画面酔い。 ゲームでの3D酔い(画面酔い)についての個人的な経験

3D酔い!3Dゲーム画面酔い!その原因と今すぐできる対策方法をご紹介!|ドスパラ通販【公式】

画面酔い

より 私達の目は、大きく分けて2つの視野を持っています。 中心視野 対象をしっかりと見て ピントがジャストに合っている範囲。 意識的に物を見ているポイント。 眼球の中心窩というポイントを使って、最大限にピントを合わせて得られる視野です。 「そのものが何なのか」などを分析するなど、高度な情報認識をするため、 エネルギーをかなり消費します。 視神経の50%が 中心窩由来の神経線維であることからも納得ですね。 周辺視野 中心視野 中心窩 の外。 集中している時に、壁面とかに虫がいるのに気づいたりしたことはありませんか? それは、周辺視野が動く物の情報を拾っているからです。 スポンサー リンク ゲームに疲れやすい人は「中心視野」を酷使している 上記のように、ものを見る時には「中心視野から入ってくる情報」と、「周辺視野から入ってくる情報」の2種類があります。 そして、 ゲームに不慣れなうちは中心視野で画面をしっかり分析しようとするため、非常に疲れやすいと考えられます。 スポンサー リンク 疲れない画面の見方 では、どうしたら疲れないか?と言えば、 なるべく周辺視野を使ってゲームをするようにすることです。 周辺視野を使うためには 集中しないでぼーっとするのが一番。 どうやったらぼーっとしながらゲームが出来るのか? それにはまず、 目の動きを少なくすることです。 これくらい情報量を減らすつもりでトライしてみましょう! 1.一点を見つめる 動きの少ない一点を見つめることで、情報量を下げて 神経の省エネをすることができます。 黒い砂漠ならば、 ロックオンマーカーや、自キャラの頭部、自キャラ上に名前などを出している人はその文字などです。 そして、しばらくはその状態でゲームをしてみましょう。 ギルメンなどに断って、チャットなども非表示にしてみると良いでしょう。 集中できる環境を作りましょう。 最初のうちは弱い敵などを相手にして、安全に画面の見方を体得していきます。 ぼーっとしながら敵を倒せるかやってみましょう。 ぼーっとするのが難しければ、一点に集中。 画面のドットの更に奥を見るくらいの感じで、画面を見ます。 2.カメラを動かし、視線は動かさない 敵を補足する時は周辺視野に頼るようにし、基本的にはカメラ操作 マウス移動 でフォーカスするようにします。 大切なのは 「自分の視線をなるべく動かさず、敵などを カメラや移動によって 動かす」、ということです。 「敵をセンター 中心視野 に入れてスイッチ、敵をセンターに入れてスイッチ…」 3.細かい情報も周辺視野で得られる 目で見て判断しなければならない情報は色々とあります。 黒い砂漠で言えば• スキルの• 怒りの貯まり具合• HP、MPなど• やそれらの残り時間• 消すべき 熱中症など こういった情報が画面上に散在しています。 これらをなるべく中心視野に近い位置に置いたり、移動できないものはどうチェックするかについて考えると良いと思います。 ただ、プロの格闘ゲーマーなどはこの辺も周辺視野でカバーしてしまうようです。 我々もスキル は慣れてくれば体感でわかりますし、怒りや 関係なども、慣れてくれば周辺視野で把握できるようになるかもしれませんね。 「3D酔い」にも有効だと考えます 「3D酔いは何故起きるか?」 実はまだはっきりとした原因が見つかっていないそうです。 3D酔いが起こる原因については現在もはっきりしてはいない。 視覚によって得られる動きとそれ以外の身体感覚によって得られる動きの感覚の相違(例えば視覚上では動いているはずなのに身体は実際には動いていない)によって乗り物酔いと似た症状に至ると考えられている。 より 例えば、プレイヤーのゲーム画面は、分析的に見ていたら酔ってしまう画面だと思います。 記事目次• 当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

次の

『3D酔い(FPS酔い)』とはどんな症状? ゲーマーの大敵、3D酔いを徹底解説!

画面酔い

ゲーム酔いをする原因 医学界では「動揺病」と言われることが多いゲーム酔い。 実は 明確な原因は解明されていません。 ただ 「視覚情報と身体感覚とのズレ」が関係しているというのが、 有力な仮説とされているようです。 近頃の3Dゲームはかなりリアルなので、 視覚情報により 「本当に動いているような感覚」に陥ります。 しかし 実際は動いていないので、 三半規管(内耳にある、平衡感覚を担当している器官)などに不調が現れる…というわけです。 このため 視点移動が多いゲーム、画面の動きが大きいゲームほど、 ゲーム酔いをしやすい傾向があります。 まあ「視覚だけが体の状態から切り離された情報を与えられる」のは、 本来とても不自然な出来事ですからね。 「異常な状態だ」と体が認識して、体調が崩れるのも頷けます。 スポンサーリンク ゲーム酔いを予防するには? ゲーム酔いをおこさないために、 気を付けたいポイントをまとめてみました。 疲れた状態でのプレイを避ける 疲れた状態でゲームをすると、 普段より酔いやすくなってしまいます。 「仕事で疲れたからこそ、ゲームでリフレッシュしたい」 という方もいらっしゃるかも知れませんが、 本当に疲れている日は避けたほうが無難でしょう。 ゲームのプレイ環境を整える ゲーム画面に集中すればするほど、 ゲーム酔いをしやすくなります。 なので 「ゲーム画面に集中しすぎないプレイ環境」を目指しましょう。 まず部屋を明るくして、 画面以外の様子も見やすくしましょう。 また画面が小さすぎて、注視する必要があったり、 画面が大きすぎて、視界情報の全てをディスプレイが支配した状態になると、 ゲーム酔いしやすくなる傾向があります。 なので ちょうど良いサイズのディスプレイでゲームをしたいところです。 画面のサイズを変えられない場合は、 画面との距離を調節することで、ある程度は改善出来ます。 (小さければ近づいて、大きければ離れて調整しましょう。 但し画面との距離があまりに近いと、 それはそれで健康上悪いので注意!) 動きが激しいシーンで視線を逸らす 画面内の動きが激しいほど、ゲーム酔いしやすい傾向があります。 そのためそのタイミングだけ、 目線を少し逸らして、ディスプレイの縁(ふち)に焦点を合わせたり、 ディスプレイ周辺の背景を見るだけでも、かなり酔いづらくなります。 酔い止めグッズを活用する 車酔いや船酔い用の酔い止め薬や酔い止めバンドといったアイテムは、 ゲーム酔いにも効果があるケースがほとんどです。 なのでこうしたグッズを活用するのも良いでしょう。 視界を全部覆うタイプのゲーム(ゴーグルを使うタイプ、VRなど)でも、 ある程度の効果が期待できます。 スポンサーリンク ゲーム酔いの治し方・対策 次に「既にゲーム酔いをしている」時向けの治し方を紹介します。 休憩する 当たり前ですが、ゲームを止めて休めば少しずつ回復していきます。 もっとも基本的な治し方だと言えるでしょう。 酔い止めを飲む 基本的に酔い止めは、事前に飲んでおくものです。 酔ってから飲むものではないのですが… まだ 酔い始めなら効果が期待出来ます。 ガムを噛む ガムを噛むことで、ゲーム酔いが改善されたという報告も挙がっています。 特にミント系(メントール、メンソール)のガムだと効果が出やすいです。 酔い止めよりも入手しやすいので、 取り敢えず試してみましょう。 酔い始めに壁などを眺める ゲーム酔いの症状が軽いうちなら、 少し壁などを眺めるだけで回復することもあります。 「酔いかけているな」 「少し気分が悪いな」 と思ったら、 画面から目を逸らし、壁などを眺めてぼーっと過ごしてみましょう。 視界の情報と体の情報とが一致するため症状が消えていきます。 番外:いっそ慣れてみる? だいたいの事がそうであるように、 ゲーム酔いも慣れるケースがほとんどです。 なので、ゲーム酔いの症状が出ても、 ギリギリまで我慢し続けることを繰り返した結果、 ゲーム酔いをしづらくなったという人たちもいます。 ただ しばらくゲームをしなかったら、酔いやすい体質に逆戻りするので、 あまりオススメ出来ない方法です。 しかも慣れるまでの期間はかなりつらいし、 ストレスから、本格的に体調を崩す可能性もあります。 やる場合は自己責任で…。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

画面酔い

そもそも、3D酔い(ゲーム酔い)とはどういったものなのでしょうか。 簡単に言うと、3D酔いとは、ユーザーが3D映像や、3D映像で構成されたゲームをみたり、プレイしたときに、乗り物酔いのような症状を起こす事を言います。 症状がひどいと、頭痛やめまい、吐き気が生じる事もあります。 FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)や、フライトシューティングなどの自由視点が導入された、3Dゲームのプレイ中に起こる場合や、自動車教習所の教習シミュレーターなどの3次元映像の視聴中に発生する場合もあります。 3D酔いは広範な定義として、「ゲーム酔い」、「映像酔い」、「画面酔い」と呼ばれる場合もあります。 3D酔いになる原因 では一体なぜ3D酔いになってしまうのでしょう。 その原因は、ゲームがリアルに近づくことで、あたかも実際に自分が動いていると、脳が錯覚してしまっているのです。 つまり、視覚で捉え認識する映像と、平均感覚を司る三半規管との間にズレが生じてしまっているのです。 3Dゲームや3D映像を見ていると、映像では、敵と戦いながら縦横無尽に荒野を走り回ったり、空を飛んだりと、視点が激しく動いているため、その情報を脳に伝えます。 しかし、ゲームをしている本人はその場に座って、ほとんど動いていないため、情報と実際にズレが生じます。 映像により脳に伝えられた情報と、現実との平衡感覚が一致しないため、脳がなんとか修正しようとして起こるのが3D酔いなのです。 3D酔いになるとどんな症状がでるの? ゲーム環境も3D酔いを誘発する原因の一つです。 では、どのような環境が3D酔いを誘発しやすい環境なのでしょうか• ・周りが暗い(室内照明が不十分)• ・長時間プレイによる疲れ• ・液晶テレビなどに見られる残像• ・画面が小さすぎる(注視する必要がある)もしくは大きすぎる(視界を占有する為錯覚し易い)• ・視界が悪い 天井が低い、上の視界を遮る物がある場合• ・動きが激しい(特に上下動が大きいと問題が起き易い)• ・フレームレートが低い• ・カメラの動きが激しい• ・3Dモデリングが歪んでいる• ・そのゲームの操作やシステムに慣れられず、思った方向に正確にキャラクターを動かせない 3D酔いは、前述したように、「視覚が捉え認識する映像と、三半規管との間にズレが生じてしまっている」事が原因なので、三半規管を簡単なトレーニングで鍛えてあげると、3D酔いにも効果があると言われています。 日常生活では普段しない行動を意識的に行うことで三半規管を鍛えることが出来るのです。 いろいろな方法があるので下記に列挙しました。 無理のない程度に、あなたにあった方法を探して実践してみてください。 ・目をつぶって回る• ・逆立ちをする• ・でんぐり返しをする(前後)• ・目をつぶって片足立ち• ・トランポリンをする(回転を加える)• ・つま先立ちをする• ・後ろ向きで歩く• ・椅子に座った状態でくるくる回る• などなど ゲームのときはモニターから離れましょう。 特に、ゲーム中に視界のほとんどを占める、大画面液晶モニターの場合、見ている距離が近いほどゲーム中の映像変化が激しく感じられ、3D酔いしやすいと言われています。 モニターから目が離れると、視点移動が小さくなり、モニター全体を視界に入れることができるので、脳の錯覚を抑制できる可能性があります。 視聴距離は一般的なモニター高さの約3倍の距離、離れることが推奨されていますが、ゲームをプレイする際はそれよりも少し距離を取ることをおすすめします。 ワンルームや、狭い部屋で大型TVを使っている方は、ゲーム用に小さいモニターを用意するのも3D酔いを回避するためには、必要かもしれません。 姿勢を良くする.

次の