ある 部屋 に 5 人 なぞなぞ。 クイズ王の部屋

【なぞなぞ】中級のやや難しいなぞなぞ290問! api.rethinkrobotics.com

ある 部屋 に 5 人 なぞなぞ

なぞなぞ10問 まずは、正統派のなぞなぞを6問出題します。 難しさを出すため、完全にノーヒントで行きますね。 Q1 動物園で、動物を順番に数えました。 そして、17番目の動物は、ひっくり返ってそのまま起き上がりません。 この動物はなんでしょう? A. ライオン 解説:英語にすると「 LION」。 これをひっくり返すとNO17になります。 「英語にする」って発想が浮かぶかどうかがカギです。 普通の考え方じゃ中々解けない問題ですね。 Q2 2匹のツバメがケンカをしたあとに、 何かが残されていた。 それは一体なんでしょう? A. ツメ 解説:ケンカを言いかえるとバトル。 「ツバメ」から「バ」取ると、「ツメ」になります。 ケンカ=バトルって発想ができるかどうか。 先ほどの問題もそうですが、 何かを置き替えてから考えるってワンクッションがいる訳です。 その発想ができる人は なぞなぞやとんちを解くのに向いていると言えます。 Q3 海外旅行に行きました。 1階から3階まではショッピングモールのホテルに泊まりました。 そして、6階から上に行こうとしたら 6階以上は満室と言われてしまいました。 さて、このホテルのある場所はどこ? A シカゴ 4か5 これは特にひねりのない問題。 ですが、「場所」という漠然としたヒントしかない中で 「シカゴ」という、恐らく馴染みのない場所が連想できるかどうかがポイントです。 Q4 黒い犬・白い犬・茶色い犬・黄色い犬、一番おとなしいのはどれ? A. これ、知り合いの人に出してもらったんですけど、 僕は20分考えて出てきませんでした。 言われれば、「あーなるほど!」と思ったんですけど 「漢字で考える」って発想に僕は行きつかなかったです。 J 1月から12月までのアルファベットの頭文字が入ります 英単語自体は中学1年くらいで習ったはずですが、 そこに発想が繋がるかどうかですね。 僕はこの問題、割とすぐに分かりましたけど、 正解率は35%。 3人に1人しか分からない訳ですから、 決して簡単とはいえません。 Q6 パソコンのキーボードが1箇所だけ壊れてしまい 作業ができなくなってしまいました。 さて、キーボードのどこが壊れた? A. 「S」 解説: 作業 さ行 ができないから これは僕、全く分かりませんでした。 今日は、いつも食べている白いご飯ではなく玄米を使い、 そこにとれたての栗をたっぷり入れました。 さて、これは何ご飯? A. 朝ご飯。 栗ごはんではないですね。 Q8 マラソンをしていました。 前半は18位でしたが、 17位・16位・15位の人を抜いてゴールをしました。 さて、結局何位だった? A. 15位。 まあこれは、厳密にはなぞなぞでもとんちでもないですね。 当たり前の答えです。 ただ、「14位」と思ってしまうのが不思議なところ。 頭のいい人は「ひっかけ」って事前に言われたために 逆に「簡単すぎる」って悩まれた人もいたかもしれません。 Q9 お父さんのカエル、お母さんのカエルが、 彼らの子供と一緒に遊んでいました。 お父さんは「ケロケロケロ」と鳴き、 お母さんは「ケロケロ」と鳴きました。 さて、彼らの子供はなんとなくでしょう? A. 鳴かない カエルの子はおたまじゃくし。 鳴くという行動ができないから。 おたまじゃくしの存在がパッと頭に浮かんでいれば なんてことは無い問題ではあります。 ただ、なかなか浮かばない人の方が多いはずですが。 Q10 69072417699043 さて、これは何でしょう ? A. 数字 何かの意味があるかと思いきや、 何の意味も無いという -。 - y-゜゜゜ 一周回って「めちゃめちゃシンプルな答え」という ひっかけ中のひっかけですね。 サクッと答えられた方は、さすが!! 終わりに なぞなぞって、幼稚園保育園とか小学生くらいの子がやるものって イメージもありますが 大人がやったって十分楽しめる問題も結構あるものです。 今回は、「特に面白かった」と思うものを10個厳選させてもらいました。 これを機に、そういう ちょっと難しいようなクイズに興味を持ってもらえたら幸いです。 関連記事 トモブログのクイズ記事でした。 4択形式ですので その中から選んで答えてください。 昭和に関するマルバツクイズを9問用意しました。 高齢者の方はもちろん、どなたでも気軽に解いてください。 昔を覚えている方は、あああん アニメポケットモンスターの無印編に関するクイズを 15問用意しました。 4択問題なのでそこまで難しくはありませんが そこまで簡単で 理科は小学校から習う教科ですが、時間が経つと大半のことは忘れてしまうものです。 今回は、小学校5~6年生までに習う理科の問題を、 4 僕が今までやってきたクイズの中で 「これは面白い」と思ったものを 6つ厳選して紹介します。 ちゃんと考えれば分かる問題ですけど、 どこの都道府県のことを言っているのかを ヒントから当ててもらうクイズです。 問題は9問。 難易度は中級くらいです。 全部で9 小学生の人にも解けるような七夕に関する問題を、全部で9問用意しました。 全て3択問題です。 簡単な問題もありますが、大人がやっても少 クリスマスにまつわる、子どもがやっても楽しめるマルバツ問題を 全部で10問用意しました。 専門知識は一切いりませんが 大人がやって ハンターハンターに関する比較的簡単な4択問題を 全部で8問用意しました。 マニアックな知識は特に必要ありませんが 全問正解するのも 小学生からお年寄りまで分かる 答えは単純だけど、ちょっとだけ難しいあるなしクイズを7題用意しました。 是非ぜひお気軽にチャレンジして 小学校低学年向けのなぞなぞを 全部で24問用意しました。 比較的簡単なクイズが16問、 少し難しい問題が8問です。 簡単な1 大人が楽しめるようなかなり難しめの雑学クイズを 全部で12問出題します。 正解率は6~12%と、かなり難易度の高い問題です。 頑張 正解率10~30%の難しめのあるなしクイズを 全部で10問紹介します。 ヒントもありますので、 分からない場合は見ながら解いてみて 様々なジャンルの漢字クイズを 全部で17題紹介します。 難易度は一般社会人レベルですが 全問正解するのは少々難しいと思います! ハンターハンターに関する、少々マニアックな上級者向け4択問題を、 全部で10問用意しました。 ハンター好きなら分かる問題だと思います ポケットモンスターの 赤緑青ピカチュウ版と、無印編のアニメに関するクイズを 全部で14問作りました。 難易度はかなり高めに設定して 比較的簡単な水平思考クイズを5問、 かなりの難問を1つ用意しました。 いずれも特殊な知識などが必要な問題ではありません。 中学生レ 小学生から大人まで楽しめるような 分かりやすいけど意外に知らない地理クイズを 全部で11問用意しました。 基本は4択形式ですが サッカーのJリーグやワールドカップに関する比較的簡単な4択問題を 全部で9問紹介します。 特に専門的な知識は必要ありませんが、 全.

次の

築50年50平米マンションでの家族4人の暮らし方~間取りにこだわらず、好きな物に囲まれた部屋の住み心地~

ある 部屋 に 5 人 なぞなぞ

なぞなぞ問題いっぱい いろんななぞなぞを紹介します。 答えのところにカーソルかタッチで答えが出ます 簡単なものから結構難しいものまでいろいろです 問題 1. どんなに走っても、飛んでいっても、見えているのに着かないのは何? どんどん進んでも元のところに戻ってきてしまうものは何? どこまでもどこまでも自分にくっついてくる友達といえば? 外出していてもいつもおうちにいるものは何? 家の前を通り過ぎるだけで絶対に家の中に入ってこないものは? 夏はぶらさがり冬には飛んでいくものといえば? 羽もはしごもプロペラもないのに空にのぼっていくのは何? 大きな木に登れるのに一滴の水を越えられないのは? 足がないけどやってきて、舌がないけどお話できるものは何? 夜になるとやってきて、朝になると自然にいなくなってしまうのは? 窓が閉まっているのにガラスを割らないでも部屋の中に入ってくるものは何? うまれたけれどまだうまれていないものといえば? 生きていると増えていくものは何? おてんとうさまをみると冷や汗かいて小さくなるのは何? 食べ物があるとなきだして、食べ物がないとだまっているのは何? 耳も口もないのに聞こえるし話す。 どんな言葉でも使いこなせるのは何? 名前を呼ぶといなくなってしまうのは何? 赤い服を着ていつも紙を食べているのは何? お腹がいっぱいになると体が軽くなり、お腹がすくと重くなって動きにくくなるのは何? 口からだして耳からのみこむものは何? いろんなものを飲み込むけど、水を飲み込むとなくなってしまうものは何? 赤い帽子をかぶると背が低くなっていくのは何? よろいかぶとを着てるのに腰が曲がっているのは何? 裸は白くて茶色の皮を身につけているのは何? 服を脱がずに服をとりかえるのは何? 子供のときは服を着ていて大人になると裸になるのは何? 作った人は黙っていて持っている人は知らない、知っている人はほしがらないものは何? あらゆる形になれるのにつかめないものは何? かわいた服を脱いでぬれた服を着るのは何? ふたりで一人前でいろんなものをまっぷたつにするのは何?

次の

【ある部屋に5人の人々がいます~】の答え

ある 部屋 に 5 人 なぞなぞ

画面右上あたりにある検索窓(虫眼鏡アイコン)もご利用ください。 ブログでは主に時事問題を公開しています。 コメント大歓迎です。 内容がどんどん増え続けています。 時間のある方は、ひと通り見てまわってください。 易しいことやら難しいことやら、いろいろ集めましたので、よろしく。 ミニ知識やちょっとした 雑学のサイトとしても育てていきたいと考えております。 競技クイズのオープン大会や、クイズサークルの例会に参戦する予定の方は、直前対策としてこのサイトのページを覗いてみてはいかがでしょう。 当サイトの内容に誤りがあったり、画面表示がおかしかったりしたら、教えてください。 そんな時、部屋に入るなり、 「これがクイズ王の部屋かぁ」と言えばバカ受けする(かなり誇張)こと請け合いです。 部屋に入るのが初めてでなかったとしても、これを言えば必ずウケます(そういうことにしておく)。 そんな魔法の言葉をタイトルにしようと思い付いた次第であります。 2014年の中頃からは、投稿、すなわちブログ記事の大半が、自作の新作問題(主に時事)を含むようになりました。 ブログ記事のタイトルに、その記事中にある問題の数を、例えば「7問」や「4問」といったように表示している投稿もありますが、そういった問題数表示を省略した投稿も多いです。 特別な場合を除き、早押し用には作成していません。 とは言いましても、結果として 早押しに使用しても大丈夫な問題も多いですが。 問題文に統一感はありません。 例えば、語尾に「でしょう」が付いていたり、いなかったり。 「~?」の後ろに続きがある問題もあります。 (ほとんど私のオリジナル? 答えは原則としてページの下部にまとめて表記していますが、問題数が多めの投稿の場合は、各問題文のすぐ真下にも、反転させれば読めるようにして、答えを表記しました。

次の