生ごみ処理機 選び方。 生ごみ処理機の選び方!買う前にチェックすべき3つのポイント

生ごみ処理機を買うなら助成制度を活用しよう。具体的な助成例と賢い選び方

生ごみ処理機 選び方

毎日出る生ゴミを処理してくれる生ゴミ処理機ですが、どうやって選んで良いのか?わからないですよね。 生ごみ処理機はきちんと納得して買わなければ、使うのが面倒に感じてしまい使わなくなってしまう場合もあるようです。 そうならないために、生ごみ処理機を選ぶ時には妥協せず、納得してから買うようにしましょう。 [目次]• 安い生ごみ処理機を選ぶのは危険 生ごみ処理機は、生ゴミの減量化や、生ゴミのニオイを消すことが目的であるはずですよね。 しかし、これまでの生ごみ処理機はニオイが漏れ出てしまったり、虫がわいてしまったりと、不便なことも多かく課題もありました。 そんな課題があったこともあり、生ごみ処理機を買ったのはいいものの、使わなくなってしまう人もおられました。 特に安価な生ごみ処理機は、安い分故障もしやすく、不便なことも多いので選ばないことをおすすめします。 生ごみ処理機を買う前にチェックすべき!3つの注意点 生ごみ処理機は下記の3つのポイントは、ぜひ様々な媒体で口コミなどをチェックしておくことをおすすめします。 ニオイ• お手入れの頻度• 動作音 ニオイ 生ごみ処理機は、生ゴミのニオイをなくす役割も大きいですが、処理中や処理後にニオイが出てしまうものも多いです。 特にニオイに敏感な人はなるべく、「ニオイが出ない」とされている生ごみ処理機を選びましょう。 生ごみ処理機は下記のような臭いがあります。 処理中に生ごみの臭い 乾燥式• 処理中処理後にコゲたような臭い 乾燥式• 蓋を開けた時の発酵臭 バイオ式・ハイブリッド式 お手入れの頻度 生ごみ処理機は、生ゴミに関して、「ゴミ箱の掃除」「ゴミ出しがラクになる」など、家事を軽減する役割も大きいですが、生ごみ処理機のお手入れに時間がかかってしまうものもあります。 例えば…• 「生ごみ処理機に生ゴミをセットして、処理モードを選択」 乾燥式• 「処理が終わった後に取り出す」 乾燥式• 「容器を洗う」 乾燥式• 特に処理後に中身を取り出す頻度は重要です。 下記のように商品によって様々です。 都度取り出す必要があるもの 乾燥式• 1〜2週間に1度で良いもの 乾燥式• 1年に1度で良いもの バイオ式・ハイブリッド式 動作音 生ごみ処理機の中には、「動作音がうるさい」という声もあります。 生ごみ処理機は、ミキサーのように誰が聞いても明らかに大きな音な訳ではありませんが、一般的に電源を入れてから作動している時間が長いため、日中や活動的にな時間には生活音で気にならない音が夜の静かな時間帯になってから気になりだすといった具合です。 生ゴミ処理機の選び方 生ごみ処理機を買った人は、おおよそ3つのポイントで選んでいる人が多いと思います。 下記を参考に生ごみ処理機を選ぶ際の参考にしてください。 スペックで選ぶ• サイズで選ぶ• 価格で選ぶ スペックで選ぶ ニオイやお手入れの頻度、動作音などは事前にチェックすべきであることをお伝えしました。 これまで生ごみ処理機を使ったことがあり、満足できなかった人は、スペックの高いものを選んでいる人が多いようです。 サイズで選ぶ 生ごみ処理機は1人用の冷蔵庫ほど大きいものもあれば、机の上に置くことができるほど小さいものなどサイズは様々です。 現在流通している室内用の生ごみ処理機であれば、大きすぎて置き場所がないということにはならないと思いますが、置き場所には目星をつけてから購入するようにしましょう。 価格で選ぶ 生ごみ処理機は下記のように価格帯は様々です。 価格で選ぶならなるべく良いものをおすすめします。 2000円〜20,000円・・・コンポスト• 9,000円〜20,000円・・・乾燥式• 60,000円〜70,000円・・・乾燥式• 80,000円〜・・・バイオ式・ハイブリッド式 4. 電気代が気になるなら生ごみ処理機は買わない方がいい 生ごみ処理機は、毎日使った場合にはおよそ 1000円程度の費用がかかると言われています。 実際には、1000円もかかっていないケースも多いですが… もし、 数百円〜毎月1000円程度の電気代が気になるようであれば、生ごみ処理機を買わない方が良いでしょう。 なぜなら、電気代が気になって使わなくなってしまうケースも多いためです。 ちなみに乾燥式に比べ、 バイオ式や、ハイブリッド式は電気代が安いと言われています。 生ごみ処理機は助成金 補助金 が出るのでお得! 生ごみ処理機は助成金が出ます。 自治体によって金額や条件などは様々ですが、生ごみ処理機を購入すると、おおよそ2〜3万円程度が戻ってくるところが多いです。 購入前にぜひ「生ごみ処理機 自治体名」などで検索して事前に調べてみましょう。 まとめ ここまでの内容をまとめると、生ごみ処理機は選ぶ際には、下記のポイントを事前に確認した上で選びましょう。 ニオイ• お手入れの頻度• 動作音 おすすめはナクスルです。 スペックで選ぶなら、生ごみ処理機ナクスル NAXLU は自信を持っておすすめできます。 価格は高めですが、スペックで選ぶならナクスルを選びましょう。 購入: 「」「」.

次の

生ゴミ処理機のおすすめ人気比較ランキング15選【家庭用ハイブリット】

生ごみ処理機 選び方

生ごみ処理機を使ってみよう 更新日:2019年10月1日 みなさんは、「生ごみ処理容器 コンポスト、EM容器 」や「電気式生ごみ処理機」について、見聞きしたことはありますか? 松山市では、松山市内の家庭から排出される生ごみを減量・たい肥化するための生ごみ処理機の購入費を補助しています。 見たり聞いたりしたことはあるけれど、便利なものなのか、お金や手間はどのくらいかかるのか、よく分からないことも多いのではないでしょうか。 このページでは、補助金制度を利用された方へのインタビューや、処理機の利用方法、ポイントなどについて紹介します。 利用方法と利用者インタビュー マンションなどの集合住宅でも取り組める種類として、EM容器と電気式生ごみ処理機の利用方法やインタビューデータなどをまとめています。 ぜひ参考にしてください。 処理機の選び方 処理機を設置するスペースの有無や、たい肥を使うかどうかなど、 それぞれの生活スタイルに適した種類を選んでみましょう。 コンポスト 電気式のイメージ画像です。 乾燥式は室内設置型、バイオ式は屋外設置型• 時間のない方• 生ごみの臭いなどが嫌で、台所を常に清潔に保ちたい方• 家庭から出る可燃ごみを軽くしたい方• また、「生ごみの水切り」は、たい肥作りの面でも、電気式生ごみ処理機での処理時間の短縮の面でも、とても大切です。 可燃ごみで出す場合も、処理機を活用する場合も、生ごみの水切りを心がけましょう。 補助金制度の利用について 関連リンク 補助金制度を利用される方は、 事前申請が必要です。 下記リンク先で補助対象機種や手続き方法などをご確認ください。 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の

生ごみ処理機の選び方!買う前にチェックすべき3つのポイント

生ごみ処理機 選び方

このページでは、生ゴミ処理機マニアの筆者が、生ゴミ処理機の堆肥について、以下の流れで紹介したいと思います。 このページを読んでいただくことで、生ごみ処理機選びに役立つ情報が得られるでしょう。 まずはじめに、堆肥化までの時間や、堆肥の効果がどのくらいで出るのかについて、下記のポイントで紹介していきます。 乾燥式は堆肥化には熟成が必要• バイオ式・ハイブリッド式はすぐに使える 1-1. 乾燥式は堆肥化には熟成が必要! 乾燥式の生ごみ処理機は、温風を当てて処理するタイプと、熱を加えるタイプの2種類があります。 特に乾燥するタイプの生ゴミ処理機は、乾燥処理しているため、一度水分を含ませて、微生物で分解してからしか植物が利用できる栄養素にはなりません。 そのため、植物が栄養を吸収できるようになるまでには時間が必要です。 1-2. バイオ式・ハイブリッド式・コンポストはすぐに使える バイオ式やハイブリッド式の生ごみ処理機、コンポストで処理した後の処理物は、微生物で分解処理するため、植物が吸収しやすい状態になっています。 そのため、 そのまま土に埋めることで比較的すぐに堆肥としての効果を発揮します。 市販の堆肥は? 市販の肥料にも様々種類があり、どのくらい発酵の進んだ肥料なのかにもよりますが、市販の肥料に比べると、生ごみ処理機で作った堆肥は、すぐに堆肥としての効果を発揮します。 生ごみ処理機で堆肥を活用する際の2つの注意点 各生ごみ処理機の堆肥利用については、説明書を読まなければなりませんが、事前に調べるのはなかなか面倒ですよね。 生ごみ処理機を買った後に、失敗しないために生ごみ処理機で作った堆肥を活用する際の、注意点を紹介します。 動物に掘り起こされないように注意[特に乾燥式]• 作物やお花が枯れないように注意[バイオ式・ハイブリッド式] 動物に掘り起こされないように注意 乾燥式の生ごみ処理機でできた処理後の物は、水分が残ってしまうこともしばしばあります。 そのため、土に埋めていても 動物に掘り起こされ、散らかっててしまう場合があります。 そのため、動物の心配がある場合は必ずしっかりと処理してから土に埋めましょう。 作物やお花が枯れないように注意 生ごみ処理機には、同じ量の基材にずっと生ゴミを入れ続けるため、栄養価が非常に高い状態になります。 栄養分が多すぎるため、安全に苗や種を育てるためには、土と混ぜて薄めたり、熟成させる必要がありますので、買った生ごみ処理機の説明書をきちんと読んで正しく使いましょう。 人気の3つの生ごみ処理機の堆肥活用方法について徹底解説! 生ごみ処理機はいくつかありますが、特に人気だったり、主流の下記の3つの商品についてそれぞれの堆肥利用について紹介していきます。 ソフト乾燥モードで処理した場合• 1週間ねかせた方が良いとは書いてありますが、そのまますぐに使うこともできるようです。 一度熱を加えられて乾燥、あるいは炭化した状態ですので、そのまま使用できるといっても、微生物に分解され栄養素として植物が利用できるようになるには時間は必要だと思います。 標準モードで処理する場合は、水分を蒸発しきっているので、しっかりと時間を置いて、微生物に分解する必要があります。 具体的に下記の手順で使用できます。 パリパリになった処理後の生ゴミを細かく砕きます• 全体的によく混ぜます• 表層に土をかぶせます 1. パリパリになった処理後の生ゴミを細かく砕きます 引用: 処理後の生ゴミを貯めており、細かく砕き、土12Lに対して、約200mlの紙コップ8杯分の比率で用意します。 全体的によく混ぜます 引用: 週に1度空気を含ませるように土をかき混ぜます。 直接、熟成させた土に根や種が触れないように注意し、水をやって完了です。 ナクスルの処理後には、どのように堆肥に利用するのかについて紹介していきます。 ナクスルはすぐに堆肥としてすぐに使用でき、一般的な土と混ぜる必要がある生ごみ処理機です。 プランターに植えた花や作物に堆肥として与える場合• 花壇や畑に利用する場合• 苗や種などを植える栄養土として活用する場合 1. プランターに植えた花や作物に堆肥として与える場合 引用: プランターに植えた作物に堆肥として与える場合、一般の土と1:10の割合で混ぜます。 すでにある程度成長している植物に与える場合、根や茎の周りをさけ、土の上にまきます。 花壇や畑に利用する場合 引用: 花壇や畑に利用する場合、植物の周りの土を掘り起こし、ナクスルの処理物と一般の土を1:10で混ぜたものを掘り起こした部分に入れます。 その上に一般的な土をかぶせ水をかけます。 苗や種などを植える栄養土として活用する場合 引用: 苗や種などを植える場合は、およそ一般の土と1:20程度に薄め、2週間ほどねかせてから使用します。 引用: 自然にカエルの処理物を堆肥として使う場合は、一般の土と1:4の割合で薄めて使用します。 堆肥利用にもバッチリなおすすめの生ごみ処理機4選 生ゴミ処理機を便利に使って、堆肥を利用したい人におすすめの生ごみ処理機を4つ紹介します。 [ハイブリッド式]・・・すぐに堆肥利用できるが土を薄める必要がある• [乾燥式]・・・堆肥化までは時間がかかるがすぐにまくことができる• [乾燥式]・・・堆肥化までは時間がかかるがすぐにまくことができる• [コンポスト]・・・すぐに堆肥利用できるが土を薄める必要がある 生ごみ処理機の選び方から、おすすめまで詳しく知りたい人はこちら[]のページを参考にしてみてください ナクスル• 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 『』は、熱を加え、乾燥させながら微生物で分解するハイブリッド式と呼ばれるタイプの生ごみ処理機です。 価格は高めですが、 室内用でニオイも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 室外にも置くことができ、堆肥も作れるので、堆肥を活用したい人もこちらの商品を選ぶと良いでしょう。 乾燥式のものよりは一回りサイズが大きめなのがデメリットです。 実は同じ型の商品が、大人気だったのですが、一時販売を停止していたようで、最近リニューアルされたようです。 方式:乾燥式• サイズ:26. 電力:800W• 音:44db 『』は、熱を加えて生ゴミを炭のような状態にする生ごみ処理機です。 室内で使用することができます。 焦げ臭いような独特のニオイがする点がデメリットです。 炊飯器のように、生ゴミをセットして、量に応じてモードを選択して使用します。 「ニオイや音が気になる」という口コミはありますが、値段もそこそこなので、ニオイや音に敏感でない人は生ゴミリサイクラーを選ぶと良いでしょう。 さいごに ここまで生ごみ処理機の堆肥利用について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? どの生ゴミ処理機を使うかによって、堆肥利用の方法が違います。 生ごみ処理機を堆肥作りに利用したい方は、あらかじめチェックしておいてもよいかもしれませんね。 下記はおすすめの生ごみ処理機です。 [ハイブリッド式]・・・すぐに堆肥利用できるが土を薄める必要がある• [乾燥式]・・・堆肥化までは時間がかかるがすぐにまくことができる• [乾燥式]・・・堆肥化までは時間がかかるがすぐにまくことができる• [コンポスト]・・・すぐに堆肥利用できるが土を薄める必要がある あなたの生活が少しでも快適になることを心から願っています。

次の