点訳 フォーラム。 アーカイブ

アーカイブ

点訳 フォーラム

【緊急要望書】 全社協政策委員会• (よくある質問)• 厚生労働省<個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター> 0120-46-1999(受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)) 【事務連絡】 最新情報はをご参照ください。 2020年06月02日• 2020年06月02日• 2020年06月02日• 2020年06月02日 「第47回国際福祉機器展 H. 2020年05月27日• 2020年05月18日• 2020年05月18日• 2020年05月18日• 2020年05月11日• 2020年05月07日• 2020年05月07日• 2020年05月07日• 2020年04月27日• 2020年04月23日 2021年度新規採用職員の募集は4月22日をもって締め切りました。 2020年04月16日• 2020年04月16日• 2020年04月16日• 2020年04月16日• 2020年04月02日• 2020年04月02日• 2020年04月02日• 2020年04月02日• 2020年03月23日• 2020年03月23日 【経営の専門的知識・技術が身につきます】• 2020年03月23日• 2020年03月23日• 2020年03月06日• 2020年03月06日• 2020年03月06日• 2020年03月06日• 2020年02月26日 「令和元年度退所児童等支援事業全国セミナー」 開催のご案内(開催中止) 【お知らせ】 新型コロナウイルス感染症に関する状況を踏まえ、感染拡大防止の観点から開催中止となりました。 すでにお申込みいただいた皆さまには、個別にご案内いたします。 2020年02月21日 【社会福祉士をめざす最短ルートです】• 2020年02月21日• 2020年02月07日• 2020年02月07日• 2020年01月24日• 2020年01月24日• 2020年01月24日• 2020年01月17日• 2020年01月10日• 2020年01月10日• 2020年01月10日• 2020年01月07日 「保護施設の実態把握と課題分析に関する調査」調査回答ページを公開 (調査回答期間は終了しました。 ご協力ありがとうございました。 2019年12月20日• 2019年12月20日• 2019年12月20日• 2019年12月20日 「令和元年度ファミリーソーシャルワーク研修会」(1月30日~31日)開催のご案内()• 2019年12月20日• 2019年12月6日 「令和元年度 障害者虐待防止リーダー職員研修会」(1月9日~10日)開催のご案内(//)• 2019年12月6日• 2019年12月02日• 2019年11月21日• 2019年11月21日 【申込期間延長】「第7回アジア社会福祉セミナー」(12月5日)開催のご案内(/)• 2019年11月21日• 2019年11月21日• 2019年11月13日• 2019年11月08日• 2019年11月08日 「令和元年度福祉ビジョン21世紀セミナー」(11月25日~26日)開催のご案内(/)• 2019年11月08日• 2019年10月21日• 2019年10月21日• 2019年10月21日• 2019年10月18日• 2019年10月07日• 2019年10月07日• 2019年10月07日• 2019年09月30日• 2019年09月06日• 2019年09月06日• 2019年09月06日• 2019年09月06日• 2019年09月06日• 2019年08月22日 (/)• 2019年08月22日• 2019年08月22日• 2019年08月22日• 2019年08月07日• 2019年08月07日• 2019年08月07日• 2019年07月22日• 2019年07月22日• 2019年07月05日• 2019年07月05日• 2019年06月24日• 2019年06月24日• 2019年06月14日• 2019年06月07日• 2019年06月03日• 2019年05月27日• 2019年05月17日• 2019年05月17日• 2019年05月17日• 2019年05月13日• 2019年05月13日• 2019年05月13日• 2019年05月13日• 2019年05月13日.

次の

点訳校正委員会報告(「点訳のてびき 第4版」)

点訳 フォーラム

活動場所 春日井市図書館(文化フォーラム春日井) 総合福祉センター 活動場所・活動日 毎週木曜日 10時~15時 活動内容 点訳ボランティア春点は点訳活動を通して、視聴覚障がい者の方のお役に立てるよう活動しているボランティアグループです。 主な活動内容 点訳活動 小説やエッセイ、絵本などを点字版やパソコンを使って点訳しています。 完成した本は図書館を通して利用されます。 年間70タイトルほどの点訳本が完成しています。 点字情報誌「ひかり」の制作、発行 地域の話題や生活に役立つ情報を中心に編集・点訳し、年間4回発行しています。 点字の読み書き指導 総合福祉センターで主催される点訳講座や点字講座の講師としてお手伝いをしています。 また、学校での福祉学習や体験活動でも指導をしています。 視覚障がい者との交流 毎年5月に実施しています。 音楽会や施設見学などの楽しい行事を心がけています。 なによりも本が好きというかたにぴったりです。 是非、仲間になってください。 会員数と募集状況 現在の会員数:51名 新規会員募集:しています ただし、毎年5月から12月にかけて春日井市総合福祉センターで行う、点訳奉仕員養成講座受講者に限ります。 点訳奉仕員養成講座について、詳しくは春日井市総合福祉センターまでお問い合わせください。 連絡先 春日井市図書館 サービス・啓発担当 電話:0568-85-6800 図書館を窓口としています。 ご連絡いただきましたら、こちらから折返しご連絡いたします。 なお、ご連絡にお時間がかかる場合もあります。 あらかじめご了承ください。 春日井市図書館 〒486-0844 春日井市鳥居松町5-44 文化フォーラム春日井3階・4階 TEL:0568-85-6800.

次の

点訳校正委員会報告(「点訳のてびき 第4版」)

点訳 フォーラム

スポンサードリンク パソコン での点訳に挑戦! パソコン での点訳というものに出会ったのは、本当に突然のことでした。 何かボランティア活動をしてみたいと思っていた時に、 パソコンを使っての点訳というボランティアを見つけ、試しにやってみることにしました。 パソコンを使った作業なので、少しは簡単かなと思っていたのですが、これが予想外に大変なもので基本を覚えるだけでもかなり苦労をするものだったのです。 最初は自動的に点字に変換されるので、文字を入力するだけでいいのかなと考えていただけに、こんなにも手間のかかる作業なのかと驚いてしまいました。 続けていけるのかどうか、一気に不安になりました。 それでも、昔は直接一点一点紙に点を打っていたといいますから、その時代から比べればずっと楽になったということだったので、頑張って続けていくことにしました。 スポンサードリンク 初めて分かった点訳の大変さ 点字には、漢字がありません。 そのため、たとえ短い文章でも点訳すると膨大な長さになってしまい、作業がとても大変になります。 それが、実際に パソコンでの点訳のボランティアをして感じたことです。 加えて、もし間違いがあった際にパッと見てどこが間違っているのかということがわからないため、校正するのが簡単ではありません。 ルールが分かってしまえば、それほど難しいものではないと言われますが、点字そのものに慣れないうちは、ルールを覚えることさえ一苦労です。 大変な作業だと思う一方で、目の見えない人たちは、自分よりもずっと大変な環境で生活しているわけですから、それから比べれば点訳の作業はどれほど楽なことだろうかとも感じています。 目の見えない人からすれば、仮に目が見えるのであれば点訳の作業をすることぐらい、何の苦はなくいくらでもできるのではないかと思ったのです。 そのように考えれば、大変な作業であっても頑張ろうという気になって、続けていく気力が湧いてきました。 パソコンでの点訳ボランティアをして良かったと感じた瞬間 それでも最初にうちは、モチベーションの維持をするのがなかなか大変でした。 でも、自分が点訳したものを目の見えない方が読んでくれた時は、 パソコンでの点訳のボランティアをして本当に良かったと感じました。 目の見えない人が自分が行った点訳を通じて、手で文章を読んでそれを楽しんでもらえたという事で人の役に立っていると実感して、感動したのです。 自分にできることはほんの些細なことで、どれだけの人に貢献をすることができているのかわかりません。 それでも僅かな人数であっても、その人たちに対して何かを伝えることができ、それで感謝をされると嬉しいものです。 点訳の作業は今でも続けていて、多少慣れたとはいってもやはり大変な部分は多いです。 とはいえ、点訳のボランティアを始めたばかりの頃とは違い、点訳したものを手にとってくれた人が喜んでいる姿を思い描きながら、今ではやりがいを持って作業をしています。 スポンサードリンク 不足している点訳ボランティア 様々な本や資料などは、最初から目の見えない人が読める状態にはなっていません。 目からの情報を得られない人たち向けとされている録音図書なども数に限りがあります。 普通の文字で書かれている読み物も点訳をすれば、目の見えない人も読むことができます。 たとえば、新聞が読めなくても、その日のニュースはテレビの副音声やラジオなどでも知ることができるでしょう。 でも、特に『読書』ということに関しては、目が見えないのを理由に、読書の楽しさを味わうことを諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。 人気の漫画本が読めない• 友達から薦められた小説が読めない 目の見えない人にとって、このようなことは日常茶飯事でしょう。 世の中に出回っている本がすべて点訳されているわけではありませんし、ピンポイントで読みたいと思った本が点訳されている率も、それほど高くはないでしょう。 そうなれば、もし私だったらその時点で、読書意欲そのものが失せてしまいます。 点訳の作業が大変ということは身に染みて分かりましたが、目が見えない人も読書を楽しめるようにするには、より多くのパソコン点訳のボランティアが必要です。 ボランティアの人数が絶対的に不足している現在。 そんな中で、まずは点字に一人でも多くの人に少しでも興味を持ってもらい、点訳の重要性について分かってもらえるような活動をしていくことも、私たち点訳ボランティアをしている者の大切な役割だと考えています。 私の体験談を読んでいただき、点訳というものがあるんだ……と、知るきっかけになってくれたら嬉しく思います。 2017年11月の記事 2017年10月の記事 2017年9月の記事 2017年7月の記事 2017年6月の記事 2017年5月の記事 2017年4月の記事 2017年3月の記事 2017年2月の記事 2017年1月の記事 2016年12月の記事 2016年11月の記事 2016年10月の記事 2016年9月の記事 2016年8月の記事 2016年7月の記事 2016年6月の記事 2016年5月の記事 2016年4月の記事 2016年3月の記事 2016年2月の記事 2016年1月の記事 2015年12月の記事 2015年11月の記事 2015年10月の記事 2015年9月の記事 2015年8月の記事 2015年7月の記事 2015年6月の記事 2015年5月の記事 2015年4月の記事 2015年3月の記事 2015年2月の記事 2015年1月の記事.

次の