むずむず 脚 症候群 治し 方。 むずむず脚症候群の症状改善

【脳神経内科医監修】気になって眠れない!むずむず脚症候群の原因と治し方

むずむず 脚 症候群 治し 方

menu• Contents• むずむず脚症候群とは 文字通り「むずむずする」「虫が這うようだ」「足がちりちり火照る」など表現は様々です。 症状が起きると、足を刺激したり、寝返りをなどで不快感をまぎらわせようとしますが重症になるとじっとできず、非常に苦しい思いをします。 むずむず脚症候群は、夕方から夜にかけて症状が現れることが多いので、不眠症を併発している方が多いです。 「入眠困難」「中途覚醒」「熟眠障害」などの睡眠障害のせいで、昼間に眠くなり仕事や日常生活に支障をきたします。 症状がさらに悪化すると不眠と症状のストレスから自律神経がさらに乱れ「うつ病」や「パニック障害」などメンタル症状を引き起こしてしまいます。 DSM-5分類によると以下のようになります。 脚を動かしたいという強い欲求は、通常、落ち着かない不快な下肢の感覚を伴い またはそれに反応しており、以下の特徴のすべてを有している。 脚を動かしたいという強い欲求は、安静時または低活動時に始まるか、増悪する。 脚を動かしたいという強い欲求は、運動することで、部分的または完全に改善する。 アカシジアやADHDの多動性などの症状と似ている為本人もよくわからないのが現状ですので 専門機関への相談が必要です。 むずむず脚症候群の好発年齢と性差 好発年齢は10〜20 代が多いと言われています。 発症する率は全体の2〜7. 2%とされています。 むずむず脚症状が現れる頻度が週 3 回以上、中度から重度の苦痛の場合は 1. 6%、症状の頻度が週 1 回以上とした有病率は 4. 5%となっています。 6 0 歳頃までは加齢と共に有病率が上がるとされています。 5〜2 倍とされています。 むずむず脚症候群の原因 西洋医学的には正確な原因はまだ解明されておらず神経伝達物質であるドーパミンの機能低下 、 中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常、脊髄や末梢神経の異常という説などがあります。 また線維筋痛症、関節リウマチ、糖尿病、甲状腺疾患、COPD との関連も指摘されています。 また周期性四肢運動障害(PLMD)とむずむず脚症候群(RLS)は密接な関係があると考えられています。 原因もおなじであり疾患カテゴリーも同じと考えられています。 むずむず脚症候群の方の約80%に睡眠時の周期性四肢運動(PLMS:Periodic Limb Movements in Sleep)が確認されています。 睡眠中に足首の関節をピクピクと背屈させるような動きを周期的に繰り返す運動で、 その回数が多くなり そのせいで覚醒してしまい睡眠の質を低下させ熟睡感がなくなりや昼間に眠たくなるなどの症状が出ると 周期性四肢運動障害(PLMD:Periodic Limb Movement Disorder)と診断されます。 東洋医学的にはこの症状は内熱、つまり熱が体にをこもった状態で起こると考えます。 足に熱がこもってむずむずするのです。 東洋医学ではこれを煩躁といい 体の水分、陰の働きが弱まる事で体の陽の性質が高まり熱がこもると考えます。 ストレスや心労、精神疲労で自律神経が乱れ興奮が高まる事で陰の働きが効かなくなり熱がどんどん生み出されてくるのです。 これを陰虚内熱と言ったりします。 西洋医学はこれら症状のひとつひとつに病名をつけるているので全く別ものに感じてしまいますが、根本は陰虚内熱という根っこは同じです。 陰虚内熱という森の中に、むずむず脚症候群や不眠、乾きなどの木がそれぞれあるといったイメージです。 むずむず脚症候群の治療 病因での対処、セルフケア、鍼灸による対処です。 病院でのむずむず脚症候群の対処 主に薬物療法です。 むずむず脚症候群のセルフケア 寝る前にカフェインやアルコール、喫煙を避ける事。 これらはむずむず脚症候群の症状を悪化させせてしまうからです。 脚のセルフマッサージや軽い運動(強いと悪化することも)をしたり不快になる場所を温めたり冷やしたりすることも効果的と考えられています。 鍼灸によるむずむず脚症候群の対処 むずむず脚症候群は上記の通り、東洋医学では陰虚内熱の状態が原因と考えますので 体の内にこもった熱を鍼を打つことでさばいていきます。 熱がこもるのは自律神経が乱れ興奮、覚醒が続いてしまうせいなので鍼によって自律神経を整え興奮を鎮め熱を冷ましていきます。 クライアントの声 当院をご利用頂き、誠にありがとうございます。 今までにご来院頂いた皆様から、様々なご意見・ご感想を頂戴しております。 ご覧になられる場合は、下記Google口コミ(現在口コミとして一番信用の高いのがGoogleクチコミになります。 Googleはヤラセの口コミを嫌いますので認証がありますし、某有名飲食クチコミサイトのように悪いクチコミは載せれないといった事はありません。 そのため現在では他の口コミサイトより信憑性が高くクライアント様のみならず私たち鍼灸師が良い鍼灸院を探すときに利用する主流になっています。 ) よりご覧いただけますので、ぜひ当院への評価をご確認ください。 当院では優しく心地よく、でもポイントは外さない施術を心がけ 苦しむ日々から抜け出すお手伝いをします。 当院では一人ひとりに合わせた施術を行います 体質がそれぞれ違うようにうつの症状もそれぞれ違います。 薬のようにすべてのひとに同じものを提供しても意味はありません。 そのために大切にしていることは、 あなたの体質やライフスタイルに合わせた施術やご提案をすることです。 自律神経を整えます 当院では意味のない姿勢矯正や骨格調整は一切行いません。 心身の不調は自律神経が大きく関わっています。 当院では、全身の鍼はもちろん、 日本ではあまり行われていない、本場中国の頭の鍼を取り入れたハイブリッドな鍼灸と整体で施術し 自律神経の安定を図りストレスに耐える4つの力「活動力」「免疫力」「自己治癒力」「バランス力」を高めます。 メンタルデトックス効果があります 自律神経が安定しカラダの緊張が解けると、 溜まっていた不快な感情は循環とともに浄化されやすくなります。 当院では、 「自らバランスを調整する力」 「寝れば回復するカラダ」 「不安を希望に変えるココロ」 を高める事を目指しています。 LINEからご予約ご相談の方は初診料が無料になります 施術料のみで受けれます。 ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。 登録しただけでは、あなたのアカウント名も一切こちらには表示されませんのでご安心下さい LINE:ID検索はこちら 上の 「ラインで予約する」をクリックするか 左の バーコードを読み込む事で 店鋪LINEアカウントに登録できます。 最近の投稿•

次の

むずむず脚症候群

むずむず 脚 症候群 治し 方

病名 [ ] むずむず脚症候群は、ヨーロッパではからこれに相当する病気の報告がある。 日本では世界で最初に睡眠学会が創設され、周期性四肢運動障害との関係や不眠症との関係が積極的に議論されてきた。 は世界の睡眠学会で最大の会員数を誇ることもあって、日本の医師の間ではとても有名であったが、欧米とくに米国ではほとんど無視されてきた。 しかしにのエクボン博士が、 エクボン症候群(: Ekbom syndrome)と命名し米国でも認知されるようになった。 現在でも米国ではむずむず脚症候群では通じず、エクボン症候群とよばれている。 現在では欧米でも日本並みに広く知られる神経疾患となった。 患者が脚を動かさずにはいられない状況から、「下肢静止不能症候群」とも呼ばれる。 この項では、以下RLSと記載する。 症状と特徴 [ ] 自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「する」・「じっとしていられない」・「」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。 また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。 この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。 このむずむずとした不快感や痛みなどの不快な異常感覚・身体症状が下肢や腰・背中・腕などに出現するため、患者はこれを抑えるため常に脚を動かしたり身体をさすらなければならない状況に追い立てられる。 3分の1の患者では週に2回以上、中等症から重症の症状が起こる。 特に夕方から夜間にかけて症状が増強するという特徴(勿論、日中でも症状が出現)があり入眠障害・熟睡障害や中途覚醒のような睡眠障害の要因となり、また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため放置していると日常生活に大きな影響を及ぼす。 この結果、副次的症状として昼間の疲労感を引き起こす。 実際、患者は昼夜にわたり生活の質()に悪影響を及ぼす様々な症状に苛まれている。 回復が長引けば全身の「慢性疼痛」の症状がでてくる。 症状が悪化すると睡眠障害と過度のストレスから「」を招いてしまうため、睡眠障害を専門とする医や医、睡眠外来などの受診が推奨される。 原因 [ ] 正確な原因はまだ解明されていない• 神経伝達物質であるの機能低下• 中枢神経における鉄分の不足によるの異常• 脊髄や末梢神経の異常• 遺伝的な要素 などが考えられている。 脳内での鉄分の欠乏や、ドーパミンの合成異常がかかわっているという仮説が有力である。 つまり、人間の神経で情報の受け渡しを行うドーパミンという神経伝達物質は鉄分が不足すると分泌量が減り、情報を正しく伝えることができなくなってしまいすべて脳への情報が誤って伝えられる為、身体の感覚に異常を感じるとされている。 周期性四肢運動障害とRLSは密接な関係があることが昔から議論されており、現在は同じ原因、同じ疾患カテゴリーに属すると考えられている。 発症 [ ] どういう場合に発症するのかも未だ明確にはなっていない。 しかし、こんな場合に出やすいというのは以下に列挙する。 なお、精神的ストレスは病状の強弱と関連あり。 でを受けている場合、3人に1人の高率で現れる。 後の下肢静脈血栓• 5人に1人の高率で現れる• 、、などの• の随伴症状。 (この場合、全身にRLS症状が出るもよう)• 性 むずむず脚症候群は同じ家系の人にみられることが多く、関連する遺伝子の研究も進んでいる。 やを服用している場合• ドーパミン受容体を遮断するによる、薬物または物質による睡眠関連運動障害は、や(静座不能)が原因となる。 国際レストレスレッグス症候群研究グループ IRLSSG 診断基準2014改訂版 では5つの必須診断基準として• 脚を動かしたいという強い欲求が常にではないものの通常不快な下肢の異常感覚に伴って、あるは異常感覚が原因と感じて起こる。 その強い欲求および異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる、あるいは増悪する。 その強い欲求および異常感覚は運動によって改善する。 安静時におけるその強い欲求および異常感覚が日中より夕方・夜間に増悪する。 これらの特徴を持つ症状が、他の疾患・習慣的行動で説明できない。 (筋肉痛、静脈うっ血、下肢浮腫、関節炎、、特定の体位における不快感、フットタッピングなど類似疾患を鑑別除外) と、診断を補助する4つの特徴として• 睡眠中あるいは安静時の周期性四肢運動の合併• ドパミン作動薬(ドパミン)が不快感の軽減に効果をもつ• レストレスレッグス症候群の家族歴がある• 日中の強い眠気がある を挙げている。 鑑別診断 [ ] Restless legs症候群と鑑別を要する疾患 RLS mimics として• 運動中枢症候群• 夜間下肢• 体位への不快感• 痛む脚と動く趾症候群• 睡眠時• 低血圧• 感覚障害• 多発性神経障害• 下肢の血管疾患(・静脈うっ血)• ・症候群• 感情障害 などが挙げられる。 治療 [ ] 日常のケア [ ] 日常のケア治療• ・・過度のなど嗜好品を避ける。 日常生活で誘発因子になるカフェインやアルコール、過度の喫煙を避けることが第一。 睡眠を浅くする可能性があるカフェインを含む飲料を控えること。 飲酒は入眠を誘導するがアルコールが分解される過程で喉が渇き交感神経が刺激され、却って睡眠が浅くなるので、飲酒を控えることも効果があるとされている。 原因薬物がある場合は中止する。 ドパミン遮断薬、神経遮断薬、制吐薬(メトクロプラミドなど)、抗うつ薬、とくに四環系抗うつ薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、中枢作動性抗ヒスタミン薬など• 脚のマッサージ• 就寝前に脚をストレッチやマッサージを行い、筋肉のこわばりを取ると改善されることもある。 LEG CROSS運動(仰向けになり、足を交差させ、絞り込むように筋肉に力を入れる)、または股関節の筋肉のストレッチを意識しながらラジオ体操を行うと改善されることもある。 鉄分の補給• 特に妊娠中は鉄剤の補給 や、鉄分の多い食物を摂り、さらに鉄分が吸収しやすくなる栄養素も摂るようにする。 において自己診断での鉄剤の服用は避けること。 鉄欠乏状態でない場合の鉄剤の服用は副作用がある。 日常のケアで改善されない場合• 基本的に機能の促進剤、あるいは抗てんかん薬の一種のをごく少量使用(治療薬の節参照)。 針灸・漢方薬による治療にて新陳代謝を促し、ドーパミン等の脳内ホルモンの分泌を正常化しRLSの症状が軽減され改善していくこともある。 信頼のおける漢方医・鍼灸師に相談してみること。 一部のサプリメントや一部のハーブも効果がある可能性があるが、まだ確証は得られていない。 問題点 この疾患の一番の問題点は身体所見・検査に異常が認められず、RLSと診断できずに、無駄な投薬治療と時間を費やすことがあることである。 することも、まれではない。 発症の項目で記載したように抗うつ薬や抗精神病薬を投与することにより、却ってRLSの症状が悪化することが多い。 RLSの専門医に相談することが望まれる。 治療薬 [ ] RLSの異常感覚は、薬物治療で軽快する場合が多い。 とりわけの機能を高める薬である「L-DOPA製剤」や「ドーパミン受容体刺激薬」がRLSによい効果があることは、これまでの研究や臨床経験から知られている。 欧米では中等度以上の症例には、の治療にも使われるドーパミン受容体作動薬を第一に使う。 日本で処方する際は、ドパミン作動薬での治療を基本とし、効果が不十分な場合は、GABA誘導体への切り換えもしくはドパミン作動薬への追加投与を考慮する。 ドパミン作動薬 - 、貼付剤• パーキンソン病治療薬「プラミペキソール」 ビ・シフロール のRLSへの適用は、欧州(EU)では2006年4月に中等症から重症のRLSを適応症として効能追加の承認を受けさらに米国(食品医薬品局(FDA))では、2006年に軽症から中等症のRLSの追加適応承認を受けた。 国内では、2010年1月、プラミペキソールのRLSへの保険適用が承認された。 GABA誘導体 - 保険適用外で有効な薬剤として、(リボトリール錠)、ガバペンチン(ガバペン錠)がある。 抗けいれん薬(クロナゼパム・など)も効果が見られる。 この疾患に睡眠薬()や抗うつ薬を処方されると、むずむず感が解消されないまま眠気だけがどんどん増し、却ってRLSの症状を悪化させる可能性がある。 推定患者数 [ ]• 40歳以上の中高年、特に女性に多い 男女比2:3• 症状が進むと、不安や抑うつなどの精神障害を合併することがある。 RLSという疾病に対する認知度の低さからもっと多くの患者が潜在しているとも考えられ、この顕在・潜在患者を含めると約500万人近く存在するとも推測される。 不眠症患者の10人に1人の割合で、RLSの人がいるといわれている。 社会的認知度 [ ] 日本の医師の間では非常に有名な疾患であった。 海外では米国のエクボン症候群の名前が用いられるが、そもそもこの疾患は日本睡眠学会を中心に周期性四肢運動障害及び前駆症状として、日本の大阪大学の杉田義郎教授らが中心となって研究を続けてきた症候群だからである。 日本睡眠学会の会員が多いことも医師の間でこの疾患が有名な一因であろう。 ただし、「むずむず脚病」はややマスコミ用語で、もともとは周期性四肢運動障害前駆症状群もしくはレストレス・レッグス症候群と呼ばれていた疾患である。 しかし、マスコミが報道しないと一般の人の間ではRLSがあまり知られない。 ひどい不眠に長年苦しんでいる患者がいても適切な治療を受けていないケースがほとんどであるといわれている。 20年前の時点でを知っている人はほとんどいなかった。 現在RLSが置かれている状況はまさに20年前の睡眠時無呼吸症候群と同じ状況である。 RLSは入眠障害や中途覚醒といった睡眠障害の要因となっており、これがきっかけで患者が受診し診断と治療を受けるのが一般的である。 RLSは入眠障害の要因となっているだけでなく患者は昼夜にわたり生活の質(QOL)に悪影響を及ぼす様々な症状を起こす可能性がある。 睡眠障害を主訴とする患者がまず受診するのは、、などである。 名称から症状自体は脚だけに発生すると思われがちだが、病気の本体は下肢ではなく中枢神経系にあると考えられている。 従って、人によっては下肢だけではなく腰から背中や腕や手など全身にまでむずむずした不快な症状を感じる人も少なくない。 全身に症状がある患者の場合、脚だけの症状ではないのでRLSではないと判断するのはむずかしい。 この病気は患者、、若い女性にも多い。 RLSのために夜眠れないと が刺激されるリスクがある。 が刺激されると基礎代謝が上昇しやせる。 注釈 [ ]• 症状が長引いている患者の場合、主治医がRLSを全く認識していない可能性が高い。 出典 [ ] []• 大塚製薬• Picchietti D, Winkelman JW.. Sleep 28 7 : 891-8. 日本メディカルセンター• 渋井佳代「女性の睡眠とホルモン」『バイオメカニズム学会誌』第29巻第4号、2005年11月1日、 205-209頁、 :、。 、ICSD-2, American Academy of Sleep Medicine, 2005. Allen RP, et al. Sleep Med. 2014;15 8 :860-873. 標準的神経治療: Restless legs症候群, 神経治療学 2012;29 1 :73-109. Lynn M Trotti, Lorne A Becker 04 January 2019. Cochrane Systematic Review - Intervention 1: CD007834. 大塚製薬• 東和薬品• 大塚製薬• 朝日新聞2010年4月29日生活欄の記事。 アステラス製薬 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - (2012年10月12日アーカイブ分) (英語) 「むずむず脚症候群」の項目。 - 大塚製薬.

次の

足がむずむずして眠れない時の治し方と簡単な対処法はコレ!

むずむず 脚 症候群 治し 方

病名 [ ] むずむず脚症候群は、ヨーロッパではからこれに相当する病気の報告がある。 日本では世界で最初に睡眠学会が創設され、周期性四肢運動障害との関係や不眠症との関係が積極的に議論されてきた。 は世界の睡眠学会で最大の会員数を誇ることもあって、日本の医師の間ではとても有名であったが、欧米とくに米国ではほとんど無視されてきた。 しかしにのエクボン博士が、 エクボン症候群(: Ekbom syndrome)と命名し米国でも認知されるようになった。 現在でも米国ではむずむず脚症候群では通じず、エクボン症候群とよばれている。 現在では欧米でも日本並みに広く知られる神経疾患となった。 患者が脚を動かさずにはいられない状況から、「下肢静止不能症候群」とも呼ばれる。 この項では、以下RLSと記載する。 症状と特徴 [ ] 自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「する」・「じっとしていられない」・「」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。 また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。 この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。 このむずむずとした不快感や痛みなどの不快な異常感覚・身体症状が下肢や腰・背中・腕などに出現するため、患者はこれを抑えるため常に脚を動かしたり身体をさすらなければならない状況に追い立てられる。 3分の1の患者では週に2回以上、中等症から重症の症状が起こる。 特に夕方から夜間にかけて症状が増強するという特徴(勿論、日中でも症状が出現)があり入眠障害・熟睡障害や中途覚醒のような睡眠障害の要因となり、また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため放置していると日常生活に大きな影響を及ぼす。 この結果、副次的症状として昼間の疲労感を引き起こす。 実際、患者は昼夜にわたり生活の質()に悪影響を及ぼす様々な症状に苛まれている。 回復が長引けば全身の「慢性疼痛」の症状がでてくる。 症状が悪化すると睡眠障害と過度のストレスから「」を招いてしまうため、睡眠障害を専門とする医や医、睡眠外来などの受診が推奨される。 原因 [ ] 正確な原因はまだ解明されていない• 神経伝達物質であるの機能低下• 中枢神経における鉄分の不足によるの異常• 脊髄や末梢神経の異常• 遺伝的な要素 などが考えられている。 脳内での鉄分の欠乏や、ドーパミンの合成異常がかかわっているという仮説が有力である。 つまり、人間の神経で情報の受け渡しを行うドーパミンという神経伝達物質は鉄分が不足すると分泌量が減り、情報を正しく伝えることができなくなってしまいすべて脳への情報が誤って伝えられる為、身体の感覚に異常を感じるとされている。 周期性四肢運動障害とRLSは密接な関係があることが昔から議論されており、現在は同じ原因、同じ疾患カテゴリーに属すると考えられている。 発症 [ ] どういう場合に発症するのかも未だ明確にはなっていない。 しかし、こんな場合に出やすいというのは以下に列挙する。 なお、精神的ストレスは病状の強弱と関連あり。 でを受けている場合、3人に1人の高率で現れる。 後の下肢静脈血栓• 5人に1人の高率で現れる• 、、などの• の随伴症状。 (この場合、全身にRLS症状が出るもよう)• 性 むずむず脚症候群は同じ家系の人にみられることが多く、関連する遺伝子の研究も進んでいる。 やを服用している場合• ドーパミン受容体を遮断するによる、薬物または物質による睡眠関連運動障害は、や(静座不能)が原因となる。 国際レストレスレッグス症候群研究グループ IRLSSG 診断基準2014改訂版 では5つの必須診断基準として• 脚を動かしたいという強い欲求が常にではないものの通常不快な下肢の異常感覚に伴って、あるは異常感覚が原因と感じて起こる。 その強い欲求および異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる、あるいは増悪する。 その強い欲求および異常感覚は運動によって改善する。 安静時におけるその強い欲求および異常感覚が日中より夕方・夜間に増悪する。 これらの特徴を持つ症状が、他の疾患・習慣的行動で説明できない。 (筋肉痛、静脈うっ血、下肢浮腫、関節炎、、特定の体位における不快感、フットタッピングなど類似疾患を鑑別除外) と、診断を補助する4つの特徴として• 睡眠中あるいは安静時の周期性四肢運動の合併• ドパミン作動薬(ドパミン)が不快感の軽減に効果をもつ• レストレスレッグス症候群の家族歴がある• 日中の強い眠気がある を挙げている。 鑑別診断 [ ] Restless legs症候群と鑑別を要する疾患 RLS mimics として• 運動中枢症候群• 夜間下肢• 体位への不快感• 痛む脚と動く趾症候群• 睡眠時• 低血圧• 感覚障害• 多発性神経障害• 下肢の血管疾患(・静脈うっ血)• ・症候群• 感情障害 などが挙げられる。 治療 [ ] 日常のケア [ ] 日常のケア治療• ・・過度のなど嗜好品を避ける。 日常生活で誘発因子になるカフェインやアルコール、過度の喫煙を避けることが第一。 睡眠を浅くする可能性があるカフェインを含む飲料を控えること。 飲酒は入眠を誘導するがアルコールが分解される過程で喉が渇き交感神経が刺激され、却って睡眠が浅くなるので、飲酒を控えることも効果があるとされている。 原因薬物がある場合は中止する。 ドパミン遮断薬、神経遮断薬、制吐薬(メトクロプラミドなど)、抗うつ薬、とくに四環系抗うつ薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、中枢作動性抗ヒスタミン薬など• 脚のマッサージ• 就寝前に脚をストレッチやマッサージを行い、筋肉のこわばりを取ると改善されることもある。 LEG CROSS運動(仰向けになり、足を交差させ、絞り込むように筋肉に力を入れる)、または股関節の筋肉のストレッチを意識しながらラジオ体操を行うと改善されることもある。 鉄分の補給• 特に妊娠中は鉄剤の補給 や、鉄分の多い食物を摂り、さらに鉄分が吸収しやすくなる栄養素も摂るようにする。 において自己診断での鉄剤の服用は避けること。 鉄欠乏状態でない場合の鉄剤の服用は副作用がある。 日常のケアで改善されない場合• 基本的に機能の促進剤、あるいは抗てんかん薬の一種のをごく少量使用(治療薬の節参照)。 針灸・漢方薬による治療にて新陳代謝を促し、ドーパミン等の脳内ホルモンの分泌を正常化しRLSの症状が軽減され改善していくこともある。 信頼のおける漢方医・鍼灸師に相談してみること。 一部のサプリメントや一部のハーブも効果がある可能性があるが、まだ確証は得られていない。 問題点 この疾患の一番の問題点は身体所見・検査に異常が認められず、RLSと診断できずに、無駄な投薬治療と時間を費やすことがあることである。 することも、まれではない。 発症の項目で記載したように抗うつ薬や抗精神病薬を投与することにより、却ってRLSの症状が悪化することが多い。 RLSの専門医に相談することが望まれる。 治療薬 [ ] RLSの異常感覚は、薬物治療で軽快する場合が多い。 とりわけの機能を高める薬である「L-DOPA製剤」や「ドーパミン受容体刺激薬」がRLSによい効果があることは、これまでの研究や臨床経験から知られている。 欧米では中等度以上の症例には、の治療にも使われるドーパミン受容体作動薬を第一に使う。 日本で処方する際は、ドパミン作動薬での治療を基本とし、効果が不十分な場合は、GABA誘導体への切り換えもしくはドパミン作動薬への追加投与を考慮する。 ドパミン作動薬 - 、貼付剤• パーキンソン病治療薬「プラミペキソール」 ビ・シフロール のRLSへの適用は、欧州(EU)では2006年4月に中等症から重症のRLSを適応症として効能追加の承認を受けさらに米国(食品医薬品局(FDA))では、2006年に軽症から中等症のRLSの追加適応承認を受けた。 国内では、2010年1月、プラミペキソールのRLSへの保険適用が承認された。 GABA誘導体 - 保険適用外で有効な薬剤として、(リボトリール錠)、ガバペンチン(ガバペン錠)がある。 抗けいれん薬(クロナゼパム・など)も効果が見られる。 この疾患に睡眠薬()や抗うつ薬を処方されると、むずむず感が解消されないまま眠気だけがどんどん増し、却ってRLSの症状を悪化させる可能性がある。 推定患者数 [ ]• 40歳以上の中高年、特に女性に多い 男女比2:3• 症状が進むと、不安や抑うつなどの精神障害を合併することがある。 RLSという疾病に対する認知度の低さからもっと多くの患者が潜在しているとも考えられ、この顕在・潜在患者を含めると約500万人近く存在するとも推測される。 不眠症患者の10人に1人の割合で、RLSの人がいるといわれている。 社会的認知度 [ ] 日本の医師の間では非常に有名な疾患であった。 海外では米国のエクボン症候群の名前が用いられるが、そもそもこの疾患は日本睡眠学会を中心に周期性四肢運動障害及び前駆症状として、日本の大阪大学の杉田義郎教授らが中心となって研究を続けてきた症候群だからである。 日本睡眠学会の会員が多いことも医師の間でこの疾患が有名な一因であろう。 ただし、「むずむず脚病」はややマスコミ用語で、もともとは周期性四肢運動障害前駆症状群もしくはレストレス・レッグス症候群と呼ばれていた疾患である。 しかし、マスコミが報道しないと一般の人の間ではRLSがあまり知られない。 ひどい不眠に長年苦しんでいる患者がいても適切な治療を受けていないケースがほとんどであるといわれている。 20年前の時点でを知っている人はほとんどいなかった。 現在RLSが置かれている状況はまさに20年前の睡眠時無呼吸症候群と同じ状況である。 RLSは入眠障害や中途覚醒といった睡眠障害の要因となっており、これがきっかけで患者が受診し診断と治療を受けるのが一般的である。 RLSは入眠障害の要因となっているだけでなく患者は昼夜にわたり生活の質(QOL)に悪影響を及ぼす様々な症状を起こす可能性がある。 睡眠障害を主訴とする患者がまず受診するのは、、などである。 名称から症状自体は脚だけに発生すると思われがちだが、病気の本体は下肢ではなく中枢神経系にあると考えられている。 従って、人によっては下肢だけではなく腰から背中や腕や手など全身にまでむずむずした不快な症状を感じる人も少なくない。 全身に症状がある患者の場合、脚だけの症状ではないのでRLSではないと判断するのはむずかしい。 この病気は患者、、若い女性にも多い。 RLSのために夜眠れないと が刺激されるリスクがある。 が刺激されると基礎代謝が上昇しやせる。 注釈 [ ]• 症状が長引いている患者の場合、主治医がRLSを全く認識していない可能性が高い。 出典 [ ] []• 大塚製薬• Picchietti D, Winkelman JW.. Sleep 28 7 : 891-8. 日本メディカルセンター• 渋井佳代「女性の睡眠とホルモン」『バイオメカニズム学会誌』第29巻第4号、2005年11月1日、 205-209頁、 :、。 、ICSD-2, American Academy of Sleep Medicine, 2005. Allen RP, et al. Sleep Med. 2014;15 8 :860-873. 標準的神経治療: Restless legs症候群, 神経治療学 2012;29 1 :73-109. Lynn M Trotti, Lorne A Becker 04 January 2019. Cochrane Systematic Review - Intervention 1: CD007834. 大塚製薬• 東和薬品• 大塚製薬• 朝日新聞2010年4月29日生活欄の記事。 アステラス製薬 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - (2012年10月12日アーカイブ分) (英語) 「むずむず脚症候群」の項目。 - 大塚製薬.

次の