絶品アジの南蛮漬け。 笠原将弘のアジときゅうりの南蛮漬け/ノンストップ

作り置きできる!野菜たっぷりアジの南蛮漬けのレシピ・作り方

絶品アジの南蛮漬け

こんにちは!kasagoです! 6月も中旬に入って梅雨時期になりました。 海の温度もだいぶ暖かくなってきて、天気の良い週末の釣り場はファミリーからベテランさんまで多くの釣り人で賑わっています。 さて、気になるお魚情報ですが、アジはサビキで安定して釣れています。 ショアジギしてる隣で豆アジ爆釣ってことがよくあります。 キスも内灘サーフで釣れはじめているようです。 もう少しでちょい投げでも釣れるようになるでしょう。 青物ではサゴシ、タチウオがちらほらといった感じです。 堤防でのフクラギは最近あまり聞きませんね。 春アオリはあまりやらないのでわかりませんが、大浜でたまに見えイカがいるしスミ跡もあるので多分釣れてるんでしょう。 適当ですみません笑 とまあこんか感じです。 この時期は本当に釣り物が多くていい意味で迷っちゃいますよね! 前置きが長くなりましたが、今日の記事は調理編です! 最近好調な豆アジの美味しい調理方法! 南蛮漬けです!! 南蛮漬けがオススメな理由 骨ごと食べられる 20センチ以上のアジだったら刺身、開いて塩焼きにアジフライなどなんでもできます。 しかし10から15センチ程度の 豆アジは捌いて3枚におろすだけでも一苦労。 小さくて捌くのが難しいので、せっかく捌いても身がぐちゃぐちゃってこともよくあります。 しかし南蛮漬けなら一度揚げてからつけダレと合わせるので 骨まで美味しく食べられます! ゼイゴをとって頭を落として内臓を取るだけなので捌くのもとっても簡単! 日持ちする アジを一回加熱しているのと、南蛮漬けのタレには酢を入れるので かなり日持ちします! だいたい作ってから冷蔵庫で3-4日は余裕で持ちます。 健康に良い 南蛮漬けには酢がたくさん含まれています。 この酢には 疲労回復やスタミナアップなどの効果があるそうです!! さらに南蛮漬けには玉ねぎを一緒に合えるので、野菜も取ることができます。 まさに一石二鳥の料理です! この一手間でアジにしっかりと味が染み込んで、美味しい南蛮漬けになります! あとは冷蔵庫でしばらく寝かせたら完成です。 ご飯にもビールにも合うので最高です! まとめ 南蛮漬けは豆アジの最強レシピだと個人的に思っています。 その理由は 仕込みが楽で、日持ちし健康にも良いから! タレのレシピは 豆アジ10匹に対して 水;50cc 酢;50cc だしの素;大さじ1 醤油;大さじ1 砂糖;小さじ1。 このタレを加熱して熱いうちに小麦粉で揚げたアジと合わせれば絶品南蛮漬けの完成! とっても簡単です。 皆さんもサビキで豆アジが釣れた時など、実践してみてください! 最後までお読みいただきありがとうございました! では!!.

次の

【料理と酒】骨まで食べられる 小アジの南蛮漬け

絶品アジの南蛮漬け

豆アジ(小アジ)の下ごしらえ 今回は頭ごと骨ごと美味しく食べられる南蛮漬けの紹介です。 用意するのは10〜12㎝以下のサイズの豆アジ(小アジ)です。 このサイズであれば、 包丁を使わず手ですべてさばくことができ、揚げる際も短めの時間で頭ごと美味しくカリッと揚がります。 さばき方は慣れれば簡単なのですが、ポイントを抑えたほうがよいのでをぜひチェックしてみてください。 さばいたアジはこのまま素揚げするのですが、私は この状態からアジの身を特に洗わずに素揚げしています。 ただ、内臓が残っていると油はねや揚げ油が汚れる原因にもなるため、 キッチンペーパーでアジの腹の中を1尾ずつふき取る下ごしらえだけは行うとよいです。 アジの南蛮漬けの揚げ方と仕上げ アジを素揚げするための揚げ油を用意します。 この時に注意したいのが、 『アジを入れたら一度箸でさっと混ぜ、あとは終始、蓋をして油はねを防ぐこと』『揚げ油の分量が少ない場合は、2〜3回に分けて揚げること』、この2点です。 揚げる時間の目安は アジを入れてから7〜8分。 途中何度か蓋を開けて、アジを軽く動かすとよいです。 ただ、最後のほうでも油はねの可能性はあるので、蓋は最後までしておいたほうがよいです。 7〜8分でアジの水分も抜け、油の泡も小さくなっているはずです。 そうなれば、南蛮酢に熱いうちに漬け込みます。 アジを南蛮酢にジュッと漬け込んだら、食べるのはどのタイミングでもOKです。 すぐに食卓に出して食べても美味しいし、1日以上漬け込んで南蛮酢とよくなじませても、どちらも美味しいです!• もう少し大きなアジの場合は 豆アジではなく、15㎝くらいの小さめのアジでも作れますが、少しだけ手順が変わります。 まず、下ごしらえではアジが大きくなるとぜいごなどの骨が口に残るようになるので、包丁でぜいごを除く必要があります(以下包丁を使った小アジのさばき方です)。 指を腹に入れて内臓を取り出し、続いてエラぶたを開いてエラを引っ張り出して除きます。 内臓とエラを取り除いたら、ボウルの中でおなかの中をさっと洗います(刺身にするわけではないので、さっと洗う程度でOKです)。 水洗いしたアジは、キッチンペーパーなどを使って、しっかりと水気を取ります。 より油はねもしやすいので、豆アジの作り方と同じようにしっかり蓋で油はねを防ぎながら揚げるようにするとよいです。

次の

笠原将弘のアジときゅうりの南蛮漬け/ノンストップ

絶品アジの南蛮漬け

豆アジ(小アジ)の下ごしらえ 今回は頭ごと骨ごと美味しく食べられる南蛮漬けの紹介です。 用意するのは10〜12㎝以下のサイズの豆アジ(小アジ)です。 このサイズであれば、 包丁を使わず手ですべてさばくことができ、揚げる際も短めの時間で頭ごと美味しくカリッと揚がります。 さばき方は慣れれば簡単なのですが、ポイントを抑えたほうがよいのでをぜひチェックしてみてください。 さばいたアジはこのまま素揚げするのですが、私は この状態からアジの身を特に洗わずに素揚げしています。 ただ、内臓が残っていると油はねや揚げ油が汚れる原因にもなるため、 キッチンペーパーでアジの腹の中を1尾ずつふき取る下ごしらえだけは行うとよいです。 アジの南蛮漬けの揚げ方と仕上げ アジを素揚げするための揚げ油を用意します。 この時に注意したいのが、 『アジを入れたら一度箸でさっと混ぜ、あとは終始、蓋をして油はねを防ぐこと』『揚げ油の分量が少ない場合は、2〜3回に分けて揚げること』、この2点です。 揚げる時間の目安は アジを入れてから7〜8分。 途中何度か蓋を開けて、アジを軽く動かすとよいです。 ただ、最後のほうでも油はねの可能性はあるので、蓋は最後までしておいたほうがよいです。 7〜8分でアジの水分も抜け、油の泡も小さくなっているはずです。 そうなれば、南蛮酢に熱いうちに漬け込みます。 アジを南蛮酢にジュッと漬け込んだら、食べるのはどのタイミングでもOKです。 すぐに食卓に出して食べても美味しいし、1日以上漬け込んで南蛮酢とよくなじませても、どちらも美味しいです!• もう少し大きなアジの場合は 豆アジではなく、15㎝くらいの小さめのアジでも作れますが、少しだけ手順が変わります。 まず、下ごしらえではアジが大きくなるとぜいごなどの骨が口に残るようになるので、包丁でぜいごを除く必要があります(以下包丁を使った小アジのさばき方です)。 指を腹に入れて内臓を取り出し、続いてエラぶたを開いてエラを引っ張り出して除きます。 内臓とエラを取り除いたら、ボウルの中でおなかの中をさっと洗います(刺身にするわけではないので、さっと洗う程度でOKです)。 水洗いしたアジは、キッチンペーパーなどを使って、しっかりと水気を取ります。 より油はねもしやすいので、豆アジの作り方と同じようにしっかり蓋で油はねを防ぎながら揚げるようにするとよいです。

次の