国民 健康 保険 保険 料 免除。 障害者は国民健康保険料の免除を受けることができるの?

国保の保険料は免除ができる!無職でも未納、滞納は財産を差し押さえ!?

国民 健康 保険 保険 料 免除

国民健康保険料が支払えないとき 役所の窓口へ相談する 国民健康保険料を滞納し続けると、担当の役所から 督促状が送付されます。 保険料がどうしても払えない場合は、役所に連絡を入れましょう。 その際、 保険料を支払う意思があることを伝えておく必要があります。 相談をする時は、電話よりも直接窓口に出向いた方が誠意を伝えやすいかもしれません。 また、支払う計画を示すために 給料明細や支出がわかる資料も持参し、具体的に説明しましょう。 家族の扶養に入れるか検討する 身の回りに社会保険に加入している家族がいる場合、 被扶養者になるという方法もあります。 被扶養者とは、「扶養者の収入によって生計を立てている人」のことを指します。 同一世帯で、かつ三親等以内であれば被扶養者になることができます。 国保の保険料を安くする方法 失業や退職をすると減免の対象に 平成22年の3月31日より、 失業や退職をした場合には国民健康保険料の減免が適用されるようになりました。 この場合の「退職」には、自己都合による退職も含まれます。 実際の減免割合は相談の元に決定されるため、まずは市区町村に問い合わせましょう。 学生は保険料を軽減できる 学生は稼得能力が社会人よりも低いとされ、親の扶養から外れている学生(大学生など)については国民年金保険だけでなく 国民健康保険でも減免の対象となります。 なお、仕事を退職して学生になるようなケースでも同様に減免制度を利用できます。 減免割合は前年度の所得状況や世帯数に基づいて2割、5割、7割のいずれかに決定されます。 自治体によっては障害者も減額可能 原則として、障害年金の受給や障害者手帳の所有を理由に国民健康保険料が減免されることはありません。 しかし、制度を運営する市区町村によっては独自の制度を設けている場合があります。 障害者認定を受けていて保険料を納めることが難しい人は居住地区の役所の窓口に相談してみましょう。 減免は受けられなくても、支払いの猶予期間が与えられる可能性などが考えられます。 離婚して収入が減った母子家庭も 夫と離婚して母子家庭になった結果、世帯収入が前年に比べて大きく減額したという場合には、減免の申請が通る可能性があります。 学生の保険料減免のケースと同様に、減免割合は前年度の所得状況や世帯数に基づいて決まります。 減免申請は役所窓口で 国民健康保険料の減免申請は、居住地区の役所の窓口で行います。 申請の際、 所得を証明する書類などがあると円滑に手続きを進められるケースが多いため、あらかじめ準備しておきましょう。 申請を行うと、これまでの収入状況と今後の収入の見通し、さらには世帯状況などを考慮に加えた上で減免割合が決定されます。 計算方法や判断基準などは居住地区の役所によって異なることがあります。 保険料を滞納し続けるとどうなる? 保険証の有効期限が短くなる 国民健康保険とは、保険料を支払うことによって保障を受けられる制度です。 そのため、 保険料を滞納すると保険証の有効期限が短縮され、短期保険証に切り替えられることがあります。 短期保険証の有効期間は1~6ヶ月で、期限が切れた場合にはその都度窓口に出向いて手続きを行いますが、その際に滞納分の保険料の支払いを要求されることがあります。 病院での治療費が全額自己負担 納付期間を1年過ぎてもなお保険料を滞納し続けていると、 短期被保険者証から資格証明書に切り替えられることになります。 この場合、 病院での治療費が一時的に全額自己負担となります。 通常の被保険者は治療費の3割が自己負担分であるため、7割分の差額が生じることになります。 なお、この差額については後日申請することで受け取れる場合があります。 財産差し押さえ処分も 上記の通り段階的に被保険者資格が制限されていきますが、それでもなお保険料の支払いを滞納していると 財産差し押さえ処分を受けるケースもあります。 具体的には、銀行口座が凍結されたり、給料が差し押さえられたりすることが想定されます。 とは言え、財産が差し押さえられるまでの間には、保険の運営元の職員が督促に訪れる場合がほとんどです。 支払いが難しいようであれば、減免の申請を受けたいことを申し出ましょう。 まとめ 国民健康保険料は、長期間滞納し続けると医療や給与取得の面で制限がかけられるようになります。 滞納するのではなく、減免の制度を利用すれば通常通り被保険者資格を維持できます。 減免割合などは自治体によって異なるため、一度窓口で聞いてみるのもよいでしょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

国保の保険料は免除ができる!無職でも未納、滞納は財産を差し押さえ!?

国民 健康 保険 保険 料 免除

統計によると、日本の離婚率はおよそ3分の1と言われています。 これだと結婚したカップルの3組に1組が離婚していることになります。 離婚の増加に伴って母子家庭も増えており、2010年に総務省が発表した日本国内のシングルマザーの数は、108万人以上でした。 母子家庭になった内訳は、離婚が約80%と圧倒的に多く、次に未婚が約12%と続き、死別が約7%となっています。 離婚の原因は様々ですが、最も多いのが、いわゆる性格の不一致。 他にも、両親との折り合いが悪かったり、言葉による暴力のモラルハラスメントであったり、アルコールやギャンブル依存症で生活費を家庭に入れなかったり、浮気、家庭内暴力、DVなど、多岐にわたっています。 ただ、いずれにしても、母子家庭になっても自分の子供の生活は守ってあげたいと思う気持ちは、母親であれば誰でも同じはずです。 母子家庭になった場合、日本国内には生活を支援してくれる16の手当てと助成制度があります。 今回は母子家庭のための国民健康保険をはじめとして、主な母子家庭のための手当てや助成制度について詳しくご紹介していきます。 (各手当の金額は平成29年4月現在のものです。 ) 母子家庭のための児童扶養手当について 児童扶養手当は母子手当とも呼ばれていて、両親が離婚した場合や、父親または母親が亡くなったりした場合に、 子供が0歳から18歳の3月31日になるまで地方自治体から支給されます。 児童扶養手当の月の支給額は、所得に応じて 全額支給と 一部支給と 不支給とあり、全額支給の場合は4万2290円で、一部支給の場合は9980円から4万2280円です。 一部支給の場合は所得に応じて10円単位で支給金額が変わります。 また、子供が2人以上の場合の第2子の加算額は、全額支給の場合は9990円で、一部支給の場合は5000円から9980円です。 第3子以降の加算額は、1人につき、全額支給の場合は5990円で、一部支給の場合は3000円から5980円です。 一覧にまとめるとこのようになります。 児童扶養手当の支給額 全額支給 一部支給 第1子 4万2,290円 9,980円~4万2,280円 第2子の加算額 9,990円 5,000円~9,980円 第3子以降の加算額 5,990円 3,000円~5,980円 所得限度額 母子家庭のための児童扶養手当には所得限度額があります。 これにより、全部支給・一部支給・不支給が分かれることになります。 限度額は、税法上の扶養親族等の数により変わります。 扶養親族等の数が0人の場合 全額支給の所得限度額は19万円、一部支給の所得限度額は192万円、孤児等の養育者・配偶者・扶養義務者の所得限度額は236万円です。 扶養親族等の数が1人の場合 全額支給の所得限度額は57万円で、一部支給の所得限度額は230万円、孤児等の養育者・配偶者・扶養義務者の所得限度額は274万円です。 扶養親族等の数が2人の場合 全額支給の所得限度額は95万0000円で、一部支給の所得限度額は268万円、孤児等の養育者・配偶者・扶養義務者の所得限度額は312万円です。 扶養親族等の数が3人の場合 全額支給の所得限度額は133万円で、一部支給の所得限度額は306万円、孤児等の養育者・配偶者・扶養義務者の所得限度額は350万円です。 母子家庭のための医療費助成制度について 子供が20歳を迎える前日の月まで、母子家庭の母親や子供が病気や怪我で病院などの医療機関で保険診療を受けた場合に医療費の一部が助成されます。 どの地方自治体も基本的には同じですが、受給条件や受給金額などが異なる場合もあるので、詳細については各自治体のホームページを参照してみてください。 医療費助成制度を利用する場合は、病院などの医療機関で、保険診療を受けた際に 母子家庭医療費受給者証を提示して医療費を支払います。 そうすれば、健康保険の高額療養費と付加給付金の金額を控除した額が、届出を行っている金融機関の口座に、3ヶ月後以降の毎月25日に振り込まれます。 ただし、予防接種・健康診断料・差額ベット代などの保険診療適用外の治療と、入院時の食事療養費などについては適用されませんので注意が必要です。 もし、何らかの事情で、母子家庭医療費受給者証を提示しないで保険診療を受けた場合や、県外の病院などの医療機関で保険診療を受けた場合には、診療月の翌月から1年以内に手続きを行なえば、医療費の払い戻しが受けられます。 母子家庭のための医療費受給資格認定の申請は、地方自治体の社会福祉課で申請し、認定されれば母子家庭等医療費助成金受給者証が発行されます。 このとき、資格の取得日は、申請日の翌日になります。 母子家庭のための国民健康保険の軽減や免除について 母子家庭には、国民健康保険の軽減や免除の制度があります。 母子家庭に限ったことではありませんが、国民健康保険料の支出は結構な金額になりますから、軽減や免除は積極的に活用したいところです。 保険料の軽減 国民健康保険料の軽減は、前年度の所得が一定金額以下の場合に適応されます。 前年度の所得や世帯人数によって、保険料の軽減割合は変わってきますが、最低でも2割から最大で7割まで軽減されます。 地方自治体によって、国民健康保険の軽減の割合や方法は異なるので、詳細については各自治体のホームページを参照ください。 保険料の免除 その他、災害・天災・病気などで生活が著しく困窮した場合や、離婚などで前年より大幅に所得が減った場合は、国民健康保険の全部か一部の支払いが免除されます。 国民健康保険の軽減の場合は申請の必要はありませんが、国民健康保険の 免除については申請が必要になります。 国民健康保険の保険料は、前年度の所得に応じて自動的に計算されます。 しかし、所得がない場合に自分の所得を申告していないと、国民健康保険の軽減や免除について自動では適用されなくなります。 ここは注意が必要です。 まとめ 母子家庭のための軽減や免除制度は、国民健康保険の他にも色々とあるので、お住まいの各市町村にお尋ねください。 シングルマザーとして子供を抱えて育てていくのは大変なことです。 国・行政からは様々な制度や支援が用意されています。 それで生活が劇的に変わるわけではないかもしれませんが、使えるものは使わないと損なので、積極的に活用しましょう。

次の

障害者は国民健康保険料の免除を受けることができるの?

国民 健康 保険 保険 料 免除

国民健康保険料の仕組み 国民健康保険料には、企業などの健康保険(社会保険)のような「扶養」の概念がなく、年齢や収入の有無・多寡に関わらず加入者一人ひとりが保険料を負担しなければなりません。 母子家庭で子供が幼い場合、母が働いて子供を養っていることが多いですが、母親も子供も保険料を納付する必要があります。 国民健康保険料は世帯ごとに納付する 国民健康保険料は加入者一人ひとりについて金額が計算されますが、世帯ごとに納付することになっています。 納付義務者は世帯主です。 世帯主が国民健康保険に加入していない場合でも、世帯内に国民健康保険加入者が一人でもいる場合は、世帯主が納付義務を負います。 国民健康保険料の内訳と計算方法 国民健康保険料は、医療分(医療給付費分)保険料、支援金分(後期高齢者支援金分)保険料、介護分(介護納付金分)保険料という3種類の保険料の合算で算出されます。 医療分保険料 国保加入者全員が支払う、国保加入者の医療給付費などに充当される費用 支援金分保険料 国保加入者全員が支払う、後期高齢者医療制度加入者の医療給付費支援に充当される費用 介護分保険料 40歳以上65歳未満の国保加入者が支払う費用 また、医療分保険料、支援金分保険料、介護分保険料は、それぞれ均等割額と所得割額の合計で計算されます。 ここまでの説明を踏まえると、国民健康保険料は以下のような計算式で算出できることになります。 国民健康保険料は加入時期によって保険料が大幅に変化することがあるため、特に、離婚前の人はチェックしてみてください。 関連記事 国民健康保険料の減額(軽減) 国民健康保険料の減額とは、世帯所得が一定基準を下回る世帯を対象として、医療分保険料、支援金分保険料、介護分保険料のうち均等割を軽減する制度です。 失業や退職などの理由や、母子家庭や障害者がいるなどの家庭状況は問われません。 ただし、住民税の申告によって世帯全員の所得が明らかになっていなければなりません。 減額の判定 国民健康保険料の減額の判定は、毎年4月1日(判定基準日)時点の世帯状況に基づいて、世帯における国保加入者全員の総所得金額などを合算して行われます。 年度途中に加入した場合は、加入日の世帯状況が基準となります。 世帯全員の所得は住民税の申告によって明らかになるため、申請しなくても役場が世帯所得に応じて制度を適用します。 国民健康保険料の減免 国民健康保険料の減免とは、災害や年度途中の退職といった不測の事態で一時的に保険料を支払えなくなった人などを対象として、保険料を減額または免除する制度です。 保険料減免の対象となるのは、以下のような人です。 被災者• 失業者(倒産や解雇など)• 退職者など• 65歳以上の高齢者(国民健康保険資格を取得した場合)• 生活保護受給者• 障害者• 拘禁中の人 被災者 震災、風水害、火災などに被災した場合に、国民健康保険料(医療分、支援金分、介護分それぞれの均等割、所得割、平等割)が以下の減免率表に基づいて減免されます。 減免期間は被災した月から最大で12ヶ月間です。 失業者(倒産や解雇など) 倒産や解雇など自分の意思によらない理由で離職し、離職時に65歳未満だった人を対象として国民健康保険料を減免する制度です。 雇用保険受給資格者証の離職理由が以下のいずれかであることが減免の要件です。 離職 区分 コード 離職理由 1A 11 解雇(1B及び5Eに該当するものを除く) 1B 12 天災等の事由により事業の継続が不可能となったことによる解雇 2A 21 会社都合による雇い止めで雇用期間が3年以上 2B 22 会社都合による雇い止めで雇用期間が3年未満 契約更新の明示あり) 2C 23 会社都合による雇い止めで雇用期間が3年未満 契約更新の明示はないが本人は契約更新を希望) 2D 24 その他の契約期間満了による退職 3A 31 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職 3B 32 事務所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職 3C 33 正当な理由のある自己都合退職(離職日以前の2年間に被保険者期間が通算して12ヶ月以上) 3D 34 正当な理由のある自己都合退職(離職日以前の1年間に被保険者期間が通算して6ヶ月以上) 出典:減免対象離職理由一覧表|大阪市 減免期間は、離職年月日の翌日が属する月から翌年度末までです。 減免率は、以下のとおりです。 退職者など 退職、倒産、廃業、休業や営業不振等の理由により、減免を希望する年の見込所得が前年と比べて10分の7以下になる人を対象とする減免制度です。 減免されるのは医療分、支援金分、介護分保険料の所得割で、以下の減免率表に基づいて減免されます。 事実を証明する書類(退職証明書、離職票、雇用保険受給資格者証、廃業届など)• 退職など事実発生後の収入がわかる書類(年金振込通知書など) 65歳以上の高齢者(国民健康保険資格を取得した場合) 被用者保険の被扶養者を対象として、国家健康保険の資格を取得した月から保険料を減免する制度です。 医療分と支援金分保険料について、以下のとおり減免されます。 所得割 全額減免 均等割 2分の1 (7割または5割の軽減適用の場合を除く) 平等割 2分の1 (同上) 減額期間は、均等割と平等割は旧被扶養者該当付きから24ヶ月間、所得割は当分の間です。 申請には印鑑と旧被扶養者異動連絡票が必要です。 学生 親と同居中で無職の学生は、国民健康保険料を支払う必要はありません。 アルバイト収入がある場合や、親元を離れて一人暮らしを始めた場合は保険料を支払う必要が生じますが、免除申請をすることができます。 前年の所得が少ない場合は免除申請をすれば認められます。 障害者 一定の基準を満たす障害者は、国民健康保険料の全額が免除対象となります。 法律上は、障害者年金1級または2級に該当する障害者が全額免除の対象ですが、市区町村によって障害者の基準が異なるため、住んでいる地域を管轄する市区町村に確認する必要があります。 大阪市の場合は、地方税法に規定された障害者で、前年の所得が125万円以下の人が保険料全額免除の対象です。 拘禁されている人 国民健康保険の給付を受けることができない期間の医療分、支援金分、介護分保険料の均等割と所得割を免除する制度です。 例えば、刑務所や少年院に収容されている期間については、保険料が全額免除されることになります(一部減免されない地域あり)。

次の