唇 白い ポツポツ。 唇の内側に痛くも痒くもない白いぶつぶつ・・

舌のぶつぶつが痛いのは感染症の始まり??意外と知らないぶつぶつの正体

唇 白い ポツポツ

最終更新日:2019年7月9日 どうも、よしまです。 今日は久しぶりに「 口囲皮膚炎疑惑」について書いていこうと思います。 私は長い間、 口の周りにできる大量の小さなブツブツに悩まされていました。 ニキビというには小さく多すぎる。 湿疹というには痛くもかゆくもない。 原因がわからない。 そんなブツブツのせいで、自分の顔を鏡で見るのも嫌でした。 それがこの度、ついに原因が明らかとなったのです。 スポンサーリンク? 口周りのブツブツができた原因はこれだった! 結論から言いますと、今回のブツブツは口囲皮膚炎ではありませんでした。 最初に簡単に今までの経緯をご説明します。 ブツブツは肌の異常なので、まずは病院で診てもらいますよね。 ブツブツが出てきてすぐには病院へ行けなかったのですが(行きたくなかったんですが)、症状から上記エントリのように口囲皮膚炎を疑っていました。 ちょうどホルモンバランスも崩れるような生活をしていたので(^^; それからしばらくして皮膚科で診てもらったところ、 「乾燥によるニキビですね。 あと酒さもちょっとあります。 」 とのお答えをいただきました。 「酒さ」とは慢性的な炎症で、根本的な原因はわかっていないそうです。 なるほど。 酒さは分かった。 で、他には「ニキビ」? 冒頭にも書きましたがそれにしてはあまりに多すぎる気がするのです。 スキンケアはしっかり行っていたのに、なぜ? ニキビが大量発生するほど乾燥しているとは思えないのだけど…と、また悶々とする日々が続きました。 保湿しても繰り返すブツブツ とはいえ自分ではどうすることも出来ません。 塗り薬をもらってしばらく様子を見ることに。 トータルで20日間ほど薬を塗り、あとは化粧水とクリーム等の保湿剤に切り替えて良いとのことだったのでその通りにケアをしていました。 お薬はさすがですね。 綺麗にブツブツが消えてくれました! 「この調子なら~」と20日後、通常のケアを再開。 乾燥が原因ということなので高保湿タイプの化粧水を使ってみたりしました。 それから2~3日後のこと。 あれだけ綺麗になくなっていたブツブツが、なんと再びでき始めたのです。 おかしい。 酒さは薬で抑えていたとして、もうひとつの理由「乾燥」は主な原因ではないのではないか? そう疑いはじめ色々な可能性を探して改善していったところ、最終的に以下の2点が原因であることが分かりました。 植物オイルやワセリンでの保湿• 布団の擦れ 以下、詳しく書いていきます。 原因1:植物オイル 化学成分が入っていない肌に優しいスキンケアとして、ホホバやオリーブなどの植物オイルが販売されているかと思います。 また刺激がないということで、ワセリンやサンホワイトなどの化粧用油も口コミで高評価を得ていたり。 実際、私も口コミを見てマッサージ用にオリーブオイル、保湿用にシアバターやワセリンを使っていました。 どうやらそれが合わなかったみたいで。 おそらく、100%オイルだと自分の肌にとっては油分が過剰になってしまい、毛穴に詰まってしまいニキビが大量発生してしまったのだと思います。 もちろん一概には言えません。 むしろ合わない人の方が少ないんじゃないでしょうか。 オリーブもシアも高い保湿力があります。 合う方には素晴らしい製品となるでしょう。 実際に使っている方が大勢いますしね。 自分には合わなかった。 それだけのことなんです(泣) どうしてすぐに症状が出なかったのか ここで気になるのが、なぜすぐにオイルが原因だと気付かなかったのか?です。 化粧品かぶれとかって赤くなったり痒くなったりするイメージがありませんか? 少なくとも私はそう思っていました。 (皮膚科の先生もそう言っていたので) しかし今回、合わなかったオイルはすぐに症状が出なかった。 これは炎症というより、先ほども書いたように過剰な油による毛穴づまりだったためと考えられます。 炎症が出ない=赤くならない。 軽度だったせいもあるかもしれませんが、塗って数日しないとブツブツが出てこないんです。 そのため、原因に気づくのが遅くなってしまったのです。 オイルが原因だと気付いたきっかけは、たまたま商品モニターでもらったクリームを使い始めたことにありました。 関連記事: 不思議なことに、この馬油クリームを使っている間はブツブツがあまり出なかったんです。 普段のスキンケアは化粧水とオイル(クリーム)のみ。 クリームに変えた間は化粧水を変えていなかったので、問題はオイルにあるのではないかと推測しました。 試しにモニターが終わってからもオイルを控えてみると、大当たり! 見事ブツブツが再発しにくくなったんです! なぜ口周りに集中したのか? もう一つの疑問。 オイルは顔全体に塗っていたのにどうして口周りにしかブツブツができなかったのでしょう? これについては、オイルを手にとって最初につける場所が口周りだったからだと思います。 口元はもともと乾燥が気になっていた部分なので、しっかり保湿させようと一番最初につけていたんです。 オイルがたくさん付いている手で口元を押さえたら、当然オイルはたくさん付きますよね。 それで他の箇所以上にしっかりと毛穴に蓋をしてしまい、ブツブツが多く出るようになった、というわけです。 原因2:布団の擦れ オイルをやめてから口周りのブツブツはだいぶ減りました。 これは他に原因があるぞ? ということで、またしばらく悩む日々となりました。 きっかけは新聞 そんなある日、母が新聞を見ながら声をかけてきたのです。 「そのブツブツ、タオルケットのせいじゃないん?」 そばに行って新聞を覗いてみると、そこには「接触性皮膚炎」についての文章が載っていました。 口元を隠す癖と寝る体勢 接触性皮膚炎とは、肌にものが接触することで現れる炎症や湿疹のことです。 服で擦れたり、おむつかぶれだったり、外的刺激によって引き起こされる炎症のことを指します。 と、この説明を読んで、とても心当たりがありました。 私は口元にコンプレックスがあり、無防備になる就寝時に見られたくなくて(誰も見ないんですが) タオルケットや布団で口元を覆って寝る癖がありまして。 母は、これが原因ではないかと言ったんです。 毎日続けることで肌が耐えきれなくなり、ブツブツができてしまったんでしょう。 布に擦れるのがダメならば、ともうひとつ思いついたのは「寝る体勢」です。 横向きやうつ伏せで寝るのが好きなので、枕カバーに擦れてさらに症状を酷くさせていた可能性があります。 対策 タオルケットに関しては、とりあえず表面がふわふわとしたやわらかいものに変えました。 癖はそのうち直します(笑) くわえて、マスクもして寝るようにしました。 マスクなら動かないので刺激も少ないのではないかと考えまして。 口周りのブツブツを作らないコツ いろいろな偶然が重なったおかげでぶつぶつの原因がわかり、対策も取ることができました。 今では月経前など肌の調子が悪いとき以外ほとんど出ていません。 というのも、1日スキンケアをサボるとぶつぶつーっとできてしまうんですよね。 化粧水とクリームを塗ったらあっという間に消えてしまいましたので、原因は乾燥でしょう。 特に口周りやフェイスラインは皮膚が薄く敏感です。 汗をかきにくくて乾燥しやすい、いわゆる大人ニキビができやすい場所でもあります。 他の部分以上に保湿ケアはしっかりとする必要があるのかもしれません。 でも、だからといって乳液やクリームをベタベタ塗りたくるのは逆効果! 乾燥はおさまったとしても、油分が毛穴に詰まってニキビができやすくなってしまいます。 クリームは薄~く塗るか、化粧水からなるべく油分が少ないもの、オイルフリーのものを選びましょう。 保湿力が高い美容液を仕上げに使うのも手ですね。 有名な化粧品メーカー「オルビス」のスキンケア用品は 化粧水・保湿剤とも100%オイルカットされています。 しかし原因が分からず悩んでいる方に「こういう理由もあるよ~」くらいの軽さで可能性を提案できていれば幸いです。 刺激をあたえない• 油分を塗りすぎない これらに気をつけて、繰り返す口周りのブツブツから卒業しましょう! これにて口囲皮膚炎疑惑の記事は完結。 最後までお読みいただきありがとうございました! ブツブツケアにはこちらもオススメ!• yoshimamo.

次の

唇の下にできる白いプツプツが出てくる原因は?対処法について

唇 白い ポツポツ

唇の下の窪み(顎)の小さい白いぷつぷつの改善方法 <質問> 唇の下の窪み ? に小さい、白いぷつぷつがあるのですが、 意識して洗顔してみても落ちないので ピンセットで抜いてみたのですが、たくさんあって取りきれません これは毛穴の汚れなのでしょうか? そしてこの対処の仕方で問題ないのでしょうか? よかったら教えてください <回答> 唇の下のくぼみなので顎にできている 白いぷつぷつといえますね。 ピンセットで抜けるようなので 毛穴に詰まった皮脂で角栓になっている可能性と または炎症をおこす前の白ニキビの可能性もあります。 いずれにしても ピンセットで抜くと皮膚が傷つく可能性があるので あぶないです。 どちらも 触らないほうが改善しやすいです。 そしてどちらの場合も白いぷつぷつは、 毛穴が開いている状態なので改善する必要があります。 こちらをどうぞ。 なお、基本的なこととして 油脂が多い食べ物を減らして ごしごし洗わずに 泡で優しく洗うことです。 紫外線を浴びないよう予防して ストレスをためずに気長に 食生活や生活習慣を改善するときれいな肌になります。 食生活の注意はこちらをどうぞ 具体的な角栓を改善する方法はこちらです。 鼻の例ですがあごの角栓も同じようにして 改善できますから、参考にしてください。 痛かったり炎症がおきそうな場合は 白ニキビの可能性が高いです。 あごニキビの改善方法はこちらです。 リフトアップ効果も期待できてキレイなあごとフェイスラインに導きます。

次の

唇に白いぶつぶつが出来る原因と対処法6選

唇 白い ポツポツ

記事の目次• 唇に白いぶつぶつができる原因 唇が不衛生で唇がダメージを受ける 子どもにも多い唇のぶつぶつは食後の見えない食べかすを、しっかりぬぐっていないまま長い時間放置している事でも生じる事があります。 他の部位のように皮脂腺から皮脂が分泌する機能がありませんから、肌を負おうバリアもまったくない無防備な状態におかれています。 当然空気中に漂う雑菌からの攻撃も受けやすく、簡単にウイルス感染をしやすくなります。 しかしながら体力があって免疫機能も正常に機能していればなんでもない事なのですが、風邪を引いたり疲労やストレスが溜まっていたりしていると、ウイルスの威力に圧倒されて、いわゆるにきびのような白いぶつぶつができてきます。 唇にできるぶつぶつは何種類もあり、痛みを伴わないものもありますが、それにしても目立つ場所ですから相手が受けるであろう印象が気になるのが本音です。 歯磨き粉をしっかり落とさずに少しでも残した状態でいても、口元は不潔になります。 その上にダメージの上塗りのごとくリップを塗って長時間過ごした後に、これもしっかり落としていなければ、唇のぶつぶつは確実にできるはずです。 唇の皮膚は極薄ですからちょっとした刺激でも傷がつきます。 それもきちんと処理しないでいればやはり不衛生な状態に放置される事になります。 唇につくカビというのもあって、そこからダメージを受けてぶつぶつになる事もあります。 睡眠不足や食生活の乱れによる身体内部へのダメージ 睡眠不足が続くと1日の疲れは容易に取れませんから、疲労やストレスが蓄積されていけば、内臓も弱ってきます。 新陳代謝の低下・血流阻害など様々なトラブルが体への負担を大きくします。 これらは免疫機能の低下もうみますから、体内の老廃物の排出も滞る事によって、唇や顔のお肌など皮膚の弱いところにてきめんに表れます。 さらに不規則な食生活が拍車をかけて白いぶつぶつが唇にまでひろがっていきます。 特にストレスフルの時代と言われる現代は、唇の荒れに悩む人も増えています。 唇に刺激があるものを近づけてしまう 食生活の乱れは唇の健康にも大きな影響を与えますが、特に辛いものを日ごろからよく食べるという人に唇のトラブルが顕著に表れるというのも、胃が刺激されて胃酸過多になってしまったり、胃への負担が余計に重くなったりして唇に白いぶつぶつを余計に増やしてしまう事もありますから要注意です。 ビタミンB2やB6の補給のために辛子はオススメの食材なのですが、過剰摂取は逆効果です。 特に保湿用リップであっても、相性が悪い場合もあります。 唇のがさがさをなんとかしようとしてリップを何度も何度も重ね塗りをしていると、余計な摩擦が生じてかえって唇の表皮を傷つけしまう事があるのです。 唇の表皮は顔の中でも特に薄い部分ですから、ちょっとしたことでも皮がむくれたり、乾燥したりしがちになりますから要注意です。 唇に白いぶつぶつが出来るのを予防 リップクリームやマスクなどで保湿効果 唇に白いぶつぶつができる要因は、いくつもあり複数の要因が重なって唇トラブルを引き起こしている場合もありますから、はたして何が行けなかったのかを特定しづらいという事もあるかもしれません。 ともかくも乾燥させない事が重要ですから、薬用リップでも肌にあったものを適切に使っていく事も重要です。 ただし必ず肌にあっているかどうかをバッチテストする事を忘れないでください。 ワセリンやビタミンB2あるいはB6配合の薬用リップなども市販されていますから、こうしたリップもオススメです。 マスク効果が唇の乾燥予防に大変良いという事も、よく知られています。 市販のものでも安く手に入るものも多いのですが、自宅にあるタオルを蒸しタオルにして数分唇にあてるだけでも違います。 リラックス効果もありますから、1日の終わりの寝る前に実践してみるのも良いでしょう。 唇周りをマッサージして血行を良くする 新陳代謝の低下や血行不良あるいは睡眠不足や疲労・ストレスの蓄積といった体調不良は、唇に限らず全身の健康に悪影響を与えます。 特に顕著に表れるのが唇や目の下の皮膚など、皮膚が薄い部分です。 唇におできができている時にその周辺にもニキビができている事もあります。 唇をむやみに擦ると摩擦で傷つけるかもしれませんから、周辺からとんとんと軽く薬指でたたくあるいは、保湿クリームを塗った上から小指で優しくマッサージするなどしてみてください。 唇に直接マッサージをする時は、リップクリームかワセリンを塗った後から、しわに染みこませるように小指で何度も唇の上をなぞるか、ぽんぽんと軽くたたくかなどを数回繰り返します。 週1程度の割合で試してみてください。 お風呂上がりならより効果的です。 一日の終わりに必ず唇を綺麗にする 繰り返しますが唇の荒れに厳禁なのは唇を不衛生にしている事です。 口紅はなるべく早く落とす事と食べかすは完璧に落とす事、そして歯磨き粉もしっかり落とす事、これだけを欠かさず行いましょう。 口紅落としリップなども市販されていますから、そうしたグッズを利用しても良いでしょう。 洗顔する際に唇もしっかり汚れを洗い落としておく事も重要です。 少なくとも1日の終わりには必ず唇をきれいにして就寝する事を習慣づけましょう。 10時から深夜2時までの時間帯はタウンオーバーが活発になるゴールデンタイムですから、その前に唇をきれいにして休めば、次の朝にはぷるるんとしてみずみずしい唇になっている事請け合いです。 最後に保湿クリームを塗る事も忘れないでください。 生活習慣を見直す 不規則な生活や暴飲暴食あるいは睡眠不足などは、唇に限らず健康に良くない事はいわずもがなわかるはずです。 頭ではわかっていてもなかなか悪い習慣を改善できないという人もいるかもしれませんが、投薬治療やセルフケアを続けてもいっこうに唇の荒れが改善しないとなれば、やはり生活を積極的に改善していくべきです。 たばこや辛いものあるいは熱いものばかりを摂取するのもオススメできません。 できる所から今から健康生活を始めてみましょう。 唇をケアしてくれる商品 マジョリカ マジョルカ リップエッセンスバーム ベビーティント 季節の唇の乾燥が気になるという人にオススメなのがマジョルカ リップエッセンスバームです。 唇の温度で瞬時に溶けますから伸びやすく、合わせてマッサージをしたい時にも便利です。 特に保湿効果には定評があります。 ほんのりフルーティな香りがするのも癒やし効果バツグンです。 ケイト CCリップオイル 01 RED SPICE 透明感のあるレッド 唇の健康に最適な美容成分を豊富に含んだ薬用リップの人気商品です。 濃密オイルでつやのあるぷるんとした唇に仕上がります。 グレープフルーツの香りがさわやかで癒やし効果もバツグンです。 2本パックのお徳用でコスパも良好ですからオススメです。 マキアージュ ドラマティックリップトリートメント 潤いの持ちが良い上に唇に優しい美容液配合ですから、化粧下地としてもケア用としても重宝します。 この効果でこのお値段ならお安い方ではないでしょうか。 まとめ ぷるるん唇はまず日ごろのケアが重要です。 生活習慣の見直しやマッサージなど、ぜひやれるところから試してみてください。

次の