コール ボーイ 歌詞。 有名なシャンパンコールの歌詞は?コール後のコメントや盛り上がるコールまとめ【絶対知るべき】

ナット・キング・コールのベスト・ソング20曲:世界屈指の歌手であり人種差別を超えた先駆者

コール ボーイ 歌詞

V is very very extra ordinary. E is even more than any one that you adore can. Love is all that I can give to you Love is more than just a game for two, Two in love can make it, take my heart and please don't break it, Love was made for me and you. Love is all that I can give to you Love is more than just a game for two, Two in love can make it, take my heart and please don't break it, Love was made for me and you. Love was made for me and you. Love was made for me and you. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 NAT KING COLEさん『L-O-V-E』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 NAT KING COLEさん『L-O-V-E』の歌詞 ラブ words by ベルトケンプフェルトアンドミルトガーバー music by ベルトケンプフェルトアンドミルトガーバー Performed by ナットキングコール.

次の

Danny Boy〜アイルランドで生まれた珠玉のメロディーに込められた平和への願い|街の歌|TAP the POP

コール ボーイ 歌詞

カテゴリ• syudou『コールボーイ』の概要 『コールボーイ』とは2019年4月13日にネット上で公開された楽曲です。 syudouさん45作目となる新ナンバーであり「お酒」をテーマにしています。 映像はヤスタツさんが担当されており、前作大人気となったビターチョコ デコレーションでも高い技術でファンを魅了してきました。 syudouさんご自身も動画コメント欄にて 「お酒はほどほどにって曲です。 」と軽めのタッチで今作について語っていますね。 確かに歌詞ではお酒を呑み過ぎて中毒になるとどうなるかがリアルに描かれています。 リアル過ぎて考察の途中で背筋がゾワゾワする部分もあります。 『コールボーイ』は、お酒が好きな人もお酒を全然呑まない人にも教訓的な楽曲です。 そして現在、お酒を飲み過ぎているまたはやめられないというあなた! 今すぐこのMVを見てお酒の呑み方を調整してみて下さい(笑) それではさっそく歌詞の意味を考察していくことにいたしましょう。 『コールボーイ』の意味とは 『コールボーイ』とは英語で「Call Boy」となり意味は「呼び出し係」です。 しかし今回の歌詞全体とマッチする意味としては、 主人公の男性(ボーイ)が マスターを呼ぶ(コール)してお酒を持って来させる様子を指すのだと筆者は考えます。 「おーい!酒だ!」と次から次へとお酒を注文する彼のアルコール中毒っぷりを容易にイメージできると思います。 『コールボーイ』歌詞の意味 アンダーグラウンドに巣食う半端者たち 繁華街地下場末のバーは ボンクラ酔いどれ自称非凡人 使い捨てしたいクズと されたい輩にて大繁盛 混ぜ物多めの安価なバーボン 半端なアンタが良く似合う 酔ったら同じ事 なんてのがお決まりなんだけど 繁華街地下にあるバーには酒好きの男女が入り乱れていました。 彼らは 「ボンクラ酔いどれ」と称されており、どうしようもない程お酒を飲む連中でした。 「自称非凡人」とは「俺は昔凄かったんだ」と言って 凡人には留まらない存在であるとアピールする人たちを表現しています。 「使い捨てにする人とされる人」については、 一夜限りの交際で満足する男女の関係に言及しているようです。 飽きたら別の人という思考が含まれています。 彼らが浴びるように飲んでいる酒は混ぜ物のない純粋なお酒ではないようです。 「混ぜ物多めの安価なバーボン」で満足してい点から 質より量という考えなのでしょう。 酔うことを目的としている人たちですから、綺麗に呑むとか雰囲気を重視する客はいないようです。 何かを忘れたい人が多いようにも感じます。 確かに言えることは歌詞にもあるように、繁華街アンダーグラウンドのバーに巣食う客の大半が「一人では生きて行けない」半端者ばかりであるという点です。 そしてそのうちの一人が「コールボーイ」の主人公です。 酒と女で麻痺させる孤独 人は孤独を殺すため 虚しいをもどすため酒を飲むんだ 金も時間も肝臓も なぁ何でもやるからさ 二人でいよう? 主人公曰く、お酒を呑む理由は 自分の中の孤独を麻痺させて虚しい気持ちを元に戻すためだと述べています。 そのためなら 「金も時間も肝臓も」差し出すと歌詞は綴っています。 安価であっても大量に飲めば大金を叩くことになります。 数時間はその場に留まらなければなりません。 さらにアルコールの多量摂取は肝臓の働きを阻害します。 それでも孤独を麻痺させるためなら主人公を含め酒呑みはそうしたものを喜んで犠牲にしてしまうのでした。 彼は「二人でいよう?」と声をかけています。 それは一緒に呑む時の呑み友達なのかもしれませんし、バーでたまたま出会った人なのかもしれません。 余談ですが、筆者も初めてバーに友達と行ったときにカウンターの男性に話しかけられました。 30分くらい話しかけられ名刺も渡されました。 話を聞いているとそこそこ偉い方のようで会話の半分は自慢でした。 良くも悪くもバーは出会いの場所と言えるんだと実感しました。 友達から「あれが良かったこれが悪かった」という話を聞いても一切覚えていません。 後日、友達には色々な点について弁解する必要が生じたのでしょう。 「記憶のないあなたを運ぶのは大変だった」と言われれば「一人で歩けた」と弁解したかもしれません。 呑み過ぎは明日に影響するという考えも、彼にとっては呑まなきゃ明日に影響するという考えに変換されてしまうのでしょう。 そしてまた後日、呑み過ぎた点を友達に指摘されても 「記憶にございません」と政治家の決まり文句のように切り抜けるのでした。 自分の好みを偉そうに声高に語る人も結局、酔ったら誰でもいいんだと皮肉めいたことを発します。 そして段々と自分が一人で人生を孤独に歩んでいること、自分以外には人生を共にする誰かがいることに苛立ちを感じます。 荒ぶる彼は暴言を店中に響かせます。 曲の中で彼は3回 「クソが!」という汚い罵声をあげています。 大人として大変マナーが悪く汚い呑み方の一つだと言えるでしょう。 意味も無く呑み続けるお酒にもはや味など感じなかったことでしょう。 彼が味わっているものがあるとすれば孤独だけです。 その友達はきっと彼の身を案じてお酒の量を減らすように勧めたことでしょう。 しかし彼はそうした助言に耳を貸そうとはしません。 むしろ嫌気を感じて苛立ったことでしょう。 そしてお酒の力を借りないでそれなりにやっていられるのは 「社会に飲まれている」からだと皮肉を述べています。 つまり彼はお酒に 「主導」権を奪われているのです。 この 「主導」が作り手の syudouさんとかかっているのに違いないと筆者は考えました。 syudouさんの言葉遊びのセンスに酔いしれます。 繁華街地下バーには今日も色々な声が飛び交います。 そんな中、一番声を大にして叫んでいるのは主人公でしょう。 アルコールのアンコールを叫び続けているのです。 彼が叫ぶのをやめるのは、店が閉店するか彼の意識が飛ぶか、また孤独が完全に消え去る時なのでしょう。 筆者は彼が酒処ではなく、孤独を完全に埋めてくれる人を避け所として欲しいと願うのでした。 まとめ アルコール中毒の男の悲しい性を垣間見てしまいましたね。 お酒を綺麗に呑むか汚く呑むかは重要だと思います。 愚痴を言うのは良しとしても他者に迷惑がかかる一切の行為は大人のマナーに反していますね。 また記憶を失って常習的に誰かのお世話になるのも避けたいところです。 筆者はせっかく友達と呑みにきているのですから会話が成立する程度で酒をやめておくのが良いと思います。 ちなみに一杯酒を呑んだら水を一杯飲むを繰り返すと、悪酔いを避けられると感じています(人によります 笑) 是非、間違っても酒に自分の主導権を奪われないように注意していきたいと思います。 自分は絶対大丈夫と自分に酔わないようにも気をつけたいものです。 syudouさんの教訓的な歌詞と曲に感謝します。 次回作と今後の活動に期待し注目していきたいと思います。

次の

コールボーイ

コール ボーイ 歌詞

イギリスにとって最初植民地となったアイルランドは、12世紀から800年間に渡って、その宗教と言語(ゲール語)に対して信じられないほどの差別と抑圧を受けた。 1800年頃になると、その地に暮す人々によって幾つもの民謡が生み出されるようになる。 17世紀頃から歌い継がれてきたこの「Londonderry Air(ロンドンデリーの歌)」も、そうした特別な歌の一つだった。 哀愁漂うメロディーが印象的なこの楽曲には作者のクレジットが存在しない。 19世紀にジミー・マッカリーという盲目のヴァイオリニスト(アイルランド人)が路上で演奏していたものを、ジェイン・ロスという女性の民謡収集家(アイルランド人)が聴き取って採譜したという。 ジェインは、その譜面を同じ収集家仲間のジョージ・ペトリに預け、その後、彼の編纂によって1855年発行の『The Ancient Music of Ireland(アイルランドの古代音楽)』に収録された。 辛く悲しい運命に翻弄されながら…ケルト人たちは、このメロディーにさまざまな詞(ことば)をのせて子孫へと歌い継いできた。 もし私がリンゴの花だったなら ねじれた枝からふわり浮かんでふわり落ちて 貴方のシルクの胸元に舞い降りたい もし私が磨かれたリンゴの実だったら 木漏れ日の中でローブが揺れる 金色の髪の貴方にもぎ取ってほしい 20世紀の初頭、世界では人類史上最初の世界大戦(第一次世界大戦)が始ろうとしていた。 1913年、この歌にイギリスの法律家で作詞家だったフレデリック・ウェザリーが「Danny Boy」というタイトルで歌詞をつける。 きっかけはウェザリーのもとにアメリカから義妹が送ってきた一枚の楽譜だったという。 そのメロディーはウェザリーにある歌詞のことを思い出させた。 それは彼が3年前に別の曲の歌詞として書いていたもので、そこには第一次世界大戦を前にした混沌とした世相が描かれていたという。 古くからアイルランドで歌い継がれてきた哀愁漂うメロディーに感銘を受けたウェザリーは、曲に合うように手直しをして「Danny Boy」として歌詞を完成させたのだ。 ああ私のダニーよ バグパイプの音が呼んでいるよ 谷から谷へ 山の斜面を駆け下りるように 夏は過ぎ去り 薔薇もみんな枯れ落ちる中 おまえは…おまえは行ってしまう すべての花が枯れ落ちる中 おまえがここに帰ってきて もしも私が先に死んでしまっていても どうか私が眠る場所を探してひざまづき… 私のために祈りを捧げて欲しい 時が流れ…第二次世界大戦中には、人気歌手のビング・クロスビーがレパートリーとしていたこともあって「Danny Boy」は世界へと広まっていき、戦後の日本でも江利チエミや美空ひばりが歌って人々に愛された。 日本語でもいくつかの歌詞が存在する中、作詞家・作家のなかにし礼が手掛けた日本語歌詞は特に秀逸だ。 2014年、なかにしは平和への願いを込めて毎日新聞夕刊にこんな寄稿(メッセージ)を残している。 集団的自衛権が閣議決定された かくして君たちの日本はその長い歴史の中のどんな時代よりも 禍々(まがまが)しい暗黒時代へともどっていく そしてまたあの醜悪と愚劣、残酷と恐怖の戦争が始まるだろう 巨大な歯車がひとたびぐらっと回りはじめたら最後 君もその中に巻き込まれる いやがおうでも巻き込まれる しかし君に戦う理由などあるのか? 国のため? 大義のため? そんなもののために君は銃で人を狙えるのか? 君は銃剣で人を刺せるのか? 君は人々の上に爆弾を落とせるのか? 若き友たちよ 君は戦場に行ってはならない なぜなら君は戦争にむいてないからだ 世界史上類例のない 69年間も平和がつづいた理想の国に生まれたんだもの 平和しか知らないんだ 平和の申し子なんだ 平和こそが君の故郷であり 生活であり存在理由なんだ 平和ボケ? なんとでも言わしておけ 戦争なんか真っ平ごめんだ 人殺しどころか喧嘩(けんか)もしたくない たとえ国家といえども 俺の人生にかまわないでくれ 俺は臆病なんだ 俺は弱虫なんだ 卑怯者(ひきょうもの)? そうかもしれない しかし俺は平和が好きなんだ それのどこが悪い? 弱くあることも勇気のいることなんだぜ そう言って胸をはれば 何か清々(すがすが)しい風が吹くじゃないか 怖(おそ)れるものはなにもない 愛する平和の申し子たちよ この世に生まれ出た時 君は命の歓喜の産声をあげた 君の命よりも大切なものはない 生き抜かなければならない 死んではならない、が、殺してもいけない だから今こそ!もっともか弱きものとして 産声をあげる赤児のように 泣きながら抵抗を始めよう 泣きながら抵抗をしつづけるのだ 泣くことを一生やめてはならない 平和のために!.

次の