ジュリアン・ムーア。 ジュリアン・ムーアの才能がすごすぎ!【アカデミー賞女優】

ジュリアン・ムーアの映画作品

ジュリアン・ムーア

略歴 本名Julie Anne Smith。 ボストン大学で演劇の学士号を取得後、1980年代半ばから舞台やテレビに出演。 94年のルイ・マル監督作「42丁目のワーニャ」での演技が高い評価を受け、「ショート・カッツ」「9か月」「暗殺者」などの話題作に出演。 その後97年の「ブギーナイツ」ではアカデミー助演女優賞に、99年の「ことの終わり」では主演女優賞にノミネートされる。 2001年には「羊たちの沈黙」の続編「ハンニバル」で、ジョディ・フォスターが演じたFBIの捜査官クラリス・スターリング役に抜擢。 以降も「エデンより彼方に」、「めぐりあう時間たち」と必ず賞レースに顔を出す実力派として活躍が続く。 「トゥモロー・ワールド」「シングルマン」「キッズ・オールライト」など順調にキャリアを重ね、アルツハイマーに侵される女性を演じた「アリスのままで」 14 でついにアカデミー賞主演女優賞に輝いた。 私生活では1995年に9年間共にした男優と離婚。 その後「家族という名の他人」の撮影をきっかけに知り合ったバート・フレインドリッチ監督と6年の交際を経て2003年に結婚し、2人の子供がいる。 (外部リンク).

次の

ジュリアン・ムーアの映画作品

ジュリアン・ムーア

ジュリアンムーアの身長や娘&夫などのwiki! 「キングスマン: ゴールデン・サークル」でポピー役。 (出典:NewBeauty) 英語の表記では、「Julianne Moore」になります。 ジュリアンムーアさんの 年齢は、 2019年に 1960年12月3日生まれの59歳になります。 見えないですね。 アメリカノースカロライナ出身です。 身長ですが、160cmと平均ですね。 肌に関して、色白できれいですが、逆に色白のためそばかすやシミになりやすい体質だそうです。 気になる結婚や家族の情報 26歳の時に俳優・プロデューサーのジョン・グールド・ルビンさんと結婚しましたが、33歳の時に離婚しています。 そして、その3年後の36歳の時に9歳年下の映画監督のバート・フレインドリッチさんと2度目の結婚しました。 (出典:pinterest. com) 子供の情報ですが、息子と娘がいます。 娘さんとの画像です。 (出典:wmagazine. com) 似ていますね。 名前は、 「リブ・フレインドリッチ」といいます。 (出典:wgrz. com) 娘さんも美人ですね。 (出典:Good Housekeeping) 色が白いですね。 (出典:Daily Mail) ジュリアンムーアの昔の(若い頃)画像!「ハンニバル」「クロエ」「ハンガーゲーム」「アリスのままで」などの画像! (出典:Pinterest) 若い頃のショートカットです。 ういういしいですね。 (出典:spokesman. com) 逃亡者の時の画像です。 30歳位ですね。 (出典:pinterest. com) 暗殺者の時の画像です。 35才くらいです。 (出典:White on Film) マグノリアの頃の画像です。 もうすでに今と変わらないですね。 (出典:The Film Experience) ハンニバルの画像です。 スゴイ美人ですね。 (出典:Land of Whimsy) きれいなドレスです。 40歳ごろですね。 (出典:hotflick. net) クロエの頃の画像です。 50歳なのにきれいですね。 (出典:jonathanrosenbaum. net) ハンガーゲームでの画像です。 大統領役です。 (出典:Real Style Network) アリスのままでの画像です。 (出典:Collider) 「アリスのままで」で アカデミー主演女優賞を取りました。 ジュリアンムーアさんのインスタやツイッター情報は? ジュリアンムーアさんですが、 インスタとツイッターをやっております。 チェックして見て下さい。 instagram.

次の

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮ら共演 映画『ベル・カント』11月公開

ジュリアン・ムーア

映画『ベル・カント とらわれのアリア』が11月15日から日本公開することが決定。 あわせてポスタービジュアルが公開された。 ポール・ワイツ監督による同作は、アン・パチェットのベストセラー小説『ベル・カント』を日米キャストで映画化した作品。 実業家ホソカワの会社の工場誘致を目論む主催者が、ソプラノ歌手ロクサーヌ・コスによるサロンコンサートを企画するが、テロリストたちによって副大統領邸が占拠されてしまうというあらすじだ。 ロクサーヌの歌をきっかけにテロリストと教養に溢れた人質らのあいだに師弟のような交流が生まれる様子を描く。 原題は『BEL CANTO』。 出演者はホソカワ役の渡辺謙をはじめ、オペラ歌手ロクサーヌ・コス役のジュリアン・ムーア、ホソカワの通訳を務めるゲン役に加瀬亮が名を連ねている。 そのほかセバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバートらがキャスティング。 ロクサーヌ・コス役の吹き替えは、オペラ歌手ルネ・フレミングが担当している。 ポール・ワイツ監督は、同作について「私にとっての鍵は、脚本をジュリアン・ムーアに送り、彼女に私と一緒にこの映画を作りたいと思ってもらうことだった」「渡辺謙には素晴らしいユーモアのセンスがあり、物腰に気品がある。 この映画のほとんどで、彼から目が離せないだろう」とコメント。 」というコピーが捉えられている。

次の