夏バテ に 効く 料理。 残暑対策は食事で改善 夏バテ予防、夏バテ回復に効果的な料理

【暑さ対策は食事から!】夏休みの子どもに食べさせたい夏バテにオススメな食べ物ってなんですか?と栄養士に聞いてみた

夏バテ に 効く 料理

・夏バテにかかってしまった方 ・夏バテにかかってなくても予防をしたいと考えている方 に向けて、夏バテに効果のある食事や飲み物をご紹介していきます! 夏バテに負けず、食事で改善して夏をエンジョイしましょう! 夏バテの原因と症状について 夏バテとは、身体がだるくなったり、疲労感が溜まり 一向に疲れが取れない状態を指します。 夏バテになってしまう原因として、 ・夏の暑さに負け自律神経の乱れによる疲労感の増加 ・食欲不振からくる栄養不足 ・水、ミネラルなどの水分不足による脱水症状 などが挙げられます。 これら原因によって、身体がだるくなったり、 消化機能が低下して食欲不振が起こります。 夏バテの原因と症状についてはこちらの記事で 詳しく解説しているため合わせて読んでいただけると理解が深まると思います。 これらの原因と症状を踏まえて、 夏バテに効く食事と飲み物をご紹介していきます。 夏バテに効く食事、飲み物を一挙ご紹介! それでは早速夏バテに効く食事、飲み物をご紹介していきます! 夏バテに効く食事の栄養素、成分について まずは、夏バテに効く食事の栄養素、成分についてです。 そのため、風邪をひきにくい、バテにくい身体を作ることに効果が期待されます。 さらに、抗酸化作用で体内の酸化を防止します。 酸化とは特に紫外線などを受けると肌荒れを起こしますが、これは活性酸素の仕業です。 肌は酸化され、シミやシワ、肌荒れの原因になります。 これらを防止する役割として抗酸化作用があり、 ビタミンAはそれら酸化を防止する栄養、成分を含んでいます。 それは、汗とともに流されてしまうため。 ビタミンB1には、糖質、炭水化物をエネルギーに変え新陳代謝を向上させ疲労回復を助けます。 夏は暑さに負け、体力は奪われ続けます。 体力を失うことはエネルギーを失うことと同じです。 不足しがちなエネルギーを補給する役割でもビタミンB1は 夏バテ時に必要不可欠な栄養素の1つです。 細胞の発達、正常な働きを促すのに欠かせない「成長ビタミン」です。 ビタミンCには、これらストレスに対する耐性が強く、抑制する働きがあります。 それは、抗ストレスホルモンと呼ばれる 副腎という臓器からストレスに耐性のあるホルモンが分泌されます。 その他、疲労回復やビタミン群には良くみられる 抗酸化作用がビタミンCにも含まれていることが言われています。 このミネラルは、汗とともに水分と一緒になって流されています。 そのため、夏場は常にミネラルが不足しがちです。 ミネラルは、代謝機能を向上させ、ビタミンの活性化を助けます。 また、血液をサラサラにする効果や 疲労回復、抗酸化作用に優れた成分と言えます。 また、食欲増進やビタミンB1の働きを助けたり、B2のサポートをしたりと ビタミンB群とともに摂取することでより効率的にエネルギーを生成することに効果が期待されます。 スポーツ選手がマグネシウム入りのネックレスをつけているのもこのためです。 また、神経の興奮抑制、血圧の維持など身体の安定剤のような役割も担います。 これは、疲労回復や新陳代謝の向上、血流改善などに効果が期待されます。 夏バテに効く食べ物、飲み物について 上記の栄養素、成分を踏まえて、 栄養を豊富に含む食事、飲み物をご紹介していきます。 豚肉の中でも「ヒレ肉」にはビタミンB1が最も多く含まれており、 さらに脂も少ないため、ダイエットの女性におススメの食事になります。 夏バテ予防の食事として有名な理由がよくわかります。 しかし、ビタミンCの含有量が少ないため、 別の食事で補う必要があります。 さらに、抗ストレス作用にも働き、 夏のイライラもゴマパワーで吹き飛ばしましょう。 さらに、アリシンには強い殺菌作用があるため、 対ウイルスを身体から守る作用も期待されます。 また、免疫細胞の活性化も助け、 夏バテ時の体力の低下も整えてくれる優秀な食事です。 ならに、納豆のあのネバネバには「ムチン」と呼ばれる成分が含まれ、 粘液を活性化し、消化吸収や免疫力向上を助けます。 疲労回復の効果、免疫力アップでがん予防にも効果があるとされています。 また、免疫力の向上や強い抗酸化作用があるとされているため、 にらの料理は夏バテ予防に効果的とされています。 風邪に強い身体づくり、血液さらさら効果もあるとされているため、 こちらも夏バテ予防として使いたい食べ物です。 辛い食べ物には大抵このカプサイシンが含まれており、 辛い食べ物を食べると暑くなったり、汗をかくのはカプサイシンの仕業です。 身体を温め、血行を促進している証拠です。 夏バテ予防に効く食事、飲み物 まとめ 夏バテ予防に効く食べ物、飲み物についてご紹介してきました。 夏バテ予防に効く食事の成分から栄養素、 それら栄養素を多く含む食べ物、飲み物をご紹介してきましたが、 意識して、食事することで夏バテ予防に効果が期待されます。 最も、よろしくない食事方法は、 常に同じ食事メニューをとってしまうこと。 夏になると、食事が面倒になり食べること自体億劫になってしまうケースがあります。 そのため、食事が疎かになり、手抜きな食事になりがちです。 そうならないためにも、夏バテ予防に効く食事をしっかり取って、 夏に備える、夏をエンジョイできる身体づくりに励みましょう!.

次の

【暑さ対策は食事から!】夏休みの子どもに食べさせたい夏バテにオススメな食べ物ってなんですか?と栄養士に聞いてみた

夏バテ に 効く 料理

この記事の所要時間: 約 8分 47秒 独身の頃は、あまり「夏バテに効く食べ物」だとか「食材は」とか「どんな栄養素を取ればいいのだろう」とか、考えたこともありませんでしたけどね。 でも、夫がいて子供ができると意識って変わるものですね。 家族の元気は、私次第だ! と、思うとやっぱり色々と調べますし、色々と工夫するようにもなりましたよね。 だけど、夏はやっぱり冷たい物の摂取や冷房などで胃腸が弱り食欲も落ちますし、結局、夏の中盤あたりから同じような食べやすい、そうめんなどのメニューに落ち着いちゃうんですよね。 あなたもそうじゃないですか? 我が家だけ? 今年は何とか改善したいなぁ。 夫も毎年、夏バテ気味だし…… と、言うことでどんな食べ物が夏バテに効くのか調べてみましたよ。 Contents• 夏バテに効く食材って? 夏バテに効く食材と聞いて最初に浮かぶのは、やっぱり「 うなぎ」 あと、よく聞くのが「 オクラ」ですかね? 上の二つは、やっぱりイメージ通り、うわさ通り夏バテには効果的です! うなぎは、 疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富。 また、 免疫アップに欠かせないビタミンAも多く含まれています。 オクラは、 ビタミンB群やミネラルの他、ねばねば成分の ムチンとペクチンが弱った胃腸を保護し免疫力アップや疲労回復を手助けしてくれますよ。 昔から、夏バテには「うなぎ」と「オクラ」の名前が出るのには、ちゃんと理由があるんですね! 私は、ただただ、好きだから食べていましたが。 いや、好きで、おいしくご飯を食べて、夏バテ予防や解消ができれば言うことなしじゃないですか! こうなると気になってくるのが「他にも夏バテに効く食材ってあるのかな? 」ってことですね。 それを知るためには、まず、夏バテに効く栄養素を知っておく必要がありそうです。 夏バテに効く栄養素を確認しよう! ではでは、さっそくどんな栄養素が夏バテに効くのか見ていきましょう! ビタミンB群 何といってもビタミンB群! 疲労、筋肉痛、肩こりなどは乳酸が蓄積することで起きますが、ビタミンB群はこの 乳酸を消費してエネルギーに変えてくれます。 代謝のアップにもビタミンB群は効果的ですよ。 ナイアシン ビタミンB群の一種で、水溶性。 疲労軽減、エネルギー作りの他、ストレスや心の疲労の軽減にも役立ってくれます。 自律神経の乱れによる、気分の落ち込みにも効果を発揮してくれますよ。 たんぱく質 たんぱく質は、血液や筋肉を作る主成分。 体調の維持に欠かせないたんぱく質は、不足すると体力の低下、免疫機能の低下を引き起こします。 体内に蓄積することができないたんぱく質は、毎日こまめに摂取する必要がありますが、脂質や糖質の少ない物を取らないと肥満の原因にもなるので注意が必要ですよ。 クエン酸 柑橘やお酢などに含まれる酸味成分の一種。 疲れの元の 乳酸を分解してくれるクエン酸は、 疲労回復に効果があり、また エネルギー生成にも欠かせない栄養素。 食欲増進効果もあり、まさに元気の源ですね。 ビタミンC シミの予防に効果的なビタミンC。 紫外線の強い夏には積極的にとりたい栄養素ですね。 抗酸化作用も強いので風邪の予防にも効果があります。 また ストレス抵抗を高める効果もあるので、自立神経の乱れによる落ち込みを軽減してくれますよ。 ムチン ネバネバ成分のムチンは、 胃や鼻などの粘膜を保護してくれます。 夏は胃腸が弱りがちなので嬉しい成分ですね。 また、 疲労回復の他、 免疫力を高めるので暑い夏も元気で過ごすことができます。 夏バテに効く食べ物はズバリ! では、夏バテに効く栄養素が含まれた食べ物って、どんなものがあるのでしょうか? 順番に見ていきましょう! 豚肉 ビタミンBがとても豊富。 たんぱく質も取れるので夏バテ予防や解消にピッタリです。 うなぎが希少になってきた今、変わって私たちに元気をくれるのは豚肉かもしれません。 脂身の少ないヒレなどの部位なら、良質なたんぱく質が取れるので特におすすめです。 枝豆・豆腐 ビールのお供に欠かせない枝豆。 そして暑い日は、冷ややっこで食べたい豆腐にも ビタミンB群が豊富に含まれています。 同時に たんぱく質も取れますが、植物性なので脂質や糖質の取りすぎを気にしなくてもいいのが嬉しいですね。 青魚・たらこ ナイアシンと たんぱく質が豊富です。 心身ともに元気が足りないと感じたら、積極的にとって欲しい食材ですね。 納豆・山芋・モロヘイヤ オクラ同様、ねばねば成分 ムチンが含まれています。 特にモロヘイヤはビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富なので夏バテに効果てきめんです。 ちなみに、昆布のネバネバはフコイダンと言う成分でムチンではありませんが、胃腸を保護してくれるのでこちらも積極的にとりたいですね。 夏野菜 夏と言えば夏野菜。 トマトにきゅうり、ゴーヤやスイカ、アスパラにカボチャは ビタミンCをはじめ ビタミン類やミネラルが豊富。 シミ予防や夏バテのストレスの軽減に役立ちます。 また、きゅうり、ゴーヤ、スイカなどのウリ科の食べ物は 利尿作用があるイスクエルシトリが含まれているので、体の余分な水分と熱を輩出してくれますよ。 熱中症の予防にも役立ちますよ。 夏バテに効くそうめんレシピ 消化に良くて、冷たくて、さっぱりしていて、食べやすい「そうめん」 夏場はついつい「食欲ないし、暑いしそうめんでいいか」となりがちです。 でも、そうめんばかりでは栄養が偏りがちになるのも事実。 栄養の偏りが、夏バテの元。 つまり、そうめんが夏バテの原因になってるかもしれないのです。 「じゃあ、夏にそうめんはダメなの? 」 いえいえ、そんなことありませんよ。 そうめんでも、しっかりと栄養が取ることができれば何も問題がないんですから。 そこで、ここからは「 夏バテに効く食材をふんだんに使ったそうめんレシピ」をご提案! ぜひ参考にしてみてくださいね! 【冷しゃぶと夏野菜のそうめん】 材料(2人分)• そうめん 2人分• 豚薄切り(お好きな部位で) 200g• トマト 大1個• アスパラ 4本• なす 1本• 大葉 お好みで• めんつゆ お好みの量 作り方• 豚肉は一度沸騰させたお湯を70度くらいまで下げ茹でる。 豚肉は赤みがなくなったらすぐにお湯からあげ、ざるに取る• 2を流水で洗っておくと、冷めても固くなりません• トマトを食べやすい大きさにカットしておく• 大葉は千切りに• なすとアスパラは食べやすい大きさにカットして水分をしっかり拭き取ったら、片栗粉をまぶして多めの油で揚げ焼き• そうめんはパッケージの表記通りに茹でザルに開け、しっかり流水で洗っておく• めんつゆは表記に従いぶっかけつゆの濃度にしておく• そうめんをお皿に盛り、具材を順に盛り付け、めんつゆをかけたら出来上がり つゆにごま油を加える、ショウガなどの薬味を加えるなどしても食欲がそそり、おすすめ。 めんつゆの代わりにお好みのドレッシングで食べてもおいしいですよ。 【ぶっかけネバネバそうめん】 材料(2人分)• そうめん 2人分• 豆腐 1丁• オクラ 4本• モロヘイヤ 1束• トマト 大玉1個• 大葉 お好みで• めんつゆ お好きな分量 作り方• 豆腐は水切りをし食べやすい大きさにカットしておく• トマトも食べやすい大きさにカットする• 大葉は千切りにしておく• オクラは塩を振り板ずりした後、塩を洗い流し水分をふき取る• 4をみじん切りにする• モロヘイヤは葉と茎の部分を分けておく• 6を塩ゆでする。 沸騰したお湯に茎を入れて40秒後に葉を入れて、さらに20秒茹でる• モロヘイヤをざるにとり粗熱を取ったら、粗目のみじん切りにする• そうめんを表記どおりに茹で、流水でしっかり洗う• めんつゆで、ぶっかけつゆを作る• そうめんを器に盛り、具材を持っていく• つゆをぶっかければ出来上がり オクラとモロヘイヤのネバネバでつるんと食べやすく、弱った胃腸も保護してくれるので食欲がないと感じたときにぜひ食べて欲しいレシピです。 まとめ• おいしく食べて元気になろう• 夏バテに効く栄養素を知っておこう• 夏バテに効く食べ物で夏を乗り切ろう• 夏バテに効くそうめんレシピ 以上が、夏バテに効く食材に関するまとめでした。 暑い夏でも、子供も夫も、もちろんあなたも元気に過ごしてたくさん思い出を作りましょう。 夏休みに食べる、元気ご飯もきっと子供たちの素敵な思い出になってくれますよ!

次の

残暑対策は食事で改善 夏バテ予防、夏バテ回復に効果的な料理

夏バテ に 効く 料理

この記事の所要時間: 約 8分 47秒 独身の頃は、あまり「夏バテに効く食べ物」だとか「食材は」とか「どんな栄養素を取ればいいのだろう」とか、考えたこともありませんでしたけどね。 でも、夫がいて子供ができると意識って変わるものですね。 家族の元気は、私次第だ! と、思うとやっぱり色々と調べますし、色々と工夫するようにもなりましたよね。 だけど、夏はやっぱり冷たい物の摂取や冷房などで胃腸が弱り食欲も落ちますし、結局、夏の中盤あたりから同じような食べやすい、そうめんなどのメニューに落ち着いちゃうんですよね。 あなたもそうじゃないですか? 我が家だけ? 今年は何とか改善したいなぁ。 夫も毎年、夏バテ気味だし…… と、言うことでどんな食べ物が夏バテに効くのか調べてみましたよ。 Contents• 夏バテに効く食材って? 夏バテに効く食材と聞いて最初に浮かぶのは、やっぱり「 うなぎ」 あと、よく聞くのが「 オクラ」ですかね? 上の二つは、やっぱりイメージ通り、うわさ通り夏バテには効果的です! うなぎは、 疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富。 また、 免疫アップに欠かせないビタミンAも多く含まれています。 オクラは、 ビタミンB群やミネラルの他、ねばねば成分の ムチンとペクチンが弱った胃腸を保護し免疫力アップや疲労回復を手助けしてくれますよ。 昔から、夏バテには「うなぎ」と「オクラ」の名前が出るのには、ちゃんと理由があるんですね! 私は、ただただ、好きだから食べていましたが。 いや、好きで、おいしくご飯を食べて、夏バテ予防や解消ができれば言うことなしじゃないですか! こうなると気になってくるのが「他にも夏バテに効く食材ってあるのかな? 」ってことですね。 それを知るためには、まず、夏バテに効く栄養素を知っておく必要がありそうです。 夏バテに効く栄養素を確認しよう! ではでは、さっそくどんな栄養素が夏バテに効くのか見ていきましょう! ビタミンB群 何といってもビタミンB群! 疲労、筋肉痛、肩こりなどは乳酸が蓄積することで起きますが、ビタミンB群はこの 乳酸を消費してエネルギーに変えてくれます。 代謝のアップにもビタミンB群は効果的ですよ。 ナイアシン ビタミンB群の一種で、水溶性。 疲労軽減、エネルギー作りの他、ストレスや心の疲労の軽減にも役立ってくれます。 自律神経の乱れによる、気分の落ち込みにも効果を発揮してくれますよ。 たんぱく質 たんぱく質は、血液や筋肉を作る主成分。 体調の維持に欠かせないたんぱく質は、不足すると体力の低下、免疫機能の低下を引き起こします。 体内に蓄積することができないたんぱく質は、毎日こまめに摂取する必要がありますが、脂質や糖質の少ない物を取らないと肥満の原因にもなるので注意が必要ですよ。 クエン酸 柑橘やお酢などに含まれる酸味成分の一種。 疲れの元の 乳酸を分解してくれるクエン酸は、 疲労回復に効果があり、また エネルギー生成にも欠かせない栄養素。 食欲増進効果もあり、まさに元気の源ですね。 ビタミンC シミの予防に効果的なビタミンC。 紫外線の強い夏には積極的にとりたい栄養素ですね。 抗酸化作用も強いので風邪の予防にも効果があります。 また ストレス抵抗を高める効果もあるので、自立神経の乱れによる落ち込みを軽減してくれますよ。 ムチン ネバネバ成分のムチンは、 胃や鼻などの粘膜を保護してくれます。 夏は胃腸が弱りがちなので嬉しい成分ですね。 また、 疲労回復の他、 免疫力を高めるので暑い夏も元気で過ごすことができます。 夏バテに効く食べ物はズバリ! では、夏バテに効く栄養素が含まれた食べ物って、どんなものがあるのでしょうか? 順番に見ていきましょう! 豚肉 ビタミンBがとても豊富。 たんぱく質も取れるので夏バテ予防や解消にピッタリです。 うなぎが希少になってきた今、変わって私たちに元気をくれるのは豚肉かもしれません。 脂身の少ないヒレなどの部位なら、良質なたんぱく質が取れるので特におすすめです。 枝豆・豆腐 ビールのお供に欠かせない枝豆。 そして暑い日は、冷ややっこで食べたい豆腐にも ビタミンB群が豊富に含まれています。 同時に たんぱく質も取れますが、植物性なので脂質や糖質の取りすぎを気にしなくてもいいのが嬉しいですね。 青魚・たらこ ナイアシンと たんぱく質が豊富です。 心身ともに元気が足りないと感じたら、積極的にとって欲しい食材ですね。 納豆・山芋・モロヘイヤ オクラ同様、ねばねば成分 ムチンが含まれています。 特にモロヘイヤはビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富なので夏バテに効果てきめんです。 ちなみに、昆布のネバネバはフコイダンと言う成分でムチンではありませんが、胃腸を保護してくれるのでこちらも積極的にとりたいですね。 夏野菜 夏と言えば夏野菜。 トマトにきゅうり、ゴーヤやスイカ、アスパラにカボチャは ビタミンCをはじめ ビタミン類やミネラルが豊富。 シミ予防や夏バテのストレスの軽減に役立ちます。 また、きゅうり、ゴーヤ、スイカなどのウリ科の食べ物は 利尿作用があるイスクエルシトリが含まれているので、体の余分な水分と熱を輩出してくれますよ。 熱中症の予防にも役立ちますよ。 夏バテに効くそうめんレシピ 消化に良くて、冷たくて、さっぱりしていて、食べやすい「そうめん」 夏場はついつい「食欲ないし、暑いしそうめんでいいか」となりがちです。 でも、そうめんばかりでは栄養が偏りがちになるのも事実。 栄養の偏りが、夏バテの元。 つまり、そうめんが夏バテの原因になってるかもしれないのです。 「じゃあ、夏にそうめんはダメなの? 」 いえいえ、そんなことありませんよ。 そうめんでも、しっかりと栄養が取ることができれば何も問題がないんですから。 そこで、ここからは「 夏バテに効く食材をふんだんに使ったそうめんレシピ」をご提案! ぜひ参考にしてみてくださいね! 【冷しゃぶと夏野菜のそうめん】 材料(2人分)• そうめん 2人分• 豚薄切り(お好きな部位で) 200g• トマト 大1個• アスパラ 4本• なす 1本• 大葉 お好みで• めんつゆ お好みの量 作り方• 豚肉は一度沸騰させたお湯を70度くらいまで下げ茹でる。 豚肉は赤みがなくなったらすぐにお湯からあげ、ざるに取る• 2を流水で洗っておくと、冷めても固くなりません• トマトを食べやすい大きさにカットしておく• 大葉は千切りに• なすとアスパラは食べやすい大きさにカットして水分をしっかり拭き取ったら、片栗粉をまぶして多めの油で揚げ焼き• そうめんはパッケージの表記通りに茹でザルに開け、しっかり流水で洗っておく• めんつゆは表記に従いぶっかけつゆの濃度にしておく• そうめんをお皿に盛り、具材を順に盛り付け、めんつゆをかけたら出来上がり つゆにごま油を加える、ショウガなどの薬味を加えるなどしても食欲がそそり、おすすめ。 めんつゆの代わりにお好みのドレッシングで食べてもおいしいですよ。 【ぶっかけネバネバそうめん】 材料(2人分)• そうめん 2人分• 豆腐 1丁• オクラ 4本• モロヘイヤ 1束• トマト 大玉1個• 大葉 お好みで• めんつゆ お好きな分量 作り方• 豆腐は水切りをし食べやすい大きさにカットしておく• トマトも食べやすい大きさにカットする• 大葉は千切りにしておく• オクラは塩を振り板ずりした後、塩を洗い流し水分をふき取る• 4をみじん切りにする• モロヘイヤは葉と茎の部分を分けておく• 6を塩ゆでする。 沸騰したお湯に茎を入れて40秒後に葉を入れて、さらに20秒茹でる• モロヘイヤをざるにとり粗熱を取ったら、粗目のみじん切りにする• そうめんを表記どおりに茹で、流水でしっかり洗う• めんつゆで、ぶっかけつゆを作る• そうめんを器に盛り、具材を持っていく• つゆをぶっかければ出来上がり オクラとモロヘイヤのネバネバでつるんと食べやすく、弱った胃腸も保護してくれるので食欲がないと感じたときにぜひ食べて欲しいレシピです。 まとめ• おいしく食べて元気になろう• 夏バテに効く栄養素を知っておこう• 夏バテに効く食べ物で夏を乗り切ろう• 夏バテに効くそうめんレシピ 以上が、夏バテに効く食材に関するまとめでした。 暑い夏でも、子供も夫も、もちろんあなたも元気に過ごしてたくさん思い出を作りましょう。 夏休みに食べる、元気ご飯もきっと子供たちの素敵な思い出になってくれますよ!

次の