ワイルド スピード ハン 死亡。 ワイルドスピードX3、ハンの名言がかっこいい!生きてるって本当?

【ワイルドスピード】死んだキャラ登場人物まとめ11人|覚えてる?生存説?

ワイルド スピード ハン 死亡

どんな映画? 日本車との関係text:Kumiko Kato(加藤久美子) 多くの日本車が登場する映画としてもおなじみのワイルド・スピード(原題:The Fast and the Furious)シリーズは2001年に1作目が公開された。 西海岸を中心として90年代に大流行したスポコン(スポーツ・コンパクト)からの流れもあって、1〜2作目には80、シビック、インテグラ、240SX、エクリプス、GT-R(R34)、ランエボ、S2000、アコード、NSXなど日本車が数多く登場し、アメリカから世界に日本車の魅力を発信した。 3作目「TOKYO DRIFT」の撮影シーン。 オレンジ色に黒いラインが印象的なマツダRX-7(VeilSide Fortune7)との組み合わせも印象的だった。 提供:VeilSide この映画に出てくる日本車を見て熱狂的なJDM信者となった北米のファンは数知れず……。 現在もつづく世界的な日本車ブームにも発展したし、日本の好きにとっても、日本製スポーツカーの新たな魅力に気づく、きっかけとなった。 3作目では「TOKYO DRIFT」のタイトル通り、東京を舞台としたストーリーが展開された。 走行シーンの多くはロサンゼルス周辺で撮影されているが、日本国内でも鋸山自動車道(千葉県)などで撮影が行われている。 登場する車両は日本車を中心に230台以上。 半数近くが日本からアメリカに持ち込まれた。 この3作目で初めて登場するのが「ハン」(サン・カン)である。 ファミリー唯一のアジア人俳優(韓国系アメリカ人)ということもあり、日本やアジアで特に人気が高い。 オレンジ色に黒いラインが印象的なマツダRX-7(VeilSide Fortune7)との組み合わせも印象的だった。 ワイルド・スピード「F9」 ハンが復活 しかし、ハンはそのRX-7と共にストーリー中盤、渋谷の街中で繰り広げられたカーチェイスシーンで事故死してしまう。 横から来た一般車両のメルセデス・ベンツと衝突し横転。 搭載していたNOSに引火して爆発したことで死亡したのである。 ハンが復活するシーン。 c 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved… ちなみにTOKYO DRIFTの後に公開された4〜6作目にもハンは登場している。 というのも、映画の公開順ではTOKYO DRIFTは3番目だが、ストーリーの時系列としては6作目の「EURO MISSION」(2013年)〜7作目の「SKY MISSION」(2015年)の間の話となっているからだ。 つまり、7作目以降のストーリーには亡くなったハンは登場していなかった。 本国での予告編は日本時間2月1日の朝に公開され、日本でもユーチューブなどの動画共有サイトで見ることができた。 そのトレーラーの最後の方に突然、ハンが登場するシーンが出てくる。 ハン登場の第一声は「Nice clubhouse!」(素敵な秘密基地だな!)。 これまでのハンと同じく、スナック菓子を食べながらの登場だ。 そして、ドム(ヴィン・ディーゼル)とハグ。 そのあとハンと思われる人物が操縦するクルマが登場するのだが、それがまた凄い。 トヨタ新型スープラ(以下、90スープラ)なのである。 90スープラと共に、ハンが帰ってくる! 「ハンが90スープラと共にワイルド・スピードに帰ってくる!」 SNSではワイスピファンが狂喜し、「ハン復活」のキーワードはTwitterでトレンド入りしていた。 「TOKYO DRIFT」でインパクトを与えたVeilSide(ヴェイルサイド)作のRX-7(写真左)。 話をクルマに戻そう。 予告編で登場した90スープラには驚いたが、ファンを歓喜させたのはそのボディカラーである。 TOKYO DRIFTに登場したハンの愛車「RX-7 Fortune」と同じ、オレンジと黒のカラーだったからだ。 TOKYO DRIFTではたくさんの日本車が登場するが、その中でもインパクトを与えた1台がVeilSide(ヴェイルサイド)作のRX-7であると言っても過言ではないだろう。 ちなみに映画と同じ仕様の「RX-7 Fortune」はコンプリートキットとして現在も販売されている。 映画公開から14年が経とうとしているが、いまだに世界中から注文が入るそうだ。 ヴェイルサイドでは今回のハンの復活に対して、どう考えているのだろう? 「ワイルド・スピードシリーズは全世界の子供から大人までが楽しめる映画です。 登場するクルマは見る人にたくさんの夢を与えてくれました」 「ワイルド・スピード9にてハンが復活することはとても嬉しい限り。 個人的にはヴェイルサイド Fortune7に乗ってもらいたかったですが(笑)」(株式会社ヴェイルサイド代表 横幕宏尚) 90スープラ登場、多くのファンが予想 F9の90スープラはほぼノーマルのように見える。 映画の撮影時期と車両手配のタイミングで、大胆なボディデザインをする時間がなかったのか? 映画のどこかで違った姿のスープラが登場する可能性もなくはないが。 公式インスタグラムに掲載されたイメージ。 Justice is coming. Get your tickets for F9 nowのメッセージとともに投稿されている。 なお、90スープラが9作目の目玉として登場することはワイスピファンの間では期待感と共に予想されていた。 スープラとワイルド・スピードの関係は非常に深く、1作目に登場した鮮烈デザインの80スープラによってアメリカから火が付いたスープラ人気は世界に広がり、新型スープラ誕生を後押しするまでの存在となった。 昨年、筆者がトヨタ自動車に取材した際にも、「スープラが17年ぶりに復活できた背景には、世界中のスープラファンの後押しがあったからで、それを盛り上げてくれた大きな要因にワイルド・スピードがあります」との回答を得ている。 新型スープラが9作目の目玉となることは想像に難くなかったであろう。 しかし、ハンがリアルな姿で復活することを予想した人は少なかった。 ハン役のサン・カンを高評価するジャスティン・リン(1〜4作を担当)監督が復帰することで、何らかのハン救済措置が取られるのでは? という予想もあったようだが。 事故死したはずのハンがどのような理由で「実は生きていた!」となるのか? 90スープラの活躍と共に、非常に楽しみである。 外部サイト.

次の

日本車ブーム起こした「ワイルド・スピード」最新作に新型スープラが登場

ワイルド スピード ハン 死亡

人気シリーズ『ワイルド・スピード』第9作、 『 』の予告編映像が公開となった。 映像の最後には、死んだはずの人気キャラクター、 ハンがカムバックを果たしており、ファンの間で大きな話題となっている。 一体、なぜハンは復活するのか。 『ワイスピ』シリーズにおけるハンの運命を振り返りながら、ハンを演じたサン・カン、『ジェットブレイク』ジャスティン・リン監督の言葉を見てみよう。 『ワイスピ』ハンは死んでいたはず ハンは、『ワイルドスピード MAX』(2009)、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)、『ワイルドスピード EURO MISSION』(2013)で活躍した人気キャラクター。 ファミリーのメンバーとしてはシリーズ唯一のアジア系である。 天才的なドライビング・テクニックや、常にスナック菓子をつまむ飄々としたキャラクター性が人気を博した。 劇中では、ガル・ガドット演じるジゼルと恋に落ちる。 車内に取り残されたハンもそのまま死亡したものとして、『 』(2015)ではファミリー一同がハンの葬儀に参列する場面もある。 『ワイルドスピード EURO MISSION』では、その犯人がジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウであることが判明する。 ハンの死は、ファミリーにとって悲劇的な別れとなったはずだが、シリーズはその後少々意外な展開を迎える。 ハン殺害の実行犯であるはずのデッカード・ショウが、ファミリーに迎え入れらるのだ。 こうした姿勢に疑問を覚えたシリーズのファンは、ハッシュタグ「 JusticeForHan」を通じて、「ハンに正義を」と訴えてきた。 ハン、まさかの復活 そのハンが帰ってきたのだ。 復帰を伝える公式ティーザーイメージに掲げられた「 Justice is Coming」とは、ファンの声「Justice For Han」に応えるものである。 Justice is coming. Get your tickets for now — in theaters May 22! — F9 TheFastSaga 予告編映像が世界初解禁となった米マイアミ開催のワイルド・スピードのコンサート・イベント「The Road to F9」では、ハン役サン・カンとステージを共にしたドム役ヴィン・ディーゼルが「これがファミリーだ!」と宣言、サン・カンも「帰ってきたよ!」と叫んだ。 観客からは「ウェルカム・バック!」のコールが上がる一幕もあり、どこからか「Justice For Han! 」という声も響いた。 「感動的ですね。 ファミリー再会って感じ。 」サンはこのイベントで、米に語っている。 「僕の人生の中でも、前回の『ワイスピ』から欠けていた絆のように思います。 」 サン自身も、ハンを葬ったデッカード・ショウの仲間入りには疑問を抱いていたという。 」 奇しくも、ハンの復帰とジャスティン・リン監督の復帰は『ジェットブレイク』で同期することとなった。 「僕たちは、ハンが誰で、何者であるかを分かっています」とサンは語っている。 「僕たちも年を重ねた。 ハンも年を重ねました。 自分たちの私生活で学んだようなことが、スクリーンに活かせられていたら嬉しいです。 」予告編では、すっかり丸くなった雰囲気のハンに会えるが、その魅力も円熟したということか。 「僕自身、あのキャラクターには個人的な思い入れがあるんです。 」『ジェットブレイク』でハンを復帰させた ジャスティン・リン監督は、英に解説する。 「正直な所、僕たちがやり始めたころは、『ワイスピ』ファンのコミュニティも今ほどじゃなかった。 僕は、観客との繋がりは、どんなものでも守りたいと思っています。 たまに、続編があることを当たり前のように思う人もいるでしょう。 続編は勝手に作られるものだと。 でも僕は、なんとしても続編にこぎつけたいといつも考えています。 だって、ハンとの旅を続けたいから……。 All Rights Reserved… ここではジャスティン監督からも、「Justice For Han」に呼応するような思いが語られている。 「僕が(シリーズを)去った時、これは適切なことだと思いましたし、キャラクターたちを寝かしつけるような感じでした。 でも、僕にとってどうしても解せないことが、いくつか起こった。 だから、もし自分が戻るなら、どうしてそうなったのかを掘り下げたかったんです。 彼を復帰させて、今までのようにテーマを探求する。 それは、僕たちにかかっていると思います。 」 死んだと思われたハンの復活劇を目の当たりにして、ファンの間では「もう『ワイスピ』は何でもありだ」とする声も聞こえてくる。 しかしジャスティン監督は、「 この世界では、出来事には理由があるものだ」と語る。 「詳しい話はできませんが、 僕は彼の復帰を、決して軽く考えてはいません。 というか、大変なことでした。 ありがたいことに、このユニバースは本当に成熟してくれましたし、だからこそ僕たちも進化することができた。 先に進むごとに、自分たちを再定義することができるんです。 」 サン・カンからは、ハン復帰の理由について、ほんのりとヒントも明かされている。 全てはシリーズのテーマである「ファミリー」に紐付いているというのだ。 ハン復活という衝撃的なサプライズが待っていた『ジェットブレイク』初映像だが、まだまだお楽しみがありそうだ。 ジャスティン・リン監督は「 あの予告編には入っていないものが、まだまだ沢山ありますよ」と、楽しみな予告も残している。 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2020年5月29日(金)全国超拡大公開。

次の

ワイルドスピードのハンは死んだor生きてる?彼の死因や車も調査!

ワイルド スピード ハン 死亡

米カリフォルニア州サンタクラリタ(CNN) 米国の人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」(邦題)への出演で知られる米男優ポール・ウォーカーさんが11月30日午後、米カリフォルニア州南部で車の衝突事故に巻き込まれ、死去した。 40歳だった。 ウォーカーさんの広報担当者も死去を確認した。 ただ、ウォーカーさんのツイッターやフェイスブックの公式アカウントで発表された内容以外の情報には触れなかった。 ロサンゼルス郡の保安官事務所は事故原因は速度超過との見方を示した。 フェイスブックでの説明によると、ウォーカーさんは友人が運転するポルシェに同乗し、自ら関与する団体の慈善行事の開催場所へ向かっていた。 行事はサンタクラリタ市のバレンシア地区で30日に催され、フィリピン・レイテ島などを先に襲った超大型台風の被災者支援が目的だったという。 同市はハリウッドから北へ約48キロ離れている。 事故現場は慈善行事が開催された事務所の集合地区から約274メートル離れた場所で、一帯の速度制限は時速約72キロだった。 保安官事務所は、車は衝突後、炎上したと述べた。 消防隊による消火後、車内で遺体2体が見つかった。 2人とも即死だった。 事故現場では街灯がなぎ倒されていたという。 ウォーカーさんは自動車の路上レースなどを主題にした「ワイルド・スピード」シリーズに潜入捜査官などの役で出演。 男優ヴィン・ディーゼルさんと共に主役級の役割を演じ、人気俳優となった。 同映画は1作目が2001年に公開されてヒットし、続編が相次いで製作された。 ウォーカーさんは来年公開予定の7作目にも出演中だった。 突然の死去の報を受け、ウィル・スミス、DMXらの有名俳優や歌手が弔意を寄せた。

次の