神戸市 給付金 遅い。 コロナ一律10万円給付【神戸】申請や支給の時期は何時?手続きの方法は?

川崎市の定額給付金振り込み入金はいつ?多摩区/麻生区/高津区/中原区/宮前区/幸区/川崎区

神戸市 給付金 遅い

記者資料提供(令和2年4月30日) 福祉局政策課 企画調整局情報化戦略部 特別定額給付金の申請や給付については、現時点で、以下のスケジュールを予定していますので、お知らせします。 (金融機関や郵便局などとの調整で今後、変更することもありうることをご了承ください。 ) 1. 申請について 給付金の受け取りには、必ず申請が必要です。 (1)オンライン申請(世帯主が現にマイナンバーカードをお持ちの場合のみ可能) 5月1日(金曜日)10時(予定)から、申請の受付を開始します。 給付申請される方は、世帯主のマイナンバーカードと対応スマートフォンなどの読取りに必要な機器をご自身でご用意いただき、下記申請ページへアクセスし、画面の指示に従ってオンライン申請してください(『神戸市 特別定額給付金』で検索)。 オンライン申請を行った場合でも(2)の申請書は届きますが、郵送申請の必要はありません。 マイナンバーカードの新規交付には、申請から約2ヶ月かかります。 これからマイナンバーカードの交付申請をされようとする方は、郵送申請の方が早く給付されると見込まれますので、留意ください。 対応スマートフォンについては、マイナポータルサイトの「よくあるご質問」ページでご確認ください () マイナンバーカードに電子証明書(英数字6文字以上16文字以下で設定した署名用電子証明書)が搭載されている必要があります。 (2)郵送申請 市役所から各世帯主宛に、給付金の受け取りに必要な申請書を同封したご案内を郵送します。 この郵送は、5月15日(金曜日)からまず、中学生以下の子どもを含む子育て世帯から開始し、その後、6月上旬ごろまでに全世帯に対する郵送を完了させる予定です。 給付申請される方は、お送りした申請書に必要事項を記載の上、本人確認書類(注1)及び口座確認書類(注2)の写しを申請書の裏面に貼り付けて、同封されている返信用封筒を使って、申請してください。 区役所などの窓口では申請書は受け付けませんので、ご注意ください。 (注1)本人確認資料とは、運転免許証・健康保険証・パスポート 等 (注2)口座確認資料とは、通帳・キャッシュカード 等 (3)窓口申請 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、神戸市では窓口での申請受付は行いません。 受取りに必要な口座をお持ちでない方も代理人の口座で受取ることが可能です。 やむを得ず窓口での給付を希望される場合も、その旨をお送りした申請書に記入の上、郵送により(2)と同様に申請してください。 区役所などの窓口では申請書は受け付けませんので、ご注意ください。 なお、窓口での給付にあたっては、7月以降、申請者に書面でご連絡し、市役所(三宮)近くに設置する給付窓口にお越しいただく予定です。 口座振り込みによる給付 ご指定の口座へ入金するとともに、「支給決定通知書」を郵送でお送りします。 口座振り込みによる給付開始は、5月末~6月初旬からを予定しています。 市内には76万世帯あることから、申請から給付まで一定の時間を要することについて、ご理解ください。 申請期限 8月18日(火曜日) 4. 問い合わせ窓口 5月8日(金曜日)から「神戸市特別定額給付金コールセンター」を開設します。 ・連 絡 先:078-771-7493 ・受付時間:月曜日~日曜日 9時00分~17時30分 <市民の皆様へのお願い> コールセンターへの電話がつながりにくい状態が想定されます。 郵送申請の方は、申請書がお手元に届いてからお問い合わせください。 神戸市ホームページに「よくあるご質問」を掲載していますので、そちらもご活用ください。 () 5. 給付金を装った詐欺にご注意ください! 神戸市や総務省をかたった不審なメールや、「個人番号」「通帳・キャッシュカード」「暗証番号」の搾取にご注意ください。 区役所で直接給付金をお渡しすることはありません。 市役所が電話でATMでの操作をお願いすることもありません。

次の

10万円給付金神戸市の振込はいつ?入金連絡は来るか併せて調査

神戸市 給付金 遅い

新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が1人10万円の現金を配る「特別定額給付金」について、郵送による手続きで5月中に給付を始められる見込みなのは兵庫県内で22市町にとどまることが神戸新聞社の調査で分かった。 5月中旬までに始められるのは3市町のみで、他市町は下旬以降にずれ込む見通し。 政府が方針を打ち出して間がなく、多くの市町でシステム整備が追いつかないなど準備作業に手間取っている。 (まとめ・金 旻革) 調査は4月28~30日に実施。 41市町に申請受け付けや給付の開始時期の見込みなどを聞き取った。 各市町は4月27日時点で住民基本台帳に登録されている住民に申請書類を郵送し、住民が申請書に記入して必要書類を添えて返信すると、口座にお金が振り込まれる。 マイナンバーカードがあれば、ウェブサイト「マイナポータル」上で申請でき、県内では25市町が5月1日から申請受け付けを始めた。 郵送手続きで、給付が最も早いのは伊丹市。 「困っている市民生活を応援するため、一刻も早い給付手続きを行いたい」(藤原保幸市長)と、5月2日から申請書を発送して順次申請を受け付け、同8日から給付を開始する。 新型コロナの感染拡大の影響で収入が減少した人々にとって、給付金が手元に届く時期は切実な問題だ。 ただ、少なくとも33市町は、郵送申請による給付開始が5月下旬以降となり、遅い市町では6月中旬との見方を示している。 たつの市や稲美町など24市町は「(申請書類の出力などの)システム構築が新たに必要」と答え、給付事務の体制整備に時間を要している。 南あわじ市は支給を急ぐために職員自らがシステムを整えた。 全国の自治体が一斉に給付作業に取りかかっており、「申請書の印刷や封筒の用意、発送の委託先が決まらない」(三木市)。 こうした中、明石市では生活困窮者に限って4月30日から申請を受け付け、5月1日から窓口で現金を手渡す対応を始めた。 一般市民の申請受け付けは5月下旬から予定している。 多くの市町では専任チームや窓口を設置。 膨大な事務作業や住民の問い合わせに応じる。 丹波篠山市と播磨町は新型コロナの影響で内定を取り消されたり、解雇されたりした住民を会計年度任用職員として募集し、対応に当たる。 各市町は「新型コロナの感染防止のために役所・役場に直接足を運ばず、郵送とオンラインでの申請をお願いしたい」と口をそろえている。 【記事特集リンク】.

次の

神戸市:神戸市の『特別定額給付金』の給付スケジュールについてお知らせします!~オンライン申請は5月1日から受け付け開始します~

神戸市 給付金 遅い

新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が1人10万円の現金を配る「特別定額給付金」について、郵送による手続きで5月中に給付を始められる見込みなのは兵庫県内で22市町にとどまることが神戸新聞社の調査で分かった。 5月中旬までに始められるのは3市町のみで、他市町は下旬以降にずれ込む見通し。 政府が方針を打ち出して間がなく、多くの市町でシステム整備が追いつかないなど準備作業に手間取っている。 (まとめ・金 旻革) 調査は4月28~30日に実施。 41市町に申請受け付けや給付の開始時期の見込みなどを聞き取った。 各市町は4月27日時点で住民基本台帳に登録されている住民に申請書類を郵送し、住民が申請書に記入して必要書類を添えて返信すると、口座にお金が振り込まれる。 マイナンバーカードがあれば、ウェブサイト「マイナポータル」上で申請でき、県内では25市町が5月1日から申請受け付けを始めた。 郵送手続きで、給付が最も早いのは伊丹市。 「困っている市民生活を応援するため、一刻も早い給付手続きを行いたい」(藤原保幸市長)と、5月2日から申請書を発送して順次申請を受け付け、同8日から給付を開始する。 新型コロナの感染拡大の影響で収入が減少した人々にとって、給付金が手元に届く時期は切実な問題だ。 ただ、少なくとも33市町は、郵送申請による給付開始が5月下旬以降となり、遅い市町では6月中旬との見方を示している。 たつの市や稲美町など24市町は「(申請書類の出力などの)システム構築が新たに必要」と答え、給付事務の体制整備に時間を要している。 南あわじ市は支給を急ぐために職員自らがシステムを整えた。 全国の自治体が一斉に給付作業に取りかかっており、「申請書の印刷や封筒の用意、発送の委託先が決まらない」(三木市)。 こうした中、明石市では生活困窮者に限って4月30日から申請を受け付け、5月1日から窓口で現金を手渡す対応を始めた。 一般市民の申請受け付けは5月下旬から予定している。 多くの市町では専任チームや窓口を設置。 膨大な事務作業や住民の問い合わせに応じる。 丹波篠山市と播磨町は新型コロナの影響で内定を取り消されたり、解雇されたりした住民を会計年度任用職員として募集し、対応に当たる。 各市町は「新型コロナの感染防止のために役所・役場に直接足を運ばず、郵送とオンラインでの申請をお願いしたい」と口をそろえている。 【記事特集リンク】.

次の