蜜蜂 と 遠雷。 映画『蜜蜂と遠雷』松坂桃李&松岡茉優で恩田陸の小説を映画化、若きピアニスト4人の挑戦

蜜蜂と遠雷のあらすじと読み方は曲を聞くこと!本屋大賞&直木賞受賞!

蜜蜂 と 遠雷

解説 直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。 ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4人のピアニストたち。 母の死をきっかけにピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜は、7年の時を経て再びコンクールへの出場を決意する。 音大出身だが現在は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石は、家族の応援を背に最後の挑戦に臨む。 名門ジュリアード音楽院在籍中で完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトールは、優勝候補として注目されている。 そして、パリで行われたオーディションに突如現れた謎の少年・風間塵は、先ごろ亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っており、そのすさまじい演奏で見る者すべてを圧倒していく。 熱い戦いの中で互いに刺激しあい、それぞれ葛藤しながらも成長していく4人だったが……。 松岡が亜夜を演じるほか、松坂桃李が明石、森崎がマサルに扮し、映画初出演の新星・鈴鹿央士が塵に抜てきされた。 監督・脚本は「愚行録」の石川慶。 2019年製作/119分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト.

次の

蜜蜂と遠雷 : 作品情報

蜜蜂 と 遠雷

史上初の快挙となる直木賞と本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸原作小説『蜜蜂と遠雷』が、松岡茉優主演で映画化。 映画『蜜蜂と遠雷』として2019年10月4日 金 に全国公開する。 原作は"映像化不可能"と言われた恩田陸の小説 原作は、史上初の快挙となる直木賞 第156回 、本屋大賞 2017年 の"W受賞"となった恩田陸の「蜜蜂と遠雷」。 国際ピアノコンクールを舞台に、亜夜、明石、マサル、塵 じん という世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描いた物語だ。 4人のメインキャラクター 元天才少女・亜夜 松岡茉優 主人公はピアノの元天才少女・亜夜。 彼女が演じるのは、かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、ピアニストになることから長らく逃げてきた。 7年前の突然の失踪から再起を目指し、コンクールにチャレンジする。 亜夜を演じるのは松岡茉優。 2017年公開の『』で日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞受賞、是枝裕和の『』にも出演していた。 高島明石 松坂桃李 明石は、社会人で妻子を持ち。 それでも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーする。 演じるのは『』などの話題作に出演する松坂桃李。 マサル 森崎ウィン 音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル役に森崎ウィン。 人気と実力を兼ね備えており、コンクールの優勝大本命と言われる。 演じるのは、『メンズノンノ』モデルとして活動し、ドラマ「なつぞら」や映画『』にも出演する、新人俳優の鈴鹿央士。 鈴鹿は『蜜蜂と遠雷』が銀幕デビュー作となる。 コンテスタントたちの課題曲として物語を彩るのは、オリジナル楽曲<春と修羅>。 公開された特別映像には、4人のメインキャラクター達が、それぞれの想いを抱えながら、凛とした姿でピアノを演奏する姿が映し出されている。 その他キャラクター 高島満智子 臼田あさ美 明石 松坂桃李 の妻として、夫のコンクール挑戦を献身的に支える女性。 ジェニファ・チャン 福島リラ 福島リラは、マサル 森崎ウィン と同じ音楽院に在籍。 マサルにアドバイスを贈りながらも自身もコンクールに参加する。 演じるのはトップモデルとして活躍したのに女優としても活動する福島リラ。 『』などに出演。 小野寺昌幸 鹿賀丈史 小野寺昌幸は、世界的指揮者。 コンクールの最終選考でオーケストラの指揮を執り、亜夜らピアニストたちを叱咤。 演じるのは鹿賀丈史。 仁科雅美 ブルゾンちえみ 松坂桃 李が演じる高島明石の同級生で、明石の国際コンクールへの挑戦を密着しているジャーナリスト。 原作を手がけた作家・恩田陸にインタビュー 映画の原作となる小説『蜜蜂と遠雷』を書いた作家・恩田陸にインタビュー。 自ら実際のピアノコンクールに出向き、取材した上で完成させたという『蜜蜂と遠雷』。 臨場感あふれるコンクールの空気感を構築するにあたり、どのようなプロセスを踏んだのか、また、映像化された物語についてどのような感想を持ったのか、話を聞いた。 また、もあわせてチェックしてほしい。 恩田:いや、もうよく撮っていただきました 笑。 私、絶対に没になると思っていたんですよ。 映画化は難しいと思っていた、ということでしょうか。 恩田:はい。 もう全部が難しいと思っていました。 だから、最初映画化のお話を頂いた時は「ああ、無理だからきっと没になるのだろうな……」と。 でも、本気で映像化してくださったので驚きましたね。

次の

蜜蜂と遠雷

蜜蜂 と 遠雷

もくじ• 映画「蜜蜂と遠雷」のあらすじ 原作の小説は、構想から5年がかりで、音楽コンクールを実際に取材して書かれています。 わけありのピアニスト3人がコンクールで出会う 舞台は、3年ごとに行われている芳ヶ江国際ピアノコンクールで、優勝者が後に世界的なコンクールで優勝してから、ピアニストの登竜門と言われて有名になったコンクールです。 コンクールは、一次審査から、二次審査で6人に絞られて、順位を決める本選を行います。 主人公の栄伝亜夜(えいでんあや20才・松岡茉優)は、子供の頃、天才と言われたピアニストでしたが、母親が亡くなってからピアノが弾けなくなって、7年のブランクがあり、最後のコンクールと考えていました。 コンクールで再会したマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(19才・森脇ウィン)は、アメリカの音楽学校に通う亜夜の幼なじみです。 マサル(まーくん)が日本に滞在していた時に、亜夜(あーちゃん)の母親にピアノを習っていて、天才の亜夜の背中を追いかけて上達していました。 高島明石(たかしま あかし28才・松坂桃李)は、妻と息子と暮らす会社員で、ピアノの営業をしながら、ピアノの練習をしています。 風間塵に出会って化学変化 そんな中、今年亡くなった伝説的な音楽家ホフマン氏の推薦状で、コンクールに参加することになった少年が現れます。 風間塵(16才・鈴鹿央士)は、養蜂業をしている父親とフランスに行った時に、ホフマン氏にピアノの才能を認められました。 しかし、ピアノを持っておらず、木でできた音の出ない鍵盤で想像しながら練習をしています。 ピアノが大好きだけれど、過去やしがらみに囚われていて苦しんでいる3人が風間塵に出会って変わります。 4人が出会ったことで、化学変化が起きる! 3人はどう変わっていくのか、コンクールの優勝者は誰か! スポンサーリンク 映画「蜜蜂と遠雷」結末をネタバレ コンクールの一次審査を通った4人! 過去やしがらみに囚われていて苦しんでいる3人が、風間塵に出会って化学変化が起きます。 その通りに完璧な演奏していましたが、亜夜(松岡茉優)と再会して変わります。 子供の頃の天才的な亜夜の即興に憧れていたことを思い出して、楽しくピアノを弾いていた初心を取り戻しました。 自分流を取り入れ、生き生きとピアノを弾くようになりました。 しかし、コンクールの年齢制限が迫っていて、最後のコンクールになると焦っていました。 家で練習していても妻(臼田あさ美)に音が重いと言われて、落ち込んでました。 そして、二次審査に落ちてしまいます。 3人の天才と触れ合って、別世界な次元にいることを思い知らされて、自分の道を行くことを決めます。 亜夜の過去のしがらみ 栄伝亜夜(松岡茉優)は、子供の頃に天才と言われて、誰もが知っている有名なピアニストでした。 一緒にピアノを弾いていた母親が亡くなってから、手が震えてピアノが弾けなくなっていました。 母親が亡くなった後、すぐに行われたコンクールでは、オーケストラとピアノを弾くはずでしたが、手が動かず逃げ出しました。 そのことがトラウマになっていて、離れ無い! ピアノは弾けるようになりましたが、ピアノを弾くことが楽しくなくなっていて、コンクールでダメだったら、ピアノをやめようと思っていました。 そんな時、風間塵が亜夜に「ピアノを弾いた後、迷っているように見える」と言って、一緒にピアノを弾きます。 弾くピアノを誰も聞いてくれなくてもピアノを弾き続けるくらい、ピアノが好きと語り、亜夜もそのはずだと言われて心を打たれました。 無邪気に自由にピアノを弾く塵を見て、ピアノが好きだった頃を思い出しました! 4人が海に行くと、塵が「何か聴こえる」遠くで雷がなっていました。 風間塵は、伝説的な音楽家ホフマン氏がコンクールに送り込んだ「劇薬で、音楽人を試すギフトか災厄」と言われていましたが、ギフトでした! もう一つ、塵はホフマン氏と 「音を外へ連れ出す」と約束をしていていましたが、自分ではその意味がわからずにいました。 亜夜はコンクールの本選の練習で、オーケストラとピアノ協奏曲を弾く時に、子供の頃のピアノが弾けなかったコンクールを思い出してしまい苦しんでいました。 本選から逃げようとした時に、音楽を自然から音を取り入れていた時の子供の頃の記憶がよみがえり、塵の演奏を聞いて、逆に奏でる音を自然に還していると思いました。 そのことで、亜夜はコンクールに出場する決心をして、楽しくピアノを弾くことができました。 スポンサーリンク 蜜蜂と遠雷のタイトルの意味が深かった 主役は亜夜ですが、タイトルの「蜜蜂」は、養蜂業で蜜蜂王子と呼ばれている風間塵のことです。 そして、4人が海に行った時に鳴り響いていた遠雷から、塵がホフマン氏と約束していた 「音を外へ連れ出す」ことに亜夜が気づいた。 何の説明もなしに映像で表現するのは難しい所です。 私は原作のネタバレを読んでいたので、何となくわかりましたが、難しい! 結果、全員がトラウマから解放されて、ピアノの楽しさを再確認して、自分の道に行ったことが予想されます。 ラストは、コンクールの順位が字幕で表示されて、すぐにエンドロールになった斬新さでした! 風間塵役にオーディションで抜擢されたあります。

次の