爆砕 書き込み。 上田市雑談掲示板|爆サイ.com甲信越版

爆サイの書き込み削除と犯人を特定する方法|削除依頼の3つの注意点

爆砕 書き込み

攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

爆サイの書き込み者の特定について

爆砕 書き込み

書き込みを放置し続けると被害は続く SNSや掲示板、ブログなどで名誉毀損にあたる誹謗中傷や個人情報の公開などの嫌がらせ、著作権侵害など悪意のある行為を受けた場合には、犯人を特定したいと思うのは当然のこと。 匿名だからといって好き勝手なことばかりやられていては、たまりません。 個人的なうらみをはらすために、あるいはライバル会社の足を引っ張りたいなど理由は人それぞれでしょうが、決して許される行為ではないのです。 表現の自由の範疇を超えており、立派な犯罪にあたるケースも少なくありません。 しかし、放置し続けると被害は続きますので、何らかの対策をとる必要があります。 顔の見えない相手だからといって、泣き寝入りせずに、。 犯人を特定して謝罪を求めたり、損害賠償を請求したりすることを検討してもよいでしょう。 犯人を特定するためには、IPアドレスの調査が有効な手段となります。 IPアドレスの調査で何ができるのでしょうかと IPアドレスの調査では、匿名性の高いインターネット上で、誹謗中傷を書き込んでいる人物を特定することができます。 インターネット上の書き込みの特徴でもある高い匿名性がゆえ、過激な発言を繰り返す人も少なくありませんが、ネット上の誹謗中傷行為でも、内容によっては名誉毀損として刑事責任を問われたり、民法上の不法行為として損害賠償の対象となる場合もあるのです。 そうした被害者の権利を守るという主旨から近年制定されたプロバイダ責任制限法という規定が生まれ、ネット上の匿名での中傷者を特定できる可能性が高まっています。 プロバイダ責任制限法とは、ネット上で自由に表現できるようになったことで発生しやすくなった名誉毀損やプライバシー権侵害、著作権侵害などに対し、プロバイダやサイトの管理者に損害賠償責任を制限する法律です。 このような書き込みをされた場合、被害者はプロバイダに対して削除を依頼することができ、プロバイダは該当する情報を削除することができます。 さらに、誹謗中傷などをおこなった犯人を特定できるよう、被害者にはサイト管理者などに「発信者情報開示請求」をする権利が与えられているのです。 具体的には、プロバイダー(インターネットとパソコンをつなげるための業者)に対してIPアドレスといういわばウェブ上での住所のようなものを開示してもらえるよう請求を行い、書き込み者(IP)の特定を行う施策です。 サイト上に運営者の情報や連絡先が掲載されていない場合でも、発信者を特定することが可能です。 一般に裁判所または警察の開示命令があれば、プロバイダに対して接続ログの開示要求を出すことが可能であり、このプロバイダから開示された接続ログを元に、IPアドレスを割り出し、同時刻の使用者を追跡することで特定ができることがあるからです。 見えない敵であった悪評を立てている張本人を特定することで、継続される風評被害を沈静化させられるよう施策をご検討してみはいかがでしょうか。 また、今後の抑止力としても十分な効果が期待るのではないでしょうか。 個人特定までの具体的な方法 個人を特定するのにIPアドレスは非常に強力な武器です。 たとえば、SNSの情報からある程度個人を特定することも可能です。 学校、会社、友人関係からある程度は割り出すこともできますが、それは推測の域にすぎません。 100%個人特定したいならば、まず投稿者が書き込みを行った時間とIPアドレスを入手することをおすすめします。 すべてのインターネットユーザーは何らかのプロバイダと契約をし、IPアドレスを割り当ててもらってネットを利用しています。 もし、プロバイダがIPアドレスの開示に同意してくれれば、個人を特定することも不可能ではないのです。 しかし、プロバイダには個人情報を守る義務があるので、そう簡単に教えてもらえるものではありません。 プロバイダがIPアドレスの開示に応じるのは「自殺予告、犯罪予告、ストーカー」のいずれかに相当する投稿があった場合です。 そのような書き込みを発見したサイバー警察から連絡があれば、プロバイダは速やかにIPアドレスを知らせることになっています。 著作物を無断使用された等の著作権侵害があった場合にも、投稿者のIPアドレスは比較的容易に開示されます。 しかし、問題は名誉毀損系のトラブルです。 まずは該当ページをPDF化するなどして保存しておきましょう。 その上で、誹謗中傷が掲載されているサイトの「問い合わせフォーム」から「サイト上で名誉毀損した相手のIPアドレスを知りたい」と、依頼します。 あっさり教えてくれることもありますが、教えてもらえないケースもあるのは困ったものです。 すると、使用プロバイダを含めた各種情報が表示されます。 プロバイダ名がわかったら、問題となる書き込みの内容、IPアドレスなどを割り出すまではあと一歩です。 いずれにせよ、IPアドレスから個人情報をかきあつめるには、それなりの工夫と努力が必要です。 専門家におまかせすることをおすすめしたいと思います。 IPアドレスの調査ならIMソリューションにお任せ下さい! 専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。 ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。 よくあるご質問 記事が削除されている場合でもIPアドレスの取得は可能なのでしょうか? 記事が削除されている場合は書き込みの情報も全て消えているためIPアドレスの調査・取得はできません。 記事削除前の対策が必要です。 どのくらいの期間で調査や取得ができるのでしょうか? 調査期間は最低でも2週間はいただいております。 また必ずしも取得できるものではありません。 その点も含め一度お電話にて詳細をご説明させていただきます。 費用はおいくらぐいでしょうか? サイト内容や書き込みの記事内容よって難易度が変わってきますので、まずは一度サイト内容を確認させてください。 目安ですが1件の調査につき10万円~ご対応可能でございます。

次の

IPアドレスの調査と書き込み者(個人)の特定方法について

爆砕 書き込み

「爆サイで投稿者を特定する方法と注意点」を、爆サイ対策の専門家としてお教えいたします。 また「特定したい投稿者の 書き込みを削除する方法」も一緒にまとめています。 爆サイは、個人やお店・企業が実名で書かれていることが多く、誹謗中傷や悪口・陰口を言われ、困っている人がいるようです。 レピュ研では「実名とともに悪口を書かれて困っている」「ありもしない事実をお店の名前と一緒に書き込まれた!どうしよう」などといったご相談が増えたため、今回「 書き込んだ人物を特定するための具体的方法」について詳しくまとめました。 特定する方法を知っておきたい方や、 投稿者を特定するまでにどれくらい時間がかかるか知りたい方などは必見です。 一緒に解決していきましょう。 爆サイでの投稿者特定にはIPアドレスが必要 IPアドレスとは IPアドレスとは、ネット上の住所のことをさします。 インターネットを使っているすべての人にIPアドレスは割り振られています。 例えばあなたが、東京都渋谷区にある会社のパソコンから爆サイに書き込みをした場合、爆サイの運営者は「この人は東京都渋谷区から書き込みをしてきたんだな」と分かります。 爆サイ運営者は、書き込みした人を毎回調べたりはしませんが、書き込みの1つ1つにIPアドレスがあることによって「どこから書き込んできたか」 特定しようと思えばできるのです。 爆サイ上で投稿者のIPアドレスは分かるの? 爆サイで「投稿者を特定したい書き込み」を見つけたとき、爆サイ上でその投稿者のIPアドレスを 知る方法はありません。 爆サイの運営者によって、投稿者それぞれのIPアドレスは明らかにされていないためです。 ただ、爆サイの運営者は投稿者のIPアドレスを正確に管理しているため、 正しい投稿者特定の手順をふめば、情報を明らかにしてくれます。 爆サイで投稿者を特定をする手順 1人で解決する手順はあるの? 個人が「書き込んだ投稿者を教えてほしい」と爆サイに頼んでも、 いい回答はもらえないでしょう。 書き込み内容が誹謗中傷や名誉毀損だとしても難しいです。 レピュ研にいただくご相談で「投稿者のIPアドレスを教えてほしいと爆サイに頼んだが返事がない」「明らかに名誉毀損だから投稿者の情報を知りたい」などといったものがありますが、同様です。 爆サイは利用規約にて次のように述べているためです。 当社は個人情報保護法を遵守し、投稿ログ情報をはじめとする利用者の個人情報を原則として第三者へ提供致しません。 弁護士が投稿者を特定できる 「 爆サイで投稿者を特定する」ためには、プロバイダ責任制限法という法律にもとづいて、 弁護士が爆サイの運営者に、投稿者の情報開示請求をする方法がベストです。 弁護士であれば個人で情報開示のお願いをするのとは違い、法的手段をとるため、爆サイも対応せざるを得ない状況をつくりだせます。 爆サイでは、次の内容に当てはまる場合、投稿者の個人情報開示をすると述べています。 刑事訴訟法197条2項に基く捜査関係事項照会書に於いて、警察署や裁判所からログの開示請求があった場合 裁判所から特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合 弁護士の法的手段とは、裁判所を通しての手順になるため、投稿者の情報を開示請求する 手順としては有効的です。 爆サイの投稿者特定で弁護士に頼むときの3つの注意点 注意点1:弁護士の力量に差がある 弁護士に投稿者特定をお願いして、投稿者個人の名前まで特定するには時間がかかることがあります。 爆サイの運営者は投稿者のIPアドレスを知っているだけで、投稿者本人の詳しい情報は何も知りません。 弁護士はIPアドレスを知ったあと、IPアドレスを発行している会社(プロバイダー業者)に情報開示請求をおこない、訴訟を起こすなど、いろいろと手順をふまなければなりません。 投稿されている内容や弁護士の力量によりますが、 1年以上かかってしまうときもあります。 相談する弁護士の得意不得意分野をしっかりと知っておく必要があります。 特に、 ネットや掲示板問題に強い弁護士を選ぶと、爆サイや他の掲示板の問題を対策したことがある経験者なため、 悩みもスムーズに解決できるでしょう。 経由ルートによっては特定が難しいことも 注意点3:IPアドレスを非表示に設定している 投稿者は、第三者に特定されるのを防ぐために、 IPアドレスを非表示に設定していることがあります。 悪質な投稿者の場合、専用のソフトやシステムを使って身元がバレないように細工をした上で、爆サイに書き込みをしています。 これはあらゆる法的手段の方法を知る弁護士でも、特定がとても難しくなります。 爆サイに今も書き込まれているときは? 投稿者を特定しようと思っている最中にも、爆サイに誹謗中傷や悪口が書き込まれて悩んでいる人は少なくありません。 「また誹謗中傷や悪口が書き込まれるかも…」とお思いの方は、今 書き込まれている内容を一度削除してみるのも1つの手です。 爆サイでは、同じ人に書き込まれるリスクもありますが、誹謗中傷や悪口を面白がって便乗する 2次被害が起きるときもあるためです。 また、 投稿者が特定できても、書き込みは削除されず残ってしまいます。 爆サイの投稿者特定を考えている方でも、書き込みを削除する方法も合わせて知っておきましょう。 爆サイの書き込み削除に関する詳細はこちらの記事を参考にしてみてください!.

次の