寝 てる とき に 足 が つる。 妊婦の足がつる!こむら返りが妊娠中に起こりやすい原因と対処法は?

足がつる・こむら返りの治し方、5つの対処法と予防法

寝 てる とき に 足 が つる

もう1人の人が痺れを書いていますので冷え症の改善を書きますが冷えを治すと痺れも泊まる可能性が有ります。 痺れの事は自分の所でも説明していますので其方も参考にして下さい。 冷え性の改善何にでも影響が出る病気ですので調べた事を貼り付けますので参考にして下さい。 冷え性や低体温の解消には適度に体を動かして、血液の循環を良くして、体の中から熱を発生させることも大切です。 紅茶に生姜を入れて黒砂糖を入れて1日に4. 5杯飲むこの黒砂糖は抜かないで下さい。 肥満の予防効果も出ます。 体温が一度低いのは体の代謝(燃焼効率)が12%下がります。 筋肉の運動が12%下がると言うのは脂肪が12%アップすると言う事です。 体全体の筋肉の運動量が落ちるので全てマイナスに作用します。 免疫力も体温が一度下がると30%落ちるそうですので万病の元と言われています。

次の

就寝中に足がつる!ふくろはぎに何が!?足りない栄養は?管理栄養士が考えた|管理栄養士しばづけの徒然なるままに

寝 てる とき に 足 が つる

足がつる こむら返り 症状 激しい運動をしたときや、久しぶりに運動したりすると足がつることがあります。 足がつるとは、筋肉に痙攣が起きることです。 とくにふくらはぎの筋肉が痙攣することを「こむら返り」といいます。 一方、寝ているとき、とくに明け方に足がつって痛さで目が覚めるケースがあります。 たまに発症する方もいれば、何日か続いて痛さに悩まされる方もいます。 寝ているときに足をつる場合には、下肢静脈瘤を疑ってみましょう。 下肢静脈瘤はとくに女性に多く見られます。 血液の逆流を防止している静脈弁が壊れることで逆流や蛇行が起きたり、血流が滞ったりして(これをうっ滞といいます)、血管が腫れて拡張したりコブができます。 下肢静脈瘤では初期症状として夜中に足がつる(こむら返りが起こる)という症状がよく見られます。 その他、以下のような症状が見られます。 足の血管が浮き出て見える• 網目状・クモの巣状の血管が透けて見える• 色素沈着で足の皮膚が黒っぽく見える 下肢静脈瘤は皮膚表面にボコボコと浮いて出てくるのが特徴的な症状です。 このような症状が見られる方は下肢静脈瘤が原因で夜中に足がつるのかもしれません。 足がつる こむら返り 原因 そもそも足がつるのはなぜでしょう。 足がつるメカニズムはさまざま考えられていますが、おもな原因は肉体的疲労と栄養不足です。 運動や労働による肉体の疲労、発汗や水分補給の不足による脱水、ミネラルなどの電解質の不足、冷えなどの要因が重なって起こると考えられています。 また、普段使わない筋肉を使ったり、筋肉に急に力をかけたりするなども要因となります。 電解質バランスの崩れ 水分の補給が足りていなかったり、バランスのいい食事ができていなかったりすると、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムなど体内の電解質のバランスが崩れて、足がつる原因となるといわれています。 電解質は筋肉の収縮や神経の伝達、細胞の浸透圧の調整など、筋肉や細胞の機能に大きく関わっています。 日頃からバランスのいい食事を摂ることで体内のミネラル(電解質)のバランスは維持されます。 偏食や無理なダイエットによって栄養が偏ることで体内の電解質バランスが崩れて、足がつる原因になったりします。 下肢静脈瘤にもいくつかのタイプがありますが、クモの巣静脈瘤、陰部静脈瘤の比較的軽度な場合にはこの硬化療法が適しています。 太い静脈の場合や、静脈瘤が大きい場合はこの方法は向いていません。 脱水 急に冷えたり、大量の発汗によって体温が下がったり、脱水症状を起こしているような場合にもミネラルバランスが崩れることがあります。 水分が不足がちになるため筋肉が十分な代謝を行えなくなり、神経が異常な興奮状態になって痙攣が起こるリスクが高まります。 血流不足 血流不足が足をつる原因となることがあります。 その血液不足の原因病が下肢静脈瘤です。 この病気が足つり(ふくらはぎのこむら返り)を引き起こす詳しいメカニズムはわかっていませんが、血流が逆流したりうっ滞したりすることで電解質に異常を来してふくらはぎの筋肉の異常収縮を起こしているのではないかと考えられています。 足がつる こむら返り 治療法 下肢静脈瘤が原因のこむら返りは、下肢静脈瘤の治療を行えば改善できます。 ただ、下肢静脈瘤を改善させる内服薬・注射薬はありません。 おもな治療法は保存的治療と手術になります。 保存的療法 保存的治療では医療用の弾性ストッキングを着用して足を圧迫し、血流をサポートします。 弾性ストッキングは足首周辺でもっとも圧力が高く、上部に行くと段階的に圧力が下がるように設計されています。 足全体が圧迫されることで静脈が縮まって逆流などを起こしにくくなり、血液の循環が確保されます。 下肢静脈瘤の根本治療にはなりませんが、ある程度の症状の軽減は見込めます。 1足5,000円〜1万円程度ですが、健康保険は適用されません。 弾性ストッキングははくだけなのでとても手軽ですが、同時に生活習慣を改善してバランスのいい食事を心がけたり、適度な運動を行ったりすることも必要です。 できるだけ長時間の立ち仕事を避けたりこまめに動いたりするようにしましょう。 就寝時には足を心臓より高く保つなどの工夫も効果的です。 手術治療 下肢静脈瘤治療は機能不全を起こしている静脈を抜去したり塞いだりすることで、血流の逆流や蛇行、滞りを解消することです。 下肢静脈瘤を引き起こすのは足の筋肉の外側、皮膚に近いところを走っている静脈です。 深部には太い静脈があって足の血流を支えていますので、表面の血管の一部を取り去ってしまっても深部の静脈や他の血管が補い合って血流を確保しますので悪影響はありません。 ストリッピング手術 下肢静脈瘤治療の代表的な手術はストリッピング手術です。 膝の裏や足の付け根部分を小さく切開して、機能不全が起こっている血管にストリッパというワイヤーを挿入し、ワイヤーとともに血管を抜去します。 再発のリスクが低く、長く下肢静脈瘤の主流手術として行われてきました。 ただ、手術後に痛みを感じたり、内出血を起こしたり、場合によっては神経損傷を伴うことがあったため、患者さんの負担は小さくありません。 最近は検査技術の進歩によって機能不全を起こしている部分を特定することができるようになり、障害のある部分だけ抜去する技術も開発されているため、患者さんの負担も軽減され、日帰りで行うことも可能になってきました。 高位結紮(けっさつ)術 足の付け根の静脈弁が壊れて血液が逆流する症状が出ている場合、足の付け根で血管をしばって切り離し、逆流を止める手術です。 数年経って再発することが多く、最近ではあまり行われていません。 硬化療法 細い静脈の下肢静脈瘤では網目状・クモの巣状に血管が透けて見えることがあります。 とくに悪化することもなく放置しておいても問題はありませんが、審美的に気になる場合には皮膚表面にレーザーを照射してこれを消すことができます。 まとめ 下肢静脈瘤は放置しておいても生命に関わる重篤な症状につながることはありません。 しかし、夜中に足がつって目が覚めてしまうために寝不足になるなど、日常生活への支障がまったくないわけではありません。 進行すると血栓性静脈炎や、皮膚の壊死、潰瘍につながることもあります。 また、ふくらはぎなどに血管が浮いて見えたり、赤紫のクモの巣状や、青い網目状に血管が透けて見えたりするなど、審美的に悩みの元になることも多いようです。 下肢静脈瘤は自然に治ることはありません。 少しでも気になったら、重症化する前に専門医を受診して適切な治療を受けましょう。

次の

寝てる時に足がつる理由は? 医師が解説

寝 てる とき に 足 が つる

寝ている時、足がつって激痛で飛び起きた!そんな経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?夜中に何度も足がつってしまうために睡眠不足になってしまうことも・・・。 特に高齢の方は足がつりやすいといわれています。 今回は、足がつる原因とその対処法、予防法をご紹介いたします。 なぜ足がつるのか 私達が普段身体を動かす時、脳が命令を出して筋肉を収縮させています。 しかし、なんらかの原因で 脳が命令を出していないのに筋肉が異常に収縮・痙攣し、足がつってしまうのです。 異常な収縮・痙攣は、激しい運動をした後、疲れている時、立ち仕事の後、就寝中に起こりやすいとされています。• つりやすい場所 足の裏や指、背中がつることもありますが、一番多いのはふくらはぎと言われています。 ふくらはぎがつることを、ふくらはぎの辺りのふくらみを指す 「こむら」から「こむらがえり」と呼びます。 筋肉の疲労 通常運動をした後は、脳から筋肉を緩める命令が送られます。 しかし、激しい運動などで筋肉が疲労していると、エネルギーの補給が間に合わず、足のつりを起こします。 ミネラルの不足 カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなど血液中のミネラルは、神経や筋肉の動きを調節しています。 このミネラルが不足すると、筋肉の痙攣が起こるのではないかと言われています。 汗をかくなど、 日常生活の些細な出来事でミネラルは体外に出てしまいます。 体内にミネラルは僅かしか蓄えておくことが出来ないため、こまめに補給しないと足のつりを起こします。 水分不足 水分が不足すると血液がドロドロになり 流れが悪くなります。 血流が悪くなると、筋肉が硬くなり足がつりやすい状態になります。 その為、水分が不足しがちな夏に足がつりやすいのです。 冷え 身体が冷えると筋肉が緊張状態になり、急な動きに対応できず、足がつってしまいます。 また、冷えによって血流が悪くなることも、足がつる原因になります。 寝ている時に足がつりやすいのは、汗をかいてミネラルが不足し、水分が不足して血流が悪くなり、寝ている間は足を動かさないため筋肉が硬くなったところに、寝返りなどで急に筋肉を動かすという条件が重なるためです。 高齢になると、つりやすくなる理由 多くの方が「歳をとってからよく足がつるようになった」と口にされています。 これは、高齢になるにつれて身体が「足がつりやすい状態」に陥りやすくなるからと言われています。 筋肉量の減少 高齢になると運動量が減り、筋肉が衰えてしまします。 筋肉が衰えると、 筋肉の血液を送り出すポンプとしての機能が低下してしまうため、血液の流れが悪くなり、血液から各細胞への栄養・ミネラル補給が上手くいかなくなります。 その結果、日常生活でも疲れやすく疲労が蓄積されやすくなります。 水分不足になりやすい 水分を蓄える筋肉が減ってしまう、食事の量が減るため食べ物からの水分摂取量が減るなどが原因で、 高齢になると水分が不足しがちになってしまいます。 また、喉の渇きを感じにくくなるため水分を摂取するのが遅れがちになります。 薬によるミネラルバランスの変化 持病をもっていて薬を飲まなければならない場合、その薬によってミネラルバランスが崩れ、それが原因で足のつりが起こることもあります。 また、高血圧の薬など副作用として足がつる場合があります。 いずれにせよ、あまりにも足がつる場合は主治医に相談することをおススメします。 足がつってしまったときは?(対策) 足がつったときは、痙攣している筋肉を伸ばしてあげる必要があります。 仰向けで寝ている時、ふくらはぎがつってしまったら足先をつかんで 足の裏が上に向くようにゆっくりと引くことで筋肉を伸ばすことができます。 この時、急に行うと筋肉がびっくりしてしまい最悪肉離れを起こしてしまいます。 早く痛みを楽にするために、急いで筋肉を伸ばしたくなりますが 必ずゆっくりおこなって下さい。 また、優しくマッサージすることも効果的です。 力を入れてマッサージするのではなく、 さする程度の力で下から上へリンパを流すようにゆっくり優しくマッサージしてください。 つることで疑われる病気 病気が原因で足がつる場合もあります。 例えば、 糖尿病・腎疾患・椎間板ヘルニア・動脈硬化・脳梗塞があげられます。 これらの病気の場合、足がつる症状以外に 手足の痺れや、むくみ、言葉のもつれ、歩行障がいなどのそれぞれの病気の特徴的な症状が重なってみられます。 水分もしっかりとって、適度に運動しているはずなのに 頻繁に足がつるという方は、一度診察を受けるようにしましょう。 つらない為の予防策 バランスの良い食事を心がける カルシウムやマグネシウム、ビタミンB1が不足すると足がつりやすくなると言われています。 カルシウムは乳製品や小魚、マグネシウムは大豆製品や海草やゴマ、ビタミンB1は豚肉や玄米などに多く含まれています。 ミネラルの不足は、足がつるだけでなく様々な体調不良を引き起こしたり、骨粗しょう症を引き起こすことに繋がったりします。 日ごろからバランスの良い食事を心がけましょう。 水分をしっかりとる 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給をするようにしましょう。 特に寝ている時は、水分不足に陥りやすくなります。 夜中にトイレに行きたくない為、寝る前の水分補給を控える方は多いのではないのでしょうか?しかし、寝ている間も汗をかき、どんどん体内の水分量は減っていきます。 寝る前に、 コップ半分~1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。 身体を冷やさない 冬場は特に、寒さによる冷えで筋肉が収縮し、つりやすくなってしまいます。 シャワーではなくお風呂にしっかり浸かり身体を芯から温めるようにしましょう。 また、寝ている間に身体が冷えてくるので足元を暖かくしておきましょう。 適度に身体を動かす 筋肉量の減少を防ぐ為にも、無理のない程度に身体を動かしましょう。 次の日に疲れが残らない程度のウォーキングやストレッチがおススメです。 ストレッチをして身体を柔らかくすることで、血行促進につながり足がつりにくい身体になります。 夜、軽くストレッチすることを習慣にすると良いでしょう。 また、マッサージも筋肉を柔らかくし、血行を良くします。 高齢の方は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームやオイルなどを塗ってマッサージをすることで、保湿もできます。 予防をしていても、慢性的に足のつりが続くようでしたら必ず診察を受けるようにしましょう。

次の