熊本 県 の コロナ。 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する県税の猶予制度 / 熊本県

熊本温泉施設「ピースフル優祐悠」コロナ感染者は誰で場所はどこ?クラスター発生!?

熊本 県 の コロナ

外出自粛やイベントの延期・中止など、新型コロナウイルスの感染拡大は社会に大きな不安を与えている。 そんな重い空気の中、ネット上である妖怪が注目を集めている。 江戸時代末に出現し、「疫病が流行するので、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と告げたという「アマビエ」だ。 この妖怪、現れたのは肥後(熊本県)の海だとされるのだが……。 福岡市天神の喫茶ギャラリー「サナトリウム」で3月19~31日に開かれた「アマビエ展」には、ツイッターで作品を公開しているプロ、アマチュアの作家によるアマビエのイラストや立体作品が展示された。 思い思いにアレンジされた妖怪の姿は、ちょっとグロテスクなものから、西洋の人魚を思わせる美しいもの、キュートなゆるキャラ風のものまで様々。 「ツイッターにすごい数のイラストが上がっているのを見て、出展を呼びかけたところ、会期末までに75点の作品が集まった」と、自らも立体像を出展したギャラリー館長で立体造形作家の角(すみ)孝政さんはいう。 アマビエは江戸時代の1846年、肥後の海に光る姿で出現し、調査に来た役人に「私は海に住むアマビエというものだが、これから6年間は豊作が続く。 しかし疫病も流行するので、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言って去ったという。 それを報じるかわら版(京都大学付属図書館所蔵)には、長髪に鳥のようなくちばし、うろこに覆われた胴、3本の足または尾びれ、という姿で描かれる。 熊本に出現したという妖怪「アマビエ」の姿が描かれた江戸時代後期のかわら版(京都大付属図書館蔵) ヤフーのリアルタイム検索で「アマビエ」を含むツイート数を調べると、3月1日には28件だったのが、4日に1千件を突破。 この動きに反応した複数のネットニュースが記事で紹介した8日には一気に2万件近くに上昇し、ピークの15日は約4万6千件に達した。 有名なマンガ家やイラストレーターによる作品の発表も話題になった。 妖怪マンガの大家・水木しげるの作品でも、アマビエは熊本県の妖怪として紹介されている。 地元では、アマビエはどれぐらい知られているのだろうか。 妖怪に詳しい熊本大学の鈴木寛之准教授(民俗学)に聞くと、「熊本には、アマビエに結びつく伝承は残っていないようです」と意外な返事が返ってきた。 肥後の海に現れたという話は、かわら版や新聞によって他地域で広まったという。 実は「アマビエ」という妖怪は….

次の

コロナ感染「死を覚悟」 熊本市の50代飲食店長 店名公表決断した思いは(熊本日日新聞)

熊本 県 の コロナ

熊本県で新型コロナウイルスに感染された方が確認されました。 同10日に強い息苦しさを感じ、同11日に熊本地域医療センター(熊本市中央区)を受診。 県内25人目(うち熊本市内20人目)としての感染が確認された。 医師の妻や、医師が利用した飲食店の従業員、受診した同センターの看護師、乗車したタクシーの運転手ら計10人の感染も確認されている。 県内で感染が確認された患者が死亡したのは3人目。 熊本市によると、男性は4月11日にPCR検査で陽性と判明し、市内の感染症指定医療機関に入院。 約1カ月間、集中治療室(ICU)か人工呼吸器による管理が必要な重症の状態が続いていた。 市によると、女性は市内にある勤務先の飲食店で、球磨病院(同県人吉市)に勤務し11日に感染が判明した70代男性医師と接触した可能性があるという。 県内の感染確認は28人(うち同市内22人)となった。 西区のどこなんだろう? 熊本市西区 広い! 各地の新型コロナウイルス情報まとめ.

次の

コロナ禍で注目「アマビエ」 熊本の妖怪ではなかった? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

熊本 県 の コロナ

唾液検査、ドライブスルーも 熊本県と熊本市は6日、市内で対策の(座長=原田信志熊本大学長)を開き、「第2波」への備えを議論。 感染者の早期発見とクラスター(感染者集団)対策に必要なPCR検査態勢の大幅な拡充を進める方針を確認した。 蒲島郁夫知事は会議後の記者会見で「唾液による検査やドライブスルー方式の検体採取も進める」と明らかにした。 「医師の適切な診断でPCR検査をためらわず行えることが重要」。 原田座長は会見の冒頭、こう強調した上で「知事と市長にお願いしていた態勢が十分できつつある」と述べた。 県内の現在のPCR検査能力は、県と市の公的機関など6カ所で1日当たり184件。 4日までに4528人に検査を行った。 県と市は会見で、新たに県内4カ所のPCRセンターを設置するなど検査機関を14カ所に増やす方針を公表。 1日当たりの検査能力は234件以上を目指すという。 県内では1カ月近く新規感染者ゼロが続き、原田座長は「封じ込めている」と評価するが、大西一史市長は「引き続き気を緩めることなく、医療、検査態勢の拡充に取り組んでいく必要がある」と訴えた。 原田座長は感染歴の有無を調べるについて「診断に使うには感度が低い」とする一方、「将来の対策として感染規模の調査は非常に重要。 県市が協力してサンプルを集めては」と提言した。 (古川努).

次の