父を殺した母へ。 「母殺し」が象徴するもの

父親を殺したいと思ってしまうのは気が狂っていますか?私にとって父は物心つ...

父を殺した母へ

ユング心理学の中に、 「母親殺し」というドぎつい表現が出てきます。 「えっ、ユングって少年犯罪の心理にも詳しいの?」 …と誤解してしまう方もいらっしゃるかもしれませんよね(笑)。 実際に母親を殺すわけではありません。 母親殺しが象徴しているのは、人間の「心理的な成長」、 つまり、 母親殺し=母離れということになりますね。 人間が心理的に成長していくプロセスにおいて、 一人前になるためにどうしても克服しなければならないテーマを、 ユングは「母殺し」言い方で表現したのです。 このテーマは、実は、世界各国の神話や民話にも登場するエピソード。 それにしてもなぜ、克服すべきテーマを母親になぞらえるのか? それは、ユングが唱えた「元型論」の 「グレードマザー=太母」が持つ意味に起因しています。 確かに、母親って、口うるさいところがありますし、ともすれば 過干渉で子どもの可能性をつぶしてしまう存在でもありますからね(汗) そのため、このグレートマザー=母親と対決をして、 それに勝つ、殺してしまうことが求められるというわけ。 それで初めて「一人前になれる」ということです。 最もポピュラーなのは、 素戔鳴尊(スサノオノミコト)の八岐大蛇退治。 素戔鳴尊は、八岐大蛇を退治して、 奇稲田姫(くしなだひめ)を救いました。 そして、大蛇の尾から草薙剣 三種の神器 を奪ったのです。 彼は、せっかく手に入れた草薙の剣を、 姉である天照大神に献上してしまいます。 つまり、 母離れが完全にはできていなかったということですね(苦笑) この伝承のエピソードも踏まえ、 ユング心理学の権威である河合隼雄先生は、 「日本の男はみんな永遠の少年だ」 とおっしゃっています。 これは、ユングよりも ノイマン(ジョン・フォン・ノイマン。 ユング派の心理学者)の 考え方を紹介したほうが分かりやすいでしょう。 ノイマンによれば、 「母殺し」と「父殺し」とでは意味が異なるのだとか。 「母殺し」は太母からの自我の自立を、一方の「父殺し」は、 古い文化を否定して新しい文化を創造する心の働きを 意味しているのだと言います。 ちなみに、ユングによれば、「母親殺し」や「父親殺し」は 愛の挫折や愛の倒錯から生まれるのではないとのこと。 つまり、個人的な感情云々から生ずるエピソードではなく、 「より元型的な心のメカニズム」、 誰もが通る道として捉えられています。 ですから、 「うちの子が私に対して攻撃的なのは、育て方が悪かったからだ」 と自分を責める必要はありません。 親としては、むしろ喜ぶべきことなのではないでしょうか!.

次の

父親を殺したいと思ってしまうのは気が狂っていますか?私にとって父は物心つ...

父を殺した母へ

こんにちは。 今回は2018年6月24日放送の「父を殺した母へ」を観て、思ったこと、感じたことを記事にしています。 まず今回のお話は・・・ 現在34歳 前田勝(まえだしょう)さんです。 韓国名:チョウ・スンギュンさん。 前田さんが18歳の時、母親が再婚相手である日本人の父親を殺してその後母親が自殺してしまいます。 母親は韓国人、血のつながりのある父親は台湾人です。 韓国生まれ、3歳まで韓国で育ち、前田さんが3歳の時に両親は離婚してしまいます。 そして父親は母国台湾に戻り、母親は日本に出稼ぎにいってしまい、韓国の親戚の家をたらい回しにされた前田さん。 ですが、7歳の時に台湾に住む父に引き取られました。 そして数年過ごしたのち、母親は日本人男性と再婚し、名古屋で一緒に住むことを提案し、13歳の時、半ば強引に日本に連れて来られたそうです。 それから5年ほどして起きた母親による義理の父親の殺害事件。 過酷な運命に向き合う一人の男性の話でした。 想像するだけで辛すぎる人生 今回、見ていてとても気分が参るような、重い話でした。 これが実際に本当にあった事件なのかと思うほど、主人公にとっては辛い人生ではないかと思います。 加害者の息子なのだけれども、両親の離婚から、自分の意思とは関係なく3か国を回らなくてはいけない状況が、こんなに若くして起こっていることにまず同情してしまいます。 前田さん自身が「母親は自分勝手。 一人だけで死ねばよかったのに」と言った言葉が重かったですね。 もし会って母親に言いたいことがあれば「お前が憎い」と言いたいと言った前田さん。 前田さん自身に罪はなく、でも親の罪を無関係とは言えない複雑な心情が見てとれました。 ナレーションでも「背負った十字架の重さを改めて突きつけられるだけでした」と言っていましたが、その通りだと思います。 17年の時を経て、母親の家族や父親に会いに行くことに・・・ 母親を恨む一方で、本当の母親はどんな母親だったのか?を知りたくなった前田さん。 母親の親類を訪ねて、韓国に飛びます。 子供の頃たらい回しにされ、いい思い出がないと思っていた韓国で母親の家族に会い、母親が自分を思っていた優しい人柄にも触れ、涙を流し、気持ちが揺さぶられているのを感じました。 複雑すぎて言葉にするのが難しい その後父親にも会いに行く決意をして、台湾に飛び、念願の再会が叶いました。 台湾の父親は、「お母さん以上の女性はいない」とおっしゃっていました。 離婚理由は分からないけれど、今現在、台湾で韓国料理のお店で働いていたので、今でも愛しているというのは、本心かもしれません。 それならやはり離婚したのは絶対的間違いだったのかなと勝手ながら思ってしまいます。 そして、「お母さんは悔いのない人生を歩んだのだから、お母さんのことを悲しまないで。 お母さんは人よりも濃い人生を送ったのだから」とおっしゃってました。 息子を励ましたい気持ちに溢れていました。 だから殺された日本人男性のことを考えるととても複雑ですね。 日本人男性の親族の気持ちになると・・・ 私が日本人男性の親類の立場なら、複雑ですね。 いくら浮気していたとしても、人を殺すことは絶対に許されるべきことではないですから。 今回スポットを当てているのは、加害者の息子である前田さんなので、前田さんから見ていた番組構成になっているので、致し方ないことです。 だからこそ難しいし、辛いですね。 前田さんが罪を犯している訳ではなく、むしろ辛い日常を送ってきたことは容易に想像が出来るので涙が出てきてしまいます。 終わりに ぜひ観てみてください。 ずっしり重い気持ちになりますが、色々観ながら考えているうちに、引き込まれてしまいます。 今後望むことは、これから先、辛いことの少ない人生、幸せを沢山感じる人生を歩んでいかれることを願っています。 そして偉そうですが、これからは自分の為に人生を生きて欲しいし、ここで区切りをつけていいのではないかと思うのです。 そしてそう見ている私が思うのは、彼の人柄の良さだったり、彼から滲み出る苦悩が手に取るように伝わってくるからだと思います。 愛情と憎悪は紙一重なのだと思わざるをえませんでした。 罪を犯すということは、周りの人々の人生をも狂わしてしまうことを考えなければなりません。 ではおしまいです。 mapleheart3 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、もしもアフィリエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

次の

「母殺し」が象徴するもの

父を殺した母へ

随分泣かされました。 温かい家庭だっただろう様子から一変して、壮絶な人生を歩まされた著者。 文面から著者が<愛のわかる人>だということが感じ取れます。 彼にとって父親は自分の母親を殺した憎むべき犯人。 でも同時に自分のたった一人の肉親でもある。 その父親の<自分に対する愛情が痛いほど分かる人>です。 母親を殺したことは許せない。 しかし「父さんが死刑になっても母さんは戻ってはこない。 今まで僕は父さんを恨み、憎み続けてきた。 でもその感情は僕の心を押し潰しただけだ。 父さんを恨んでいる限り、僕は救われない。 (本文より)」そして「終わらせる」という結論を出し、決心しました。 「前に進もう。 僕が父さんを救おう。 死刑になんてさせない。 (本文より)」それ以来著者の生活は変わっていきます。 一時的には非行に走ったり自殺未遂を繰り返したり荒れていましたが、彼の出した結論は正しく、父親の死刑確定後も決心は揺るぐどころか、人間的に益々強められていっているようです。 ホームレスになっても周りで時宜にかなった助けを出してくれる友人がいたことも救いだったと思います。 自己憐憫に陥ることなく、何かのせいにするでもなく、思いやりをもって助けてくれた友人に感謝もできる人です。 今は講演活動など続けておられるのでしょうか、頑張って頂きたいです。 それにしても、前向きに生きていこうと決心して進むことがこんなにも人を強くするということに感動します。 何も隠さず、正直でいることも彼の強さの一つなのでしょう。 とても賢い生き方だと思います。 たくさんの人に読んでもらいたいと思う本です。

次の