ピコ 太郎 sdgs。 一発屋が持続可能性をPR? SDGs歌うピコ太郎さん:朝日新聞デジタル

ブリヂストンのCSRの考え方

ピコ 太郎 sdgs

教育がすべての基礎に 「持続可能な開発」自体は、1980年代から提唱されていました。 一方、ESDは、2002年12月の国連総会で日本が提案した「国連持続可能な開発のための教育の10年」(05~14年)が決議され、ユネスコスクール(世界で約1万校、日本では2017年10月現在で1,034校)に指定された学校を中心に取り組みが行われています。 「私たちとその子孫たちが、この地球で生きていくことを困難にするような問題について考え、立ち向かい、解決するための学び」(ユネスコスクールのホームページ)です。 SDGsは、2015年9月の国連サミットで150か国以上の参加により採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」(16~30年)の中で掲げられました。 「貧困」「ジェンダー」「気候変動」「平和」など17の目標があり、「教育」もその一つです。 それぞれの目標は独立したものではなく、相互に関係するだけでなく、時には相反する価値を追求することもあります。 その中で「教育」は、「教育がすべてのSDGsの基礎」(日本ユネスコ国内委員会「ESD推進の手引」改定版)と考えられています。 持続可能な社会を担うのは私たちであり、子どもたちです。 とりわけ子どもたちには、教育を通じて、その意義を学んでもらわなければなりません。 新指導要領の基盤としても そうしたSDGsの核となるESDは、新指導要領の「基盤となる理念」(2016年12月の中央教育審議会答申)として、全体に関わる前文に「持続可能な社会の創り手となることができるようにする」ことが盛り込まれました。 一方でESDには、何か各教科の学習などとは別の教育を行わなければならないのではないかとか、ユネスコスクールのような特別な学校でしかできないのではないか……といったイメージが持たれることも少なくありません。 しかしESDは従来から、各教科などを横断的に学習することによって、持続可能な社会づくりに必要な態度や能力を育成することとされていました。 とりわけ新指導要領は、教科横断的に(1)知識・技能(2)思考力・判断力・表現力等(3)学びに向かう力・人間性等……の三つの柱で「資質・能力」を育成することを目指しています。 学校で学んだことが、学校の中だけで通用する知識で終わってしまっては、意味がありません。 しかもSDGsは企業にとっても重要な課題であり、経済産業省によると各目標の市場規模は70兆~800兆円にもなるといいます。 何より環境悪化や貧困・格差の広がりで、社会が持続不可能になってしまっては困ります。 ESDは「人生100年時代」の子どもたちに不可欠な教育なのです。 mofa. mext. htm プロフィール.

次の

ピコ太郎が、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」のキャンペーンバージョンに登場。ちょっと苦し紛れの場面も。まあ、いいっか!?(RIEF)

ピコ 太郎 sdgs

「最高の品質で社会に貢献」し続けるために グローバル化に伴う様々な課題や気候変動による影響が拡大するなか、ブリヂストングループは、社会からのグローバル企業への期待の高まりに応えるためにも、責任ある企業として持続可能な社会の実現や社会課題の解決に向けて取り組む必要があると認識しています。 当社グループが、業界のリーダーとして未来に対する責任を進んで果たしていくための指針、それがグローバルCSR体系「Our Way to Serve」です。 「Our Way to Serve」を通じて、私たちは、世界中の多様なメンバー、グローバルなネットワーク、業界でのリーダーシップ、積み重ねてきたイノベーション、といった自社の強みや特性を活かしながら、人々がより快適に移動し、生活し、働き、そして楽しむことに貢献していきます。 「Our Way to Serve」は、ブリヂストングループの事業の中核を担うものであり、どのように事業を進めていくかの指針でもあります。 ビジョン 「最高の品質で社会に貢献」することは、私たちが受け継いできた伝統と使命です。 ブリヂストンと世界中で働く従業員は、業界のグローバルリーダーとして未来に対する責任を進んで果たしていくために、イノベーションと先進技術を通じて、人々がより快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献します。 重点領域 (PA:Priority Areas)• 多様な移動ニーズに 応える• モビリティの進化に 貢献する• 安全・安心な移動を 支える• 安全・安心な暮らしを 支える• 次世代の学びを 支える• 地域の健やかな暮らしを支える• 基盤領域 (MF:Management Fundamentals)• 「Our Way to Serve」 推進体制 「Our Way to Serve」をグローバルで推進するため、グローバルCSR推進体制、リージョナルCSR推進体制、領域・機能別ワーキンググループ(WG)の3つの組織による連携体制を構築しています。 グローバルCSR推進体制として、各SBUのマネジメントやCSRのそれぞれの活動領域・機能の委任者などから構成されるグローバルCSR推進コミッティ(Global CSR Enhancement Committee・GCEC)及びグローバル品質経営コミッティ(Global Quality Management Committee・GQMC を設置し、様々なグローバル課題について取り組むべき領域の優先順位づけ、サステナビリティにおけるグローバル戦略の立案など、ブリヂストングループ全体のCSRの取り組みにおける基本的な考え方を立案しています。 これらのコミッティでは、執行に関する最高位の会議体であり、取締役 代表執行役CEO 兼 取締役会長を含むメンバーで構成されるGlobal EXCOに答申します。 また、GCECではブリヂストングループ全体のCSR活動の進捗や社内浸透状況の確認も行います。 このような体制を構築し、ブリヂストングループ全体のCSR活動をグローバル全体で着実に進めています。

次の

【シリーズ SDGsを知ろう!】ピコ太郎が推進大使を務める「SDGs」って、なあに?: J

ピコ 太郎 sdgs

【開発】 誰もが安心安全な環境で、自分の能力を発揮しながら満足してくらせるようにすること を表します。 つまり 「国ごとではなく、あらゆることを地球規模で世界市民として、一緒にお互い協力しあいましょう」 というものです。 このSDGsの理念「持続可能な開発目標」が、これからお話しする 「17の目標」すべてに共通しています。 目標1 貧困をなくす 世界中のあらゆる貧困の「形」を終わらせる。 貧困とはお金だけでなく、教育や仕事、医療、衣食住などの必要なモノ・サービスがない、自分の意見を発言できない環境なども含みます。 目標2 飢餓をなくす 生きるために必要な食料を安定して手に入れる権利を保障する。 国境を越えて、資源から得られたものを公平に分け合い、自然環境を守っていくこと。 目標3 健康であること すべての人が質の良い医療を受けられる環境づくりをする。 病気予防の知識を広める。 目標4 質の高い教育 人種・性別・身体能力に関係なく、すべての人が基礎教育や、様々な職業訓練など生涯にわたって学習できる環境を整える 目標5 ジェンダーの平等 性別を理由に差別されない。 男女が平等な政策や法律を作る 目標6 清潔な水と衛生 だれもが水と衛生的な環境をえられるようにする 目標7 再生可能エネルギー 価格を安定させて発電やガスなど持続可能なエネルギーを皆が平等に使えるようにする 目標8 適切な良い仕事と経済成長 自然資源を守り、すべての人が働きがいのある仕事が出来る権利と環境づくり 目標9 新しい技術とインフラ 災害に強いインフラをつくり、新しい技術を生み出しやすい技術支援などの環境づくり 目標10 不平等を減らす 国と国との間、また同じ国の中での不平等を減らす 不利な立場にある人、少人数であっても平等に守れるような法律や政策を取り入れる。 目標11 持続可能なまちと地域社会 環境を破壊することなく、安全で住みやすい環境をつくる。 目標12 責任をもって生産、消費 企業は責任をもって情報公開をする。 無駄を無くしゴミを増やさない努力をする。 目標13 気候変動への対策 地球温暖化など気候変動や影響を止めるためにすぐに行動を起こす、予算を出して環境整備をする• 目標が多すぎる• 内容が理解しにくい• 特に先進国にとって関心が低い• 法律的な拘束力がない という声もあり、具体的に実行するにはまだまだ課題が山積みです。 小さな一歩が大きな結果に まずは小さなことでも、個人個人が意識することから始めなければいけませんね。 特に 目標12の 「責任をもって消費する」というのは• ゴミを減らす• モノを大事に使う• 資源になるものはリサイクルに回す など、暮らしの質を見つめ直す「断捨離」ブームもあり、消費への関心は高まりつつあります。 今から出来るSDGs活動!を私も心がけたいと思います。 外務省が直々にオファー 今回の企画は、日本の外務省が国連のSDGsをPRするため、 「日本のアピールの目玉として、ぜひニューヨークでパフォーマンスをしていただきたい」 と直々にピコ太郎さんに依頼があり実現したとのこと。 ピコ太郎さんがテンポのいい曲に合わせ歌い踊ると、各国の外交官や国連職員が集まる会場は笑いに包まれた。 ピコ太郎さんが「PPAP」のSDGs版を歌うと会場は大いに盛り上がった。 ピコ太郎さんを知る人はほとんどいなかったが、アルゼンチンの外交官は「とても明快でおもしろい」と笑顔だった(日本経済新聞) 壇上に上がったピコ太郎さんは英語であいさつ。 国連の略の「UN」がPPAPの「ウン!」のかけ声と同じだと紹介すると、会場は笑いに包まれた。 子どもたちと一緒に、「ペン」と「ブック」を合わせて「エデュケーション(教育)」などと歌い、終了後は「PPAPよりウケていてよかった。 まずは陽気に、言葉を耳にインプットして覚えてもらえれば」とほっとした様子で話した。 (朝日新聞) とのことでしたので 一安心 といったところでしょうか。 まとめ ピコ太郎さんの人気の理由や、国連のスローガンSDGsなどについてまとめてみました。 一見全く結びつかない2つでしたが、まずは活動を広くPRし、個人の意識から変えていくことからが何より必要ですね。 ですから、ピコ太郎さんの起用はとても良いことだ思いました。 うれしくて明日の更新のチカラになります。 話題の人物関連記事 ・ ・ ・SMAP解散で仮装大賞は続行する?.

次の