ホワイト ムスク ドンキ。 ホワイト ムスク ドンキから探した商品一覧【ポンパレモール】

ホワイトムスクはどんな香り?ムスクとの違いや効果・効能まとめ

ホワイト ムスク ドンキ

「ホワイトムスク」と呼ばれるムスクがあります。 ホワイトムスクとは? ムスクとの違いは? 洗剤に使用されるムスク 「ムスク」という香料は、とにかく凄い香料です。 香水はもちろんのこと、化粧品や石鹸にもシャンプーにも必要不可欠な香料です。 衣料用洗剤や柔軟剤にもよく使用されます。 「石鹸のような香り」「清潔感のある香り」とは、日本人が好みの香りを表現するときによく使用される言葉で日本独特の現象です。 「石鹸のような香り」「清潔感のある香り」が何のことを指しているのか、業界でも意見がわかれいますが、おおよそ、成分的にはムスクで一致すると思います。 ムスクの優れた残り香 石鹸で手を洗った後にかすかに香る「残り香」 のこりが は、肌の匂いと馴染み、清潔感と肌の温かさが感じられます。 お風呂上がりのお母さんのような優しさや柔らかさを感覚として感じる方もいるのかもしれません。 この香りの演出にムスクは圧倒的なパワーを発揮します。 ムスクとジャコウジカ 本来ムスクとは、ヒマラヤなどに生息するシカ、麝香鹿 ジャコウシカ から採れる香料です。 ジャコウジカは通常のシカより原始的なシカと言われます。 ジャコウジカには生殖器とおへその間に麝香腺という器官があり、そこからわずかなゼリー状の半液体が出てます ムスクが睾丸から採れるという話は都市伝説。 これが麝香 ジャコウ 、すなわちムスクです。 「動物性香料」と呼ばれる所以です。 現在、世界で製造される香水、クリームやローションなどの化粧品、石鹸やシャンプーなどのトイレタリーなどに本物のムスクが使用されることはありません。 天然ムスクを使用できない理由 まず入手できない、輸入できない ワシントン条約 、高価すぎる、品質上の問題 天然香料は不純物が多く変色やオリ、異物生成など安定性に欠ける。 そして何よりも香料の採取のためだけにジャコウシカを殺さなければならないという人道上の問題のためです。 本物のムスクは学術目的や特別なライセンスがあれば、入手できる場合もあり、過去から受け継いだ遺産としてムスクを所有するところもあります。 香料会社さんの研究所、あるいは香り関連研究所の一部、あるいはお香屋さんや漢方薬製造業者の倉庫に保管されている可能性がありますが、一般には入手は困難です。 ムスクの代打、合成ムスク そこで出てきた代替香料が合成ムスクです。 なんと1800年代の終わりには合成されています。 しかし、それらは発ガン性、光毒性の点で問題があったとされています。 80年代に出てきた合成ムスクは初期のムスクより安全とされていますが、反対意見もあり、現在でも新しい、より完全な合成ムスクの開発競争が続いています。 ホワイトムスクとは? さてホワイトムスクですが「ホワイトムスクとは植物性ムスクのこと」という人がいます。 誤解です。 植物由来の香料でムスクのような香りを持ったオイルにアンブレットシード精油やアブソリュートがありますが、これがムスクといえるか不明です。 一般にホワイトムスクとは、香料の正式な成分名ではなく、合成ムスクの「通称」です。 学会でも化粧品業界でも正式な定義がされておらず、一人歩きしている言葉のようにも見受けられます。 マーケティング的に優れた命名 ムスクは先に書いたように石鹸やシャンプーや洗剤・柔軟剤・漂白剤の残り香として清潔感がある香りを残しますので、イメージ的にも洗いたての白いシャツを彷彿させるものです。 それゆえそういうイメージを込めて「ホワイトムスク」と誰かが呼びはじめたのではないかと推測しています。 「合成ムスク」ではイメージがよくないため、腕のよいマーケターが商品名として生み出したのかもしれません。 マーケティング的に優れた命名です。 呼び方一つで商品イメージが180度変化する例です。 現在、さまざまな種類の合成ムスクが「ホワイトムスク」と通称されています。 ホワイトムスクの説明 by Wikipedia 海外のWikipediaにホワイトムスクの説明がありましたので引用します。 Wikipediaがいつも正しいわけではないと思いますが、まずは参考にどうぞ。 フィクソリド、ガラクソリドのような成分名がでてきますが、それらはそれら合成ムスクを開発し商品化した香料会社の商品名や登録商標です。 ほとんど特許が取得されています。 ---------------- 翻訳 --------------- ホワイトムスクとは、香水業界にて動物性の天然ムスクを代替す合成ムスクの一群を指します。 それら合成ムスクの分子式や成分名はさまざまです。 最初の合成ムスクは1890年ころに発見されました。 そして、現在でも合成ムスクの開発は続いています。 ホワイトムスクには、清潔感があり、ムスクのような、人の肌のような香りがあります。 またときにはブラックベリーのような、アンブレットのような、アンバーグリスのような香りと表現されることがあります。 ---------------QUOTE-------------- White musk, in the perfume industry, refers to a group of synthetic molecules that replaces natural, animal musk. The formulas and the names of these synthesis are varied, like fixolide, habanolide, galaxolide or ambrettolide. The first synthetic musk was discovered around 1890, and there are still new types being created. White musk brings clean, musky, skin notes. It can also be described as notes of blackberry, ambrette or ambergris. ---------------QUOTE-------------- 関連記事: 2009-03-10.

次の

【ルームフレグランス】ジョンズブレンド ホワイトムスクのアロマウォーターを使ってみたよ!【感想 クチコミ】

ホワイト ムスク ドンキ

ホワイトムスクはどんな香りなのでしょうか。 その香りを一言で表現すると「甘く妖艶なフェロモンの香り」です。 香水や石鹸によく使われていて、数あるムスクの種類の中で、最も有名かつ人気の高い香りがホワイトムスクです。 ムスク系香水の登竜門とも言える香水で、初心者にもおすすめのパフュームです。 ホワイトムスクの他に、ウッディムスク、レッドムスク、マンダリンムスク、カシミアムスク、リスタルムスク、ブラックベリームスクなど、様々な種類の香りがあります。 セクシーで官能的な香りや、爽やかで落ち着いた香りまで、実に奥深いです。 気分に合わせて香りを変えられるのも、香水の楽しみのひとつですね。 ホワイトムスクにはセクシーになる効果・効能がある! ホワイトムスクの効果や効能にはどんなものがあるのでしょうか。 別の名を「フェロモン香水」とも呼ばれているムスクは、もともとジャコウジカが異性を引きつけるために発していた香りです。 そのため異性を虜にするような、セクシーでエキゾチックなオーラを醸し出してくれる効果があり、性別問わず人気の高い香水です。 かつては媚薬としても用いられていた魅力的な香りのムスク系香水は、長期間継続的に使用していると、身体に吸収され肌が美しくなる効果があると公表されています。 天性の色気を更に引き立ててくれるのがムスク系香水という訳ですね。 フェロモン香水の代表とも言えるムスク系香水は、その効果はもちろん、ムスクの種類によって無数の香りが楽しめますね。 下記の関連記事には、そんな香水がもっと魅力的になる効果的な付け方やほのかに香る場所などをご紹介しています。 意外と知らないTPOに合わせた香水のつけ方を、ぜひ一緒にチェックしてみてください。 RELATED ARTICLE ホワイトムスクはエキゾチックで男女問わず愛されている香り! いかがでしたでしょうか。 ムスクといっても、その香りの種類はたくさん存在し、調合の仕方やブランド独自の製法で香りが様々ありましたね。 甘くセクシーで官能的な香りや、エキゾチックで妖艶な香り、そして爽やかでフレッシュな香り・・・。 同じムスク系香水とは思えないくらい多くの顔を持つのが、ムスク系香水です。 しかしどんなにいい香りでも、付けすぎるとそれは「香害」となってしまう恐れもあります。 付ける量や場所などに配慮し、周りの人に不快な想いをさせない心配りも、香水を楽しむためのマナーです。 シチュエーションに合わせて香りを変えることで、自分だけではなく、周囲にも心地よく堪能できる香水選びを心掛けましょう。 香水の代表格ともいえる香りである「ホワイトムスク」は、男女ともに愛される定番だからこそ、永く付き合える自分好みの香りを探求するのも、香水を身につける醍醐味のひとつではないでしょうか。 これを機に、あなたらしさを引き出してくれる名パートナーを探してみてはいかがですか。

次の

【John’s Blend】ルームミスト、爽やかなホワイトムスクの香りがおすすめ|まめじぇふ!

ホワイト ムスク ドンキ

「ホワイトムスク」と呼ばれるムスクがあります。 ホワイトムスクとは? ムスクとの違いは? 洗剤に使用されるムスク 「ムスク」という香料は、とにかく凄い香料です。 香水はもちろんのこと、化粧品や石鹸にもシャンプーにも必要不可欠な香料です。 衣料用洗剤や柔軟剤にもよく使用されます。 「石鹸のような香り」「清潔感のある香り」とは、日本人が好みの香りを表現するときによく使用される言葉で日本独特の現象です。 「石鹸のような香り」「清潔感のある香り」が何のことを指しているのか、業界でも意見がわかれいますが、おおよそ、成分的にはムスクで一致すると思います。 ムスクの優れた残り香 石鹸で手を洗った後にかすかに香る「残り香」 のこりが は、肌の匂いと馴染み、清潔感と肌の温かさが感じられます。 お風呂上がりのお母さんのような優しさや柔らかさを感覚として感じる方もいるのかもしれません。 この香りの演出にムスクは圧倒的なパワーを発揮します。 ムスクとジャコウジカ 本来ムスクとは、ヒマラヤなどに生息するシカ、麝香鹿 ジャコウシカ から採れる香料です。 ジャコウジカは通常のシカより原始的なシカと言われます。 ジャコウジカには生殖器とおへその間に麝香腺という器官があり、そこからわずかなゼリー状の半液体が出てます ムスクが睾丸から採れるという話は都市伝説。 これが麝香 ジャコウ 、すなわちムスクです。 「動物性香料」と呼ばれる所以です。 現在、世界で製造される香水、クリームやローションなどの化粧品、石鹸やシャンプーなどのトイレタリーなどに本物のムスクが使用されることはありません。 天然ムスクを使用できない理由 まず入手できない、輸入できない ワシントン条約 、高価すぎる、品質上の問題 天然香料は不純物が多く変色やオリ、異物生成など安定性に欠ける。 そして何よりも香料の採取のためだけにジャコウシカを殺さなければならないという人道上の問題のためです。 本物のムスクは学術目的や特別なライセンスがあれば、入手できる場合もあり、過去から受け継いだ遺産としてムスクを所有するところもあります。 香料会社さんの研究所、あるいは香り関連研究所の一部、あるいはお香屋さんや漢方薬製造業者の倉庫に保管されている可能性がありますが、一般には入手は困難です。 ムスクの代打、合成ムスク そこで出てきた代替香料が合成ムスクです。 なんと1800年代の終わりには合成されています。 しかし、それらは発ガン性、光毒性の点で問題があったとされています。 80年代に出てきた合成ムスクは初期のムスクより安全とされていますが、反対意見もあり、現在でも新しい、より完全な合成ムスクの開発競争が続いています。 ホワイトムスクとは? さてホワイトムスクですが「ホワイトムスクとは植物性ムスクのこと」という人がいます。 誤解です。 植物由来の香料でムスクのような香りを持ったオイルにアンブレットシード精油やアブソリュートがありますが、これがムスクといえるか不明です。 一般にホワイトムスクとは、香料の正式な成分名ではなく、合成ムスクの「通称」です。 学会でも化粧品業界でも正式な定義がされておらず、一人歩きしている言葉のようにも見受けられます。 マーケティング的に優れた命名 ムスクは先に書いたように石鹸やシャンプーや洗剤・柔軟剤・漂白剤の残り香として清潔感がある香りを残しますので、イメージ的にも洗いたての白いシャツを彷彿させるものです。 それゆえそういうイメージを込めて「ホワイトムスク」と誰かが呼びはじめたのではないかと推測しています。 「合成ムスク」ではイメージがよくないため、腕のよいマーケターが商品名として生み出したのかもしれません。 マーケティング的に優れた命名です。 呼び方一つで商品イメージが180度変化する例です。 現在、さまざまな種類の合成ムスクが「ホワイトムスク」と通称されています。 ホワイトムスクの説明 by Wikipedia 海外のWikipediaにホワイトムスクの説明がありましたので引用します。 Wikipediaがいつも正しいわけではないと思いますが、まずは参考にどうぞ。 フィクソリド、ガラクソリドのような成分名がでてきますが、それらはそれら合成ムスクを開発し商品化した香料会社の商品名や登録商標です。 ほとんど特許が取得されています。 ---------------- 翻訳 --------------- ホワイトムスクとは、香水業界にて動物性の天然ムスクを代替す合成ムスクの一群を指します。 それら合成ムスクの分子式や成分名はさまざまです。 最初の合成ムスクは1890年ころに発見されました。 そして、現在でも合成ムスクの開発は続いています。 ホワイトムスクには、清潔感があり、ムスクのような、人の肌のような香りがあります。 またときにはブラックベリーのような、アンブレットのような、アンバーグリスのような香りと表現されることがあります。 ---------------QUOTE-------------- White musk, in the perfume industry, refers to a group of synthetic molecules that replaces natural, animal musk. The formulas and the names of these synthesis are varied, like fixolide, habanolide, galaxolide or ambrettolide. The first synthetic musk was discovered around 1890, and there are still new types being created. White musk brings clean, musky, skin notes. It can also be described as notes of blackberry, ambrette or ambergris. ---------------QUOTE-------------- 関連記事: 2009-03-10.

次の