仮想通貨 暗号資産。 【仮想通貨(暗号資産)】関連が株式テーマの銘柄一覧

暗号資産関係:金融庁

仮想通貨 暗号資産

金融庁が公開する資料を読むと、暗号資産という単語が出てきます。 例えば、では、「ビットコインに代表される暗号資産(いわゆる仮想通貨(以下略))」となっています。 いわゆる仮想通貨法では、「仮想通貨」という単語を使っています。 しかし、公開資料では、 暗号資産という単語を主役にして、仮想通貨を脇役にしています。 では、暗号資産とは、どのような意味でしょうか。 暗号資産とは この記事を投稿した時点において、暗号資産の意味は一つに決まっていません。 極端なことを書けば、自分で自由に定義を作れます。 暗号資産と仮想通貨は同じだと言ってしまっても構わないでしょう。 ただし、それでは管理が難しいです。 今後、金融庁が中心となって、日本での定義が決められるでしょう。 仮想通貨でなく暗号資産である理由 金融庁の公開文書で、暗号資産という単語が活躍するようになった直接のきっかけは、2018年3月に行われたG20での声明のように見えます。 下は、財務省ホームページからの引用です。 G20声明の訳です。 我々は、暗号資産の基礎となる技術を含む技術革新が、金融システムの効率性と包摂性及びより広く経済を改善する可能性を有していることを認識する。 しかしながら、暗号資産は実際、消費者及び投資家保護、市場の健全性、脱税、マネーロンダリング、並びにテロ資金供与に関する問題を提起する。 (以下略) G20声明で、仮想通貨でなく暗号資産が使われています。 暗号資産が、脱税、マネーロンダリングやテロ資金供与に関する問題を提起するとあります。 しかし、それは円や米ドルでも同じでは…と、思わず感じてしまいました。 ざっと読んで、主要各国は、仮想通貨について「通貨」という単語を使いたくないんだろう、という印象を受けました。 従来の通貨を発行する側(国)にとっては、通貨発行益はとてもおいしい話です。 また、自国の通貨の流通を自由に管理できます。 このおいしい権利を、どこの誰だかわからない大勢の人に渡したくありません。 この感覚は、自然なことだと思います。 (なお、日銀の場合、紙幣を発行すると、財務諸表の負債の部に計上されます。 負債ですが、無利子です。 そして、その紙幣を使って、国債など資産を買います。 その資産から得られる利益が通貨発行益となります。 ) G20での暗号資産の定義 では、G20声明で、暗号資産はどのように定義されているでしょうか。 読んでみても、定義が書いてありません。 では、その声明後にまとめられた文書を読んでみると、どうでしょうか。 FSBという機関が公開した報告書で、その名は(暗号資産)です。 そのものズバリのタイトルです。 しかし、中を読んでみると、明確にこれだ!と分かる定義が見つかりません。 仮想通貨及びブロックチェーン技術の発展速度は極めて速いので、あえて定義していないのでは?と予想できます。 定義を作ってしまうと、その定義が機能しなくなるほどに技術が進歩したときに困ります。 ひとたび作った定義を変更するのは、利害関係が絡んで大変になることでしょう。 そこで、明確な定義づけを回避しているのだろうと予想できます。 インターネット上における、暗号資産の定義 では、インターネット上で、暗号資産はどのように定義されているでしょうか。 仮想通貨やブロックチェーン関連の情報は、英語が充実しています。 そこで、英語サイトで検索しました。 IMF(国際通貨基金): 「暗号資産」という単語は数多く見つかります。 しかし、 明確な定義が見つかりません。 見つかりましたら、この記事でご案内します。 : IFRSの2018年のレポートによると、 暗号資産は上位概念で、その下に2つの概念があります。 それは、 仮想通貨(Cryptocurrencies)とトークン(Tokens)です。 そして、 トークンは、「仮想通貨以外の暗号資産」と定義されています。 この考え方ですと、従来の仮想通貨と暗号資産の差異は、大きくないように見えます。 : インターネットで検索したところ、たまたま、BABBという機関による定義が見つかりました。 それによると、暗号資産が上位概念で、その下に4つの概念があります。 Cryptocurrency(ビットコインなど)• Platform Token(イーサリアムなど)• Utility Token(オミセゴーなど)• Transactional Token(リップルなど) 従来の仮想通貨(Cryptocurrency)を下位概念にして、意味を狭くしています。 イーサリアムやリップルなどをトークンの扱いにしています(この解釈は面白くないな…という人がいそうな気がします)。 こうしてみると、使う人によって、半ば自由に暗号資産を定義していることが分かります。 そこで、厳密に考えることなく、 「仮想通貨と暗号資産は同じ」という理解でも、差し当たって不都合はないでしょう。 仮想通貨との付き合い方 記事一覧.

次の

特集:暗号資産(仮想通貨)ビジネスの近時の動向と法的論点

仮想通貨 暗号資産

スポンサーリンク 仮想通貨と暗号通貨の違い 結論からいうと、 仮想通貨と暗号通貨は意味に違いはありません。 仮想通貨という名称は、日本での通り名であり、海外では主に暗号通( Cryptocurrency)という用語が使用されています。 暗号通貨という名称に関しては、この分野の先駆けとなった通貨である「ビットコイン」の正式名称が Cryptocurrency Bitcoin(暗号通貨ビットコイン) と表現されていたので、暗号通貨という呼び名が世界で普及しました。 暗号通貨という名前の意味としては、 「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味が込められており、よりこの通貨の本質がわかる名称です。 逆に「仮想通貨」という名前は、マスメディアなどがより一般の人にイメージしやすい名称として好んで用いています。 ただ、仮想通貨という名称に関しては、誤って、電子マネーなどのデジタル通貨とも同じ意味で使用されたりします。 (電子マネーと暗号通貨の違いは別記事にて紹介していきます) また、さらに広い意味をもつ「代替通貨」という名称とも同じ意味で用いられたりすることもあります。 (代替通貨は貨幣の代わりになるもの全般を指し、電子的な通貨以外のものも含む) 簡単に仮想通貨と暗号通貨の使われ方を図にするとこんな感じです。 ただ、本来の意味的には以下のような使われ方が正しいです。 本サイトで紹介する投資に使用する通貨に関しては「暗号通貨」であり、電子マネー等の意味は含まれていないので、基本的に 仮想通貨=暗号通貨と捉えていただいて問題ありません。

次の

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?|仮想通貨(暗号資産)投資入門

仮想通貨 暗号資産

暗号資産(仮想通貨)ってなに? 2017年4月より執行された『改正資金決済法』では、暗号資産(仮想通貨)は下記の通り定義されています。 資金決済に関する法律 第2条 5 一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。 次号において同じ。 )であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの 二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの 暗号資産(仮想通貨)の特徴 「暗号資産(仮想通貨)」(バーチャル・カレンシー、Virtual Currency)とはその名の通り、紙幣や硬貨のような実体がなく、インターネット上でやりとりされる電子データのことです。 広義の暗号資産(仮想通貨)には電子マネー、デジタル通貨なども含まれますが、狭義の暗号資産(仮想通貨)は主に「暗号通貨」(Cryptocurrency)のことを指し、以下のような特徴があります。 それに対し、時価総額と取引量で圧倒的な優勢を占めているのはビットコイン(BTC)です。 2017年以前、ビットコイン(BTC)の時価総額は暗号資産(仮想通貨)全体の8~9割を占めていましたが、2017年に入ってからアルトコインのシェアが徐々に上がり、ビットコイン(BTC)のシェアは続落。 暗号資産(仮想通貨)の課税関係と税率 ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)を売却または使用することによって利益が発生した場合は、原則として雑所得に区分され、所得税の確定申告が必要となります。 以下は暗号資産(仮想通貨)の使用で利益が生じた場合、課税対象と見なされる例です。 暗号資産(仮想通貨)の売却• 暗号資産(仮想通貨)での商品の購入• 暗号資産(仮想通貨)と暗号資産(仮想通貨)の交換• 暗号資産(仮想通貨)の取得価額• 暗号資産(仮想通貨)の分裂(分岐)• 暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引• 暗号資産(仮想通貨)のマイニング等 雑所得は総合課税の対象で、給与所得など他の収入と合算した金額によって税率が決まります。 GMOコインの暗号資産FX(証拠金取引)に係る税金は、 GMOコインにおける暗号資産(仮想通貨)取引の年間損益の計算、及び『年間取引報告書』の使い方については、よりご参照ください。 暗号資産(仮想通貨)の確定申告 利益が出た場合の確定申告について 所得税法では、毎年1月1日~12月31日までに生じた所得について、翌年2月16日~3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付する義務があります。 暗号資産(仮想通貨)の購入や売買など、前年度において暗号資産(仮想通貨)の取引で利益が生じた場合、確定申告が必要かどうかのチェックは、暗号資産(仮想通貨)の確定申告を書面で行う場合の流れはよりご参照ください。 暗号資産(仮想通貨)の確定申告について、詳しくは税務署または税理士にお問い合わせいただくか、国税庁タックスアンサーのウェブサイトよりご参照ください。 暗号資産(仮想通貨)の今後 暗号資産(仮想通貨)関連サービスの普及 暗号資産(仮想通貨)関連サービスの普及 暗号資産(仮想通貨)に対する注目が集まるにつれ、オンラインサービスや実店舗での暗号資産(仮想通貨)決済の導入が広がり、マイクロソフト(Microsoft)によるビットコイン(BTC)決済の採用などが話題となりました。 特に外国人観光客向けに暗号資産(仮想通貨)の決済サービスを導入する機運が高まっており、今後ビットコイン(BTC)決済の一般化、また、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)などアルトコインによる決済の拡大が期待されています。 しかしながら、暗号資産(仮想通貨)には価格変動の大きさや、ブロックチェーンにおける送付処理の遅延、処理手数料の高騰といった課題もあります。 今後の決済サービスにおける暗号資産(仮想通貨)の活用は、価格や送付処理の安定化に大きく左右されると言えるでしょう。 ビットコイン(BTC) 約10分 イーサリアム(ETH) 約15秒 ビットコインキャッシュ(BCH) 約10分 ライトコイン(LTC) 約2. 5分 リップル(XRP) 数秒 主要暗号資産(仮想通貨)のブロック平均生成時間(2018年6月当社調べ) 国際送金への実用 暗号資産(仮想通貨)の送付の多くはP2Pで行われ、国際送金であっても高速かつ低コストで送付できるメリットがあります。 特に送付が速いことで有名なリップル(XRP)の場合、管理者であるリップル社は各国の銀行や送金業者と幅広く提携し、リップル(XRP)を使う送金の実証実験を積極的に進めています。 今後は銀行間送金手数料の大幅な改善や、外国人労働者が国際送金する際の利便性向上など、暗号資産(仮想通貨)を活用する場面が広がることが見込まれています。 暗号資産(仮想通貨)関連制度の合理化と整備 2017年4月、『改正資金決済法』の施行により日本は他国に先駆けて暗号資産(仮想通貨)に対する法的見解を示しています。 暗号資産(仮想通貨)は「資産」として定義され、暗号資産(仮想通貨)を取扱う事業者は「暗号資産交換業者」として金融庁への登録が必要です。 暗号資産(仮想通貨)は高度な匿名性を有することから、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与に利用される可能性があるため、取引業者を通じて暗号資産(仮想通貨)の購入や売却をする場合は厳格な本人確認等が求められています。 暗号資産(仮想通貨)に関する税制や会計ルールも含め、今後の運用次第で制度・方針の調整対応が必要と思われます。 海外では暗号資産(仮想通貨)に対する法的見解がまだ定まっていない場合が多く、規制・監視などで金融当局間の国際協調と協力が不可欠とされています。 また、現在、各事業者によるビットコイン(BTC)の提示価格にはばらつきがあり、標準となる参照価格は存在しません。 ビットコイン(BTC)先物のCBOE・CME上場に伴い「公的価格」が形成されるようになりますので、今後ビットコインETFなど関連金融商品の上場が認可されやすくなる可能性があります。 最近では大手投資銀行のゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)のトレーディングデスクを設置すると発表し、今後の法規制や各国での暗号資産(仮想通貨)取引の受容次第で、様々なバックグラウンドの投資家が暗号資産(仮想通貨)投資に参入することが予測されています。 情報開示・透明性の確保 近年、暗号資産(仮想通貨)を使ったICO(Initial Coin Offering)による大規模な資金調達に熱い視線が注がれています。 一部の成功事例とは対照的に、法的要件が満たされず、運営が不透明なICOプロジェクトが乱立し、大きな問題となっています。 今後、各国における法制度の整備、ICOプロジェクトによる各種コンプライアンスの遵守などが実施されることで、投資家保護体制が確立できるかどうかが重要になっていきます。 暗号資産(仮想通貨)を始めるポイント その他 サポート体制 初めて暗号資産(仮想通貨)のお取引をする際には、何かしら不安や疑問を抱くことは多いでしょう。 特に海外の取引所サービスを利用する場合には、日本語対応がされていないことや、問い合わせしようとしてもメールでのやりとりしかできないケースがしばしばありますので、サービスのご利用開始時にサポート体制についての注意が必要です。 金融庁による登録の有無 暗号資産(仮想通貨)に関する法規制が進む中、詐欺や悪質商法に悪用されることが散見されており、トラブルの元となっています。 2017年9月以降、金融庁による審査を受け「暗号資産交換業者」として登録された事業者が順次公表されており、サービス選定の一つの基準とされつつあります。 以上、暗号資産(仮想通貨)の定義、特徴、種類などの基礎知識から、暗号資産(仮想通貨)の税金、今後成長の見通し、及び暗号資産(仮想通貨)を始める際の注意事項についてまとめました。 注意事項 当ウェブサイトに掲載されている情報は、暗号資産(仮想通貨)に関する情報提供を目的として当社が作成したものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の勧誘や推奨等を目的としたものではありません。 暗号資産(仮想通貨)は、法定通貨ではありません。 また、価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、価格の変動等により損失が発生したり、投資額を上回る損失が発生する可能性があります。 暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、各暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供者の定める約款、重要事項説明書、取引に関するルール等を熟読のうえ、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 当ウェブサイトは当社が信頼できると考える情報に基づいて作成しておりますが、情報の完全性、正確性等を保証するものではありません。 なお、当社は、予告なく当ウェブサイトの内容を変更し又は廃止する場合があります。 当ウェブサイト内のリンク等から遷移されるウェブサイトは当社以外の第三者が運営するウェブサイトである場合があります。 当社は本ウェブサイトの内容に基づく投資その他利用によって発生するいかなる損害についても一切責任を負いません。 最終的な投資や取引に関する事項の決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 《取引にあたっての注意事項》 ・取引にあたり手数料が発生することがあります。 手数料の詳細については、をご確認ください。 ・取引ではスプレッドが発生します。 スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。 ・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。 必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、をご確認ください。 ・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。 ・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。 取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。 《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》 ・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。 ・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。 ・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。 ・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。 ・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。

次の