ダイナー ギデオン。 #13 『史上最強の敵』 (クリミナル・マインド2)

#13 『史上最強の敵』 (クリミナル・マインド2)

ダイナー ギデオン

平山夢明は異才の作家だ。 デルモンテ平山の頃から、その異才ぶりは発揮されていた。 それは現代的な、上昇志向ではなく、目の前のことに異常に集中していく才能の故だろうと思っていた。 「オオバカナコ」「ボンベロ」そういった名前にも、そのことが現れている。 お利口さんには決して出来ない命名だ。 些事を一切考慮しない。 全てを考慮して読者に着飾ったものを見せようという拘泥が無い。 「面白い話」にしか興味が無い。 同時にそれを共有するつもりもない。 自分が面白いと思うことだけを書く。 それが平山夢明の面白さなんだろうと思う。 現代人の洗脳的常識をぶち壊してくれるのだ。 震え上がるような、魂に傷が残るような恐ろしい実話怪談を書き、連続殺人鬼を美しいロマンティストに見せ、一枚の地図にもののあはれを与える。 誰も見向きもしないもの、唾棄するようなものを美しく描く稀有な作家だ。 娘のために足を洗った殺し屋。 使い古された設定が、鮮やかに甦って見えるのは、今の我々の持っている何かが平山によって破壊されるからだ。 そういう平山作品の作画は他の作家よりもずっと困難な作業だろう。 がんばって欲しいと思う。 1巻と同時発売で、すぐに続きが読めるのが嬉しい第2巻。 イカれたゲーム、スカルジャックが決着。 イカサマを見破れずとも、少ないヒントから勝機を掴んだカナコ。 彼女も徐々に裏の世界に馴染んできている?。 何にせよホッとしました。 スカルジャックは読んでいて痛々しいと思う反面、手に汗握る展開で見応えがありました。 ルール自体は面白いので、口に含むものを変えれば我々一般人にも出来そう。 マシュマロとか?。 ですが、殺し屋だらけのいざこざがすんなり幕引きになるはずもなく・・。 そして現れる殺し屋殺しの排水屋ギデオン。 こいつがクセの強い登場人物の中でも特にクセ者で、強烈なインパクトを放っています。 彼の手により掟破りが残らず始末され、「無垢の祈りと銀の弾丸」編は終結。 ポロンには生きていてほしかったな。 彼曰く、 「殺し屋の魂はドス黒く穢れている。 その魂の行きつく先は常に惨劇。 」 確かにそうなのかもしれませんし、同情になってしまいますが、ポロンの我が子に対する情は確かに本物だった。 それに対する報いはあってほしい。 娘さんが無事だったのがせめてもの救いか。 殺し屋達にもそれぞれドラマがあって、そこも大きな見所の一つです。 後半では話が変わり、全身に傷を負った殺し屋スキンのエピソード「メルティ・リッチと蜂蜜のスフレ」。 彼は性格だけ見れば、殺し屋には見えない優しい男。 ですがやはりと言うべきか、彼にも秘密があります。 最後はカナコのとった行動が引き金となり、大変な事態になります。 ここの部分はちょっと軽率なんじゃないかと思いました。 スカルジャックの時にカナコ自身のモノローグであった、 「ボンベロは、決して意味もなく、料理をダメにする男じゃないはず。 」 それが解っているなら、今回もそこに何か理由があると汲み取れるのでは?。 ボンベロの激昂にも頷ける。 でもこの子がやらかさないと話が動かないんですよね。 読んでいて一つ気になったのが、ボンベロが徹底してカナコを助けない事。 2巻でもカナコに絶体絶命の危機が訪れますが、ボンベロは助けない。 漫画ではヒロインの危機なら助けるのが普通・定石・当たり前。 口ではなんやかんや言いつつも結局は助けるんでしょ?、素直じゃないなぁ。 とか思って読んでいたのですが、そんな気配がまるでなく読んでる方としても焦ってくる。 ・・あれ、まだか? ボンベロさん? 早くしないと! 首フッ飛んじゃうよカナコちゃんのォ!?。 この時は主役交代かと本気で思った。 思い返せば今までもカナコは結果的に助かっただけで、ボンベロが意思を持って助けた事はなかったように思えます。 が・・?。 彼にも何か大きなドラマがありそうな予感がします。 ところで定食屋「キャンティーン」ですが、いらっしゃったお客様がほぼ全員他界されてるんですが・・。 ボンベロの個人経営ではなく、組織が運営してるとはいえ大丈夫なんか?。 ボンベロもその皿は1枚20万するとか言っときながら、店の中で銃撃ちまくるし・・。 コミックスのオマケとして、誰も誕生日を教えてくれないそこそこ適当なキャラプロフィールと、カバー裏にLINEのスタンプ風にかわいくデフォルメされたイラスト付き。 ポロン・・。 本作ですが、映像化企画が進行中との事です。 えっ?まだ2巻が出たとこなのにもう?。 と思いきや、表紙をよくよく見てみるとダイナーは小説が原作でした。 原作 平山夢明としてるものだから、てっきり「デスノート」や「約束のネバーランド」みたいに、お話を考える人が別にいるとばかり。 とんだ勘違いでした。 ドラマか映画かアニメかは分かりませんが、楽しみにしています。 でも実写だとえらい事になりそうだ・・。 絵は綺麗だし、原作にはない話や原作の内容の変更も先が楽しみという点では悪くはない。 ただ、唯一気になったのが、登場人物(主ににオリジナルキャラクターや脇役。 主要人物は普通)のイカれ具合。 登場人物の殆どが殺し屋なのだからイカれてるのは当然なのだけど、それを表現する為なのか、原作以上にテンションのおかしいキャラや変な語尾で喋るキャラなどが多すぎて、どうにもそこに違和感を感じてしまう。 原作のみを知る人に説明すると、原作の初めに出て来る「カウボーイ」がたくさんいる感じ。 そこが気にならない方は問題なく楽しめると思うが、面白い原作があって、それがしっかりとした画力で漫画化されているのに、そういう登場人物の奇行を楽しむネタ漫画的な要素はいらなかったんじゃないかなと思う。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の

クリミナルマインド10第13話「ギデオンの遺言」あらすじと感想

ダイナー ギデオン

ネヴァダ州ゴルコンダのデザートローズ国立公園で、2人のバラバラ死体が発見された。 被害者のうちの一人は、Katherine Hale(キャサリン・ヘイル)で、コロラドの小さな町から逃げ出した家出娘だった。 この場所では、10年前の1996年に男性の胸郭が発見されたが、今回発見された遺体同様、遺体は外科の方法で切断されており、右の肋骨1本が切り取られているという特徴があった。 JJが事件のあらましをミーティングで説明していると、ギデオンが、今回の犯人とみられる未解決事件のファイルを持って入ってきた。 犯人は、30年間で少なくとも13人を殺害していると見られた。 遺体が発見された場所を検証するモーガンとホッチナーは、犯人は解剖学について広範囲な知識を持っていて、血が流れ出ないように動脈が焼かれていたことに注目する。 ガルシアは、犯人の被害者は100人にのぼることに驚きを隠せなかった。 そして、検死の結果、高濃度のケタミンが被害者の血液内から検出されたとの報告を受ける。 ケタミンは馬の麻酔薬だが、犯人はケタミンを注射することによって被害者の体の自由を奪い、しかしはっきりと意識のある状態で、体を切断、殺害していたと考えられた。 ここでホッチナーたちは犯人のプロファイルを発表する。 犯人は50代なかばの男性• 背が高く中肉• メディカルトレーニングを受けたことがあるなど、解剖学に精通している• 頭がよく異常なまでのきれい好きで左利き• 車はRVで、レーダー探知機が搭載されていて、警察のパトロールの状況をチェックできるようになっている• さらに車内が殺人現場で、防音設備や解剖に使う道具が設備されている• 典型的なサイコパスで他人に共感できず、罪や後悔の念といった感情を一切持っていない この犯人のプロファイルを聞いていたGeorgia Davis(ジョージア・デーヴィス)保安官は、心当たりがあるとギデオンにいう。 そして、保安局内に保護しているCrazy Jane(クレイジー・ジェーン)という女性に会わせる。 ジェーンは30年前、19歳の時に、エイリアンに誘拐された時のことを描写し始めた。 意識はあるのに体が動かなかったこと、体にペンでラインを引かれていたことなどから、ジェーンは犯人の唯一の生存者と考えられた。 ジェーンによれば、犯人のことを不思議と怖いと感じずリラックスしていたという。 このことから、ジェーンが生き残ったのは、犯人が見たかった、恐怖を与えなかったからということが推測できた。 トレーラーハウスで聞き込みをしていたリードとプレンティスは、犯人はRVだけではなく、トレイラーも使っていたのではないかということに気がつく。 そして、ゴルコンダに潜伏しているのは、夜になって警察による道路閉鎖が解除されるのを待っているのではないだろうか。 情報提供の電話を受け取っていたJJは、その中で匿名で報道されたRVと似たような車を見たという情報を受け取り、不審に思う。 道路閉鎖で通過したRVもトレーラーもなかったし、そもそもなぜ匿名なのか。 電話番号をたどると、殺害されたヘイルの携帯電話だった。 ジェーンを連れて帰宅したジョージ保安官だったが、そこに犯人が現れ、保安官を連れ去ってしまう。 ジェーンはどこかに逃げてしまった。 史上最強の敵といわれるシリアルキラーの真の目的とは? ギデオンとシリアルキラーの戦いの火蓋が切って落とされた。 スポンサードリンク 「史上最強の敵」の感想 エピソードの始まりは、シリアルキラーのいるダイナーに、ギデオンとモーガンが乗り込むところから始まりますが、その前日に何が起きたかという回想と一緒に進んでいきます。 だからすぐに犯人は誰か、バッチリわかるってことですね。 ダイナーにギデオンが訪れたのは、ジェーン保安官が誘拐されて、ホッチたちが監禁されているであろう場所を搜索している時です。 そして、今回のシリアルキラーはキース・キャラダインが演じる、フランクという、サイコパス。 飲んでるものとシリアルキラーというキャラのギャップがなおさら怖い。 この余裕たっぷりな態度に加え、意識のあるまま体を切り刻んだとか、シリアルキラー歴30年とか、被害者は100人とか、手強そうなシリアルキラーという設定と、キャラダインの演技が話を盛り上げていて、いつもよりも高い緊張感が最後までとまりませんでした>< 「史上最強の敵」というタイトルが付いているけど、タイトル負けしてませんでしたよね。 ゾクッとするほどのシリアルキラー、フランク。 そして、唯一生き残ったフランクの被害者、ジェーンはとってもクレイジー。 2人が次何するか、次何言うか、全く予想できませんでした。 そんな私の反応を楽しむかのように、最後はスクールバスハイジャックという展開に! なんか、マジックショー観てるみたいでした(汗) ジェーンをゲットするという目的を果たしたフランクは、ギデオンに運転手をさせて荒野に消えていきますが、これだけかき回しておいて、あっさりさようならなんだろうか? って、最後の最後はぽかんとしてしまいました。 インパクトのあることをどんどんぶち込んできたエピソードは、一筋縄では捕まらない犯人を演出するのに十分。 ちょっと不思議なことを口走ったりするので、クレイジーとあだ名がついているんですけどね。 このクレイジーさが何をしでかすか、これも予測不可能だったので、彼女の行動には終始どきどきしっぱなしでした。 彼女のクレイジーさは、エピソードを観ればよくわかりますが、「フランクに恋をしている」と言うだけで、どんだけクレイジーな女性かすぐわかりますよね(汗) ところで、ジェーンが持っていた笛は、フランクから贈られた被害者の骨の一部でしたよね。 エミリーが手に取った時、何も言わなかったのですが「人骨ってわかりにくいのかな?」と、ふと疑問に思ってしまいました。 そこでわかってしまうと、ドラマ上都合が悪いからかな、ということにしておきましょう~^^; フランクはサイコパスなの? ギデオンはフランクをサイコパスとプロファイリングしていましたし、フランク本人もサイコパスを自認していました。 でも、ジェーンに恋をしている様子。 「目がきれい」と言われドキドキし、凶器のナイフを落としてしまうほど手に汗をかいてしまったというフランク。 さらに、ジェーンと一緒になりたいがためにスクールバスをハイジャックするくらいですからね! これは恋以上の何ものでもないでしょう~。 もしかしたらフランクは、生粋のサイコパスではなかったのかもしれません。 娼婦の母親を持ち、母の仕事を目の前で見せらて育ったと言った環境から、サイコパスのような人格が出来上がっていったとも考えられますよね。 もしくは、自分のことを怖がらない人間がいる、という超レアな体験をしてしまったため、それにキョーレツな好奇心を掻き立てられたのかもしれません。 愛情ではなく、猛烈な好奇心。 いずれにしても、一人の人にキョーレツな愛情を持つサイコパスっぽい犯人て描かれたことがなかったので、インパクトはありますね。 フランクはなぜ30年も捕まらなかったんだろう エピソードでは、ようやくフランクが史上最悪の殺人鬼ということに気がつきましたが、なんでこんなに長期間捕まらなかったのか、それが気になりますよね! 明確な説明がなかったのですが• フランクは州から州へと渡り歩いて犯行を重ねていた• トレーラーハウスで移動していた• 異常なまでのきれい好きで、DNAを残さない だったからかな、と思います。 あちこち移動しながら犯行を重ねていくことは、見つかりにくいというのはわかりますが、トレーラーハウスは検問にひっかかりにくいってそうなのでしょうか? 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」という映画の話です。 ジョージ・クルーニーとクエンティン・タランティーノ扮するするゲッコー兄弟が、トレーラーハウスに乗ってモーテルを訪れた牧師一家を人質にとります。 そして、ゲッコー兄弟はトレーラーハウスに身を隠し、警察の検問をすりぬけ、メキシコ国境を突破したという話がありますが、もしかしたらトレーラーハウスは本当に隠れ蓑になりやすいのかもしれないですね。 また、殺人を繰り返して、何十人も被害者を出していたにも関わらず、ずっと捕まらなかったケースも実際にあります。 「グリーン・リバー・キラー」ことゲイリー・リッジウェイは、1982年から1990年代にかけて、少なくとも49人の娼婦や家出少女を殺害しました。 リッジウェイが犯人と特定されたのは2001年のことで、決め手はDNA鑑定でした。 本人が犯行をすっぱりやめたのもそうですが、これだけの人数を手にかけていて、20年間も捕まらなかったんです。 多くの被害者を出しても犯人特定を特定することが難しい、という場合もあるんですね。 フランクが捕まらなかったというのも納得できます。 私にとってクリマイの中で、「これは極悪シリアルキラー」と思ったのは、シーズン5に登場するリーパーかこのフランクかで、リーパーのほうがやや極悪かなと思っていたのですが、こうして再びエピソードを見ると、フランクもやっぱりかなりきてますねー。 微妙にリーパーのほうが、って思ってましたが。 この2人の対決(?)はシーズン5観てから決めてみたいと思います。 何れにしても、見逃してほしくないエピソードといえましょう~! スポンサードリンク 「史上最強の敵」キャスト• キース・キャラダイン(Keith Carradine) フランク・ブライトコプフ• ジェームズ・ホーラン(James Horan) マーク・デイヴィス• メリッサ・レオ(Melissa Leo) ジョージア・デイヴィス保安官• エイミー・マディガン(Amy Madigan) ジェーン・ハンラッティ• ライアン・マクベイ(Ryan McBay) 若いときのフランク・ブライトコプフ• ・パルマー(J. Palmer) ネド• オットー・サンチェス(Otto Sanchez) リック・サイロ副保安官• ラスティー・シュワイマー(Rusty Schwimmer) リラ・メイ 「史上最強の敵」で引用された格言.

次の

DINERダイナー 10 (ヤングジャンプコミックス)

ダイナー ギデオン

Contents• 映画Diner ダイナーとは? まず、映画『Diner』とは、どのような映画なのでしょうか。 オオバカナコは日給30万に惹かれ怪しいアルバイトに手を出した結果、この店にウェイトレスとして売られてしまいます。 命がクズ同然の扱いを受けるこの食堂で、新たな殺し合いが始まる…。 というのがあらすじになっています。 本作は映画『さくらん』、『ヘルタースケルター』の監督として有名な蜷川実花さんで、藤原竜也さんが俳優デビューするきっかけとなった舞台『身毒丸』の監督である蜷川幸雄さんの娘さんでもあります。 加えて、主演のボンベロ役を演じるのは藤原竜也さん、ウェイトレス・カナコ役は玉城ティナさん、他にも窪田正孝さん、本郷奏多さんなど若手から真矢ミキさん、奥田瑛二さんなどのベテラン俳優まで勢ぞろいな 豪華キャストになっています。 原作は2009年に刊行され、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞を受賞し、吉川英治文学新人賞にもノミネートされました。 2017年にはコミック化され、 週刊ヤングジャンプにて現在も連載されています。 Sponsored Links Diner ダイナーの炎眉役とギデオン役は誰? ここでは、原作『Diner』で登場する人物の炎眉とギデオンは映画ではだれが演じているのか、という点についてです。 まず、正直に言うと、映画『Diner』には、炎眉とギデオンは登場しない可能性があります。 今現在、メインキャストが10人発表され、それぞれが何の役なのかということもわかっている状態であり、さらに予告編もつくられています。 ですが、そのメインキャストの役柄の中に 炎眉とギデオンの名前はありませんでした。 さらに、原作とは違う名前で同じ立ち位置の役が出演させられているのではないか、という説も可能性は低そうです。 ということで、 二人は登場しないのではないかという予想になりました。 追加でキャストが発表されるようなことがあれば、期待できるかもしれませんね。 今はそれを願いましょう。 Sponsored Links Diner ダイナーに出演する目つきの鋭い俳優とは? 映画『Diner』に出演する目つきの鋭い俳優とはいったい誰のことなのでしょうか。 本作に出演している俳優さんで、目つきが鋭いといえば、 ブタ男役の金子ノブアキさんでしょうか。 仮面から覗く目つきが鋭く観客をとらえ、離さないようですね。 金子ノブアキと小栗旬の戦い クローズ以来見た。 — まきと makito0423 今作では、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。 他のキャストは? 他にもメインキャストはたくさんいるので、一部紹介したいと思います。 殺しのために全身に整形手術とホルモン注射を施し、身体を子供のようにした残虐な殺人鬼のキッドを演じるのは本郷奏多さんです。 本郷奏多さんは、ドラマ『弱くても勝てます』、『アカギ』、映画『GANTZ』シリーズや、『進撃の巨人』などに出演しており、実力派の若手俳優として勢いを見せています。 本郷奏多 GANTZまでには帰りたかったけど、まだ残業 — 塩顔男子bot shiogaobot また、組織の四天王の一人であるマテバを演じるのは小栗旬さんです。 その特徴的な金髪と美形ですが、殺しの腕は一流で完璧主義者としても知られています。 その容姿に違わず美しいものを好むマテバは、特に美しい昆虫を寵愛し、その常軌を逸した愛で方は、見る者に戦慄が走る。 』 — おぐりまにあ pitoogu1226 小栗旬さんは、ドラマ『花より男子』シリーズ、『花ざかりの君たちへ』、『信長協奏曲』、映画『クローズZERO』シリーズ、『銀魂』シリーズ、『君の膵臓をたべたい』など様々な作品に最前線として出演している人気俳優さんです。 Sponsored Links まとめ ここまで映画『Diner』について、どんな映画なのか、キャストは一体誰なのかという観点で紹介してきました。 どんな映画になっているのか、期待が高まりますね。 本作の公開は、2019年の7月5日を予定されています。 5 金 公開となる『Diner 』の本ポスターも到着!ボンベロを中心に、個性豊かな殺し屋のビジュアルが加わり、よりカオスに!!

次の