仰っていただく。 仰っていただくという敬語は正しい使い方なのか

「お名前を頂戴できますか?」は敬語として正しい? 名前を尋ねるときのマナーと正しい敬語表現

仰っていただく

イベント等で出席者の名前を確認しなければならないとき、あるいは初対面の相手と対峙したときなど。 相手から名前を聞かなければならないシーンはたくさんあります。 そして相手の名前を知り、名前で呼びかけることは大事なこと。 過去に会って聞いていたり、名刺をもらっていたりしているはずなのに名前が出てこない場合を除き、「ちょっと、あなた。 」のような呼びかけは相手に不快な思いを抱かせることになりかねないからです。 さて、その「名前」。 相手に失礼の無いように聞くにはどのように言ったらいいのでしょう。 そこで、ちょっと記憶をたどってみてください。 あなたは、「お名前を頂戴できますか?」と言われた経験はないでしょうか。 この「お名前を頂戴できますか」というフレーズですが、どう使えばいいのか、詳しく見てみましょう。 「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語といえます。 そのあとに続く「頂戴する」は、「もらう」の謙譲語なので、形だけをみると敬語ということになります。 しかし「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」という疑問が。 つまり「お名前を頂戴できますか」は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、間違った言葉遣いになるというわけです。 相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか。 丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。 まず、「お名前」はそのままで大丈夫。 「頂戴できますか」は、「お聞きできますか」「お伺いできますか」「お教え願えますか」「お聞きしてよろしいですか」などに言い換えましょう。 例文としては、以下のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。 <例文> 「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」 「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」 「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」 「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」 「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」 「お名前様」や「お名前を頂けますか」にも気をつけよう 「お名前を頂戴できますか」以外にも気をつけるべき表現があります。 「お名前様頂けますか?」や「お名前を頂けますか?」という尋ね方がそれです。 もしかしたら、実際に言われたことがある人もいるかもしれません。 まず「お名前様」は二重敬語であるだけでなく、「名前」という人格の無いものに「様」をつけている点でも間違っています。 また、「頂けますか」も「もらえますか」という意味なので、「頂戴できますか」と同様の間違いということになります。 まとめ 相手に名前を聞くというのは、ビジネスの場において基本中の基本。 失礼のないように……と思うあまり、ひたすら「お」や「ご」、「様」をつけて丁寧にすることだけに気を取られると、慇懃無礼になったり間違った敬語になったりしまうので注意しましょう。 ・執筆:山岸りん 短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。 趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

次の

「ご要望」と「ご所望」の違いと正しい使い方

仰っていただく

社会人として敬語を使おうとする意気込みは素晴らしいものですが、 正しい敬語を使わないとかえって印象を悪くしてしまいます。 そのひとつが「 二重敬語」と呼ばれるものです。 二重敬語とは、ひとつの単語について、同じ種類の敬語を二重に使った間違いをいいます。 「おっしゃる」「お越しになる」「おいでになる」「ご覧になる」などは すでに敬語になっていて十分なのですが、さらに「... れる」という尊敬語を加えてしまう人が多くいます。 上司などの地位の高い人に対しては、丁寧に言おうとするあまりに、 つい敬語をいくつも重ねてしまいますが、それによって敬意が高まるわけではありません。 二重敬語を使ったからといって相手が不快に感じることはほとんどないと思われますが、 まわりくどい印象を与えてしまいます。 社会人であれば、言葉の区別をきちんとして正しい敬語が使えるようになりたいものです。 したがって、会長、社長、部長、課長、係長に「様」を付け加えて「社長様」というのも二重敬語になり誤りです。 慣例として定着している二重敬語の例 以下は二重敬語になっていますが、習慣または慣例として定着しているため、 使用してもよいと考えられています。 二重敬語ではなく、敬語連結の例 以下に紹介しているものは、二つ以上の語をそれぞれ敬語にして接続助詞「て」でつなげているため、 「二重敬語」ではありません。 このようなものは「 敬語連結」と呼ばれており、基本的に許容されています。 (個々の敬語の使い方も適切です。 ・お読みになってくださる 「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたものです。 ・お読みになっていただく 「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語にしたものです。 ・ご説明申し上げる 「説明」と「言う」をそれぞれ別 々に謙譲語にしています。  スポンサード リンク .

次の

「そう言ってもらえて嬉しい」の使い方と例文・別の敬語表現

仰っていただく

社会人として敬語を使おうとする意気込みは素晴らしいものですが、 正しい敬語を使わないとかえって印象を悪くしてしまいます。 そのひとつが「 二重敬語」と呼ばれるものです。 二重敬語とは、ひとつの単語について、同じ種類の敬語を二重に使った間違いをいいます。 「おっしゃる」「お越しになる」「おいでになる」「ご覧になる」などは すでに敬語になっていて十分なのですが、さらに「... れる」という尊敬語を加えてしまう人が多くいます。 上司などの地位の高い人に対しては、丁寧に言おうとするあまりに、 つい敬語をいくつも重ねてしまいますが、それによって敬意が高まるわけではありません。 二重敬語を使ったからといって相手が不快に感じることはほとんどないと思われますが、 まわりくどい印象を与えてしまいます。 社会人であれば、言葉の区別をきちんとして正しい敬語が使えるようになりたいものです。 したがって、会長、社長、部長、課長、係長に「様」を付け加えて「社長様」というのも二重敬語になり誤りです。 慣例として定着している二重敬語の例 以下は二重敬語になっていますが、習慣または慣例として定着しているため、 使用してもよいと考えられています。 二重敬語ではなく、敬語連結の例 以下に紹介しているものは、二つ以上の語をそれぞれ敬語にして接続助詞「て」でつなげているため、 「二重敬語」ではありません。 このようなものは「 敬語連結」と呼ばれており、基本的に許容されています。 (個々の敬語の使い方も適切です。 ・お読みになってくださる 「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたものです。 ・お読みになっていただく 「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語にしたものです。 ・ご説明申し上げる 「説明」と「言う」をそれぞれ別 々に謙譲語にしています。  スポンサード リンク .

次の