ご 回答 の 程 よろしく お願い 致し ます。 「引き続きよろしくお願いいたします」は目上に使って良い?ビジネスでの意味や使い方!

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご 回答 の 程 よろしく お願い 致し ます

セフレ関係について。 ご回答よろしくお願い致します。 セフレ関係の相手がいました。 長文失礼致します。 その相手とは、約半年間関係を続けていて、月に多くて4回程会っていました。 ご飯 毎回ご馳走してくれました。 に行くだけの日もあったし、Hをして、2時間程くっつきながら話したり、ゲームや彼のオススメのYouTubeを観て、その後バイバイする日や、Hをして、そのまま朝まで一緒に寝る日もありました。 しかし、私が引越しをすることになったので、先日彼との関係を終わりにしました。 最後の日は、一緒にご飯を食べて、少し車で走りながら話 たまにほっぺをムニュッとしたり、頭ポンポンしてくれたりしながら をしました。 そして、家の近くまで来た時に、彼から最後にと、私の大好きなキャラクターのトートバッグをプレゼントしてくれました。 プレゼントなんて想像もしてなかったので、嬉しさと本当に最後なんだなという寂しさから、思わず泣いてしまいました。 泣かないでって言われたんですが、無理でした。 家に着き、別れる時にいつもバイバイする時はキスをしていたので、その時も私の方からして欲しいという顔をしたところ、今日は止めておこうって止められました。 その代わり、握手をしてバイバイしました。 セフレという位置関係にいましたが、彼にとって私はそれなりに想っていた相手 恋愛感情ではなく ということでしょうか?それとも、普通のセフレとの別れ方なのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

次の

ご査収の使い方について

ご 回答 の 程 よろしく お願い 致し ます

この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご回答のほど〜意味は「回答してくれるよう」 「ご回答のほど〜」の意味は「回答してもらうよう〜」あるいは「回答してくれるよう〜」 「ご回答」のもととなる単語は「回答」であり、尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「ご」をつかって敬語にしています。 「(自分が相手に)回答してもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• 「(相手が自分に)回答してくれるよう」と考えるのであれば 尊敬語の「ご」 となります。 「ご回答の程」というように漢字を用いてもOKですし、「ご回答のほど」と平仮名にしてもOK。 ご回答のほど〜の「のほど」ってどんな意味? ここで「ご回答のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「了解してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 よろしくお願い致しますの意味は「お願いする」の丁寧な表現 「よろしくお願い致します」の意味は「よろしくお願いします」 もととなる単語は「願う」であり謙譲語「お〜いたす」に丁寧語「ます」を使って敬語にしています。 ここでつかう「よろしく」には深い意味はありません。 何かを頼んだりするときに添える語です。 「よろしく」は「宜しく」というように漢字を用いてもOK。 また「お願いいたします」は平仮名でも漢字でもOK。 文章のバランスを考えて読みやすいように使いましょう。 ご回答のほどよろしくお願い致します の意味は「回答してくれるよう、お願いします」• ご回答 = 回答すること• のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味• すると「ご回答のほどよろしくお願い致します」の意味は… 「回答してくれるよう、お願いします」 「回答してもらうよう、お願いします」 のように解釈できます。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 ご回答のほどよろしくお願い致します の使い方 つづいて「ご回答のほどよろしくお願い致します」の使い方について。 使い方はおもに「お願い・依頼のビジネスメール結び締め」です。 使い方「依頼・お願いビジネスメール結び締め」 「ご回答のほどよろしくお願い致します」の使い方 おもに問い合わせをしたり、何かをお願いするビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご回答のほどよろしくお願い致します」• 例文「ご回答のほど何卒よろしくお願い致します」 のようにして返事を催促すると丁寧です。 具体的にはたとえば、上司などに飲み会の出欠確認をするビジネスメールのとき。 -ビジネスメール例文- さて首記の件、日ごろの慰労をかねまして下記のとおり販売部内の懇親会を開催いたしたく存じます。 日時:10月1日18時~ 場所:未定 なお会場の手配等がございますので、大まかな人数を把握いたしたく、今週末までに出欠につきご連絡いただければ幸いです。 お忙しいところ大変お手数ではございますが、 ご回答のほどよろしくお願い致します。 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「回答してね!よろしく」という意味なのです。 あるいはたとえば上司に飲み会の出欠確認をしたいときや、何かしらの返事を期待するビジネスメールにおいて、• 例文「ご多忙のところ大変恐れ入りますが、忘年会のご出欠につき12月1日までに ご回答のほどよろしくお願い致します」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、12月1日までに ご回答のほどよろしくお願い致します」 などとしても丁寧ですね。 「ご回答のほどよろしくお願い申し上げます」としても丁寧 ところでビジネスシーンでは、 「ご回答のほどよろしくお願い致します」としても丁寧ではありますが… 「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご回答のほど 何卒よろしくお願い致します」 あるいは「お願い致します」とおなじ意味の「お願い申し上げます」をつかい、 「ご回答のほど 何卒よろしく お願い申し上げます」としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めをより丁寧にするためのコツ。 「ご回答のほどよろしくお願い致します」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご回答〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご回答〜」 「たびたび恐縮ではございますがご回答〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご回答〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご回答〜」 「たびたび恐れ入りますがご回答〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご回答〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご回答〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご回答〜」 「ご回答ください」でもOKだけど…もう少し丁寧に! 「ご回答ください」とする人も中にはいますが…私はオススメしません。 「〜してください」は「〜してくれ」の尊敬語「くださる」の命令形であるため敬語としてはOK。 目下のヒトにたいする言葉づかいや、社内あてのメールであれば問題ありません。 ですが「〜してください」は結局のところ命令形であるため、どうしても強い表現です。 もっと丁寧なフレーズがあるのですからそちらを使うのが無難。 とくに目上のヒトや取引先に何かをお願いするときには相手への気づかいが必要です。 【参考】 「ご回答のほどよろしくお願い致します」を使ったビジネスメール例文【全文】 つづいて「ご回答のほどよろしくお願い致します」を使ったビジネスメールの例文をご紹介 上司・目上にかぎらず社外取引先にも使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 日程調整いただいたにも関わらず、ご迷惑をおかけしますこと深くお詫び申し上げます。 なお、以下の通りに変更後の日程につきご案内いたします。 たびたび恐れ入りますが再度、皆さまのご都合を伺えればと存じます。 【変更前日程】 ・11月3日 10:00-12:00 【変更後日程】 ・11月5日 10:00-12:00 今週中に出欠のご回答いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 メールで案内をしていなければ新たに催促メールを作り、すでに案内済みのときには「転送Fw」「履歴付き返信Re」を使い、出欠の確認ができていない相手だけを宛先にする。 さて、先般お願いしておりました3月10日・懇親会の件、皆さまのご都合はいかがでしょうか。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、予約等の手配が必要なためあらかじめ人数を把握しておきたく、明日中にご回答いただければと存じます。 なお、このメールは懇親会へのご出欠連絡がまだの方へ送付しております。 行き違いでご連絡いただいておりましたら申し訳ありません。 何卒宜しくお願い致します。 たびたび申し訳ありません。 誠に勝手を申し上げますが、早めに予約等の手配を進めたく、明日中にご回答いただければと存じます。 また、本メールと行き違いでご連絡いただいておりましたら申し訳ありません。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。 これって何が違うのでしょうか? 「ご回答 いただければ幸いです」 の意味は 「回答して もらえたら嬉しいなぁ・幸せだなぁ」 となり「ご回答くださる」なのか「ご回答いただく」なのか「ご回答のほど」なのか「ご回答いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご回答いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご回答いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。 以下の例文をご参考にどうぞ。 例文「ご回答いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「再度ご回答いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご回答いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます」 ビジネスメールによく使うのは「ご回答のほど」 「ご回答いただければ幸いです」がもっとも丁寧なフレーズではありますが… ビジネスメールでもっともよく使われるのは「ご回答のほどお願い申し上げます」「ご回答のほどお願い致します」です。 親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分けは難しい せっかくですので「ご回答いただきますようお願い」「ご回答くださいますようお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご検討 くださいますようお願い申し上げます」 「ご検討 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 で結論としては使う語によって「くださる」がよいのか「いただく」がよいのか、相性がありなんとも言えません。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。

次の

「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

ご 回答 の 程 よろしく お願い 致し ます

ビジネスメールの結び 締め の言葉にいつも同じ言葉を使っていませんか? 毎回、同じ結びの言葉を使っていると 心がこもっていないと思われ、あなたの評価を下げる恐れがあります。 しかし、これはこう考えることもできます。 結びの言葉に注意を払うだけで あなたの評価を上げることも出来る。 些細なことですが、わたしの経験上、俗にいうデキる人達はみんな結びの言葉に気をつけていました。 簡単に覚えることができますので結びの言葉のパターンを身につけて、あなたもデキる人の仲間入りをしましょう。 「~お願い致します」に表現の幅を持たせる これから紹介する結びの言葉の語尾にはたいてい「~お願い致します」という言葉がつきます。 この「~お願い致します」は以下のように言い換えることができます。 ・お願いします。 ・お願い申し上げます。 便宜上、この後に紹介する結びの言葉は「~お願い致します」で統一しますが、このように言い換え可能ですので覚えておいてください。 汎用的に使える結びの言葉 まずはメールの内容を問わず、汎用的に使える結びの言葉です。 みなさんもよく使っているのではないでしょうか。 ・以上、よろしくお願い致します。 ・どうぞよろしくお願い致します。 ・今後とも、よろしくお願い致します。 ・引き続き、よろしくお願い致します。 どれも語尾は「よろしくお願い致します」で、違うのはそれより前の表現だけです。 たったこれだけを使い回すだけでも、相手はちょっとは気を使っていると感じるものです。 結びの言葉を重ねない! この後にケースに応じた結びの言葉を紹介します。 たまに、それらの結びの言葉の後にまた「以上、よろしくお願い致します。 」といった汎用的に使える 結びの言葉を重ねて書いているメールを見ます。 例 ぜひ一度ご覧いただきますようお願い致します。 以上となります。 といった感じです。 冗長ですのでやめましょう。 ケースに応じた結びの言葉 以下は特定のケースで利用する結びの言葉です。 これを覚えるとグッと表現の幅が広がります。 返事を要求する ・ご返事お待ちしております。 ・ご返事いただければ幸いです。 ・ご回答お待ちしております。 返信が不要な場合 ・なお、ご返信は不要です。 ・ご確認いただければ、ご返信は無用です。 ・特に問題がなければ、ご返信にはおよびません。 ・何か不都合がありましたら、お知らせくださいませ。 とりあえずお礼を伝える ・まずは、お礼申し上げます。 確認を依頼する ・ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。 検討を依頼する ・ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・ご検討のうえ、ご返事いただけますようお願いいたします。 ・ご意見、ご感想をいただければ幸いです。 頭にこれをつけてみよう 結びの言葉を色々と紹介してきましたが、結びの言葉の頭に以下の言葉をつけるとより表現が豊かになります。 下に行くほど丁寧な言葉となりますので、使う相手によって使い分けてみてください。 ・それでは ・お手数ですが ・ご多忙の中、恐縮ではございますが おわりに 今回ご紹介した以外にも結びの言葉としては様々なものが存在します。 あなたがイイと感じたフレーズがあれば、それを覚えておいて結びの言葉の引き出しを更に増やしていってください。

次の