お年玉 あげない。 わが子へのお年玉あげる?あげない?金額はいくらぐらい?

お年玉をあげたくないしあげない当然の理由とは?あげる範囲や年齢に絶対はない

お年玉 あげない

お年玉は何歳から渡す? 甥や姪が生まれて渡さなくちゃいけないけど稼ぎもそんなにないし、 出来れば渡したくないな…など 理由は様々でしょうが、何歳から渡そうか迷われる方がたくさんいることでしょう。 一般的に自分の子供にお年玉をあげる年齢は 5歳からと言われており、 甥や姪に渡す年齢は 0歳又は5歳からと二つに意見が分かれる傾向にあります。 2つに分かれる要因として前者は甥や姪が生まれた喜びから お祝いの気持ちもあってのことだと思います。 ですのでお年玉を渡す相手に自我が芽生えてきて、 お年玉が欲しそうな雰囲気が出てきたらあげるくらいでも問題はないでしょう。 ただそれまで何もあげないのは可哀想だと思う方は子供が遊べそうな玩具やお菓子、 親が喜ぶベビー用品などで代替えするのも一つの方法です。 お金ではなく物で渡すと、もらう側も受け取りやすいですしね。 お年玉いくら渡す? 次に気になるのが金額ですよね。 住信SBIネット銀行株式会社が行った~お年玉に関する意識調査2019~によると 小学生未満 … 1000円以下 小学校低学年… ~3000円 小学校高学年… ~5000円 中学校 … ~5000円 又は ~10000円 高校・大学生… ~10000円 と大体この位の年齢には、この位の金額を渡そうと考えている方が多いようです。 この数字をもとに考えると5歳ごろからあげはじめるとして 1年ごとに500円ずつ位増やしていくのが丁度良いのではと考えます。 もちろんこれは相場であって、お年玉の金額は気持ちですので自分の お財布と相談しながら金額を決めましょう! お年玉何歳まであげたらいいの? 中学生になったタイミングでお年玉をあげることを止めようと考える方が多いようです。 しかし年の離れたご兄弟がいる場合や親戚の集まりの際に 兄弟姉妹のような年の差の親戚がいた場合などのことを考えると 中々現実的ではないような感じがします。 スポンサーリンク 中学生や高校生の年頃の子たちの気持ちを考えると何かと 出費のかかる時期だと思います。 せめて バイトが出来る年齢や環境になるまでは、 あげることを考えてあげても良いのではないでしょうか。 お年玉をあげる際のマナーってあるの? 冒頭でも触れましたがピン札が良いのかどうかに関して 特に決まりはありません。 もしあなたが新年を新しい気持ちで迎えてほしいから、お札もピン札で渡そうとか、 ピン札で渡さないと格好が悪いからなどを考えない限りは こだわる必要はないでしょう。 ただし人に渡すものなので、ある程度は綺麗なものが良いとは思いますが…笑 もしピン札を用意したい場合は『銀行窓口』で両替やピン札での引き出しをすることで手に入れることができます。 最近では銀行内にピン札に両替するためのATMも用意されている場所もあるみたいですが探すのが手間になるかもしれません。 次にポチ袋にお札を入れる場合ですが 三つ折りでいれましょう。 四つ折りは死を連想させるので縁起が悪いとされているため控えておきましょう。 複数お札がある場合は重ねて折ります。 ポチ袋へは表面が前に来るよう硬貨とお札の向きを揃えます。 お札は開いたら顔が見えるように、硬貨は年号が 書いていない方を表として入れましょう。 またピン札をなるべく曲げたくない!という方もいるでしょう。 その場合は、しっかりと折り目をつける必要はありません。 ふんわりと曲げポチ袋を膨らませるようにして入れましょう。 年齢によってですが子供は質より量を重視します。 そのポチ袋の膨らみに胸を高鳴らせるでしょう。 ・渡すタイミング ずばり 子供に会ったタイミングが良いでしょう! ある程度年齢を重ねた子供なら、お正月に合う大人からはお年玉を少なからず期待してしまうもの… お金のことで終始そわそわしている姿を見ているのも、あまり良いものではありませんしね(笑) ただし注意点とて、その子供の親の前であげるようにしましょう。 その家庭がどのような金銭管理をしているかを把握することは難しいですが、大抵子供のうちは親がお金の管理をするものです。 また親は子供にお年玉をくれた人へお礼を述べておきたいと考えます。 後々もらったことが発覚してお礼の連絡をしなくちゃとなってしまったら、もらった方も、あげた方も気を遣うことになりかねません。 そうならないためにも、この点は押さえて置きましょう! ・まとめ 何かと忘年会や新年会、里帰りなど出費の多い年末年始。 お年玉の出費は馬鹿にならないですよね。 でも可愛い子供の喜ぶ顔が見れると期待して、お年玉を用意されてみてはいかがでしょうか?.

次の

孫にお年玉をくれない義父母。けっして義実家は貧乏というわけで...

お年玉 あげない

だいたいいとこに年玉をあげるもの? そもそもいとこに お年玉をあげるべきなのか。 答えは、あげなくてもあげてもどちらでもいい。 なぜかというと、絶対あげなきゃいけないと言う 決まりがないからです。 大体多いのが、親から子へのパターンとおじとおばから姪っ子・甥っ子のパターン。 それから、祖父母から孫へのパターンです。 なので、 近いいとこへはあげるけど、 遠いいとこには あげなくても平気となるんですね。 遠いいとこだと普段なかなか会ったりもしないし、 そもそも連絡だってとらないことが多いじゃないですか。 それなのに、お年玉はあげなきゃいけないだと、 ちょっと 納得いかないですよね。 だから、 あげなくてもいいんです。 もし、遠いいとこでも 交流があるのであれば、 それはお年玉をあげた方がいいでしょう。 臨機応変に対応してあげるあげないを決めた方がいいでしょう。 お年玉って 1 回あげるとその子が大きくなるまで、 あげ続けなきゃいけないじゃないですか。 それにあげ始めが小さければ年々 金額も増えて、 いきますし・・・ あげる方としては 結構な負担になるんですよね。 そういうところも考えて、 いとこ同士の交流がどうなのかリサーチして、 あげるのかあげないのかを 判断した方がいいでしょう。 あとはその家族その家族で やり方が決まってる場合もあります。 もしそのお年玉のルールがあるのであれば、 そのルールに従ってくださいね。 どれくらいの付き合いがあるのかをまず 洗い出してみましょう。 大学生のいとこにはお年玉をあげなくてもいい いとこがもし大学生の場合はあげるあげない 悩むところ。 学生のうちはあげた方がいいような・・・ でももう大人だし・・・ 大学生のいとこがいる場合は、 お年玉をあげなくても問題ないですよ! 大学生の肩書きだけを見たら 学生。 学生だからあげなきゃいけないかなと思いますよね? でも、大学生は自分で バイトも十分にできる年齢です。 学生だけれど 自立できる年齢なんです。 だからあげなくても問題ありません。 大学生で 20 歳を超えてるなら余計にあげなくていいです。 成人してるかしてないかでも大きいですね。 お年玉をあげるのは 高校生までで、 それ以降はあげなくても平気と頭に入れておきましょう。 ここら辺が曖昧だと結局 親戚付き合いもあるし、 あげちゃったりしちゃうんですよね。 大体、大学生まであげるとするならその両親か祖父母まででしょう。 家族間でどういうルールでやっているのかで違ってくるので、 ほかの 親戚に確認するのもいいでしょう。 仮に、大学生まであげるとするならば、 ほかの親戚にも 同じことをしなければいけなくなります。 そうなるとすごく大変になりますよね。 たかが 年に 1 回のお年玉だとしても辛いです。 周りがどうしてるのか 確認してみることをおすすめします。 親戚同士だからこそ円滑になるように、 確認してみてくださいね。 本音はお年玉をあげたくないけど親戚付き合いが許さない 中には親戚付き合いで あげなきゃいけないと決まってる家庭もあります。 いくら親戚とは言え、いとこなのにあげなきゃいけないのは、 少し辛いですよね。 でもこればっかりは仕方ありません。 親戚付き合いであげることが決まっているのであれば、 それに従うしかないですよね。 年に 1 回限りと思って諦めるしかないです。 それか、 勇気があるのであれば、 自分の気持ちを伝えてみてください。 もしかしたらあげたくないけど 渋々あげているって人も、 いるかもしれません。 いとこへのお年玉ってどう思いますか?って、 聞いてみるのもいいでしょう。 ただ、あげたくないんですけどと伝えるのは相手にとって、 嫌な気持ちでしかありません。 当たり障りがない程度に少しだけ聞いてみるのが、 1 番いいでしょう。 あんまり親戚同士で集まる機会がないとは言え、 親戚同士で 嫌な噂が流れるのは嫌ですよね。 できる限りお互いが嫌な気持ちをしないように、 聞いてみるようにしましょう。 親戚付き合いのルールを変えれるか変えられないかは、 あなた次第です。 変えたいのであれば 勇気を出して変えていけるように、 聞いてみるところからまずはスタートしましょう。

次の

お年玉をあげたくないしあげない当然の理由とは?あげる範囲や年齢に絶対はない

お年玉 あげない

スポンサードリンク 喪中の時はお年玉をあげる? 喪中の時は、お正月のいろんな行事を控えるものですが、お年玉は控えるべきなのかどうか悩みますよね。 特に、子供たちがお正月の一大イベントとして楽しみにしているものですし、あげないというのもちょっとかわいそうな気もするし、あげたいなぁという気持ちの方も多いと思います。 では、本当のところは、喪中の時にお年玉はどうしたらいいのでしょうか? まずは、お年玉の意味合いから考えてみましょう。 お年玉というのは、昔は、お正月に神様の御魂を分けて頂くという神事でした。 鏡餅を依代とされている年神様の魂がお餅にやどり、それを雑煮として頂くことで、年神様の魂とその年の幸福を一緒に分け与えて頂くというものだったんです。 それが現在では、お餅がお金に変わり、意味合いも「新年おめでとう」という意味で渡しているような所があるので、 本当は控えるのが正しいというのが一般の考えです。 ただ、喪中とは関係のない親戚の子供や知人の子供にとっては、いつももらえるお年玉がもらえないのは、寂しいですよね。 そこで、 「お年玉」としてお金を渡すのではなく、ただの「お小遣い」として渡すというのであればOKだろうという見解が最近は多くなっています。 今回は、「お年玉」ではないので、お年玉と書かれているポチ袋等を利用するのはやめておきましょう。 また、水引などがついたものを毎回使っていた場合は、紅白や赤金、金銀などの慶事を表す水引がついたものを使用するのは控えるようにします。 お年玉と書かれていないポチ袋も100均で売られていますので、探してみるといいですね。 喪中で「お年賀」はよくないでしょうし、「文具代」「書籍代」と書いて渡してあげるといいですね。 「お勉強がんばってね」 「いつも頑張っていて偉いね」 「また遊びに来てね」 などなど。 子供たちにとっては、貰える方が嬉しいでしょうし、子供中心で考えるなら、名目を変えて、渡してあげるのがいいと思います。 そのような気持ちになれないなら、渡さなくてもいいでしょう。 相手の親御さんにはお気持ちが伝わると思いますよ。

次の