ライバロリ ドラパルト。 【ポケモン剣盾】ダイマックス技を使いこなせ!弱点保険ドラパルトの調整【ドラパルト育成論】

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ライバロリ ドラパルト

こんにちは 構築が組めたので、記事として残しておきたいと思ったので書きました。 レンタルコード下にあるので、よかったら使ってみてください。 最終日の夜10時に考えて11時から動かした即席構築です。 以下常体 【コンセプト】 10秒で選出を決める。 ックス択を作らない。 アドを取ったら切り返させない。 【構築経緯】 アッキドンチ、 礫持ちのHBチョッキの2体の選出のしやすさ、腐りにくさ、動きやすさが良いと思いここから組んだ。 次に、身代わり珠ドラパルトに不意打ちを入れるとックス技でBDをダウンでき、あくびループもこの3体でおおよそ切れて相手のドラパルトを先制技だけで縛りやすいので採用。 ここまでの3体が軸で、8割くらいはこの選出をした。 次に、選出誘導力がとても高く受けを択を合わせることで崩せて、一番広い範囲に選出がしやすい弱保パッチラゴンを採用。 ここまでや地面アタッカーがきつく物理方面のクッションが欲しかったのでとんぼアーマーガア+鉢巻エースバーンを採用しておわり。 好きな。 環境的にも格闘打点が強く、アッキのみが余ってて構築にステロあくびを絡めない場合これ以外ありえないって思うくらいは信用してる。 シャドークローをじゃれつくにしたのはのあくび展開に軸の3体が全員捕まらないようにするため。 ミラーに弱くなるのが弱いがこの構築での軸としてはじゃれつくのが適していると判断した。 のろいに強いを考えてたときにこの型を思いついた自分に感謝。 技構成も同じ。 環境的なことでいうと弱保ドラパルトをフリドラ+礫+のかげうちでほぼ縛れる(ダイスチルでも) またやでしかを流せない構築が多かったので、交代読みで積極的にヤンキー零度をした。 に零度2発で当てるとよく切断される。 氷の礫が考慮されにくくてとても強かった。 を襷まで削れば礫で縛れるのが地味に強い。 零度を打つときはボタン連打。 とにかく死なないので構築によってックスなしでアドを取りやすい。 パッチラゴンや早くないミラーを意識してS252降った。 、では択になるミトム+ガエン、が絡むあくびを考慮されない珠身代わりで倒す。 これによって殴ってるだけでアドを取りやすく起点にならないのがこのドラパルト。 ックスの追加効果が強いので味方と合わせて相手に起点を作らせないからアドバンテージのキープがしやすい。 使ってて最高に楽しいだった。 ドラパルトのタイプとの性質を生かせた型にできたと思う。 調整が難しすぎる。 受けループと当たった時はにでんげきくちばしを打ってからダイバーンを打ってダイサンダーを打ってダイドラグーンを打つみたいな割と危ないプレイングで崩壊させた。 アーマーガアに強いのと火力が高いのがドラパミミと相性が良い。 はりきりは技外しすぎてックス以外では使い物にならないでので選出するときは絶対にックスさせる。 ほんとに8割かって思うくらい外した。 鉢巻を持つとに明確に強くなり、ピクシーを押し切れる。 最初はピントレンズで考えていたが、格闘打点があった方が出せる範囲を広げれてこの構築はそんなにはピクシーあたりがきつうないと思ったので鉢巻にした。 アーマーガアのとんぼと合わせてかなり安定してアタッカーを処理できる。 アーマーガアの特性でがックスしてきた場合はBダウン+鉢巻かえんボールでックスによらず倒せる。 ふいうちによるストッパー、雑な削りもこの構築では強かった。 は重い系統意識。 とんぼ返りループで襷を倒したりを削ったり。 アイへボディプレスは最低限の性能を確保するために、オボンはドラパミミ意識。 ドラパルトとエースバーンの高速を生かすとして使いやすかった。 とんぼ返りがあまり考慮されなく、アーマーガアを後出ししてきてエースバーンのかえんボールが受からなかったりと簡単に勝てる試合も多かったです。 【結果】 最終181位 118-68 最終日の朝8時50分からオンライン授業でしたが、できる限り潜りました。 最初のほうは400,800のロムを合計一敗で100位代にでき新しく試したドラパルトも強いと確信しました。 しかし、なぜかは知らないけどとても運が無い流れがきてそこから停滞しました。 その後気分リセットするためと休憩に30分寝ようと思ったら3時間寝てしまいました笑 なんか最終日にライバロリさんともバンビーさんとも当たりまして嬉しかったです!しかもどちらも勝ててさらに嬉しかったです! レンタルパーです よかったら使ってみてください〜 ちなみにほんとに昨日構築を作ったので一部の技はPPが増えていません笑 何かあれば @UwakkiPoke のとかでお願いします ここまで読んでいただきありがとうございました〜 mega-salamance.

次の

All Videos by ライバロリ :: Let's Play Index

ライバロリ ドラパルト

こんにちは 構築が組めたので、記事として残しておきたいと思ったので書きました。 レンタルコード下にあるので、よかったら使ってみてください。 最終日の夜10時に考えて11時から動かした即席構築です。 以下常体 【コンセプト】 10秒で選出を決める。 ックス択を作らない。 アドを取ったら切り返させない。 【構築経緯】 アッキドンチ、 礫持ちのHBチョッキの2体の選出のしやすさ、腐りにくさ、動きやすさが良いと思いここから組んだ。 次に、身代わり珠ドラパルトに不意打ちを入れるとックス技でBDをダウンでき、あくびループもこの3体でおおよそ切れて相手のドラパルトを先制技だけで縛りやすいので採用。 ここまでの3体が軸で、8割くらいはこの選出をした。 次に、選出誘導力がとても高く受けを択を合わせることで崩せて、一番広い範囲に選出がしやすい弱保パッチラゴンを採用。 ここまでや地面アタッカーがきつく物理方面のクッションが欲しかったのでとんぼアーマーガア+鉢巻エースバーンを採用しておわり。 好きな。 環境的にも格闘打点が強く、アッキのみが余ってて構築にステロあくびを絡めない場合これ以外ありえないって思うくらいは信用してる。 シャドークローをじゃれつくにしたのはのあくび展開に軸の3体が全員捕まらないようにするため。 ミラーに弱くなるのが弱いがこの構築での軸としてはじゃれつくのが適していると判断した。 のろいに強いを考えてたときにこの型を思いついた自分に感謝。 技構成も同じ。 環境的なことでいうと弱保ドラパルトをフリドラ+礫+のかげうちでほぼ縛れる(ダイスチルでも) またやでしかを流せない構築が多かったので、交代読みで積極的にヤンキー零度をした。 に零度2発で当てるとよく切断される。 氷の礫が考慮されにくくてとても強かった。 を襷まで削れば礫で縛れるのが地味に強い。 零度を打つときはボタン連打。 とにかく死なないので構築によってックスなしでアドを取りやすい。 パッチラゴンや早くないミラーを意識してS252降った。 、では択になるミトム+ガエン、が絡むあくびを考慮されない珠身代わりで倒す。 これによって殴ってるだけでアドを取りやすく起点にならないのがこのドラパルト。 ックスの追加効果が強いので味方と合わせて相手に起点を作らせないからアドバンテージのキープがしやすい。 使ってて最高に楽しいだった。 ドラパルトのタイプとの性質を生かせた型にできたと思う。 調整が難しすぎる。 受けループと当たった時はにでんげきくちばしを打ってからダイバーンを打ってダイサンダーを打ってダイドラグーンを打つみたいな割と危ないプレイングで崩壊させた。 アーマーガアに強いのと火力が高いのがドラパミミと相性が良い。 はりきりは技外しすぎてックス以外では使い物にならないでので選出するときは絶対にックスさせる。 ほんとに8割かって思うくらい外した。 鉢巻を持つとに明確に強くなり、ピクシーを押し切れる。 最初はピントレンズで考えていたが、格闘打点があった方が出せる範囲を広げれてこの構築はそんなにはピクシーあたりがきつうないと思ったので鉢巻にした。 アーマーガアのとんぼと合わせてかなり安定してアタッカーを処理できる。 アーマーガアの特性でがックスしてきた場合はBダウン+鉢巻かえんボールでックスによらず倒せる。 ふいうちによるストッパー、雑な削りもこの構築では強かった。 は重い系統意識。 とんぼ返りループで襷を倒したりを削ったり。 アイへボディプレスは最低限の性能を確保するために、オボンはドラパミミ意識。 ドラパルトとエースバーンの高速を生かすとして使いやすかった。 とんぼ返りがあまり考慮されなく、アーマーガアを後出ししてきてエースバーンのかえんボールが受からなかったりと簡単に勝てる試合も多かったです。 【結果】 最終181位 118-68 最終日の朝8時50分からオンライン授業でしたが、できる限り潜りました。 最初のほうは400,800のロムを合計一敗で100位代にでき新しく試したドラパルトも強いと確信しました。 しかし、なぜかは知らないけどとても運が無い流れがきてそこから停滞しました。 その後気分リセットするためと休憩に30分寝ようと思ったら3時間寝てしまいました笑 なんか最終日にライバロリさんともバンビーさんとも当たりまして嬉しかったです!しかもどちらも勝ててさらに嬉しかったです! レンタルパーです よかったら使ってみてください〜 ちなみにほんとに昨日構築を作ったので一部の技はPPが増えていません笑 何かあれば @UwakkiPoke のとかでお願いします ここまで読んでいただきありがとうございました〜 mega-salamance.

次の

マスターボール級ランク1位による強いポケモンキャラランク【ポケモン剣盾】【ソードシールド】

ライバロリ ドラパルト

ドラパルトの基本データ 名前 英名 ドラパルト Dragapult タイプ ドラゴン ゴースト 特性 クリアボディ すりぬけ のろわれボディ けたぐり・くさむすびの威力 80 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 88 120 75 100 75 142 600 合計種族値が600、俗に言う600族なのでどの種族値も高水準ですが、特に素早さの高さが桁違いです。 「クリアボディ」、「すりぬけ」も発動する場面が多々見れる強特性ですし、「のろわれボディ」も現在のこだわりアイテムが多々存在する環境でならば開拓の余地がある可能性を秘めた特性です。 何から何まで高いスペックを持つこのポケモンは間違いなくトップメタに君臨し続けるでしょう。 この技構成のダイマックス技の威力と追加効果は、以下の通りです。 技名 威力 効果 ゴーストダイブ 130 相手全体の防御を1段階下げる。 ドラゴンアロー 130 相手全体の攻撃を1段階下げる。 とんぼがえり 120 相手全体の特攻を1段階下げる。 はがねのつばさ 120 味方全体の防御を1段階上げる。 この表を見れば分かる通り、 全ての技に能力ランクを操作する追加効果が含まれていることがわかります。 ダイマックスするとHPが2倍になる仕様を活かし、本来不利な相手との打ち合いを有利に進めることが今回の型の狙いです。 技構成解説 ゴーストダイブ タイプ 威力 命中率 PP ダイマックス技の威力 追加効果 ゴースト 90 100 10 130 1ターン目に消えて、2ターン目に攻撃する。 ゴースト物理技の中で最も威力が高いため採用しました。 これまで溜め技は溜めているターンの隙が大きく評価が低かったのですが、今作では 「ダイマックス」のターン制限があるおかげでターン稼ぎ技としても活用でき、立ち回りの幅が広がるためかなり多くのプレイヤーに採用される技となりました。 また、ゴースト技はダイマックス技にした時の追加効果が強力で、相手の受け出しに対して 「ダイホロウ」で防御を下げてから、弱点を突けるダイマックス技で倒しにいく立ち回りが強力です。 ドラゴンアロー タイプ 威力 命中率 PP ダイマックス技の威力 追加効果 ドラゴン 50 100 10 130 2回攻撃 他の物理ドラゴン技である「げきりん」や「ダブルチョップ」と違って、追加効果や命中率などの デメリットがない点が強力です。 また、連続技なので低耐久ポケモンであれば「きあいのタスキ」を貫通して倒すことができます。 ダイマックス技として使用した場合も威力が高く、さらには 相手の攻撃を下げる追加効果があり「じゃくてんほけん」の安全な発動に貢献するため、非常に性能の高いメインウエポンと言えます。 とんぼがえり タイプ 威力 命中率 PP ダイマックス技の威力 追加効果 むし 70 100 20 120 攻撃後交代する 苦手なポケモンに倒される前に先制で打てるので、素早さが高いドラパルトと相性が良い技です。 相手のダイマックスを見てから交代できる点は強力ですが、 ダイマックス技に後出しが効くポケモンを後続に残しておく必要があるので、今作から少し扱いが難しくなった印象を受けました。 また、ダイマックス技にした際、上に記したように相手の特攻を1段階下げる追加効果を持ちます。 他3つの技と同様に「じゃくてんほけん」の発動機会を増やしてくれます。 追加効果で防御を上げるため、ダイマックスすることで 「いのちのたま」を持ったミミッキュにでさえ対面で勝ててしまいます。 これまでは見向きもされないストーリー技だったのですが、今作ではドラパルトに限らず採用される機会が増えるかもしれません。 タイプ相性とダイマックス技の補完 ドラパルトの弱点を突くタイプに対するドラパルト側のダイマックス技使用パターンを考えます。 タイプ 自分が打つ技のタイプ ゴースト ゴースト フェアリー はがね あく むし ドラゴン ドラゴン こおり はがね 表を見てわかる通り、この技構成は 弱点を突いてくるすべてのタイプに有効打を持つことができています。 そのため、不利な相手の弱点を突きながら、自身の耐久を上げる立ち回りが強力であることに気づきました。 基本的に、HP満タンの状態で防御や特防の能力が上昇していれば、ほとんどの攻撃を1発耐えることができます。 そのため上のダイマックスわざを使うことで「じゃくてんほけん」を狙って発動させ、 攻撃面と防御面どちらも上昇した最強ポケモンにさせられるのではと考えました。 技入れ替え候補 この4つの技構成で 不安が残るのは"対ナットレイ"であると考えています。 「ダイホロウ」で防御を下げながら突破を図ることもできますが、ナットレイ自身がダイマックスしてきたとき、「ダイスチル」によって防御の能力下降をかき消されることになります。 そこで、ドラパルトの覚える技の中から、"ナットレイ対策になりえる技"をチョイスしました。 おにび ナットレイだけでなく、物理技をメインに扱うポケモン全てに有効となりえる技です。 汎用性は高いですが 、直接ナットレイを倒す技とならないことが気になります。 また、「ダイスチル」の追加効果である防御上昇と役割が被るため、優先度はあまり高くないかもしれません。 かえんほうしゃ・だいもんじ ナットレイ対策といえば炎技です。 この2つの技の違いと言えば威力と命中率ですが、今作からはダイマックス技にした時の差も考える必要があります。 威力の差もさほど感じられないため、命中率を考慮すると「かえんほうしゃ」を選択する人が増えるかもしれません。 H振りナットレイ 181-137 に対する「ダイバーン」のダメージを、性格の変更も視野にいれながら比較します。 たとえD下降補正 実数値85 であっても、ダイマックスしていてかつ特防が1段階上昇の状態ならC特化ニンフィアの眼鏡ハイパーボイスを余裕を持って耐えることができます 155. 「ダイバーン かえんほうしゃ 」で、H振りナットレイを確定で倒すために必要な特攻実数値は「127」です。 努力値でいえば下降補正なしで52振りなので、少し攻撃か素早さを下げる必要があります。 「ダイバーン だいもんじ 」は特攻に努力値を必要としない反面、通常使用時に命中率が85%と低めであることが気になる点です。 この技は「おにび」と違って、どの技と入れ替えても良いほどの強さがあります。 前述の技構成解説の部分を参考に、 自分のパーティと相談して技を入れ替え調整してみましょう。 耐久が上がるダイマックスわざと「じゃくてんほけん」の相性が非常に良いため、今回紹介したドラパルト以外にも応用の効く使い方だと思います。 これからもポケモンソード・シールドに関する対戦情報を掲載していきますので、最新情報をチェックできる公式Twitter のフォローをお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の