伊藤 美 来 仮面 ライダー。 伊藤美来

木梨憲武、仮面ノリダー姿を公開「悪いコロナをぶっ飛ばずぞ!」 『ジオウ』ソウゴの誕生日に奇跡の復活

伊藤 美 来 仮面 ライダー

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2011年8月) いとう まこと 伊藤 慎 本名 伊藤 慎 生年月日 1975-04-06 (45歳) 出生地 ・ 身長 180cm 血液型 O型 職業 、 ジャンル 、 活動内容 - 、 - 、アクション俳優・・ 配偶者 あり 主な作品 『』(江川ノボル) 「」 『』(黄金騎士・牙狼) 『』(黄金騎士・牙狼) 伊藤 慎(いとう まこと、 - )は出身の元、である。 元、所属。 をメインとした特撮番組のとしても活躍していた。 本名同じ。 略歴 [ ] 時代の、『』で運動神経抜群な魔隣組メンバー・江川ノボル役を演じた。 その後、主宰のレッドアクションクラブに入団。 クラブ内における真摯な態度が買われ、に『』でマシン獣役を演じた。 その後も怪人役を演じていき、『』でヒーロー側のスーツアクターデビューをする。 ではG3、ナイト、カイザ、カリス、ザビー及びガタック、ゼロノスなどNo2のライダーの役を多く演じているが、の『』には主役ライダーを担当した。 またダンキ役で俳優として出演もしている。 にし、2児の父親である。 、『』の浜辺での撮影中、特殊な素材のスーツだったため、標準的な物より伝熱が早く、現場での位置の判断を誤り、爆発のシーンで尻全体に火傷を負ってしまった。 、12年間在籍したレッドアクションクラブを退団。 活動の場を広げるべくタケシレーシングへ移籍し、バイク・カースタントを勉強する事となった。 レッドアクションクラブでの出演は『』が最後となったが、タケシレーシング移籍後『』でスーツアクターとして再復帰し、その後もスタントの仕事をメインに、時折スーツアクターとしてライダーシリーズ、戦隊シリーズ、等に参加している。 、Twitter上でスーツアクター、スタントマンとしての引退を表明、現在はを目指して専門学校に通い、資格を取得後は整骨院の開業を考えているとのこと。 出演 [ ] テレビ [ ] 顔出し• (1983年 - 1984年) - アキラ 役• (1984年)• (1988年) - 江川ノボル 役• (2001年) - 不良 役• (2007年 - 2008年) - 借金取りB 役• (2009年) - 警備員 役• (2010年) - バスの乗客 役• (2013年) - ホラー人間態 スタント・スーツアクター• (1995年 - 1996年)• (1996年 - 1997年)• (1996年)• (1999年)• (1999年 - 2000年)• (2000年)• (2005年) - 仮面ライダー響鬼• (2007年) - スカルマン• (2010年) - ブジンサマ、タイヘイ• (2010年)• (2011年) - 黄金騎士・牙狼• (2011年) - ベム• (2012年) - 二代目アキバレッド(代役)• (2014年) - 黄金騎士・牙狼• (1995年 - 1996年)• (1996年 - 1997年) - リッチハイカー教授、リッチリッチハイカー教授、GGゴキちゃん、ボーゾック怪人• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 1999年)• (2000年 - 2001年)• (2005年 - 2006年) - 冥府神ティターン(代役)• (2007年 - 2008年)• (2009年)• (2010年 - 2011年)• (2000年 - 2001年) - グロンギ怪人• (2001年 - 2002年) - 仮面ライダーG3、仮面ライダーG3-X• (2002年 - 2003年) - 仮面ライダーナイト• (2003年 - 2004年) - 仮面ライダーカイザ、ホースオルフェノク• (2004年 - 2005年) - 仮面ライダーカリス、ジョーカー• (2005年 - 2006年) - 仮面ライダー響鬼、仮面ライダー裁鬼• (2006年 - 2007年) - 仮面ライダーザビー、仮面ライダーガタック• (2007年 - 2008年) - 仮面ライダーゼロノス• (2008年 - 2009年) - 仮面ライダーキバ(紅正夫変身体)• (2009年) - 仮面ライダーナイト、仮面ライダー轟鬼、仮面ライダーザビー、仮面ライダーガタック、仮面ライダー響鬼、仮面ライダーオーガ• (2009年 - 2010年) - 仮面ライダーW(代役) 映画 [ ] 顔出し• (1985年) - 少年 役• (2013年) - 壮幻 役 スタント・スーツアクター• (1999年) -• (2008年)• (2010年)• (2012年) - ゴーカイレッド 、カースタント• (2012年) - ベム• (2013年)• (1999年) - ウルトラマンダイナ• (2006年)• (2009年)• (2001年) - 仮面ライダーG3-X• (2002年) - 仮面ライダーナイト• (2003年) - ホースオルフェノク、仮面ライダーカイザ、仮面ライダーオーガ• (2004年) - 仮面ライダーカリス、仮面ライダーランス、アルビローチ• (2005年) - 仮面ライダー響鬼• (2006年) - 仮面ライダーザビー、仮面ライダーガタック• (2007年) - 仮面ライダーゼロノス• (2007年) - 仮面ライダーV3、ショッカーライダー• (2008年)• (2008年) - 仮面ライダーゼロノス• (2009年) - 仮面ライダーNEW電王、デネブ(一部)• (2009年) - 仮面ライダーV3、仮面ライダーX、仮面ライダーアマゾン• (2010年)• EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル - 仮面ライダーゼロノス• EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル - 仮面ライダーNEW電王• EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ• (2012年) - カースタント• (2009年)• (2010年) オリジナルビデオ [ ]• (2004年) - 門下生 役• (1999年)• (2000年)• (2001年) - 仮面ライダーG3-X• (2002年) - 仮面ライダーナイト• (2003年)• (2004年) - アバレッド• (2005年) - 仮面ライダー装甲響鬼• (2006年) - 仮面ライダーガタック• (2007年) - ウルフイマジン• (2008年)• (2009年) - メカザム• (2011年) - 暗黒騎士キバ 舞台 [ ]• (2011年5月20日〜2011年5月22日、高円寺明石スタジオ) - アニマルA、管野慎二 役• ヒーロー2…ありがとう(2012年3月29日〜2012年4月1日、シアターKASSAI) - アニマルA、管野慎二 役 CM [ ] 顔出し• CRぱちんこ仮面ライダー MAX EDITION スタント・スーツアクター• (仮面ライダー響鬼編) PV [ ]• 「刹那」(ぐりんジャー) ゲーム [ ]• イベント [ ]• (2009年、国際フォーラム)ゲスト出演 脚注 [ ] []• 「INTERVIEW」『東映ヒーローMAX』第4巻、、2003年、 49 -51頁、。 「STAFF INTERVIEW 監督 中澤祥次郎」『魔法戦隊マジレンジャー スーパーレジェンドブック』用田邦憲、、2006年5月5日、78-81頁。 映画パンフレットより。 エンドロールより。 株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2020年4月5日閲覧。 外部リンク [ ]• itmkk - この項目は、に関連した です。

次の

“平成最後”のブレイク俳優は!? 飯島寛騎&犬飼貴丈ら平成仮面ライダー俳優に注目

伊藤 美 来 仮面 ライダー

『アイドルマスター ミリオンライブ!』(七尾百合子役)、『BanG Dream!』(弦巻こころ役)、『五等分の花嫁』(中野三玖役)など数多くの話題作に出演している声優の伊藤美来さん。 実は大の特撮ヒーロー好きで、そのファン歴は15年を超えるとか。 仕事の支えになるほどの偏愛が生まれた背景を、伊藤さんにたっぷり語ってもらいました。 当時幼稚園生だった弟2人に頼まれ、毎週日曜日の朝、放送が始まる時間に彼らを起こしていたのですが、気づいたら私もハマっていました。 最初に好きになったのは『忍風戦隊ハリケンジャー』。 アクションがとてもカッコよくて、爆破シーンや大きなロボットの登場シーンにワクワクしました。 そこから、受験期以外はずっと特撮ヒーロー作品を追い続けています。 23歳になったいまでも、毎週日曜日の朝は録画し続けているほど。 仕事がないときはリアルタイムで見ています。 大人になると特撮ヒーロー作品を卒業する人が多いけど、私は「もったいない! なんで卒業しちゃうの!」と思っています(笑)。 なぜなら、大人になるほどストーリーへの理解が深まって、より楽しむことができるから。 いま特撮ヒーロー作品を見ているちびっ子たちに言いたいです、「いまも面白いだろうけど、成長したらもっと楽しくなるから!」って。 「絶対に行きたい!」三つのヒーローショーイベント 私がいまでも見続けているのは、下の弟が特撮ヒーローオタク仲間だから、というのが大きいかもしれません。 上の弟は卒業してしまったのですが、下の弟はいまでも大好きで、一緒に話したり、ヒーローショーに行ったりしています。 ヒーローショーは、いわばアイドルに会いに行く感覚。 子ども連れのファミリーに混じって、ヒーローを応援したり、並んで握手してもらったり。 私にとっては毎年の楽しみです。 イベントはいろいろあってどれも魅力的ですが、中でも特に楽しみにしているものを三つ挙げますね。 1 テレ朝夏祭り 六本木ヒルズアリーナで開催されるヒーローショーと映画のスペシャルイベントで、スーパー戦隊と仮面ライダーで日付が分かれています。 グッズを買えばヒーローと握手ができるので、並んで握手しています(笑)。 そのとき放送している特撮ヒーローたちを初めて生で見られる貴重な場です。 1 仮面ライダー電王(2007年1月~2008年1月放送) 怪人だけど実は味方の「イマジン」というキャラクターたちにハマってました。 そして、ストーリーに惹(ひ)かれていきました。 電王の前に放送していた作品は、『仮面ライダーカブト』『仮面ライダー555』など、シリアスなストーリーが多かったんです。 でも、電王は明るいコメディー調で、クスッと笑えるところがたくさんあって大好き。 何度も見返しています(笑)。 2 特捜戦隊デカレンジャー(2004年2月~2005年2月放送) キャラクターもストーリーも全部好き。 リアルタイムで見ていて、放送が終わったあともビデオを借りたくらい好きな作品です。 子どもの頃は「デカイエロー」や「デカピンク」などキャラクターに惹かれましたが、大人になって見返してみるとストーリーがとても面白くて……。 宇宙警察の話ですが、普通の刑事ドラマと同じような葛藤やリアルな人間ドラマが描かれています。 敵だと思っていた怪人が、ヒーロー側と心を通わせるようになる回は胸が熱くなります! 3 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年2~2019年2月放送) 二つのスーパー戦隊が戦う設定です。 最初聞いたときは「なにそれ!? 」と思ったのですが、まんまとWレッド(ルパンレッド、パトレン1号)にハマりました……。 基本的には対立しているけど、少し距離が縮まるときもあって。 それでも相いれない「快盗」と警察、この関係性がとても良いのです。 ストーリーも魅力的だし、それぞれのキャラクターがとても立っていて、みんな本当にカッコいい……。 以上です。 改めて振り返ってみると、敵のように見えて実は味方だったり性格が良かったりするキャラクターが登場する話が好みかもしれません。 どんな作品でも、そういった展開は感動的ですよね! 見続けてきたからこそ、受け継がれたヒーローの魂 小さい頃は、特撮ヒーローに憧れてアクションに興味を持ったこともありました。 たとえば、ヒーローたちの行きつけの喫茶店で働く店員とか(笑)。 彼らの近くにいて、何かあったときに守られる存在でありたいな、と。 ただ、ずっとヒーローたちを見続けていたせいか、私の心にも少なからず彼らの魂が宿っているのではないかと思うこともあります。 私は昔から何をやるにしても、あまり「No」を言わず、何でも挑戦してみようと行動する性格。 それは働くようになってからも変わりません。 16歳のときに声優デビューして、それまでダンスも歌もほとんどやったことはありませんでしたが、それでも、そういったお仕事のお話が来たときは「練習します! 頑張ります!」と、基本的に全て「Yes」を返してきました。 とはいえ、最初はできないことばかり。 苦労の連続でした。 怒られたりうまくできなかったりすると、つらくて逃げたくなることも。 アーティストとしてソロデビューしたときは、「伊藤美来の歌声ってなんだろう……?」ととても悩みました。 それでも、少しずつ数をこなしていくうちに自信が持てるようになって、できることが増えてきたと感じています。 声のお芝居のみならず、ラジオのMCや歌手活動などいろんな仕事ができることに魅力を感じて声優を志しました。 だから、新たな活動に挑戦するとき、つらさを感じながらも乗り越えられるのだと思います。 でも、それだけではなくて、やっぱり特撮ヒーローがいるからかもしれませんね(笑)。 仕事に取り組む中で、ちょっとズルしたい、逃げてしまいたい、と思うことはあります。 だけど、特撮ヒーローたちが真っすぐに戦っている姿や仲間たちと乗り越えている姿を見ると、「彼らは地球を守るという大仕事をしているのだし、私がこんなことで落ち込むわけにはいかない!」と前向きになれるんです。 スーパー戦隊は彼らの頑張る姿を見て心が浄化されるし、仮面ライダーは普遍的な人間ドラマを描いているから、見ている私たちも登場人物と同じ悩みを共有できる。 そんなヒーローたちに常に救われて、勇気づけられています。 彼らがいるから私は仕事を頑張れる(笑)。 いつか特撮ヒーローに関わる仕事をすることが、デビュー以来の変わらぬ目標です。 (文/阿部裕華 写真/南阿沙美 衣装協力/Newlyme[トップス、靴]、17kg[スカート]) プロフィール 伊藤美来(いとう・みく) 10月12日生まれ。 東京都出身。 スタイルキューブ所属。 2013年に声優デビュー、16年に日本コロムビアからソロアーティストデビュー。 主な出演作はゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」(七尾百合子役)、「BanG Dream!」(弦巻こころ役)、アニメ「五等分の花嫁」(中野三玖役)など。 集英社「グラジャパ!アワード2019」声優部門賞受賞。 物語に寄り添ったストーリーテラーを意識して歌いました。 キャラクターの心情を伝える部分では、しっかり感情を込めて歌っています。 対照的に、カップリング曲はかなり自由に楽しく妄想を膨らませながらレコーディングしました。

次の

伊藤美来 (豆瓣)

伊藤 美 来 仮面 ライダー

好久没有更新专栏了。 上个学期由于参加各种各样的活动,基本上没有时间整理资料。 希望大家能够理解,也希望大家喜欢这篇专栏,喜欢的话可以三连。 (如果不考虑审核时间的话,投稿当天是丰田萌绘的生日) 这次为大家介绍的声优是新生代的女性声优—— 伊藤美来。 这张是日本哥伦比亚官网上的公式照片 几年内,伊藤美来的人气正在以爆炸式速度增长着。 不仅仅局限于动画作品,她也活跃在不同类型的作品与活动中。 作为新生代声优,或是组合Pyxis的一员,亦或是个人歌手身份,她都有着不错的表现。 代表作有《普通女高中生要做当地偶像》宇佐美奈奈子、《偶像大师 MILLION LIVE! 》七尾百合子、《BanG Dream! 》弦卷心、《公主连结Re:Dive》可可萝、《灵感!》井上成美、《五等分的新娘》中野三玖等。 先从声优这个角度谈一谈吧。 单纯从声音上看,本音比较温柔,属于中频比较多缺少高频的类型。 音区上基本上是中高音区,属于比较特别的少女类的声音。 在以正常偏小音量讲话时,稍微有点口齿不清的感觉(个人感觉稍微有一点像某樱小姐迷糊的时候,就是说那种有点口齿不清的感觉),被萌到了 (萌点奇怪的某up主)。 声线方面主要可以分为本音为基础的少女声线、软萌少女声线、元气少女声线。 除此之外也有一些衍生出来的变化(写到这里的时候不知道为什么特别想写バリエーション),例如强硬少女声线、傲娇声线之类的。 这里就不做阐述了。 演技方面,没有太多的问题。 个人认为在新生代声优中虽然说不上是多么的出色,但确实有着自己的特点。 早期的作品确实表演痕迹有些明显,大体上还是不错的,和人物设定没有太多的出入,只是情感表达上缺少细节和真实感。 这确实是几乎所有声优刚出道时的的通病(某些天赋异禀的除外),基本上就看后期的自我调整和不断练习。 在伊藤美来的身上,我仿佛看到了某大锤的影子,就是努力家。 从拿到第一个角色之后的几年间,伊藤美来的确有着很大的进步,对人物情感的把握、声音的控制力和语气的真实感已经有了一定程度的改善。 这一切的背后相比是少不了私下对演技的磨练以及不断的尝试。 以《五等分的花嫁》为例,中野三玖的特点是含蓄内向而略显阴沉,因此声线应该选用音区较低的声线。 伊藤美来的声线还是普遍偏高的,因此在这个作品中特意压低了一些。 此外,三玖不擅长表达自己的情感,但是并不是三无属性。 这种情感表现相对没有那么明显,但又需要一定的情感流露的角色确实是很难的,应该做到什么程度是很微妙的。 从结果来看,害羞、生气、高兴时的那种表达确实比较恰到好处,没有什么过分的地方。 相比这也是三玖在人气投票中名列前茅的原因之一。 (提前说一下,up是录音专业的,接受过十多年音乐方面的专业训练,擅长音乐制作和混音。 这里不会拿专业的角度来评价声优的唱功,要不然要求实在是太严格了【其实如果拿专业的角度评价很多专业歌手,其实也都是车祸现场】) (全靠我们这帮人一遍一遍录,一点一点拼,一点一点修... 我太难了) 唱功方面不错,歌曲本身不进行评价 (up其实不太感冒anisong)。 声音控制上还是很稳的, 节奏控制上貌似对稍微复杂点的节奏不太擅长 (确实不太明白anisong的作曲为什么总是要把节奏写的挺碎的) ,气息上还是需要加强。 现场还是比较稳的,不会出什么错。 身高为155cm (这个数据只在萌娘百科查到了,没有别的考证),身材苗条比例超级好(非常显高)。 很多人对美来的评价是偶像等级的颜值,个人认为审美看个人,但不得不说美来是真的可爱。 另外,如果 cdd 肉体厨们 想要多看看美来的写真的话,不妨买一本写真集看一看。 (ファースト写真集「むじゃき。 」好評発売中!) 轶事 (以下内容来自网络,up只负责整理和吐槽) 昵称为 みっく(miku,这个昵称是 麻仓桃起的)。 (名字发音和未来相同,所以早期有的时候会有名字打错的情况出现) 据说有两个弟弟 (虽然弟弟对miku很冷淡)。 特长是剑道。 喜欢日本文化。 大学期间的专业方向是日本语方向,并且精通百人一首(汇集了日本七百年100首和歌,是最广为流传的和歌集。 后来被制成纸牌,作为新年的传统游戏深受日本人喜爱)、日本文学、剑道(剑道初段,初中时加入剑道部 虽然是因为想穿剑道袴)。 伊藤美来. 剑道ver 擅长舞蹈,小的时候练过 芭蕾。 曾在《偶像大师剧场版 走向光辉的未来》和《初音未来 未来计划2》等作品中担任动作捕捉演员。 (这个我还真去考证了,不幸没找到相关的资料) 伊藤美来. 变身ver 特别喜欢《超级战队》和《假面骑士》等特摄片(可以说是发烧粉的等级,平常会买周边)(其实最初是受弟弟影响),官方简介中爱好写的是欣赏假面骑士和超级战队。 曾经在自己的演唱会上翻唱喜欢的特摄歌曲。 自称三大爱好是英雄、食物和空想。 英雄是自己努力奋斗的动力,没有这个就提不起精神。 (也因为喜欢特摄,所以男性粉丝特别的多) 伊藤美来. 月读ver 喜欢的食物是寿司(最喜欢的是海胆)、肉、五目饭(日文是タコライス,冲绳料理。 其实是一种将 辣味的酱汁和 墨西哥 饼【taco】的馅料倒在米饭上的料理,想做的话可以)。 (DD们记得划重点,miku喜欢吃肉) 不喜欢的食物是豌豆。 (平时不吃青菜 就是不喜欢吃蔬菜) (还有这个也是重点,要考的) 喜欢的颜色是 白色和 水蓝色。 喜欢的歌手是 back number 和 aiko。 伊藤美来 初中二年级,在朋友的支持下开始对声优产生兴趣。 将声优作为目标的契机是《魔卡少女樱》。 自称出道作品《偶像大师 百万现场》中担任的七尾百合子和自己也有一些相似的地方,因此自己选择好角色并成功通过了试音会。 憧憬的声优是 早见沙织。 所属事务所为 Style Cube,所属唱片公司为 日本哥伦比亚。 和同属组合 Pyxis的 丰田萌绘关系较为亲密(和萌绘用的是一样的洗发水,觉得她像自己的自己的姐姐)。 与 水濑祈(两个人曾经私下一起去过迪士尼)、 爱美(miku喜欢的成熟帅气、有时会很可爱、会吉他的 大家的男 朋友 cdd ,两个人私下一起去过首尔)、 能登有沙、 松永真穗关系良好。 伊藤美来(左)丰田萌绘(右) 伊藤美来(左)爱美(右) 伊藤美来(左)水濑祈(右) i 水濑祈(左 )伊藤美来(右) 手劲很大,能打开上大人和山崎遥打不开的马克笔。 喜欢脚踝,喜欢看好看的脚踝。 (逐渐开始痴汉) 曾经有一次工作前换裙子的时候觉得稍微有些紧,于是把裙子的拉链稍微往下拉了一点(想着没有人会注意到),结果工作结束后发现拉链已经拉下来了好多,可是从始至终没有人提醒她。 (本人表示想起这件事就觉得特别不好意思) 自认为的优点是坦率和忍耐力,缺点是想得太多。 喜欢成熟帅气温柔、有的时候可爱,会吉他的人,想在三十岁左右结婚。 (这说的不是cdd爱美吗)(估计有人开始练吉他了) (这个也是知识点,划重点) 最后放些照片: 伊藤美来. 万圣节ver 伊藤美来. jkver 伊藤美来. 女仆ver 与以前专栏的联动 (这次是五等分) : 参考资料:伊藤美来 - 萌娘百科 万物皆可萌的百科全书,文字内容遵守【知识共享 署名 - 非商业性使用 - 相同方式共享 3. 0】协议。 本文为我原创 本文禁止转载或摘编• 伊藤美来.

次の