イラレ 放射線。 Illustrator でのグラデーションの作成

illustratorで放射線状の模様を簡単に描く方法

イラレ 放射線

たまーに見かける程度ですが、文字を放射線状に配置してるデザインがありますね。 あれって作るの難しそうに見えませんか? 縦に文字を打って、自分で回転させて、配置して… なんてとっても面倒なことは一切必要ナシ! 原理さえ理解できれば驚くほど簡単にできます。 伸びてく線の数だって自由に決められます。 この原理を初めて知る人は、きっとアッと驚くと思います! 私は驚きました。 ちょっとしたテクニックひとつでイラストレーターを使うのがどんどん楽しくなりますよね。 では早速説明していきます。 新規ドキュメントを開いて文字を打ってください。 ここでは「文字を放射線状に配置」と打ちました。 縦組みへ変更できたら次は楕円形ツールで正円を描きましょう。 水平に整列できたら下の画像と同じようなバランスに大きさを調整してください。 文字は必ず円の中心よりも上に収まる大きさにしましょう! このバランスと大きさで配置できてないと 今後の処理に支障がでます。 必ず画像と同じバランスで配置してください。 配置できたら、円と文字を両方選択した状態でツールパネルから「回転ツール」をダブルクリック。 すると回転オプションが出てくるので角度の数値を「30」にして「コピー」をクリック。 こんな感じに1個コピーされましたね。 コピーされたことが確認できたらそのまま 「Ctrl+D(Mac/Command+D)」を連続で押してください。 このショートカットキーは 1つ前の処理を繰り返すショートカットキーになります。 つまり、 ショートカットキーを押した数だけコピーされます。 見た目では分かりませんが、 回りの円も一緒にコピーされて重なっている状態になっています。 なので、たとえば小学生の時に作った掃除当番表などもこの方法で綺麗に作れます。 こんな感じです! 文字と文字を仕切ってる直線を今回説明した方法で放射線状に配置して作ってみました。 文字だけでなく、線や図形なども全く同じ方法で放射線状に配置できるので 自分なりのアレンジ次第で色々なデザインに応用可能です。 是非色々チャレンジしてみてください! 文字を放射線状に配置するテクニックは以上になります。 参考になった! ありがとう! と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。 管理人が大変喜びます! この記事が役に立ったとおもったら イラレに関するアンケートへのご協力をお願いします! アンケート回答は3分で終ります。

次の

放射線模様を描くのに超便利。Photoshopブラシとシェイプのまとめ

イラレ 放射線

Illustrator では、次の 3 種類のグラデーションを作成できます。 線形グラデーション ある点から別の点へカラーを一直線にブレンドするには、このグラデーションタイプを使用します。 円形グラデーション ある点から別の点へカラーを円形にブレンドするには、このグラデーションタイプを使用します。 フリーグラデーション 描画が滑らかで自然に見えるように、シェイプ内でカラー分岐点を指定した順序またはランダムな順序で徐々に変化させるには、このグラデーションタイプを使用します。 フリーグラデーションは、次の 2 つのモードで適用できます。 点: カラー分岐点の周囲の領域に陰影を付けるには、このモードを使用します。 線:線の周囲の領域に陰影を付けるには、このモードを使用します。 注意:カラー分岐点とは、グラデーションのカラーを制御するグラデーションガイド上(線形および円形の場合)またはオブジェクト上(フリー場合)の点のことです。 カラー分岐点のカラーを変更して、グラデーションを設定することができます。 線形および円形グラデーションのオプション(A-R) フリーグラデーションのオプション(R-V) A. 適用中または以前に使用したグラデーション B. 既存のグラデーションのドロップダウンリスト C. 塗りのカラー D. 線のカラー E. 反転グラデーション F. グラデーションガイド G. カラー分岐点 H. 中間点 I. カラーピッカー J. オプションの表示、非表示の切り替え K. グラデーションの種類 L. 線の種類 M. 角度 N. アスペクト比 O. 分岐点を削除 P. 不透明度 Q. 場所 R. 塗りまたは線(カラー付き) S. カラー分岐点 T. スプレッド U. フリーグラデーション V. フリーグラデーションモード グラデーションガイドを使用して線形のグラデーションの角度、位置、幅、または円形のグラデーションのフォーカルポイント、原点、広がりを変更できます。 グラデーションガイドがオブジェクトに表示されたら、グラデーションパネルまたはグラデーションガイドを使用して新しいカラー分岐点を追加したり、個々のカラー分岐点に新しい色を指定したり、不透明度設定を変更したり、カラー分岐点を新しい場所にドラッグしたりすることができます。 グラデーションガイドを表示または非表示にするには、 表示/ グラデーションガイドを隠す、または 表示/ グラデーションガイドを表示を選択します。 線形および円形グラデーションガイドでは、スライダーの端の円形(始点)をドラッグしてグラデーションの原点位置を変更し、端の菱形(終点)をドラッグしてグラデーションの範囲を調整できます。 終点にポインターを置いた場合、回転カーソルが表示されます。 これを使用してグラデーションの角度を変更できます。 注意:フリーグラデーションを使用すると、カラー分岐点をオブジェクトの任意の場所に配置できます。 したがって、フリーグラデーションにはグラデーションガイドは必要ありません。 グラデーションツールをクリックしてグラデーションを初めて適用すると、 白、黒グラデーションがデフォルトで適用されます。 以前にグラデーションを適用したことがある場合、最後に使用したグラデーションがデフォルトでオブジェクトに適用されます。 Illustrator には、グラデーションパネルまたはスウォッチパネルを使用して設定できる事前定義されたグラデーションセットも用意されています。 さらに、後で使用するためにグラデーションを作成してスウォッチパネルに保存することもできます。 グラデーションパネルから事前定義済みまたは保存済みのグラデーションを適用する場合は:• キャンバスでオブジェクトを選択し、グラデーションパネルで「 グラデーション」ドロップダウンをクリックします。 スウォッチライブラリから事前定義されたグラデーションを適用する場合は:• ウィンドウ/ スウォッチをクリックして、スウォッチパネルを開きます。 スウォッチパネルで、右上にあるドロップダウンをクリックします。 リストで、「 スウォッチライブラリを開く/ グラデーション」を選択し、適用するグラデーションを選択します。 スウォッチパネル内のグラデーションだけを表示するには、「 スウォッチの種類を表示」ドロップダウンリリストをクリックし、「 グラデーションスウォッチを表示」を選択します。 フリーグラデーションを作成および適用するには、次のいずれかの操作をおこないます。 グラデーションツールをクリックし、キャンバス上のオブジェクトをクリックします。 グラデーションタイプボタンが、コントロールパネルまたはプロパティパネルに表示されます。 オブジェクトを選択した状態で、 フリーグラデーションをクリックしてオブジェクトにフリーグラデーションを適用します。 グラデーションパネルで、 フリーグラデーションをクリックします。 プロパティパネルの「 グラデーション」セクションで、 フリーグラデーションをクリックします。 フリーグラデーションをクリックすると、次の 2 つのオプションを使用できます。 点:カラー分岐点をオブジェクト内の独立した点として作成する場合は、このオプションを選択します。 線:カラー分岐点をオブジェクト内の線セグメント上に作成する場合は、このオプションを選択します。 線モードのフリーグラデーションにカラー分岐点を追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。 オブジェクトの任意の場所をクリックして最初のカラー分岐点を作成します。 これは、線セグメントの始点になります。 クリックして次のカラー分岐点を作成します。 最初のカラー分岐点と 2 番目のカラー分岐点を結ぶ直線が追加されます。 カラー分岐点をさらに作成するには、もう一度クリックします。 直線が曲線に変わります。 オブジェクト内に個別の線セグメントを複数作成することができます。 新しい線セグメントを作成するには:• ポインターをオブジェクトの外側にドラッグしてオブジェクトに戻し、任意の場所をクリックして線セグメントの最初のカラー分岐点を作成します。 注意:必要に応じて、線セグメントをドラッグしてまとめて結合することもできます。 選択したカラー分岐点を削除するには:• オブジェクト領域の外側にドラッグするか、グラデーションパネルで「 削除」をクリックします。 カラー分岐点の位置を変更するには:• カラー分岐点をドラッグして目的の場所に置きます。 カラー分岐点の位置を変更すると、線セグメントも縮小または拡大されます。 他のカラー分岐点の位置は変更されません。 グラデーションが適用されたら、様々なカラー分岐点をグラデーションガイドに追加できます。 カラー分岐点を追加するには:• クリックした点にカラー分岐点が追加されます。 カラー分岐点を削除するには、カラー分岐点を選択し、次のいずれかの操作をおこないます。 Delete キーを押します。 グラデーションパネルで「 削除」ボタンをクリックします。 複数のカラー分岐点を選択するには、 Shift キーを押しながらカラー分岐点をクリックします。 選択したカラー分岐点をすべてクリアするには、 Esc キーを押します。 注意: グラデーションのカラー分岐点を選択すると、コントロールパネルとツールバーにカラー分岐点を変更するためのオプションが表示されます。 さらに、カラーオプションが右側の「カラー」タブに表示されます。 線形グラデーションのグラデーションガイドを回転するには、グラデーションガイドの終点をクリックしたままにします。 円形の矢印記号が表示されたら、ガイドをドラッグして任意の方向に回転します。 ガイドの新しい位置を示すために点線の四角形が表示されます。 円形グラデーションのグラデーションガイドを回転するには、ポインターをグラデーションガイドの終点に置き、円形の矢印記号が表示されたらガイドをドラッグします。 円形グラデーションの半径範囲内にポインターを置くと、点線リングが表示されます。 このリングを軸に沿って回転すると、円形グラデーションの角度を変更できます。 さらに、点線リングに 2 つの点が表示されます。 これらの点のいずれかをクリックするとリングの形状(縦横比)を変更し、他の点をクリックして点線リングのサイズ(グラデーションのスプレッド)を変更できます。 1 つのオブジェクトにグラデーションを適用します。 同じグラデーションで塗りつぶす他のオブジェクトを選択します。 これをおこなうには、ツールバーで選択ツールをクリックします。 Shift キーを押しながら、同じグラデーションで塗りつぶすオブジェクトをクリックします。 ツールバーからカラーピッカーツールを選択し、グラデーションをクリックします。 次に、選択したグラデーションを適用するオブジェクトを選択します。 グラデーションパネル、ツールバー、またはプロパティパネルの塗りアイコンをクリックします。 グラデーションツールで、次のいずれかの操作をおこないます。 グラデーションガイドでグラデーションを作成するには、グラデーションを開始するキャンバスをクリックし、グラデーションの終点までドラッグします。 選択したすべてのオブジェクトに対してグラデーションガイドでグラデーションを作成するには、グラデーションを開始するアートボードをクリックし、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらグラデーションの終点までドラッグします。 その後、各オブジェクトのグラデーションスライダーを調整できます(複数のグラデーションスライダーは単純なパスでのみ作成されます)。

次の

イラレで放物線をパッと描く|イラレ|ぼんぷろぐ

イラレ 放射線

イラストレーターで太陽の光を表現する方法を紹介します! 基本的に、フレアツールを使えば簡単に表現できるのですが、今回はそこに要素を足して、より太陽の光をリアルに表現する方法を紹介します。 グラデーションで下地を作る。 まずはグラデーションで、空の下地を作って下さい。 最後に調節すればいいのでここでは何となくで大丈夫です。 放射状の光を描く。 次に放射状に広がる太陽の輝きを作ります。 こんな形を作ります。 上に行くに従って若干細くなり、最後は丸くなっています。 そこに「グラデーション」をかけ、細い方が透明になるようにします。 八角形を使って真ん中の光をより強調する。 多角形ツールで正八角形をつくり「パンク膨張」で変形します。 このような形ができたら、今度は「回転」で「22. ぼかしとサイズ調節をして、なじませます。 フレアツールで光レンズフレアを入れる。 ここで「フレアツール」を使っていきます。 使った事がない方でも、簡単に使えます! まずは光源の、位置と大きさを決めます。 次に、フレアの方向を決めます。 光源と近すぎると描画が崩れてしまいますし、離れすぎると、画面外にフレアがでてしまい効果が薄れてしまうので、ちょうどいい位置を探してみて下さい。 六角形のレンズフレアを入れる。 最後に六角形のレンズフレアを入れていきます。 「多角形ツール」で六角形を作った後、パスを手動で変形し、下の図のような形を作ります。 これができたら、「不透明度」を10%くらいにし、「ぼかし」もかけて、なじませ、対角線上に配置します。 全ての要素がそろったところで、それぞれの大きさや不透明度、グラデーションの濃さ等を調節し、全体がなじむように整えれば、これで完成です。 フレアツールのみのものと比べてみると、だいぶリアルにできているんじゃないでしょうか。

次の