高額 療養 費。 高額療養費制度とは?多数回該当や世帯合算などの自己負担上限額や申請方法などをわかりやすく解説します

高額療養費制度とは?計算方法や申請の流れを分かりやすく解説します

高額 療養 費

医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください。 医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。 しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。 保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。 ) 提出していただく書類等• PDFファイルを表示するためには「Adobe Reader」 無償 が必要です。 お持ちでない方は、下記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードしてください。 限度額適用認定証申請の流れ 自己負担限度額について 自己負担限度額は被保険者の所得区分によって分類されます。 注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。 70 歳以上75歳未満の方の区分 負担能力に応じた負担を求める観点から、平成29年8月診療分より、現役並み所得者の外来(個人ごと)、一般所得者の外来(個人ごと)及び外来・入院(世帯)の自己負担限度額が引き上げられます。 注)現役並み所得者に該当する場合は、市区町村民税が非課税等であっても現役並み所得者となります。 実際の窓口負担額について(「区分ウ」に該当する場合) 計算例 1ヵ月の総医療費(10割):100万円 所得区分:区分ウ 窓口負担割合:3割 限度額適用認定証を提示しない場合 300,000円(3割負担)を医療機関窓口で支払って、後日高額療養費の申請により、212,570円が払い戻され、87,430円の自己負担となります。 限度額適用認定証申請時の留意点• 被保険者が低所得者に該当する場合は「健康保険限度額適用認定申請書」では申請できません。 「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書」をご提出ください。 限度額適用認定証の有効期間は、申請書を受け付けた日の属する月の1日(資格を取得した月の場合は資格取得日)から最長で1年間の範囲となります。 申請書受付月より前の月の限度額適用認定証の交付はできません。 日程に余裕を持ってご提出ください。

次の

よくあるご質問

高額 療養 費

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。 上限額は、年齢や所得に応じて定められており、 いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。 全ての方が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間での世代間公平が図られるよう、負担能力に応じたご負担をいただく必要があります。 そのため、平成29年8月から、70歳以上の皆さまの高額療養費の上限額について、段階的に見直しを行っています。 皆さまのご理解をお願いいたします。 制度についての資料を作成しましたので、ご活用下さい。 これまでの高額療養費制度の仕組みでは、入院診療では、「認定証」などの提示により窓口での支払いを上限額にとどめることが可能でしたが、外来診療では、窓口負担が月ごとの上限額を超えた場合でも、いったんその額をお支払いいただいておりました。 平成24年4月1日からは、外来診療についても、「認定証」などを提示すれば、月ごとの上限額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。 この取扱いを受けるには、事前に「認定証」を入手していただく必要があります。 認定証の交付手続きについては、ご加入の健康保険組合、協会けんぽ、または市町村(国民健康保険・後期高齢者医療制度)などにお問い合わせ下さい。 高額療養費についてのお問い合わせ先は、どの医療保険制度に加入しているかで変わります。 まずは、お持ちの被保険者証で、保険者の名前を御確認下さい。 後期高齢者医療広域連合の連絡先は、を参照して下さい。

次の

がん治療には必ず利用したい「高額療養費制度」

高額 療養 費

高額療養費制度とは?適用要件や計算方法を解説 公的健康保険にある高額療養費制度の適用要件や計算方法などの仕組みについてまとめてみました。 申請することで医療費負担が軽減される、誰でも知っておくべき制度です。 加入している健康保険へ確認してください。 自己負担限度額は所得区分によって5つにわかれています。 69歳以下の方の場合 例えば、年収が500万円(所得区分が5つのうちの真ん中)の人だと、ひと月の自己負担限度額は• 仮に、医療費が50万円だとすると、• 「150,000円-82,430円=67,570円」 が戻ってきます。 2 医療費を計算する上でのルール 高額療養費の算定は下記のように行われます。 例えば、8月中旬から9月中旬まで入院した場合は、8月と9月で別々に計算します。 同じ病院や診療所であっても、歯科は他の診療科と分けて計算します。 また、入院時の食事療養や差額ベッド代、先進医療にかかる費用、保険のきかない診療などは高額療養費の対象になりません。 70歳未満の人は、医療費の自己負担額が1カ月、1人、1医療機関、1入院・通院ごとに21,000円以上でなければ、高額療養費の対象となる計算には含められません。 3 医療費の世帯合算の特例 同一世帯で1カ月、1人、1医療機関、1入院・通院につき21,000円(住民税非課税者も同額)以上の医療費自己負担が複数ある場合は、世帯で合算した負担額が自己負担限度額を超えていれば、その分が合算高額療養費として払い戻されます。 同じ人が1カ月に複数の医療機関で診療を受けた場合も、各医療機関での自己負担額が21,000円以上の場合は世帯合算の対象になります。 4 高額療養費の計算例 ある夫婦を例に、高額療養費制度でどれくらいお金が戻ってくるかを計算してみましょう。 A病院で8月下旬から9月上旬まで入院し、一部負担金21万円(8月分3万円、9月分18万円)• C病院へ9月に外来し、一部負担金6万円 最初に、月ごとの一部負担金(21,000円以上のもの)を合算します。 8月分:夫3万円(A病院入院分)のみ• 次に、歴月ごとに支給額を計算します。 9月は高額療養費として154,570円が支給されます。 5 同じ世帯で1年に3回以上、高額療養費に該当した場合の特例 1年(直近12カ月)の間に同じ世帯で3回以上高額療養費に該当している場合は、多数回該当にあたり、医療費負担が更に軽くなります。 多数該当の特例 4回目以降の自己負担限度額は44,400円(所得区分が住民税非課税世帯24,600円、上位所得者は93,000円または140,100円)で、1%の加算もありません。 6 特定疾病の特例 血友病や抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群、人工透析を必要とする慢性腎臓疾患など、長期にわたって高額な医療費を負担する疾病で厚生労働大臣が定めるものについては、特定疾病として高額療養費の対象となり、1カ月の自己負担額は1万円で済みます。 ただし、人工透析を必要とする慢性腎臓疾患については、所得の多い人は自己負担額が1カ月2万円になります。 7 高額療養費の申請方法 加入している公的な健康保険に高額療養費の支給申請書を提出することで、支給が受けられます。 国民健康保険では、高額療養費に該当するような場合、一般的に保険者である区市町村から申請書が送られてきます。 高額療養費の申請をしなくても、自動的に計算し、該当していれば口座へ振り込んでくれる健康保険もあるようです。 高額療養費の支給申請書 なお、申請には時効があります。 世帯主以外でも手続きは可能なので早めに済ませておくと良いです。 ただ、医療機関への支払いが済んでいない場合は申請できません。 また、一部負担金は医療機関から請求され審査決定した診療報酬明細書(レセプト)の点数に基づいて算定されるので、支払った額(領収書の額)とは一致しない可能性もあります。 8 限度額適用認定証の利用も検討を 高額療養費制度は、患者が医療機関で治療費等を支払った後に、自己負担限度額を超えている分を払い戻してもらう「償還払い方式」が原則です。 しかし、限度額適用認定証があれば、医療機関の窓口に提示することで、自己負担限度額までの支払いで済みます。 入院の場合は経済的な負担が大きくなるため、事前に申請して限度額適用認定証を受け取っておくと良いでしょう。

次の