 6 2.

次の

11月3日か11月5日に南海トラフ人工地震が起こると再び話題に

南海 トラフ 5.11

>30年以内には来ると言われてますし、 これは、これまでのデータを検証した結果による確率です。 厳密には、今後30年以内で80%の確率。 30年以内の何処かで発生する確率が80%ということ。 逆に言えば、30年以内に発生しない確率も20%あるのです。 30年以内だと、直ぐには発生しないとも解釈できるので、 いつ発生しても大丈夫な気持ちを持った方が良いです。 南海トラフ巨大地震は、元々は、 1970年代に「東海地震の単独発生説」として提唱されたのが始まり。 2011年の東北地方太平洋沖地震の発生を機に再度検証したら、 (上下3つの地震が連動して発生したと指摘する専門家がいた為) 東海・東南海・南海の3連動で発生するとの結論となり、 3つの地震の共通の震源である南海トラフ巨大地震になりました。 南海トラフ地震が近いというウソが流れているようですね。 南海トラフ地震はあなたが生きている間に必ず起きる地震です。 でも、今年起きる、や、発生が近い、という話はウソだと思ってよいです。 気象庁はそんなことは言っていません。 いつ起きるか分かると言っている人は、あなたをだまそうとしている人です。 地震のことを心配している人はたくさんいます。 その人達の関心を引こうとして、目立ちたい人が地震のウソをたくさん流しています。 大きな地震が来るというと注目されるので、そういうウソを流します。 ネットでも雑誌でもテレビでも同じです。 目立ちたい人が地震のウソを言っています。 ウソをお金もうけに使っている人もいます。 知恵袋にもおかしな回答があります。 気象庁が何も言っていない、あるいは、NHKが何も言っていないときは、その地震の話はウソだと考えてよいです。 信頼できる情報がどこにあるのか、を考えてネットを使うことがとても大事ですね。 知恵袋にも不正確な回答が多いです。 この機会に、気象庁がまとめた南海トラフ地震の話を見ておくことをおすすめします。

次の

【すぐわかる】防災 備蓄 災害 5月11日 南海トラフ地震 首都直下型地震

南海 トラフ 5.11

>30年以内には来ると言われてますし、 これは、これまでのデータを検証した結果による確率です。 厳密には、今後30年以内で80%の確率。 30年以内の何処かで発生する確率が80%ということ。 逆に言えば、30年以内に発生しない確率も20%あるのです。 30年以内だと、直ぐには発生しないとも解釈できるので、 いつ発生しても大丈夫な気持ちを持った方が良いです。 南海トラフ巨大地震は、元々は、 1970年代に「東海地震の単独発生説」として提唱されたのが始まり。 2011年の東北地方太平洋沖地震の発生を機に再度検証したら、 (上下3つの地震が連動して発生したと指摘する専門家がいた為) 東海・東南海・南海の3連動で発生するとの結論となり、 3つの地震の共通の震源である南海トラフ巨大地震になりました。 南海トラフ地震が近いというウソが流れているようですね。 南海トラフ地震はあなたが生きている間に必ず起きる地震です。 でも、今年起きる、や、発生が近い、という話はウソだと思ってよいです。 気象庁はそんなことは言っていません。 いつ起きるか分かると言っている人は、あなたをだまそうとしている人です。 地震のことを心配している人はたくさんいます。 その人達の関心を引こうとして、目立ちたい人が地震のウソをたくさん流しています。 大きな地震が来るというと注目されるので、そういうウソを流します。 ネットでも雑誌でもテレビでも同じです。 目立ちたい人が地震のウソを言っています。 ウソをお金もうけに使っている人もいます。 知恵袋にもおかしな回答があります。 気象庁が何も言っていない、あるいは、NHKが何も言っていないときは、その地震の話はウソだと考えてよいです。 信頼できる情報がどこにあるのか、を考えてネットを使うことがとても大事ですね。 知恵袋にも不正確な回答が多いです。 この機会に、気象庁がまとめた南海トラフ地震の話を見ておくことをおすすめします。

次の