大阪 府 知事。 吉村洋文大阪府知事が結婚した元CA嫁画像と子供(家族)まとめ!

大阪府

大阪 府 知事

松井、吉村両氏は8日夕、府議会の岩木均議長、市議会の角谷庄一議長にそれぞれ辞職を届け出る。 その後記者会見して、正式に辞職を表明。 お互いが入れ替わって立候補する「クロス選」にする考えを説明する見通しだ。 辞職の届け出を受け、両議長は5日以内にそれぞれ府・市の選挙管理委員会に通知。 両氏は議会に辞職の同意を求める見通しだが、同意がなくてもダブル選への立候補に伴って元のポストは自動失職する。 知事選は21日、市長選は24日に告示される。 吉村氏は8日午前、「人生悔いのないようにやりたいという心境」と記者団に話した。 維公は住民投票の実施時期について交渉を重ねてきた。 だが、実施時期を確約できるかで対立が激化。 統一選前で最後の開催となった都構想案を作成する7日の法定協議会でも歩み寄れず、松井、吉村両氏は公明と最終的に交渉は決裂したと判断した。 知事、市長の辞職届け出を受け、自民党や公明などの主要政党も8日夕以降に相次いで会見を開き、ダブル選への対応を説明する予定だ。 (吉川喬、楢崎貴司) 大阪府知事・大阪市長の辞職の流れ 3月8日 松井大阪府知事、吉村大阪市長が府議会、市議会議長に辞職届提出。 議長は5日以内に府・市選挙管理委員会へ通知 13日 吉村市長が市議会に辞職同意を求める 15日 松井知事が府議会に辞職同意を求める 21日 知事選告示。 (この日までに辞職の同意がなければ)吉村氏が立候補して自動失職? 24日 市長選告示。 (この日までに辞職の同意がなければ)松井氏が立候補して自動失職? 4月7日 府議選、大阪市議選と同日に知事・市長選が投開票.

次の

吉村洋文大阪府知事、地元で評判の「子煩悩なパパ姿」と「元CA妻の聡明さ」

大阪 府 知事

来歴 [ ] 生まれ。 、、を経て、(10年)3月卒業。 弁護士として [ ] 卒業後の1998年10月、に合格し、に登録。 のに勤務。 この時期にらと大手消費者金融のを務める。 1月、熊谷綜合法律事務所から独立し、共同経営でスター綜合法律事務所を開設。 またのの顧問弁護士を務める。 政治家として [ ] 、公認で選挙に選挙区から出馬し、当選。 当時この選挙では維新の候補者が足らず、やしきたかじんが紹介した吉村を代表が口説く形で政界入りした。 5月からは市議団政調会長を務めた。 、大阪市会議員を辞職。 同年のに公認でから出馬。 前職のに敗れたが、していたで復活し、当選した。 衆議院議員在職中は維新の党政調副会長や、大阪維新の会の「都構想推進本部」(本部長:橋下徹)の局長も務めた。 橋下の信頼も厚く、の制度設計では中心的な役割を担っていた。 には、橋下の任期満了に伴うに、大阪維新の会が吉村を擁立する意向が報じられる。 に辞職願をに提出 し、同日許可された。 投開票の大阪市長選挙に大阪維新の会公認で出馬し、自民党の推薦及び大阪府連・大阪府委員会の支援を受けた前大阪市議の、元北区長のらを破り、当選した。 、正式にに就任した。 史上初の議員経験のある市長であり、以来の経験者の市長でもある。 2017年、副会長就任。 、大阪都構想の実施をめぐるとの協議決裂を受け、3月20日付での大阪市長の辞職願を提出し、に行われるに出馬することを表明した。 これに対し、は自民、公明、共産などの反対多数で不同意とした。 維新は「最後は選挙で決めていただくのが民主主義の根幹。 民意を改めて聞く、極めてまっとうな態度だ」と辞職に賛意を示した。 公明は「大義なき選挙、税金の無駄遣いだ。 ポストを私物化し、市長の立場より政治的課題を優先するのは党利党略、あるまじき行為だ」と反対。 共産は「自分勝手の極み。 知事市長の職責はそんなに軽いのか。 公選法の目的からも脱法的行為との批判は免れない」と批判した。 議会が辞職願を不同意としたため、3月21日の府知事選告示日に市長を自動失職した。 市長としての在任期間は1期約3年3ヶ月であった。 また、1971年以来48年ぶりに統一地方選挙の日程で大阪市長選挙が行われることとなった。 2019年に執行された大阪府知事選挙では対立候補のに勝利し、第10代公選大阪府知事に当選を果たし、翌日のに就任。 公選の大阪市長を経験した者が公選の大阪府知事に就任したのは初めて。 また、弁護士経験者が大阪府知事に就任するのは橋下徹に次いで2人目となる。 ではのに次いで2番目に若い。 同年8月、日本維新の会の副代表に就任。 政策、主張 [ ]• の、の行使に賛成。 首相のに賛成。 がを発射したことに対して、抗議を行った。 、の見直しに反対。 米で新たなの設置の動きに対して、「不確かで一方的な主張をそのまま歴史的事実として記すことは、歴史の直視ではなく日本批判にあたる」「合意()の精神を傷つけるもの」として、サンフランシスコ市の当時の市長だったに対して、大阪市長として慎重な対応を求め、受け入れられなければ両市姉妹都市関係を解消するとの公開書簡を送った。 その後リーの急死を受けた後任のロンドン・ブリード市長は「我々2都市の市民間に存在している関係を、1人の市長が一方的に終わらせることはできない」と回答したが慰安婦像の撤去には応じなかった。 このため吉村は2018年10月、一方的に姉妹都市を解消した。 特定の民族や人種に対するの法規制に賛成。 2019年8月7日、定例記者会見でにおける「表現の不自由展・その後」展示中止問題に言及し、愛知県知事について「辞職相当だと思う」と述べた。 2020年6月2日にのやの・らが大村への運動を行うことを表明すると、吉村は同日に「応援する」と発言した。 しかし、翌3日に維新の松井一郎代表が「愛知県民が判断する話だ」「大阪府知事が(他県の首長の)辞職の旗を振るというのは違うんじゃないか」とたしなめたため、これを受け吉村は「賛成の立場だが、大阪の仕事に専念します。 僕自身がリコール活動に参加するということはないし、維新としても当然ない」と釈明した。 2016年6月に行われたの株主総会ではの市長と共同での導入推進やを求める5議案などを提案。 「は続いており、あんな危険なものはない」などと質問をしたが、会長に「質問時間が4分を過ぎています。 簡潔にお願いします」と注意されると、吉村は「大株主である大阪市の意見を聴いてほしい。 なぜ意見を聴く機会を持とうとしないのか」といらだった口調で詰め寄った。 日本の解禁に賛成。 に反対。 選択的制度導入について、「どちらかといえば賛成」としている。 大阪市長として [ ] 教育 [ ]• 「子どもの貧困対策や待機児童対策など、子どもへの投資にさらに力を入れていきたい」と述べ、子どもの成長を社会全体で支えるため、NPOや市民団体などと連携して、子どもの貧困対策を本格的に実施する事を明らかにした。 「親の経済格差が子どもの教育格差につながることがあってはならない」と主張し、2016年度から5歳児の幼稚園・保育所の保育料を無償化する方針を示した。 教員の新たな人事給与制度の導入を決定。 吉村は「頑張っている先生がきちんと評価され、昇給する制度が必要だ」と述べた。 2018年8月には大阪市のの正答率が政令市で2年連続最下位だったことを受け、全国学力テストの結果を教員の手当や人事評価に反映させる考えを示した。 これに対しては「テストの趣旨や目的を踏まえてほしい」と慎重な判断を求めたほか、「夜回り先生」として知られる教育者のは「大阪の子の学力の背景に家庭や貧困の問題があるのは明白だ。 十分な対策を講じてきたと言うなら、その成果が上がっていないということだ」と不快感を表明するなど波紋が広がり、維新市議団の会議でも市長方針への賛否が分かれた。 また、では職員一人一人の能力や業績に応じた評価を行うと規定しており、学校ごとの一律の評価は法律に抵触する恐れも指摘されたため、最終的に全国学力テストの活用は見送り、大阪府市が独自に行うテストの結果を校長の評価にのみ反映させる方針となった。 情報公開 [ ]• 上記の教員の評価基準策定を巡っては、市民団体が吉村と大阪市特別顧問の大森不二雄(教授)との間でメールで協議していた内容を情報公開請求したところ、吉村が私用アドレスを使っていたため、「不存在」を理由に非公開とされた。 吉村はこれらのメールについて「個人的な意見交換」として公務には当たらないとの認識を示したが、大森が事務局に送っていたメールには、吉村とメールで制度案を具体的に議論していた形跡があった。 また、橋下市長時代のメールは約1360件が公開されたが、吉村市長時代に公開されたのは6件で、公用アドレスはほぼ使われていなかった。 健康対策 [ ]• 市民の健康寿命を延ばす協定を大阪市立大学と締結。 「効率的な住民サービスのためには科学的な根拠や知見を踏まえた政策決定が重要だ」と述べた。 高齢者福祉 [ ]• 「真に支援を必要とする人々」への支援策の一つとして、の建設費の助成に37億6500万円を計上した。 橋下市長時代に導入された敬老優待乗車証(敬老パス)への年間3000円の自己負担金について、利用者が減少している要因だとして廃止する考えを示した。 受動喫煙対策 [ ]• 国が発表した改正案よりも規制の厳しい防止条例を検討。 「海外に比べて規制が緩い。 国際都市を目指すと言いながら、受動喫煙対策がおろそかだったら、それは違う」と述べた。 規制に消極的だった大阪府知事に対し、「健康をテーマにを誘致しているのに、が国の基準で十分と言うのは違う」と非難したことにより、とのを一本化し、厳格化する意向を取り付けた。 旧陸軍墓地 [ ]• 旧の戦死者らを慰霊し、で最初 かつ最大の「」の荒廃が深刻化している問題について、2018年8月29日、「国が改修も含めてしっかりと管理すべき」と述べ 、11月に首相宛てに「旧真田山陸軍墓地の管理・維持保全に関する要望について」と題して、「上のを満たさないものがあり、財産所有者である国による抜本的な対策が必要」であり、特に、などの巨大地震に備えて「納骨堂の耐震対策をはじめ、墓石の破損・風化対策が喫緊の課題」と要望書を提出した。 「(墓地)参道の舗装や電灯の整備」などに必要な予算を計上することを表明した。 2025年日本国際博覧会 [ ]• を大阪・関西に誘致すべく奔走。 各国の代表らが参加する万博誘致フォーラムに出席。 パリ駐在の各国BIE政府代表らと個別会談もし、支持を訴えて回った。 吉村は「一国でも多く、支援要請をしていきたい」と述べた。 2025年日本国際博覧会の開催地を決定する総会において、「日本の技術力や国際貢献、大阪の先進的な都市機能に加えて、日本人の誠実さや運営能力が高く評価され、他の競合国に対する強みになっている」と語った。 万博の大阪開催決定後、大阪府および大阪市では会場予定地の大阪市此花区と同北区の2拠点を連携させ、来場者が回遊できるような仕組みを構想。 北区では、最先端医療や産業創出をテーマに整備するとしている。 吉村は「万博と理念が共通する部分があり、関連エリアとして世界中から人を呼び込みたい」と述べた。 御堂筋歩道化構想 [ ]• 2018年3月、大阪市や経済団体でつくるの将来構想を話し合う有識者委員会は、御堂筋完成100年となるをめどに車道を閉鎖して御堂筋を完全歩道化する提言案をまとめ、公表した。 この中で吉村は「完成100周年を迎える時期には、完全な人中心の空間の実現を目指したい」と述べた。 大阪府知事として [ ] 新型コロナウイルス対策 [ ] (2年)に流行したを巡っては、1月31日に感染防止のため、に入国したからの乗客に災害備蓄用のマスク10万枚を無償配布することを決めた。 3月13日には、「新型コロナの特徴や弱点が見えてきた。 (感染が)急拡大する環境を作らず、社会活動を再開させることも重要。 経済活動を戻すべき時期と判断した」と述べ、府主催のイベントや休館中の府の屋内施設を21日以降順次再開する方針を決めた。 しかし、3月19日に厚労省の職員の提案を受けたとして、20~22日の3連休について「兵庫で爆発的な感染がいつ起きてもおかしくない。 大阪も増えており警戒しなければいけない」として「大阪と兵庫間の不要不急の往来は控えてほしい」との呼びかけを兵庫県との事前調整なしで行い、も同日、吉村の対応に不快感をにじませながら「不要不急」の大阪などとの往来や外出・会合の自粛を要請した。 また、大阪府は翌20日に「具体的に大阪が挙げられており、専門家の提案や試算は重く受け止める必要がある」として府主催のイベントの自粛を4月3日まで延長する方針を決めた。 吉村は同日、厚生労働省の専門家の試算が盛り込まれた非公開前提の文書を公開したが、文書には「大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける」と太字で記載されており、「両府県内外の往来」がなぜ「府県間の往来」に変わったのかについて吉村は「(厚労省提案の)文字面を読めばそうなる」「普通の日本人が読めば大阪、兵庫間の往来と読める」と述べ理由を明らかにしなかった。 しかし、厚労省は「趣旨は2府県間の往来ではなく一般的な外出の自粛呼びかけだった」と説明し、府庁内やSNS上でも「単に文言を読み間違えたのではないか」との指摘が相次いだ。 その後、吉村は「政治判断で大阪と兵庫に絞り込みをかけた」と主張した。 兵庫県は24日に自粛期間を31日まで延長することを決めた が、吉村は26日、「大阪府内での今の感染者数の推移では、今週末に外出の自粛をお願いすることはない」と述べ、府内では現時点で、外出の自粛などを求める状況にはないという認識を示した。 しかし、27日に一日としては最も多い20人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことを受け、同日午後8時半に翌28日、29日の週末の2日間の不要不急の外出自粛を呼びかけた。 4月7日には、大阪府を含む7都府県について国が緊急事態宣言を発令したことを受け、同日以降、改めて府民に対して外出自粛を強く求めた。 娯楽施設の休業要請については、「2週間から3週間の間に効果が見えてくる。 それを踏まえて、使用制限を判断する」と述べ 、経済への悪影響を懸念して対象を絞りたい政府に配慮する形ですぐさまに実施することを見送っていたが、10日に東京都が政府を押し切る形で幅広く休業を求める方針を決定したため、同日、前倒しして13日に実施するかどうかを判断する方針を明らかにした。 また、府知事として陣頭指揮を取りながら記者会見やテレビ番組等で情報発信を続け 、国に対して家賃モラトリアムなど、必要となる政策を講じるよう共同提言することを7都府県知事の緊急会議で提案するなどした。 また、記者会見の他にも在阪局を中心にテレビ番組に積極的にリモート出演し、自身の考えや方針を視聴者に伝えている。 サラリーマンの家庭に生まれる。 兄弟は、大阪万博の1970年に生まれて「利博」と名付けられた5歳年上の兄がいる。 家族は妻、長女・次女(双子)、長男。 初段 、高校では所属の文武両道。 同級生によると「口数も少なく、みんなを引っ張っていくリーダータイプでは決してなかった」。 やしきたかじんの死後、遺言執行者を務めたが、たかじんの最初の妻との娘と、最後(3人目)の妻との間で遺産のなどを巡りトラブルが発生し、双方から解任請求を受け辞任した。 たかじんの遺言を作成する際に、吉村はたかじんの娘の法的に保証された遺留分を守らなくてよいと発言し、たかじんの娘には「寄付が出来なくなる」と事実ではないことを告げ遺留分の放棄を迫ったことを報道されている。 同じ維新の会のメンバーである元・元の、前大阪府知事・現大阪市長のは、それぞれ吉村について「素晴らしい政治家。 優秀」「能力の高い覚悟を持った政治家」等、高く評価している。 一方で首長としては独断専行の傾向もあり、職員からは橋下や松井の方が助言を聞いてくれたとの意見もある。 2016年、第10回ベスト・プラウド・ファーザー賞in関西 政治部門を受賞。 2020年4月12日、「」出演。 ターニングポイントになった曲として、司法試験勉強中に励まされた「」をリクエスト。 吉村自身は「スーツが嫌い」と公言している。 「一回服を買ったら5年から10年は着る」とも語っている。 脚注 [ ] 註釈 [ ]• これについて、SNS上では「迅速な動きで評価を高めた」と評価され、「ネットユーザーの支持を集めた。 」とする報道も見られている。 また、4月11日にはSNSの一つ、においては、知事としての吉村の働きに対して、体調を気遣う投稿が相次いだ結果、「 吉村寝ろ」がトレンド入りする等した。 出典 [ ] []• 2015年11月1日. 2015年11月9日閲覧。 「消費者法ニュース」62号 39頁• 「判例時報」1781号 112頁• 2015年11月6日. 2020-04-121閲覧。 毎日新聞. 2020年6月11日. 2020年6月11日閲覧。 2015年9月18日. 2015年10月1日閲覧。 2015年9月26日. 2015年10月1日閲覧。 2015年10月1日. 2015年12月29日閲覧。 2015年10月1日. 2015年12月29日閲覧。 吉村の辞職に伴い、比例近畿ブロックで次点だったがした• 2015年11月23日. 2015年12月29日閲覧。 2015年12月18日. 2015年12月19日閲覧。 2025日本万国博覧会誘致委員会• 2019年3月9日. 2019年3月9日閲覧。 2019年3月13日. 2019年3月14日閲覧。 デジタル毎日. 2019年4月7日. 2019年4月7日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2019年4月8日. 産経ニュース. 2019年4月8日閲覧。 朝日新聞. 2019年8月31日. 2019年9月1日閲覧。 2015年10月25日閲覧。 2017年9月5日閲覧。 2017年2月6日. 朝日新聞. 2019年8月7日. 2019年9月24日閲覧。 産経新聞. 2020年6月3日. 2020年6月4日閲覧。 毎日新聞. 2020年6月3日. 2020年6月4日閲覧。 産経新聞. 2016年6月28日. 2020年6月4日閲覧。 産経新聞. 2016年6月28日. 2020年6月4日閲覧。 2017年9月11日. 2017年9月12日閲覧。 2015年12月26日. 2017年8月12日閲覧。 2017年7月12日. 2017年7月25日閲覧。 毎日新聞. 2018年8月17日. 2020年3月5日閲覧。 産経新聞. 2018年8月11日. 2020年3月5日閲覧。 日本経済新聞. 2019年1月29日. 2020年3月5日閲覧。 共同通信. 2019年10月21日. 2020年5月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年11月5日. 2020年5月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月19日. 2020年5月29日閲覧。 2017年3月1日. 2017年8月25日閲覧。 2018年4月27日. 2018年4月30日閲覧。 毎日新聞. 2016年10月11日. 2020年3月5日閲覧。 2017年3月1日. 2017年8月25日閲覧。 2018年4月27日. 2018年5月1日閲覧。 真田山陸軍墓地維持会. 2019年1月7日閲覧。 2018年8月30日. 2018年12月1日閲覧。 2018年11月15日. 2018年12月1日閲覧。 2018年10月31日. 2018年11月1日閲覧。 2018年10月9日. 2019年1月1日閲覧。 2018年11月21日. 2019年1月1日閲覧。 2019年1月5日. 2019年11月1日閲覧。 産経新聞. 2018年3月31日. 2020年5月9日閲覧。 毎日新聞. 2020年2月1日. 2020年4月12日閲覧。 産経新聞. 2020年3月13日. 2020年4月5日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月19日. 2020年4月5日閲覧。 日本経済新聞. 2020年3月20日. 2020年4月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年3月23日. 2020年4月5日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月23日. 2020年4月5日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月24日. 2020年4月5日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2020年3月26日. の2020年4月1日時点におけるアーカイブ。 NHK NEWS WEB. 2020年3月26日. の2020年4月1日時点におけるアーカイブ。 デイリースポーツ. 2020年4月11日. 2020年4月12日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年4月11日. 2020年4月12日閲覧。 読売新聞. 2020年4月8日. 2020年4月12日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月10日. 2020年4月12日閲覧。 (エンカウントニュース)2020年4月11日配信 配信日に閲覧• 産経新聞. 2020年4月11日. 2020年4月12日閲覧。 中日スポーツ. 2020年4月11日. 2020年4月12日閲覧。 (日刊スポーツ 2020年4月11日21時57分配信)2020年4月13日確認• 産経新聞「産経ニュース」2020年5月6日• - 公式ツイッター( hiroyoshimura)2016年10月7日• - (2年)5月5日号• 東スポweb. 2015年11月23日. 2015年11月23日閲覧。 LITERA. 2015年11月5日. 2015年11月23日閲覧。 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2015年9月24日. 2015年10月22日閲覧。 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2015年9月18日. 2015年10月22日閲覧。 スポーツ報知. 2016年6月13日. 2016年6月14日閲覧。 2020年4月12日. 2020年4月12日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 産業経済新聞社. 2020年5月10日. 2020年5月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• hiroyoshimura -• yoshimurahirofumi - 公職 先代: 公選第20代:2019年 - 次代: 現職 先代: 公選第20代:2015年 - 2019年 次代: 党職 先代: 今井豊と共同 2019年 - 次代: (現職) 先代: 新設 初代:2019年 - 次代: 現職 先代: 結成 初代:2015年 次代: 先代: 第2代:2015年 - 2019年 次代:.

次の

大阪府/知事の日程

大阪 府 知事

筆者は米シンクタンクからの依頼で、2月初めから4月8日までと、その後から5月4日までの期間、主要な政治家の発言やSNSでの発信、メディアで取り上げられた回数、実績などとユーザーの反応を調査、分析した。 対象とした政治家はおよそ10人で、ゲーム理論を応用した手法で分析している。 集めたデータはあまりに膨大なため、深層学習を活用した。 今回の分析は非公開のため、ここで分析結果の詳細をすべて開示することはできないが、結果を先に言うと、安倍晋三首相、小池百合子・東京都知事、吉村大阪府知事の3人の露出度が突出していた。 中でも、新型コロナを乗り切り、不安を抱える国民を鼓舞できる人材として、吉村府知事の存在感は出色だ。 安倍首相、小池都知事は全国区の知名度を持つ上に、国民受けするパフォーマンスには慣れている。 それに対して、吉村府知事は全国的には無名で、記者会見での説明も流ちょうとは言えない。 その中で吉村府知事が浮上したのは、新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)によって自治体の長の権限が増していることも理由の一つだが、彼自身の対応が将来の成功につながる可能性が高いと導けることによる。 本人が望んでいるかどうかは分からないが、自治体の長が一国の宰相に上り詰める可能性がある。 吉村知事の浮上は、新型コロナ対応としての緊急事態が産み落としたサプライズと言える。 今もってマスクが高い理由 筆者が専門にしているゲーム理論では、将来を予測する際に、「再帰性理論」と呼ばれる考え方を加味した応用ができる。 実際に政策立案に活用している立場での解釈だが、再帰性理論とは、常に正しいわけではない人間の行動がトレンドを作り、そのトレンドが現実に影響を与えていくため、従来の経験則から乖離するという現象を説明したものだ。 例えば、新型コロナの感染拡大初期にマスクの転売が問題になった。 感染拡大で世界的なマスク不足に陥ると考えた悪徳業者がマスクの値段をつり上げて販売したという問題である。 マスクを高値販売した静岡県の県議会議員がいたが、その反社会的行動が発覚しても辞職しない理由はこの辺にあるのかもしれない。 そこで、この手の問題が起きたときには政府が政策的に介入する。 今回も政府は3月15日以降のマスク高値転売を禁止し、悪徳業者を排除することで価格を戻そうとした。 ただ、その後も高値でマスクを転売している業者がいるように、上手く抜け道を探そうとするのが人間だ。 当の静岡県会議員も、悪行を働いたことの詫びどころか、その暴利を購入者に返還することさえしていないようだ。 そうなると、政府介入の効果ではマスクの価格を元に戻せない。 つまり、「感染予防をできるマスクは高い」という社会の認識が実態とは異なる価格トレンド作ったということであり、理屈とは異なる結果が出てきてしまうのだ。 以前ほどではないにせよ、今もってマスクが高い理由である。 なぜ再帰性理論の話を出したかというと、政策を考えるときに、最適な未来からさかのぼって考える必要があるということを指摘しようと思っているからだ。

次の