東久留米 食事。 お食事|東京都東久留米市にある「女性と子供のための病院」、アルテミス ウイメンズ ホスピタル。産科、婦人科腹腔鏡手術、女性内科、女性専門外来

東久留米の赤酢寿司、和食、食事なら【鮨処茂平】

東久留米 食事

東久留米,清瀬にて、法事・法要での親族集まり会食。 皆で食事をしながら故人を偲びます。 ただ乳幼児がいる場合は、赤ちゃんが泣いたり騒いだり(授乳やオムツ替えも)、周囲が気になってしまいます。 また、親族に高齢な方や移動が大変(車椅子など)な場合など、レストランに行くより早めに家に帰る方が好ましいかもしれません。 シェフに家に来てもらう、出張シェフサービス「マイシェフ」 シェフが自宅に出張し、配膳から片付けまでするため、リビングでゆったり過ごせます。 法事の食事は、親族でゆったりしながらいただきたい。 自宅が落ち着けるのはわかるけど、ご馳走料理を準備する余裕もない。 そんな家族に利用されているのが、。 レストランに外食に行くのではなく、。 シェフが家に来て、4品のご馳走料理を自宅で提供してくれます。 しかも食事の準備から後片付けまでやってくれるのが嬉しい。

次の

落合川 (東京都)

東久留米 食事

忙しい暮らしの中、私たちは外食や出来合いの総菜に頼りがちです。 そのため、どうしても塩分や化学調味料を摂りすぎになっていないでしょうか。 塩分の摂りすぎは、むくみや過食の原因となり太り過ぎを招きます。 また、カルシウムの摂取を阻害することもあり、妊産婦の健康の大敵です。 化学調味料の摂りすぎもまた、過食の原因となりますし、食材本来のおいしさを見失うもとともなり、お子様の成長に大切な役割を果たす食育の妨げとなります。 私たちは、一日の塩分使用量を9gを目安にすること、化学調味料を最小限に抑えることの二つのルールを徹底して守っています。 もしも、当院のお食事を「薄味過ぎる」とお感じになるようでしたら、これまで塩分の摂りすぎだったとご理解ください。 当院で出産される皆様が、入院している間に、自然に食生活をリセットして、退院後の健康管理とお子様の食育に取り組むことを願っています。 (塩分の摂りすぎは、過食や肥満に加え、お酒の飲み過ぎの原因ともなり、生活習慣病のリスクを高めます。 これを機にご家族全員で減塩に取り組んでみてはいかがでしょうか。 ) 3. バランス良くシッカリ栄養を摂ってください 妊産婦にとって、食事を通じて十分な栄養をバランス良く摂ることは極めて大切です。 妊娠中は胎児の成長と母体の健康のために、そして、産後は母体の回復と赤ちゃんの健やかな成長のために、しっかりと栄養を摂ってください。 母乳は、お母さんの食べたものから作られ、赤ちゃんの健康に大きな影響をもたらすのです。 ところが、近年、妊娠中のダイエットのしすぎで低体重児が増えています。 また、間違った情報や迷信のために偏った食生活をして、妊娠・出産の大事な時期に必要な栄養をとれないでいる方もお見かけします。 和食は、私たち日本人が世界に誇ることができる健康的で優れた料理であることに間違いはありません。 しかし、無条件に和食が良いとするのは迷信にとらわれた考えです。 和食偏重の食事には二つの大きな欠点があります。 カルシウム不足と塩分の摂りすぎです。 妊娠・授乳期は、普段より多くのカルシウム摂取の必要があります。 母乳を通じて赤ちゃんにカルシウムが与えられますので、カルシウム不足は赤ちゃんの健やかな成長を妨げます。 また、塩分の摂りすぎは、上記2の項でご説明したように多くの害があります。 私たちは、和食の欠点を十分に認識した上で、様々な工夫を施し、和食メニューを積極的に提供しています。 そして、フレンチ、イタリアン、中華等、世界の優れた調理法を取り入れ、バラエティある食事を提供し、栄養バランスの維持に努めています。 「良薬は口に苦し」ということわざがありますが、こと食事に関しては当てはまりません。 おいしく食べることは、栄養のバランスの良い摂取と肥満の防止につながると言われています。 私たちは、「おいしい」ということをとても大切に考えています。 おいしいお料理であるための第一の条件は良い食材です。 安全であるだけでなく質の良い食材を厳選しています。 たとえば、お米は新潟県の契約農家から取り寄せ、当院の精米機で精米しています。 また、牛肉は安全でヘルシーでおいしいアメリカ産の上質なフィレ・ミニョンを取り寄せています。 真の「おいしい」を作り出す二番目の条件は、減塩・脱化学調味料です。 減塩・脱化学調味料は、いわゆる「早食い」を防ぎ、よく噛み、素材のデリケートな味を味わっていただくために役立ちます。 三番目にあげられるのがシェフの腕です。 私たちが提供しているお料理は、腕のよいシェフ達が調理を担当しています。 和食、フレンチ、中華と、それぞれが専門分野を持ちながら、同時にオールマイティの幅広い調理技術を発揮して、三度のお食事からおやつまで、バラエティあふれるメニューを提供しています。 出産のは、そんなシェフ達が、知恵をしぼり献立を考え、技術の粋をつくし、心をこめてご用意する自慢の一品です。 心ゆくまでご堪能ください。 「おいしい」の四番目に来るのが雰囲気です。 スタッフの接遇態度でお食事の雰囲気は大きく変わります。 せっかくのお料理もぞんざいな配膳をされたら台無しになってしまいます。 私たちの配膳スタッフは、教育係の指導の下で研修を重ね、患者様が気分良くお食事を召し上がることができるよう心を込めたサービスの提供に努めています。 お食事をする環境も大切です。 産後は4階のカフェテリアで召し上がっていただいています。 見晴らしの良い開放的な空間で、壁面いっぱいにとられた窓からは大きな富士山が望めます。 また、清掃には特に力を入れ、清潔な病棟の維持を心がけています。 病院の食事というと、おいしくない食事の代名詞のように言われることがよくあります。 実際、決まり通りの栄養計算だけして、味見もしないで食事を出している病院も多くあります。 私たちはそんな病院食のイメージを根本から変えるような、「どんなレストランにも負けないおいしい病院食」を目指しています。 お知らせ:4階カフェテリアでのセレブレーションディナーを再開しました 4階カフェテリア(屋上庭園を含む)でのセレブレーションディナーを再開しました。 新型コロナウイルス感染症防止のため、以下の内容で実施します。 ご希望の方には、パートナーとお子様に限り会食を再開します。 お食事は、カフェテリアに配膳します。 おひとりで召し上がる場合は、カフェテリアかお部屋への配膳をお選びいただけます。 カフェテリアの利用時間は、18:20~19:30です。 カフェテリアには、18:15にお越しください。 18:15より前にご家族が来院した場合は、1階でお待ちください。 面会制限中のため、赤ちゃんの面会や病棟への立ち寄りはできません。 ご不明な点は、スタッフにお問い合わせください。 産後は産後特別食を提供します。 正常分娩の場合は、出産当日まではお部屋で、翌日から4階カフェテリアでの食事になります。 帝王切開の場合は、3階病棟に移動するまではお部屋で、移動後は4階カフェテリアになります。 余分な塩分を加えないよう塩分を調節しています。 また産後に必要な栄養を十分に摂れるようカロリー計算しています。 食べ物の持ち込みは、栄養と衛生の管理に支障が生じるので禁止します。 産後3日目(帝王切開は産後5日目)にセレブレーションディナーを提供します。 産後は、「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」をバランスよく摂ることが理想です。 勿論、ビタミン・ミネラルも必要です。 色々な食品を満遍なく食べることで、過不足なく栄養素を摂取できます。 いくら産後に不可欠とされるような鉄と葉酸も、そればかりでは栄養が偏ってしまいます。 大切なことは、色々な食品を適量で食べることです。 エネルギー、栄養素は専門の栄養士に管理されていますので、安心してお召し上がりください。 『脂肪分が母乳に与える影響について』 産後のお母さんは、分娩で疲れた体を回復させ、更に母乳をあげなければなりません。 まずは、しっかり栄養のある食事を摂って休養することが第一です。 インターネットや雑誌で「脂肪分がおっぱいの詰まる原因になりやすい。 」とよく言われていますが、これは単に食べ過ぎで起きてしまうことがほとんどです。 産後1週間頃までは、母乳が生産されている途中です。 食べたもので、母乳分泌に影響を受けることはありません。 病院で用意しているお食事は、炭水化物、脂質、たんぱく質がバランスよく計算され、ビタミンやミネラル、食物繊維も十分含まれているので安心してお召し上がりいただけます。 ただ、持ち込みの食べ物は1日のカロリーを超えてしまうので、お控えくださいますようお願いします。 入院中は、素材にこだわった3時のおやつがあります。 糖分を上手に補給して脳をリラックスさせることは、ストレス解消に繋がり、母乳の分泌を良くします。 日々の疲れを癒すため、どうぞお楽しみいただければと思います。 『アルコールが母乳に与える影響について』 アルコールは、血液の流れにのって母乳に移行しますが、少量を嗜む程度でしたら、問題はないと言われています。 ご出産の記念に、セレブレーションディナーで「アルコール飲料」を提供していますが、次の授乳までに分解・排泄されますので、赤ちゃんに直接害を与えることはありません。 ご心配の方は、授乳後に飲まれることをお勧めします。

次の

お食事|東京都東久留米市にある「女性と子供のための病院」、アルテミス ウイメンズ ホスピタル。産科、婦人科腹腔鏡手術、女性内科、女性専門外来

東久留米 食事

新型コロナウイルスの影響で苦境が続く現状を乗り越えようと、東久留米の飲食店らが6月18日、クラウドファンディング「わたしたちの東久留米!飲食店『未来おうえん』プロジェクト」を始めた。 発起人でプロジェクト実行委員長の谷本安奈さんは、自身が生まれ育った東久留米市にデリカフェ「街のお台所 てんと点」(東本町)をオープンして2年目になる。 プロジェクトのきっかけについては「普段はやらないテークアウトにシフトするなど試行錯誤しながら、何とか店を守ろうとみんな踏ん張っている。 緊急事態宣言が解除され、給付金や家賃補助があっても、売り上げ減になった分を賄うには厳しい。 何かできることはないのだろうかと考えている中、他県で行われているクラウドファンディングを見て、これだと思った」と話す。 [広告] 支援プランは、店を指定して「未来おうえん券」と名付けた食事券を事前購入する「未来おうえん券コース」と、食事券なしで店を指定せずに参加飲食店全体を支援する「全額支援コース」の2つ。 未来おうえん券コースでは1口1,000円~5万円の支援を募り、リターンとして支援額と同額分の食事券に加え、参加店それぞれの特典を用意。 特典は1,000円ごとに設定され、使い切るとサービスが受けられる仕組み。 複数の店舗を指定して購入することもできる。 食事券なしの全額支援コースでは、1口3,000円~30万円の支援を募る。 SNSで支援者の紹介をするほか、5万円からの支援にはオリジナルグッズを進呈。 経費などを除いた残金は参加店で均等に分配し、店舗維持費などに使われる。 現在の参加店は「演劇ひろばcafe」(中央町1)、「Cafe JINDO」(東本町)、「くらしの雑貨とお昼ごはん ユメノキ」(前沢5)、「ダイニングバーOHANA」(本町2)、「呑喰屋おもて」(東本町)、「ベーカリーハウス・マイ」(上の原1)、「焼肉成」(新川町1)などの28店舗で、今後追加も予定する。 谷本さんは「飲食店だけ生き残れば良いとは思っていない。 飲食店が元気になることで、仕入れ先、物流、生産者とつながっていく光になれば。 食とコミュニティーの中心である飲食店の活気が、東久留米の未来の元気になると信じている」と前を向く。 目標金額は200万円。 支援期間は7月25日まで。

次の