オリュンポス 武蔵。 【FGO】第二部第五章『オリュンポス』の攻略ログ(2)【ネタバレ注意】|ミカイのキョウ

【FGO】第2部5章後半・星間都市山脈 オリュンポス【感想】

オリュンポス 武蔵

5 星間都市山脈 オリュンポス 神を撃ち落とす日」のネタバレが含まれます。 5 星間都市山脈 オリュンポス 神を撃ち落とす日」が幕を開けてから早1週間。 全能神ゼウスやキリシュタリア・ヴォーダイムとの激闘を越え、空想切除に至ったマスターも多くなってきた頃だと思います。 本記事では、そんな 第2部 第5章のCMに改めて注目!初公開時は何が何だか分からなかったシーンも、クリア後の今なら「こういうことだったのか!」と納得できるはずです。 気になったシーンを1つ1つ振り返っていきましょう。 ストーム・ボーダーと向かい合うのは真体ゼウス 暗雲を進むストーム・ボーダーと雷光でかたどった顔が向かい合うCM冒頭のシーン。 最初はオリュンポス突入時に起こったゼウスの襲撃を表していると思いましたが、実際は終盤も終盤、 ゼウス戦での一幕でした。 こんなに巨大で威厳を感じる顔は真体ゼウスしか思い浮かびませんし、ゼウス戦後に到着したストーム・ボーダーも「暗雲を突破してきた」と言っていますので、このシーンは ゼウス戦の裏で進んでいたストーム・ボーダーの状況とみて間違いないでしょう。 暗雲の向こうでは、今も主人公たちがゼウスと死闘を繰り広げているはずです。 主人公たちは神に頭を垂れる オリュンポス陣営と初めて対峙した市街地での一幕。 高所からの着地にも見えた姿勢の低さは、アフロディーテの権能で強制的に 「神へひれ伏す姿勢」を取らされていたためでした。 アフロディーテとデメテル オリュンポス陣営と対峙した際には、新サーヴァント2騎のシルエットも見られましたね。 結局のところ、サーヴァントではなく正真正銘の神様たる アフロディーテとデメテルがこの正体でした。 CMではシルエット抜きの姿に加え、彼女たちの真体も登場。 アフロディーテはシルエットとの合致から同一人物と分かりやすかったですが、デメテルは背後ユニットや武器が消えていたため分かりにくかったです。 CMでデメテルが浮かべていた切ない表情は、愛娘ペルセポネを思い浮かべてのものでしょう。 窓を伝う雨粒は、ペルセポネの死に狂ってまともに流せなくなった涙の代わりか。 キリシュタリアと並ぶのはやっぱりゼウス キリシュタリアと一緒に空想樹を眺めていたのは、大方の予想通り ゼウスでした。 異聞帯の王というラスボスに近いポジションでありながら、登場したのはオリュンポス突入直後。 声だけの登場でも、カルデアにスケールの違いを見せつけました。 一目で「これぞゼウス!」とわかるデザインでしたが、戦闘時はアフロディーテやデメテルと同じく真体が登場したため、このデザインでのバトルグラフィックはお預けに。 有名な神様ですので、プレイアブル実装に期待が高まります。 血に塗れたディオスクロイは過去の出来事か ディオスクロイが大量殺人を続けてきた話は語られましたが、劇中でこんな血みどろシーンは描かれていません。 カルデアがオリュンポスへ着いた頃には破神同盟がほぼ壊滅、オリュンピアマキアも終わっていたので、これは カルデア到着前のディオスクロイを映しているのでしょう。 マシュの新装備は神を貫く「ブラックバレル」 CMでも大きな注目を集めたマシュの新装備は、 概念武装「ブラックバレル」でした。 いかにも「最終決戦で用いられる切札」という見た目でしたが、物語序盤のデメテル戦から早速登場。 デメテル、アフロディーテ、ゼウスと、オリュンポスの主要神3柱を貫きました。 オリュンポスの双子 原住民と予想されていたこの双子ことマカリオスとアデーレは、物語序盤からカルデアを助けるために登場しました。 パツシィやアーシャと同じ「 原住民の中でも特にピックアップされるキャラクター」でしたが、その立ち位置は今までと別物。 自分たちが消えてしまうのを知りながらも、「昨日と違う明日が欲しい」という思いから終始カルデアに協力してくれました。 異聞帯脱出のために別れた後や最後の記憶媒体、クリア報酬の概念礼装など、プレイヤーの精神を抉ってくるのは相変わらずでしたね。 ヘファイストス工房での一幕 ディオスクロイVS宮本武蔵が戦闘を繰り広げているこのシーン。 背景からして ヘファイストス工房が舞台なのは一目瞭然です。 同工房を訪れた際に「ここでディオスクロイと戦闘か」と予想したマスターも多いはず。 手前には雄叫びを上げるカリギュラも映っていましたが、彼の活躍はアフロディーテ戦とゼウス戦がメインであり、ここでの出番は控えめでした。 CMで普段通りのバーサーク状態に見せていたのは、理性を保つ彼の登場に驚きを与えるためでしょう。 後に映るホームズの戦闘シーンも、背景にヘファイストスがいるため同じ場所です。 該当シーンにいたサーヴァントの服装から考えるに、相手はディオスクロイですかね。 それほどの強敵相手にホームズが笑みを浮かべているのも違和感ですが。 《茶っプリン》.

次の

【FGO】武蔵&ホームズ戦攻略|第12節『汝、星を紊す情動(Ⅳ)』

オリュンポス 武蔵

さっそくTVCMで出てきた新キャラたちのネタバレをご紹介します! 青銅製の巨人タロス タロスの下にいるのディオスクロイと誰でしょう — FGOまとめ速報 FateGrandOrder このシーンですが、敵であるゼウスの言葉でカルデア勢が重圧を感じて平伏したかのようになっていたということでした。 ちなみに奥に巨大ロボットに見えるのは青銅製の巨人タロスです。 ピックアップ2は、この謎サーヴァント二人とゼウスかな? — Okinax Okinax811 この奥の3人ですが… 女神デメテル 声を聞く限りデメテルの声優は久川綾さんかな…? — SSSS. — 甘党熊猫 5sZmBk4OomidJvz 中央が女神アフロディーテでした。 ゼウスの「雷霆」による攻撃はオリュンポス最強で、世界を一撃で熔解させ、全宇宙を焼き尽くす事が出来る。 飛行機械 カラス型 鳥型 のメカを飛ばしているところから考えると、このメカが神体に関する 異聞帯側の ものだとすると、苦し紛れに考えると旦那のアレスからステュムパリデスの鳥をもらったアフロディーテ、関係ないならヘラっぽい。 CMで出ていた7騎 エジソン、エルザ、二コラ・テスラ、、坂田金時、フランケンシュタイン、モードレッド源頼光 とは別に、 ランサーアルトリア・オルタの姿も確認できました すでに退去した後という事で、上記の8騎AIでの登場に留まりました。 ランサーアルトリア・オルタは一瞬しか出て来ませんでしたが、大好きな私としては嬉しかったですね笑 アデーレ&マカリオス で、オリュンポス一番良かったのはこの二人。 ディオスクロイの対比としてのキャラなのかなと 思ってたけどそれだけじゃなくて、 すごく良い位置のキャラだなあって。 マカリオスもアデーレも自分の考えがあるけど ある意味成長止められてるのが裏の意味で リアルに出てたりして神秘的だった。 — せりす celissciel 今回カルデア勢を助けてくれる現地民の双子。 敵の機神が自分の思うロボじゃなかったけど、金時とアレスはちゃんとしたロボだった。 最後の最後で最高の見せ場を見せてくれた武蔵ちゃん 今まで何度も助けてもらった彼女が、もう本当にいなくなったのかというのはまだ信じられませんね… プレイヤーの中には、第2部の最後まで武蔵ちゃんは生きて助けてくれると思ってた人も多いと思います。 今後、頼れる味方が1騎いなくなってどうなるのか、第2部第6章が今から待ち遠しいですね 【こちらもおすすめ】 さいごに FGOの第2部第5章 星間都市山脈オリュンポス-神を打ち落とす日をクリアしたので、TVCMで出ていたキャラクターたちについてネタバレ記事を書きました、 『FGOオリュンポスのネタバレまとめ!武蔵ちゃんがまさかの脱落?』 いかがだったでしょうか? 第2部第5章は前後編という事でストーリーが今まで以上に長く熱い展開でした。 第2部第6章の敵クリプター、ベリル・ガットの登場や、その契約サーヴァントと思しき ランサーアルトリアのロンゴミニアドによる攻撃等、こちらもとても熱い展開になることが予想されます。 次のストーリーについての配信は夏頃でしょうか? 今から楽しみでしょうがありません!また新情報が出るのを待ちましょう^^ それでは、今回は以上になります。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!.

次の

FGO2部5章オリュンポス感想②

オリュンポス 武蔵

タイトル的にもまずはデメテルが相手ですかね。 一方そのころ。 神託から開始。 まだシルエットのままなのかなと思いきや。 ついにゼウスの姿が!私がイメージしていた姿にかなり近い!厳かさとかも感じる絵ですね!! そしてゼウスの口からはデメテルへ カルデア討伐の命令が下されます。 デメテルはそれを受け、アルターエゴが介入しようとするもゼウスはそれを許さず。 もう1つはディオスクロイが疑問に思ったこと。 そうそれは。 ホームズぅ……。 この会話の中で色々とわかることもありますね。 例えば ゼウスは強すぎて力のコントロール出来てないんじゃね?というお話。 しかし、神で在ろうとしている機神かー。 ところ変わって、キリシュタリアとゼウス。 ほうほう。 ゼウスも倒してるんかい。 この二人の会話は色々と深いというか、むしろこの後の6・7の戦いのやばさを想像させる感じがねー。 まー、やらかしてるけど、愛されてる神でもあるからなぁ。 この二人の関係もまた、特別な感じがしていいですね。 アフロディーテとベリルの遭遇。 ってか、この組み合わせは危険だと思うのですよね。 ベリルの異聞帯さぁ 厄いわ。 ティル・ナ・ノーグ? それにしてもこの女神、口が軽すぎである。 話題に挙がったデメテルはというと、オリュンポスに真体で降臨。 「え?」 てか、これ、どちらかというとデビサバの敵のような。 大陸中を耕すデメテルの権能って超やばいわけで おまえかぁぁぁぁぁ、デメテルお前がやったんかぁぁぁぁl。 全滅の理由の一つに暗くなったところに人工知能再起動。 天才! ゼウスだけを倒すのではなく、すべての神を倒す作戦を考えていたとは。 マスター達も何もしていなかったわけではなく、アテナとアレスのクリロノミアの注入でパワーアップ。 準備は整えてきたわけです。 まぁ一発勝負なのはいつものことなので、サクッとやっちゃいますか! ……ホームズ、呪い効いてんねぇ。 ロビン戦法を思い出すからやめてクレメンス。 これではいかんと再度護衛を蹴散らすことに。 戦闘だけって感じですね。 直接ぶっ叩いて気がついてもらう形に。 ストーリー的には 倒せない、耐えられない。 だから、躱せ凌げと。 (やっべ、これは回避とか入れなきゃダメなやつだったかな) 回復量がエグい、200,000回復は騎ん時じゃないとだめじゃない!? うそやん、バフ付きの龍馬の宝具で0とか……。 4ターンで戦闘終了。 でも、これダメージが通るようになっても……。 目的のポイントに誘導するまでにこちらが耐えられるのは後2度だけ。 さらにいくらでも甦る兵が次々と押し寄せる危機的状況。 開始発狂。 というかこれは 繰り返してきた殺戮と再生が削っていた均衡がいよいよ壊れた形ですかね。 先行上陸組の戦闘も不可になっていたでしょうし、積み重ねだなぁ。 無差別に攻撃を開始したデメテル、それをカルデアのせいだと断定し攻めよる兵士を背後から倒す影。 ついに、援軍到着ですか! あーポセイドンの加護のおかげでデメテルの加護を相殺できると。 最初からこのためのキャスティングなんでしょうね。 さらにカイニスが中継器を持ってきてくれたおかげで、通信もできるように! これはだいぶ勝ち目が出てきたかな? 武蔵ちゃんとカイニスが固定。 敵は全部で5体、全てオリュンポス兵士。 マーリンとカイニス本人のバフだけでは兵士を倒しきれず。 時間は戻って半日前。 ことの経緯のお話。 危険だと判断はしていても、手札がないことに焦りを感じているのも確か。 これは 漢ゴッフですわ。 その後の交渉の流れも含めて。 ゴッフ所長は今までの所長にないもの持ってますな。 あー、根本の行動原理ってこれだったのかー。 漢ゴッフ、さらにアルテミス・クリロノミアまでゲット。 ゴッフさん、記事を書きながらじゃなかったら泣いていたかもしれん。 あと、カドック君はゴッフさんとお話すべきだったね。 そして現在。 砲撃も直撃し、デメテルとの決戦へいざ! サポートのカイニスをスタメンにして戦闘開始。 ブレイク時:全体強化解除&強化無効(3ターン・3回) ブレイク時: 混乱 毎ターンHP回復(10,000) ガッツ(1回、150,000) 何回かやり直したのですが、安定しないなぁ。 HPを割合で減らされるのがきつかったですね、チャージ貯まると来る奴。 ルーチンが機械的で決まった行動しかしないので、それを考慮して対策を組む感じ。 もしくは チャージ減などで行動を束縛するか。 てか、コンテニューするのが一番楽だと思います 真顔 出来ないならともかくできるのならすべき。 うーん、手持ちに左右されますね。 遊びたいとは思わないんですけどもぉ。 余りの再生力に絶句する一行、そこにカイニスの届け物が。 ついにきましたか。 天寿の概念を持つブラックバレル、格好いい。 あぁ、出しちゃダメなやつだけど、出したことが無くなるから出しちゃうのか。 流れが速すぎてスクショ撮るとかできませんでしたね。 色々と制限を掛けて、対機神に限定することで何とか使用可能にしているとかウケる。 そっかー、新しい霊衣とかではなかったかー。 デメテルもわかってはいたんですね。 最後まで子たる民のことを慮って逝った、私のイメージする女神様。 せめて安らかに。 さて、マスターは事前の説明通りに全身全霊+運命までかけての一撃だったので行動不能に。 生命活動までリソースに使うのはやばいですなー。 終了後マシュのスキル強化が。 元のシールダーを返してください 真顔 断章 BATTLEなし。 キリシュタリアの独白かな? キリシュタリアが今の考えに至るまでの話っぽい? うぬぼれから侮って刺客に後れを取る。 貴族が!と口にしていたカドック君、貴族にはこういうのあるんですよ! しかも、使われたのはご丁寧にファンにはおなじみのこれ カドック君が帰ってくると、庭園でのんきに寝ているキリシュタリアが。 カドキリてぇてぇ。 この人、実は面白い人なのでは? ここでの会話は今後の攻略に重要なファクターになりそうですね。 矛盾ではなく衝突 かー。 そしてキリシュタリアと異星の神の目的は矛盾も衝突もない完璧な世界と。 うーん、 ゼウスとの会話を考えると、これはフェイクも含まれてそうな気がします。 てか、そうなんですね、長い時の中でそうなったから、苛烈にならざるをえなかったのかー。 お久しぶりのコヤンスカヤさん。 はやくピックアップされろ! てか、この人が来て、アフロディーテのお話。 女のバトル勃発。 すげぇ情報さらっと流すなよ。 コヤンスカヤさん、ビーストに至る可能性があるのか!? ……あるとしたら7章が怖いなぁ。 しかしこの二人、侍らせたい(ぇ) ペペさんと話をさせることでより、アフロディーテが壊れている点が強調されますね。 お話が続きますね。 過去の回想で モーさんvsフラン、ゴールデンvs頼光という夢のマッチングが行われていた模様。 そうだよね、雷関連だから呼ばれてるんだよね。 過去の記録が重すぎる。 マスターが目覚めるとそこには武蔵ちゃんが! となると、さっきのはいつもの夢で見ちゃうやつかな? 起き上がってご飯~と、そこにはマシュとフォウ君が。 この時のマシュの表情がパッと明るくなるの超好き。 食事と同時に報告会ですが、マスターもマシュも、ダ・ヴィンチちゃんもボロボロ。 さらに顕在化していないだけでホームズも呪われていると。 訂正、すでに結構ヤバイ。 さて、七連英霊砲はすでに使えなくなったところで、次の手札はというと…… ええええええええええ!? 自動的に呼ばれる冠位は無理だというだけで、条件を揃えれば冠位って召喚できるもんなの!? やっぱロンドンじゃん! というわけで破神同盟がすでに設置した4つの他に、3つ設置することで冠位英霊の召還を行う。 ともかく召喚のための条件を整えるための作戦が開始です。 話は変わって、地下が手つかずの理由。 ポセイドンはあんな形で利用されていたので、海洋の権限をゼウスが持っていた。 しかし負けたハデスはというと、自決したから権限を奪われていないと。 まさか、 ハデスが松永バリのナレ爆してるとは思わんかった。 ゼウスの監視の話も興味深いです。 人間は人間という記号であって、個として認識はしていない。 しかし会話の内容などは情報として収集されているって感じでしょうか。 まずは行動の前にマカリオス達の忘れ物を取りに行くことに。 フォウ君の貴重な演技シーン。 街の子供 の姿の1万歳)と武蔵ちゃんの問答もありつつ二人の部屋へ。 めっちゃいい部屋、超未来的。 ここで霊体化を解いてホームズが合流、いったん食事をとることに。 色々と終わってからわかることも多そうだなぁ。 適度に挟んでいいのよ?AP的に考えて。 食事後にようやく忘れ物の話に。 忘れ物といっても物品ではなく…… まさかのカリおじwww 普通に話してるぅぅぅぅぅぅぅ!!? この時マスターとのシンクロ率100%間違いなし。 ここまでの感想 最後のカリギュラは本当に驚きました。 アルテミスが既に存在しないがゆえに、狂気に陥ることがないとかそういうこと!? デメテル戦以降は会話多いですねー。 この後ガッツリ戦わされるのでしょうか……先が気になります。 結構、FGOの世界観的な話までポロポロ出てきているので、考証組は歓喜してそう。 他の型月の世界観とどこまで共有するかはわかりませんが、細かく随所に色々と匂わせているのがニクい。 はー、続きやろ。

次の