ディズニー チケット 増税 前。 「ディズニー」増税後のチケット価格とパーク内の軽減税率は?

ディズニー値上げ、大人は8200円に ランドもシーも:朝日新聞デジタル

ディズニー チケット 増税 前

ディズニーチケット「1デーパスポート(18歳以上)」の値上がりについて 2013年までは6200円でした。 しかし…… 2014年……6400円 2015年……6900円 2016年……7400円 この3年間でなんと1200円もアップしているのです。 値上げの理由は、後述しますが2016年からのディズニーリゾートのスタンスとして 「入園者数の抑制」と 「パークの混雑緩和」が目的だという感じです。 こう料金が値上がりしてしまってはなかなかいきづらくなってしまいますよね。 しかし「1デーパスポート(18歳以上)」にはちょっとした裏ワザがあります。 その裏ワザとは…… 2016年3月31日までに「オープンパスポート」を買え! 2016年3月中にオープンパスポートを購入することで 2016年4月1日以降も6900円でディズニーを楽しむことができるのです。 ちなみに…… 「オープンパスポート」とは? ひらたくいえば「来園日の指定がないパスポート」です。 つまり、そのパスポートがあれば 有効期限である1年のあいだのいつ・何月何日にディズニーにいってもOKというものです。 つまり。 2016年3月2日に購入すれば、2017年3月1日までの期間、いつでも好きなときにディズニーに遊びにいけるというわけです。 このオープンチケットは3月31日までは改定前の価格である6900円で販売されています。 もちろん4月以降に来園しても差額を請求されることはありません。 これで買いだめしておけば2016年4月1日以降もディズニーに6900円で入園できるようになります。 この裏ワザの注意点 ただし、この裏ワザにはひとつ注意点があります。 それは2016年10月からディズニーリゾートが 「日付指定券限定入園日」をスタートするということです。 現時点で「限定入園日」は 「2016年10月、11月、12月の土、日、祝日」が対象です。 そのためオープンチケットを購入した場合、2016年の体育の日や2016年のクリスマスなどには入園できないということになります。 ただし、 あらかじめオープン券を購入しておいて来園日が決まったら券種変更の手続きをすればOK。 体育の日に入園したい場合はオープンチケットを2016年10月10日の「日付指定券」に変更してもらえばOKです。 もちろん、そのさいにも差額を請求されることはありません。 ちなみに…… 日付指定券を指定日以外に使用する場合は? この場合、手数料と差額の両方が発生してしまいます。 年間パスポートの場合は? また年間パスポートの引換券でも同様、2016年4月1日からも改定前の値段で1年間ディズニーを楽しむことができます。 ただし年パスは以下の3店舗のみでの販売ですので注意してください。 ただし、ディズニーでは2016年10月以降、日付指定券限定入園日が設けられるため、注意してください。 また、この裏ワザはディズニー好きの人たちのあいだでは有名ですので、チケット売り場には長蛇の列ができている場合がほとんどです。 時間に余裕をもって購入するようにしてください。 うのたろうでした。

次の

商品券 消費税の課税区分

ディズニー チケット 増税 前

ディズニーチケット「1デーパスポート(18歳以上)」の値上がりについて 2013年までは6200円でした。 しかし…… 2014年……6400円 2015年……6900円 2016年……7400円 この3年間でなんと1200円もアップしているのです。 値上げの理由は、後述しますが2016年からのディズニーリゾートのスタンスとして 「入園者数の抑制」と 「パークの混雑緩和」が目的だという感じです。 こう料金が値上がりしてしまってはなかなかいきづらくなってしまいますよね。 しかし「1デーパスポート(18歳以上)」にはちょっとした裏ワザがあります。 その裏ワザとは…… 2016年3月31日までに「オープンパスポート」を買え! 2016年3月中にオープンパスポートを購入することで 2016年4月1日以降も6900円でディズニーを楽しむことができるのです。 ちなみに…… 「オープンパスポート」とは? ひらたくいえば「来園日の指定がないパスポート」です。 つまり、そのパスポートがあれば 有効期限である1年のあいだのいつ・何月何日にディズニーにいってもOKというものです。 つまり。 2016年3月2日に購入すれば、2017年3月1日までの期間、いつでも好きなときにディズニーに遊びにいけるというわけです。 このオープンチケットは3月31日までは改定前の価格である6900円で販売されています。 もちろん4月以降に来園しても差額を請求されることはありません。 これで買いだめしておけば2016年4月1日以降もディズニーに6900円で入園できるようになります。 この裏ワザの注意点 ただし、この裏ワザにはひとつ注意点があります。 それは2016年10月からディズニーリゾートが 「日付指定券限定入園日」をスタートするということです。 現時点で「限定入園日」は 「2016年10月、11月、12月の土、日、祝日」が対象です。 そのためオープンチケットを購入した場合、2016年の体育の日や2016年のクリスマスなどには入園できないということになります。 ただし、 あらかじめオープン券を購入しておいて来園日が決まったら券種変更の手続きをすればOK。 体育の日に入園したい場合はオープンチケットを2016年10月10日の「日付指定券」に変更してもらえばOKです。 もちろん、そのさいにも差額を請求されることはありません。 ちなみに…… 日付指定券を指定日以外に使用する場合は? この場合、手数料と差額の両方が発生してしまいます。 年間パスポートの場合は? また年間パスポートの引換券でも同様、2016年4月1日からも改定前の値段で1年間ディズニーを楽しむことができます。 ただし年パスは以下の3店舗のみでの販売ですので注意してください。 ただし、ディズニーでは2016年10月以降、日付指定券限定入園日が設けられるため、注意してください。 また、この裏ワザはディズニー好きの人たちのあいだでは有名ですので、チケット売り場には長蛇の列ができている場合がほとんどです。 時間に余裕をもって購入するようにしてください。 うのたろうでした。

次の

消費増税でディズニーチケットが値上げ。本当に行く価値はあるのか?

ディズニー チケット 増税 前

2019年10月に消費税が10%に上がる。 増税前に買うべきものとは何か。 1級FP技能士の花輪陽子氏は「増税でさらに値上がりする可能性があるものは、買っておいたほうがトク。 交通機関や遊園地のチケットが代表例。 ただし、あわてて買ってはいけない商品もある」という。 商品を3つに分けて考えてみると 消費税が増税する前後は、市場の状況を注視しなければ損をしてしまう可能性があります。 2019年10月の消費税増税を迎える前に何を買うべきで、何を買うべきではないか。 世の中の商品を以下の3つに分けて考えてみるとわかりやすいでしょう。 (1)消費税増税に伴って、必ず値上がりするであろうもの。 (2)値崩れしにくく、消費税増税前に買っておいてもよいもの。 (3)値下がりする、または値引きされることが多く消費税増税分がそのまま値上がりするとは限らないもの。 まず、増税に伴って必ず値上がりすると思われるもの。 こちらは、もちろん増税前に買っておくのがベスト。 どういったものが値上がりするかに関しては、前回の増税の際に値上がりしたものが参考になります。 交通機関のチケット、書籍、デパートなどで定価販売される化粧品、ブランド品、美容整形やインプラントといった保険の利かない医療費、カルチャースクールや学習塾の受講費用、常備薬やコンタクトレンズ、たばこなどは、増税した分がそのまま上乗せされると考えられます。 車やリフォーム、白物家電は 14年4月、消費税が5%から8%に上がった際には、増税分以上に価格が引き上げられた、「便乗値上げ」が散見されました。 平時に値上げしてしまうと消費者の反感を買う可能性のある、イメージが重要な商品が中心です。

次の