動画 編集 アプリ。 無料動画編集ソフトのおすすめ人気ランキング14選【初心者でも簡単に使えるのはどれ?】

動画編集アプリ『CapCut』とは?基本的な使い方・音楽の入れ方・テキスト(字幕)の入れ方など徹底解説

動画 編集 アプリ

動画編集アプリとは 今や、ビデオカメラを持っていなくてもスマートフォンひとつで動画撮影ができる時代です。 SNSでも簡単に動画の投稿ができることから、情報量が多く ユーザーの目を引きつけやすい動画を マーケティングに活用する例も増えてきています。 WebサイトやSNSに動画を使う場合、不要な映像を部分をカットしたり、音楽を入れたり、テロップを入れたりと、様々な動画編集が必要となります。 以前は「動画編集をしたい」と思ってもパソコンや専門知識が必要で、なかなか初心者が動画編集するのは難しかったですが、今ではパソコンがなくてもスマートフォンの動画編集 アプリを使えば誰でもハイクオリティな動画が作れるようになりました。 動画編集 アプリには、有料のものもあれば無料のものもあります。 それぞれ使える機能やもともと入っているテンプレートなどに違いがあるので、一度ダウンロードして試してから、ベストなものを選ぶと良いでしょう。 オススメの無料動画編集アプリ11選 1. キネマスター 好きな動画や画像を当てはめるだけで、誰でも動画の編集ができる アプリです。 キネマスター の特徴は、利用できるスタンプやエフェクトが多いこと。 UIがわかりやすく、初心者でも簡単に更新できます。 動画編集をしたことがない方にオススメな編集 アプリです。 VideoShow 出典: VideoShowは、iPhone・ Android端末ともに対応している無料の動画編集 アプリです。 おすすめのポイントは、BGMを活用した動画編集ができる点。 すでに撮影した動画にBGMを入れることができるのはもちろんですが、BGMを先に選択して音に合わせた動画の撮影も可能です。 BGMは、自身のスマートフォン内に保存されている音楽と、 アプリ内で無料提供されている音楽から選択できます。 アプリが提供しているBGMは細かくカテゴリ分けされているので、撮影シーンに合わせて好みのBGMをダウンロードして使用してください。 編集した動画は、スマートフォン上に保存できるほか、そのままFacebookやInstagram、YouTube、LINEに共有もできます。 なお、無料版を使用して編集した動画には「Videoshow」のロゴが表示されます。 ロゴを消したい場合は、有料版をインストールする必要がありますので注意してください。 VivaVideo 出典: VivaVideoも、iPhone・ Android端末ともに使用できる動画編集 アプリです。 おしゃれな正方形動画の撮影や「自撮り」をする際に便利な13種類の美顔フィルター・5段階の美顔レベルの設定機能が搭載されています。 自撮り動画を撮影する機会の多い方向けの動画編集 アプリと言えるでしょう。 さらに、こちらの アプリの「写真ムービー」機能では、すでに撮影してスマートフォン上に保存されている静止写真を複数枚使用して1つの動画に仕上げることも可能です。 写真ムービー機能を使用すれば、動画の撮影に自信のない方でも、静止画を利用した動画を簡単に制作できます。 加えて、コラージュ機能で動画の中に別の動画を埋め込む、フィルターをつけた状態で動画を撮影するなどの機能も搭載されています。 無料ながらも、凝った動画編集ができる アプリです。 Quik 出典: Quikも、iPhone・ Android端末ともに使用できる動画編集 アプリ。 特筆すべきポイントは、カメラのブランドとして有名なGoProが提供している アプリである点です。 自動で動画を分析し、トランジョンとエフェクト、音楽を加えた動画を作成してくれます。 Quikを使えば、ほぼ全自動で動画編集ができるため、「動画編集に時間はかけられないけれども、クオリティの高いものを制作したい」という方に向いている動画編集 アプリです。 動画編集スキルがなくても心配なく使用できますので、動画編集初心者の方は一度試してみてはいかがでしょうか。 Splice 出典: Spliceは、iPhoneでのみ使用可能な動画編集 アプリです。 先に紹介した「Quik」と同様に、カメラブランドのGoProが提供しています。 「Quik」との違いは、より豊富な編集機能が搭載されている点。 Spliceには、ワイプやスロー再生などの特殊効果や、無料で使用できるBGM、BGMの長さや音量の調節機能などの機能が備わっており、撮影した動画を細かく編集して仕上げたい方向きの アプリと言えます。 またSpliceは、Facebookや Googleドライブなどに保存している動画をダウンロードして編集も可能です。 例えばプロモーション動画を作成する際に、チームで素材を共有して編集する、ということもできます。 「Quik」で動画編集に少し慣れたら「Splice」でより細かい編集を行う、という使用方法がオススメです。 InShot 出典: InShotは、iPhone・ Android端末ともに使用できる動画編集 アプリです。 高度な機能は搭載されていないシンプルな アプリですので、誰でもすぐに使いこなせます。 InShotはの特徴として、Instagramとの親和性が非常に高い点が挙げられます。 画像編集機能も搭載されているので、画像用と動画用と編集 アプリを使い分ける必要がありません。 正方形の画像・動画編集が可能で、編集後は アプリ内でそのままInstagramへ投稿でき、 アプリをまたぐ手間を省けるのもメリットです。 加えて、豊富なステッカーを活用すれば、個性的な動画の制作も可能となります。 Instagramへ動画を投稿する機会の多い方は、ぜひ使用してみてください。 Magisto 出典: Magistoは、iPhone・ Android端末ともに使用できる動画編集 アプリ。 非常に簡単な操作でプロが加工したような動画に仕上がりますので、動画編集の初心者の方におすすめです。 動画を アプリに読み込ませたら、11種類提供されているテーマの中から使用したいものとBGMを選択すれば全自動で動画編集が行われます。 動画編集が終了するとメールで通知されますので、編集中にほかの アプリを起動していても構いません。 なお、無料版の場合、制作できる動画の長さは1分15秒までです。 それ以上の長さの動画を作成したい場合は、プレミアム会員への切り替えが必要となります。 Clips 出典: Clipsは、iPhoneのみで使用できる動画編集 アプリです。 Appleが2017年4月より提供している アプリで、同様にAppleからリリースされているiMoveよりもモバイルとの親和性が高くなっています。 特徴は、動画撮影時に同時に録音した声を字幕として反映できること。 動画編集時に一つずつ字幕を入れる手間が省けるため、短い時間で字幕入り動画が完成します。 字幕機能を使用する際は、後から編集ができないので、なるべく短い台詞を録音するのがオススメです。 なお、声を録音していない場合や アプリが認識できなかった場合は、字幕は生成されません。 PowerDirector 出典: PowerDirectorは、 Android端末でのみ使用することができる動画編集 アプリ。 動画編集ソフトとして有名な「PowerDirector」の、モバイル版として提供されています。 動画編集で必要な機能は基本的にすべて搭載されており、パソコンで行う動画編集とほぼ同レベルのクオリティで動画編集が可能です。 なお、無料版の場合は動画の右下に「PowerDirector」のロゴが表示されます。 非表示にしたい場合は、有料版をインストールする必要がありますので注意してください。 非常に本格的な編集 アプリですので、動画編集に慣れている方にオススメです。 スマートフォンでも細かく作り込んだ動画編集をしたい場合は、PowerDirectorを試してみましょう。 iMovie 出典: iMovieは、iPhoneの純正の無料動画編集 アプリ。 純正 アプリのため、iPhoneやiPadには標準搭載されています。 編集モードはビデオ・写真・音楽を組み合わせてオリジナル動画の制作ができる「ムービー」とテンプレートを使用して映画の予告編のような動画が作成できる「予告編」の2つがあります。 特に予告編モードは写真を選び テキストを入力するだけで、誰でも凝った映像が制作できるモードです。 「複雑な アプリは使いこなす自信はない…」という方におすすめです。 Adobe Premiere Rush 出典: Adobeが提供している動画編集 アプリ。 動画のエクスポートが3回以下は無料、それ以上は有償利用となります。 ビデオの分割やトランジションの追加、編集、テロップ入れ、BGM選択やボイスオーバーの録音など、動画編集に必要な機能が全て揃ったハイクオリティな動画編集ソフトです。 また、編集した動画を アプリから直接Instagram、Facebook、YouTubeなどのSNSへ投稿できます。 直接投稿だけではなく、予約投稿もできるため、SNSで動画を投稿したい担当者にとっても便利な アプリです。 使いやすい動画編集アプリを探そう 今回紹介した動画編集 アプリは、すべて基本無料で使用できます。 アプリごとに機能や使い方は異なりますので、一度ダウンロードして、「自分にとって使いやすいか」「動画編集に必要な機能は備わっているのか」を確認してみましょう。 パソコンと違い、いつでもどこでも動画編集ができるのは、スマートフォン アプリのメリットです。 ぜひ使いこなして、SNS投稿などに活用してください。 動画作成・編集を学ぶ アプリ アプリとは、アプリケーション・ソフトの略で、もとはパソコンの(エクセル・ワード等)作業に必要なソフトウェア全般を指す言葉でした。 スマートフォンの普及により、スマートフォン上に表示されているアイコン(メール・ゲーム・カレンダー等)のことをアプリと呼ぶことが主流になりました。

次の

スマホ用動画編集アプリおすすめ16選|iPhone・Android・無料・有料ご紹介

動画 編集 アプリ

iPhoneのカメラ性能は常に進化を遂げており、InstagramやTwitter・FacebookといったSNSの普及も伴って、撮影した動画や写真をいろいろ編集して楽しみたい、SNSに投稿したいニーズも高まっています。 iPhone向けの動画編集アプリもたくさんあり、機能も充実しているのでまるでプロが作ったような動画を制作することも可能です。 しかし、「他のユーザーみたいにおしゃれな動画や写真を投稿したいけどどのようなアプリを利用したらいいかわからない。 」「動画編集のアプリがたくさんあって選び方がわからない」といった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか? そこで今回は撮影した動画を編集するアプリの選び方やiPhoneで編集・加工ができる人気アプリを5つ紹介します! また、それぞれのアプリにおける動画編集の特徴をまとめているので、自分に合ったアプリを探すきっかけにしてみてくださいね。 <スマートフォンで画像編集アプリのおすすめ記事はこちら> 目次• iPhoneで動画を編集するためのアプリの選び方 iPhoneで利用可能な動画編集アプリが豊富にありすぎて、そもそもどのように選べばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? まずは、自分に合ったアプリを選ぶポイントを4つ紹介します。 自分の目的に応じて、初心者向けの無料アプリで十分であったり、こだわった編集を行いたい場合はプロが利用するような高機能の有料アプリが必要な場合もあります。 無料版と有料版があるアプリの場合は、無料では短時間の動画しか制作することができませんが、課金や有料版を購入することで動画の再生時間が無制限になるアプリもあります。 短い時間なので大丈夫と思っていても、いざ動画を編集してみると時間内に収まらなかったという可能性も考えられます。 そのため、再生可能な時間を確認し長くなりそうな場合は、再生時間に制限のない動画編集アプリがおすすめです。 しかし、実際に自分で利用してみて一番使いやすく、自分の持っているイメージに合ったものを選ぶことが大切です。 どんなに高機能で使いやすいといわれるアプリでも、使いこなせなければ意味がありません。 加えて、ユーザーが少なければ制作会社側の供給ニーズも乏しくなるため、バージョンアップの停止やアプリ自体が終了してしまう可能性があります。 そのため、ある程度の知名度がありユーザー数の多いアプリの使用をおすすめします。 iPhoneで動画が編集できる人気アプリ5選 ここからは、iPhoneで動画が編集できる人気アプリを5つ紹介します。 どのアプリも人気で、それぞれに特徴があります。 おすすめポイントやメリット・デメリットを踏まえつつ紹介していくので気になるアプリがあればぜひダウンロードして利用してみてくださいね。 iPhoneが初期の状態からダウンロードされており、無料で利用することができます。 「iMovie」のメリット• 他のアプリでは有料レベルの機能が充実しており、無料で利用できる• 14種類の予告編テンプレートがあり映画の予告編のような作品が作れる• 4K動画の編集ができる• iOSの全ディバイスと相互性がある(iPhoneで撮影した動画をiPhoneアプリで軽く編集し、その後Macで細かく編集などが可能となる) 「iMovie」のデメリット• Android端末では利用できない• 「InShot」のメリット• 操作が縦向き画面に最適化されており、編集した動画をそのままInstagramのストーリーやTik Tokに投稿できる• Mp3 ファイルやその他の形式の音楽を使って動画を作れる• 無料のBGMやサウンドエフェクトが豊富にある• 豊富なフォントのテキストや動くスタンプがあり動画のデコレーションが簡単• ヴィンテージフィルターなどフィルターが充実している 「InShot」のデメリット• 無料版の場合は動画の右下にロゴが入る• 「Viva Video」のメリット• フィルター200種類、効果音300種類、BGM400種類と動画素材が充実している• 美肌自撮り、ミュージックビデオ、ベーシックモードなど撮影モードが充実している• 面白いテキストや笑い声の効果音などおもしろい動画も簡単に作れる• 女声、男声など音声変換機能があり、素声がバレる心配がない 「Viva Video」のデメリット• 無料版では5分以上の動画が制作できない(有料版にすると無制限)• 「Videoshow」のメリット• 複数の写真を組み合わせてスライドショーを作成できる• 50種類以上のテーマがあり、ワンタップで切り替えができる• 30種類以上のフィルターがある• 完成した動画をSNS向けのに直接アップロードできる 「Videoshow」のデメリット• 無料版では右下にロゴが入ってしまう• 「Quik」のメリット• 動画や写真を選び数回タップするだけで動画が編集される• 26種類のテンプレートがある• 数十秒から3分程度の動画向けでSNSに共有しやすい• アプリが顔と色を認識してくれるので、各写真や動画を勝手にフレーミングしてくれる• 端末に保存されているビデオや写真の撮影日時や場所を分析し、「フラッシュバック」として自動で動画にまとめてくれる 「Quik」のデメリット• アプリ内にあるBGMしか選ぶことができない• 高度な編集ができない まとめ:iPhoneでハイクオリティの動画を編集しよう いかがでしたか? 今回はiPhoneで動画を編集することができるアプリ• iMovie• InShot• Viva Video• VideoShow• Quik の5つを紹介しました。 どのアプリもiPhoneと相性が良く比較的操作も簡単で、動画の編集に必要な基本機能は一通り備わっています。 複数のアプリを試して自分に合ったアプリを見つけてみるのも良いかと思います。 また、様々なテーマの動画を編集する場合は、各アプリの特徴を理解した上で、内容にあわせて複数のアプリを使い分けても面白い動画作品ができるでしょう! 自分の目的に最適なアプリを見つけて、画像編集を楽しんでみてくださいね。

次の

【最新版2019】動画編集アプリなら絶対にこの中から選べ!たぶん現時点で最強だと思うぜっ!

動画 編集 アプリ

』と思っているそこのアナタ!今回は最近ちまたで人気かつ、アプリマニアの管理人が 現時点で最強だと思う動画編集アプリを厳選してピックアップしてみました。 使い勝手の良い動画編集アプリのみを厳選しましたので、騙されたと思っていくつか試していただければと思います。 今回ご紹介する最強の動画編集アプリで、 ガンガンとオシャレな動画を作成して、あなたのスマホライフをもっともっと楽しく充実させちゃってくださいね!• 当サイトのおすすめ記事! 激アツ!! オススメ記事の紹介 パワフルな動画編集をしたい人向けのアプリ Adobe Premiere Clip とにかく高機能を求めるならコレ おすすめ度 : 3. 4 『Adobe Premiere Clip』は手早く動画や写真を編集していけるエディターで、 サウンドトラックの追加と共に自動で音量バランスを調整してくれる機能が備わっています。 「Adobe ID」へサインインすることで端末間同士での同期が行えるようになりますし、自動編集だけでなく自分でトリミングや明度のバランスを調節できるカスタム編集が、この動画編集アプリの魅力にもなっています。 自動で編集されたビデオをさらに自分で修正を加えられるので、どちらの機能を使ってもお洒落でスタイリッシュなムービーに仕上げられるでしょう。 完成した動画をYouTubeにそのまま公開できるのも便利です。 アプリに収録されているサウンドだけでなくスマホ内の音楽も挿入できるため、自身のテーマに合わせたビデオを作成していけます。 Adobeのクラウドストレージが 2GBまで無料で使えるので、短いコンテンツなら便利に管理することができますよ! この動画編集アプリの紹介動画 キネマスター ガイドに従って選ぶだけで動画が完成 おすすめ度 : 4. 3 『キネマスター』は3D演出やオーディオ効果を加えられる本格動画編集アプリで、映像に様々な演出を施せる魅力的なアプリです。 トリミングした動画にテキストや音楽の挿入が行えるので、 映画のような本格的な作品を作り上げることが可能ですし、手書きツールを駆使してビデオを楽しく彩れるのが特長でしょう。 ファイルの追加やエフェクト効果を レイヤー別に管理できるのもGOODです! 機能説明が吹き出しで表示される仕組みなので、編集作業もスムーズに行えます。 またプロ版を購読することでストアに掲載されているプレミアムコンテンツにアクセスできるので、 ユーザーに合わせてエディターをより充実させていけるのも『キネマスター』の優れた要素でしょう。 ボリュームや色彩調整等の細かい設定ももちろん網羅しています。 この動画編集アプリの紹介動画 InShot 編集から加工までオールマイティー おすすめ度 : 4. 7 『InShot』は切り取りやトリミング加工が簡単に行える動画編集アプリで、InstagramやFacebookの投稿に合わせてキャンバスサイズを修正できる特徴があります。 BGMや効果音の追加にも対応していて、様々なシーンに合わせてビデオを作成することが可能となっています。 ステッカーやエフェクトを使ってSNS映えするコラージュ写真を作れるのも魅力ですね。 バレンタインデー等の季節に合わせた文字フォントが収録されているので、イベントに合わせてお洒落な作品を作り出していくこともできますよ! 有料にはなってしまいますが、 水彩文字やフィルター等の素材を単体パックで購入していけるため、編集作業や工程を自由に広げていけるのがメリットでしょう。 動画にナレーションを加えることも可能なので、子どもや家族の思い出作りにも役立ちますね。 この動画編集アプリの紹介動画 動画の撮影や編集がとにかく簡単にできるアプリ Clips 純正なのでiPhoneとの親和性が高い おすすめ度 : 3. 2 『Clips』は、 Apple純正のアプリで簡単な操作方法で手軽にビデオクリップを作成することができます。 iPhoneお馴染みのステッカー機能も使えるので、作成した動画に簡単な装飾やテキストを挿入することもできます。 ディズニー等のかわいいステッカーも用意されいて、使っていて楽しいアプリです。 様々な方法で家族や友人に作成した動画を共有できるとともに、 共有アルバムにも手軽にアップロードできるので、動画をよく撮るiPhoneユーザーの方に特におすすめです。 もちろんエフェクトやフィルターも準備されているので、動画編集にも活用できます。 この動画編集アプリはザックリ言うとこんな人におすすめ!• 動画撮影が好きなiPhoneユーザー• 小難しい動画編集アプリは使いたくない• たくさんのステッカーで手軽に装飾したい Sweet Movies 簡単かわいい動画編集アプリならコレ おすすめ度 : 4. 1 『Sweet Movies』は、かわいい動画編集が簡単にできるアプリで、基本的にスマホの アルバムから写真を選んで、さらに好きな音楽を選択すれば動画の完成です。 素敵なフレームもたくさん用意されているので、 様々なバリエーションの動画を作成することができます。 無料版ではムービーの 書き出しが30秒に限定されているので、長時間の編集には向かないものの、短い動画をサクッと完成させたい場合には重宝するアプリです。 字幕機能も実装されているので、オリジナリティーあふれる動画編集にも活用することができます。 この動画編集アプリはザックリ言うとこんな人におすすめ!• かわいい系の動画に仕上げたい• とにかく簡単な動画編集アプリがいい• フレームやBGMを自由に選びたい RECOMMENDED 長い動画を素敵なビデオクリップに変えるアプリ Magisto AIが良いシーンを解析してくれる おすすめ度 : 4. 5 『Magisto』はスマホに保存されている写真や動画を編集して オリジナル動画を作成出来るアプリで、用意されている エフェクトやサウンドを選択するだけで素早く動画をアレンジしていけます。 YouTubeやInstagram等へのシェアに対応していますし、ビデオの再生時間を自分で短く調整できるのが便利なポイントでしょう。 プレミアム機能へ登録することで長時間のムービー作りも可能になります。 タイトルの追加も行えるため、ギャラリーでの管理がしやすいのも魅力です。 好みの動画スタイルをピックアップするだけで 『Magisto』が自動で編集してくれるので、隙間時間を活用してスマートにコンテンツを仕上げられる動画編集アプリでしょう。 アプリ内のアルバムを公開してユーザー同士で動画を楽しめるのも面白い点です。 この動画編集アプリの紹介動画 Animoto Video Maker サクッとスライドショーが作れちゃう おすすめ度 : 4. 6 『Animoto Video Maker』は テーマと曲を選んでサクッとビデオクリップが作成できる動画編集アプリで、スマホに収められている写真や動画を簡単にアレンジして編集することができます。 収録されている楽曲だけでなくスマホのライブラリから音楽を追加できるのも特徴で、誕生日やイベントのプロモーションビデオとしても活用することが可能です。 完成したコンテンツをSNSにアップロードして皆で楽しめるのが良いですね! プレビューの確認が行えるだけでなく再生中のスキップにも対応しているため、 訂正したいシーンや視聴し直したいところに素早く移動していけるのが便利な点でしょう。 テキストの挿入ができるので、日頃の感謝や気持ちを使える手段しても重宝しますよ。 この動画編集アプリの紹介動画 GoProに対応した動画編集&クリップアプリ Quik GoProユーザーにとっては神アプリ おすすめ度 : 4. 8 『Quik』は個人向けアクションカメラのパイオニアである GoPro公式の動画編集アプリです。 『Quik』ならGoProで撮影した 長時間の動画から最適なシーンを自動で解析して雰囲気が良い作品に仕上げてくれます。 テーマも20種類を超えており、テキストやステッカーを貼り付けることができます。 動画のカスタマイズにも対応していて、 多彩なフレームインアウトやグラフィックも簡単に適応させることができます。 動画のスピード変更によるスローモーション再生も可能なので、映画やプロモーションビデオのイメージで思い出を残しておくことができます。 この動画編集アプリの紹介動画 音楽+動画でクールな作品に仕上る ローモーティフ ミュージックビデオ風の動画を簡単作成 おすすめ度 : 4. 5 『ローモーティフ』は、スマホ アルバム内にある動画に音楽や装飾などを加えるだけで、オシャレな ミュージックビデオ風の動画作成できるアプリです。 動画編集に便利なエディタがアプリに実装されており、細部にまでこだわれるのもポイントです。 簡単にシェアできることを売りにしていますが、もちろん 非公開で自分や仲間内だけで楽しむことも可能です。 好きな音楽で手軽に動画を作成できるとともに、 動画の並び替えにも柔軟に対応しているので、手軽さと面白さが両立した動画編集アプリと言えます。 この動画編集アプリはザックリ言うとこんな人におすすめ!• ミュージック風の動画編集がしたい• ある程度のカスタマイズもしたい• 自分のスマホにある音楽を使いたい Triller ミュージックビデオ風の編集におすすめ おすすめ度 : 4. 4 『Triller』は編集した動画をアプリ内のアカウントに投稿できるのが特徴で、TwitterやFacebook等の 他のSNSへも発信していける仕組みになっています。 人気の楽曲と組み合わせてビデオを加工していくことができますし、再生スピードを調節して視聴しやすいコンテンツへ仕上げていけるのが1つの魅力でしょう。 ムービーを非公開にすることが可能で、身内同士や1人でも気軽に楽しめます。 またフィルターだけでなく文字入力やペンを使った落書きに対応している動画編集アプリなので、華やかさを付け加えたり 楽しくデコりたい際にも役立ちますね。 テイク管理が行えるため、 ミュージックビデオのように撮影パターンを変えながら本格的にビデオクリップを作れるが注目の機能でしょう。 この動画編集アプリの紹介動画 シャレが効いてる面白い動画編集アプリ 俺の編集 実は高機能な動画編集アプリ おすすめ度 : 4 『俺の編集』は、 複数動画の結合やエフェクトなどに対応した動画編集アプリで、 倍速やスローモーション再生、ボリュームの変更等、細かい動画編集が可能です。 コンマ秒単位のトリミングもでき、名前とは裏腹にかなり高機能はアプリと言えるでしょう。 トランジションの種類も豊富で、フェイドインアウトやページめくり風の効果も簡単に挿入することができます。 無料の動画編集アプリは、 ウォーターマーク等が入ってしまうことが多いですが、『俺の編集』ならその点も含めて大丈夫です。 この動画編集アプリはザックリ言うとこんな人におすすめ!• ウォーターマークは絶対いらない• ミリ単位で動画の結合やトリミングがしたい• 様々な再生方法を選択したい 俺のワイプ ワイプを入れられる唯一無二のアプリ おすすめ度 : 4. 1 『俺の編集』と同一のデベロッパーが作成している「俺のシリーズ」でも異色なのが『俺のワイプ』です。 ワイプはテレビ番組の中継等でよく見かける テレビの隅に小さく表示される小窓画面で、このワイプを『俺のワイプ』があれば スマホ内の動画に挿入できると言うわけです。 具体的な例で言うと、運動会の全体の様子を写した動画の右端に、子供の顔のアップを入れたりすることが可能です。 かなり特殊なアプリではありますが、 アイディア次第では面白い動画編集ができるので、表現方法を増やしたい人は試してみてください。 この動画編集アプリはザックリ言うとこんな人におすすめ!• 動画と動画を重ねて編集したい• テレビ番組風の動画編集がしたい• 面白い動画を完成させたい RECOMMENDED オシャレな動画編集をしたいならコレ! VUE クールな動画編集に活用してみて おすすめ度 : 3. 5 『VUE』は 季節やシチュエーション別にフィルターを切り替えられる動画編集アプリで、 映像の明度を上げたり広角フレームを使ってビデオの画角を広げられるメリットがあります。 時刻や気温を動画に貼り付けられる『ステッカー』も面白い素材の1つになっていますし、字幕を付けて映画のようなワンシーンを撮影できるのがアプリの良いところでしょう。 BGMの追加だけでなく 音声の録音を行えるのも嬉しい要素です。 暖色やコントラストの調整も可能なので、プロのような豪華なムービーに仕上げていくことができます。 撮影時間の長さを6段階まで調整していけると同時に、ベストショットをより鮮やかに編集してくれる『美化モード』が便利な機能となっています。 この動画編集アプリの紹介動画 Vizmato 様々なエフェクトを使いたいなら おすすめ度 : 3. 2 『Vizmato』は ポップ調のフィルターが数多く搭載されている動画編集アプリで、投稿されている世界中のビデオを人気順に楽しめるようになっています。 サイファイやクリスマス等の多彩なテーマを使って動画をカスタムしていくことができますし、 8mmフィルムのような哀愁あるコンテンツに編集していけるのが大きな特徴でしょう。 音楽トラックの追加にももちろん対応しています。 またプレミアムパックを購入することで限定のBGMやエフェクトを入手することが可能なので、より ファンシーで盛り上がる動画を作りたい時には重宝します。 スローダウンや逆再生が行えるようにもなっているので、何気ない日常動画を話題のコンテンツへと磨き上げてみてはいかがでしょうか。 この動画編集アプリの紹介動画 結婚式やイベント等で使える動画編集アプリ レコフォト ウェディングビデオならコレで決まり おすすめ度 : 4. 3 『レコフォト』はスマホ1台で本格的な ウェディングビデオが作成できる動画編集アプリで、結婚式で人気の楽曲やBGMを挿入してDVD注文することが可能です。 選択した曲に合わせておすすめのテーマを紹介してくれますし、 オープニングや2人の生い立ちといった各構成に合わせて写真を追加できるのが特徴でしょう。 また作成したムービーに不備がないか確認してくれる「データチェックプラン」や到着予定日を早められる「かけこみプラン」等が用意されています。 挙式の準備が忙しい新郎新婦でも使いやすいアプリになっています。 音楽に合わせてプレビューの確認ができるので、当日の演出を意識しながら写真を選べるのが良いですね。 アーティストや曲名の検索に対応しているだけでなく、 「今月のイチオシ」として季節に合わせた楽曲を紹介しているのも大きな魅力でしょう。 この動画編集アプリの紹介動画.

次の