アフィリエイト サイト 設計。 アフィリエイトサイトのサイト設計について

SEOセミナー3 サイト設計論。トップページキーワードの考え方

アフィリエイト サイト 設計

理由は上位表示させたい記事を評価してもらうためです。 ビックキーワードの上位表示を狙いたいなら、土台となるミドル・ロングテールから内部リンクを送ればOKです。 より多くの記事から内部リンクを受け取るとGoogleから評価を受ける確率も高まりますので。 ただし、注意として上位表示されていないロング・ミドル記事を量産しても評価は上がりません。 つまり、ロング・ミドルもしっかりと上位を取るということが何より重要であるということです。 については以下の記事で深堀解説しているので、合わせてどうぞ。 3-2. 「商標ワード」の成約率が高い理由はここにあります。 先程の具体例(一眼レフ)で解説していくと以下の通りになります。 【PR】現役ブロガーの実践ノウハウをこっそり教えちゃいます。 当サイトでは、私が月7桁稼ぐまでに至ったノウハウ・現在実践しているノウハウを「」で有料コンテンツとして販売しております。 実際にブログで月7桁稼いだ実績を持っており、また現在もブログ収益で生活をしていますので情報の信頼性は高いと感じています。 しかし、有料コンテンツで提供している情報は「楽して稼ぐ!」というものにはなっておらず、これから私と同じようにブログ・発信者として生活していきたい方に向けて書いておりますので「継続的に作業できる方のみ」ご購入いただければ幸いです。 また、コンテンツには自信を持って提供させて頂いておりますので、もし購入後ご不満がございましたら「返金対応」させて頂きます。

次の

アフィリエイトのサイト設計に関する個人的な見解

アフィリエイト サイト 設計

アフィリエイトで月3万円を稼ぐコツ【サイト設計の仕方】です。 1度目は、起業家の頭の中で作られます。 それがアフィリエイトの場合、サイト設計となります。 そして、訪問者は、こんなワードで集めよう。 記事数は300記事くらいのサイトにして、集めたい訪問者は30代の独身女性なので、サイトデザインは、こんな感じにしよう」などと、考えるのが、サイト設計のことです。 頭の中で、ビジネスプランを作る作業が、サイト設計のことですね。 やみくもに、書きたい記事を書いていく雑記ブログでも、月1万円は超えることができるでしょう。 しかし、効率良く、月3万円、月5万円、月10万円と稼ぐとなると、ブログを作り始める前に、サイト設計を行っていた方が、効率良く、アフィリエイトブログで月3万円以上を稼げるようになるでしょう。 人によっては、サイト設計のみして、実際の記事を書く作業や、デザインなど、その多くを外注してしまい、「自分はサイト設計をして、あとは外注費を払うだけ」というアフィリエイターもいます。 ただし! 初めてアフィリエイトに取り組む初心者の場合は、サイト設計のしようがありません。 「自分は、どんな記事だと書きやすいか?」 「自分の書く記事で、多くの人から読まれる{需要のある記事}や{自分の強みを生かせる記事}は、どんな記事か?」 「ライバルサイトが強すぎて、敬遠すべきジャンルは、どれか?」 「どんなサイトデザインだと、訪問者から受けがいいか?記事を最後まで読んでもらえるか?」 「自分の強みを生かせるジャンルの記事では、どの商品が、アフィリエイト向きか?実際に、よく売れるか?」 などが、アフィリエイトに取り組んだことがない場合、まったく、わからないので、サイト設計をしようにも、できません。 そのため、初めてアフィリエイトに取り組む初心者の場合は、サイト設計のことは無視して、まずは、どんなブログでも良いので、とりあえず始めて見るのが、おすすめです。 効率良く、稼ぐことは出来ませんが、データを集めるために、とりあえずブログを始める!が必要となるわけですね。 だから、(アフィリエイトのやり方)と、「まずは月1万円」のわけです。 月3万円ではなくて・・。 初めてアフィリエイトに取り組む場合は、とりあえずブログを作り記事を書いてみること。 目標額は1万円でOK。 理由は、アフィリをやったことがないとサイト設計が出来ないから。 例えば、美容関連に興味があるA子さんならば。 ダイエットに関する記事や、メイクに関する記事、青汁に関する記事や、スムージーに関する記事など・・ いろいろな記事を書いてみることで、以下のように情報が集まってきます。 ちなみに、自分のブログやサイトの、情報やデータの解析は、グーグルアナリティクスという無料で使える解析ソフトがあるので、そちらを利用します。 「ダイエットに関する記事は、ライバルサイトが強すぎるせいか、アクセスが集まらないな」 「市販の青汁に関する記事は、アクセス数が多いな。 アフィリエイト広告のある青汁の記事は、まったくアクセスが集まらない。 ライバルが多いからだろう。 」 「メイクに関する記事は、アクセス数は少ないけど、紹介した商品が売れていて、広告収入は1番、稼げているな」 「スムージーに関する記事は、アクセス数は多いけど、紹介している商品は、1つも売れていないな」 このように、情報が集まってくると「よし。 じゃあメイクに関する専門ブログを作ろう。 だってメイクの記事が、1番、稼げるから」などと、サイト設計が行えるようになってきて、効率良く月3万円〜月5万円を稼げるブログを作れるようになってきます。 そのため最初は、データや情報を集めるために、実験的に、いろんなジャンルの記事を書くのも、おすすめです。 1つのブログで、いろいろなジャンルの記事を書いても大丈夫です。 その場合、「雑記ブログ」と呼ばれる、テーマの統一性がない、ごちゃ混ぜなブログとなります。 seo対策的には、専門特化したブログの方が、検索結果で上位表示されやすい傾向がありますが、最初に作るブログは、実験的なブログとなるので、雑記ブログでも悪くないでしょう。 いきなり、最初に作るサイトやブログで月10万円も20万円も稼げれば理想ですが、難しいのが現実と言えるでしょうか。 私も、8年前に初めて作ったサイトは、今で言う雑記ブログであり、初めて作ったサイトで集まったデータを元に、2つ目のサイトを作ることになりました。 最初から効率良く稼ぐのは理想だけど無理。 長くアフィリエイトで稼ぐには、どちらにしろ実験と失敗が必要になるので、そもそも失敗(遠回り)は避ける必要がない。 「このジャンルは私には向いていない。 稼げない」という失敗をすることで、失敗のデータ集めも、長く稼ぎ続けるためには避けて通れません。 アフィリエイトで8年間、稼がせて頂いている現在、そう感じています。 ちなみに、名無き仙人の当サイトも、ジャンル的には、ごちゃ混ぜの雑記ブログです。 ・(コーヒーマシン) ・(人間や現実の正体) など、統一性のない記事が、たくさんあります。 それでも、イラストの質が高いためか?8年も現役で稼ぎ続けてくれています。 ちなみに。 最初だけ、たまたま、どかーんと稼いで消えていかれる方も多いのがアフィリエイトです。 1年間の収益が高くても、税金で多くもっていかれるので、手取りは増えず・・そのような意味でも、手堅く、コツコツと、長く稼いだ方が、総手取り収入は増えることになるので、長期的な視野を持つのもおすすめです。 8年前に比べると、ライバル急増により稼ぎにくくなっていますが、アフィリエイト業界自体が、社会に根付いており、アフィリエイトそのものが、なくなる可能性は、極めて低くなっています。 上場した大手asp(アフィリエイト広告の会社)なども出てきていますしね。 そのことは、長期的な視点でアフィリエイトに取り組みやすい環境となっているわけで、その点は、今から始める人には有利ですね。 8年前は、アフィリエイトそのものが、どうなるか・・という心配や不安もあり「稼げるうちに稼ごう」という考え方が主流でした。 有料テンプレートとなりますが、費用対効果的に言えば、個人的には「相当に安い」と感じています。 食わず嫌いしていた数年もの期間が、もったいなかった!と後悔しています。 ワードプレスの有料ブログテンプレートの中で、おすすめの賢威については、以下の記事が詳しいです。

次の

【初心者向け】アフィリエイトサイトのテーマを決めよう!

アフィリエイト サイト 設計

Aのサイトでは〇〇のやり方でやろうと言っている• そして自分なりにいろいろな手法を試しながら7サイトを運営してきたんですが、そのなかでわかったことがあります。 それは、 「どのサイト設計方法も正解」だということです。 「どの方法も稼いでいる人が言っている方法なんだから当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、当時の私はたった1つの正解ばかりを探し求めてしまっていて、複数の正解があることに気づけませんでした。 もし今、かつての私と同じように「たった1つの正解があるはずだ」と思っているのであれば、その考えは捨ててください。 サイト設計の正解は複数あります。 ただし、複数のやり方があるとは言っても、やみくもにサイト設計をしたのでは、本来上位表示を狙えたであろうキーワードでも上位表示が難しくなってしまうのも事実です。 なので今回は、私が実践しているサイト設計方法をご紹介していきます。 私がご紹介するやり方は、 100記事で月10万円は達成可能なサイト設計方法です。 それどころか、やり方次第では月20万円、30万円以上も狙える方法となっています。 ぜひ最後までじっくり読んでみてくださいね。 案件を決める• 関連キーワードを洗い出す• 月間検索ボリュームを調べる• 案件を決めないと、どんな商品を売るかが決まりません。 どんな商品を売るかが決まらないと、サイト設計もしようがありませんよね。 なので、まずは案件を決めましょう。 案件の決め方については下記の記事で解説しているので、案件がまだ決まっていない方は記事を参考に案件を決めてください。 今回は例として、 「inti4」という光目覚ましの商標特化サイト(inti4について詳しく説明するサイト)を作ると仮定してご説明していきますね。 月間検索ボリュームとはなにかというと、「キーワードが1ヶ月間で検索された回数」のことです。 1ヶ月に10回も検索されていないキーワードを狙って記事を書いているとキリがないですし、コスパも悪いですからね。 とりあえずは 月間検索ボリューム10以上のキーワードを書いていけば大丈夫です。 ビッグキーワード:1語キーワード(月間検索ボリュームが1万以上)• ミドルキーワード:2語キーワード(月間検索ボリュームが1,000以上)• ロングテールキーワード:3語キーワード(月間検索ボリュームが1,000未満) なので、「TOPページが各カテゴリのまとめ」型の記事でも、 サイトTOPではビッグキーワード、カテゴリTOPではミドルキーワードを狙います。 しかし、多くのサイトは、カテゴリページでただカテゴリ配下の記事を一覧で表示させるだけで終わってしまっています。 これは非常にもったいないことです。 なぜなら、何も文章が書かれていない、ただ記事が一覧になっているサイトTOPやカテゴリTOPは上位表示しにくいからです。 読者の気持ちになってみればわかりますが、ただ記事の一覧があるだけのページをGoogleの上位に表示されたら困りますよね。 1つ1つ記事を読まないと結論がわからないので、すごく面倒くさいです。 なので、 サイトTOPページやカテゴリTOPページはまとめ記事にして、上位表示を狙えるようにしておきましょう。 サイトTOP:カテゴリのまとめ記事• カテゴリTOP:集客記事のまとめ記事• カテゴリ配下:集客記事 サイトTOPには、各カテゴリに内部リンクを貼りつつ、全体像がわかるようなまとめ記事をつくります。 そしてカテゴリTOPには、カテゴリ配下の記事に内部リンクを貼りつつ、カテゴリ全体の知識がざっと分かるまとめ記事をつくりましょう。 ただ記事を並べるのではなく、 1記事だけでざっと内容がわかるようにつくるのがポイントです。 このサイト設計の型はどんなサイトにも当てはめやすいので、迷ったらこの型を使うとよいでしょう。 TOPページがランキング記事 2つ目は、 「TOPページがランキング記事」になっている構成のサイトです。 これは、ジャンルサイトで使いやすいサイト設計の型ですね。 30日で30記事「掃除機」の記事を書いたサイト• そしてなにかの記事で上位表示されてアクセスがくれば、サイトの力が強くなっていきます。 サイトの力が強くなれば、さらにいろんな記事で上位表示がしやすくなります。 最短で稼ぎたいのであれば、特化サイトで運営していきましょう。 【応用編】目標金額から逆算してサイト設計をしよう サイト設計に慣れてきたら 、 目標金額から逆算してサイト設計するのがおすすめです。 — Tsuzuki 1276tsuzuki 上記のように.

次の