ギャロップ 意味。 ギャロップとは何ですか?出来れば、何語かも教えて下さい!

循環器用語ハンドブック(WEB版) 過剰心音(Ⅲ、Ⅳ音)

ギャロップ 意味

はじめに 初めての投稿です。 いたるところガバガバかもしれませんが、よろしくお願いします。 ギャロップに目をつけたのは、ドラゴンや耐久ポケモンがのさばる中、ドラゴン透かし役と耐久ポケモン狩りの両方担えると思ったからです。 運ゲーですけど・・・。 この型について 耐久ポケモンがしんどくなってきたら使いたくなる様な型です。 輝石サニーゴはお断りですが・・・。 つのドリルで耐久ポケモンを削り、いやしのねがいでエースの回復と読み合いをしていきます。 タスキは試行回数を増やすためとナットレイを葬るために必要。 また、特性のパステルベールによりどくどく耐久に強いのも魅力の1つです。 タイトルには両刀とありますが、物理はつのドリルだけです。 なぜ他の攻撃技が特殊かというと、てつのトゲやゴツメ対策です。 それと単純に物理の硬いポケモンが多いからです。 いやしのねがい、つのドリルをかけもちできるのは、このポケモンだけです。 つのドリルだけなら、差別化できないですしね。 努力値 とりあえずsぶっぱ。 cはナットレイ用に164。 あまりをhにしています。 今の環境ではギャロップのs種族値105というのはかなり早い方なので、sは間違いなく降りたいです。 正直hに振る意味を感じませんが、火力の低いポケモンの何かを3回以上耐えられれば儲け物という感じで、気持ちを振っています。 この振り方ですとhdぶっぱの性格無補正ナットレイを葬ることができます。 もちもの きあいのタスキでしょう。 ひかりのこな、きあいのハチマキなども考えましたが、ハチマキはひかりのこなの劣化版になることが多く、ひかりのこなはダイマックス技が必中なので少し怖いです。 もちものは何にしろ元々ギャンブルなので、よりギャンブラーな人は使ってみてもいいかもしれません。 他の択ですが、ナットレイを見ない前提なら努力値を耐久に回して、回復実や残飯でもいいかもしれません。 私はナットレイを葬りたいのでオススメはしません。 技構成• つのドリル メインウエポン。 これで耐久ポケモンを削ります。 マジカルフレイム d特化のナットレイでもなければ確2なので、タスキ込みでナットレイを葬ります。 もちろんつのドリルで勝負してもいいですが。 いやしのねがい この型の生贄たる部分、メインです。 残りHP1で役目を果たした時や、パーティのエースが死にかけの時に生贄にしましょう。 傷ついたエースを完全回復できるので便利。 一応読み合いもできます。 読み合い「生贄スルー」の実績 自分の後続がやけどオノノクスでなおかつ対面してるドラパルトがシャドーダイブしかこちらに有効打がない時に打ち、完全回復したオノノクスでシャドーダイブを耐え、げきりんで勝つことができました。 マジカルシャイン 自由枠 正直打ちません。 が、ギャロップがラス1のポケモンとなって、相手のHPが残りわずかな時にタイプ一致が有れば良いなと思ったので。 サイコキネシスでもいいのですが無効があるので。 最後に かつてないギャロップ。 生贄ドリルをよろしくお願いします。 加えて、ギャロップならではの強みですが、特性パステルベールによるどくどく耐久型への強さを推してもいいんじゃないでしょうか。 どくやはがねタイプと違ってみずびたし持ちのナマコブシ等が相手でもどくどくを防げますし、特性でどく無効というのは対耐久型を想定した時に有用なので記載しないのはもったいない気がします。 ・もちものの第二候補は、苦しいですが少し付け足しました。 ・hに振ってる理由は書いた通りです。 あまりを振ってるだけですが、実際使ってみると何回か役に立つ場面がありました。 ・催眠ドリルについては、今回の趣旨と違うかなと思ったので書いてません。 もし催眠が欲しいなら、自由枠を使ってください。

次の

働く人の幸福度をはかるたった12の質問 日本企業は世界でも最下位レベル

ギャロップ 意味

「小規模のロンド」と言う意味です。 ロンド形式というのは、異なる楽想部分をはさんで、主題が何回も演奏される音楽形式です。 Aが主題とすると、A-B-A-C-A-D-Aというように、主題が何回も現れます。 「ィーノ」、「ィーネ」、「ィーナ」、「ィーニョ」というのは、「小型」、「ちっこいの」、と言う意味に名詞を変化させるイタリア語の語尾変化形です。 「ソナタ」に対して、小規模なソナタを「ソナティーネ」、「ソナティナ」 「コンチェルト」に対して、小規模なのを、「コンチェルティーノ」 サッカーの名選手にロナウドというのが居ましたが、彼の再来と言われているのが、ロナウディーニョです。 同じ用法です。 小型のロナウドという意味です。 A ベストアンサー 約30年前、音大卒。 ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。 お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。 実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。 よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりまで弾ける、のか、、音符を間違えずに終わりまでは弾ける、のか、曲想までつけて弾きこなせているのか、実際、曲の完成度はピンからキリまで様々です。 発表会は、曲が間に合わないということは避けなければなりません。 普段は、もう何か月か弾いているので、どうしてもここが上手く弾けないけれど、まあ先へ行きましょう、とかが出来ますが、そういう訳にいかないため、やはり、どうしても実力相応か、少々簡単な曲で完成度を上げるということが多いかもしれません。 そのあたりはお子さんによります。 日頃どれくらいのペースで1曲仕上げているのかによります。 普段は音符さえ間違えないように弾けたら、大抵は次の曲に進むことも多いですが、発表会は曲の完成度を高めることが求められます。 たとえ低学年、簡単な曲を弾く場合でも、です。 暗譜もしなければいけませんし。 お子さんは何回目の発表会なんでしょうか? 今まではどうだったんでしょうか? 小2のお子さんとしては、進度的には進んでいる方だと思いますが、2か月前というと、週1回レッスンで8回くらいありますよね。 でも風邪で休んだりするかもしれませんし、やはり先生は無難に、余裕が残るくらいの日数を見込んでいるのだと思います。 ここまで教えていた先生なら、そのあたりは熟考された上での選曲と期間だと思いますが。 親御さんから、今からもっと難しい曲に変えてほしいというのも、日頃先生と充分コミュニケーションが取れているような関係なら言ってみても問題ないと思いますが、言わない方が無難かと思います。 変えてもらって逆に間に合わないことになったら大変ですし。 子供は素直な感想で言うことはあっても、親御さんからのそのような申し出はあまり聞いたことがないですし、もし申し出られて、逆に今から変更するような教師なら、私ならその力量を疑います。 次回の参考にするしても、言われたからいちいち変えているようでは教師としてはどうかと思ったりもするんですが…。 今回の曲が、簡単すぎてこまるくらいなら、次回は必ずそれ相応の曲を選んでくると思いますよ。 それくらい、ピアノ発表会や、学校の音楽会の選曲は、先生の日頃の指導力が現れる場面でもあるので、教師側は考えに考え抜いて選曲しているはずです。 基本的には冒険もしませんが、簡単すぎる曲も選ばないということになるでしょうか。 日頃はいろいろチャレンジしてみたり、曲の完成度までは、とてもそこまで丁寧にやっている時間はないと思いますので、発表会は少し簡単なように思えても、細かいところまで丁寧に弾き、完成度の高い曲に仕上げることを目標にしたらいかがですか? それが発表会の目的の一つでもあると思います。 難しいといわれるような曲を弾けるようなことも大事ですが、音楽はただ譜面どうり演奏できればそれでいい、終わり、なのではなく、本当はそこからです。 難しい曲だと間違えずに弾くことが精いっぱいで、そこから先の余裕がなくなってしまうこともありがちです。 むしろ技術的に少し余裕がある方が、表現力豊な演奏ができると思います。 ピアノが上手下手というのは、まさにそこの差ですから。 発表会後、ちらっと「うちに子にはちょっと簡単すぎたみたいです」と言ってみたらいいどうでしょうか? それなりの先生なら、それくらい言われなくてもわかるはずだとは思いますが…。 約30年前、音大卒。 ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。 お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。 実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。 よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりま... A ベストアンサー モーツァルトに限らず18世紀のトリルの基本は2度上から弾き始めます。 もし、その前に同じ音がある場合は、下の音から弾いても宜しいです。 例外もあります。 ご指摘のソナタは恐らくK. 310, イ短調だと思いますが、この34小節目は、ミ 2度上)から弾き始めるのが正しいのです。 それはニューヨーク、シャーマー版にも記されています。 残念ながら日本の某出版社にはレから弾き始めるような指示がありますが、間違った解釈だと思います。 一方、39小節目は、前にミの音がありますので、この場合は、ミでもレでも良いということになります。 色々な校訂版を比較したり、装飾音符に関する文献を勉強されることをお薦めします。 Q 3才からピアノを習っている姪のことです。 現在、小学2年生ですがピアノ歴5年目と言うこともあり、結構弾けます(ソナチネあたりを弾いているらしい)。 母親(義理の姉)が教育面も含め、そう言うことにとても熱心で家で練習も毎日、びっちりついて見ています。 なのでピアノの先生からも良くできる子と思われていて、先生も厳しく又熱心な方できなかったら別の日に無料で補習をしてくれる位だそうです。 その先生からグランドピアノを買うことを薦められたそうです。 私も結婚前習っていたのであのなんとも言えない音色は魅力を感じますが・・・。 置く場所は、家自体は広く(私の両親と同居していて)、不要なものを処分したり、レイアウトによっては置けるかもしれません。 現在はリビングに私が愛用していたアプライトピアノで練習しています。 一つ気になることは、習い始めたきっかけは親の判断だった点、自分で習いたいと言ったわけではなかったこと(3才の子には意思決定は無理ですよね!)。 おばの目から見て、ピアノが好きで好きでたまらない~と言う感じではないこと。 毎日練習中、うまくできなかったりするとわんわん泣いています。 親は将来音楽の道に進ませたいとかそこまで思っておらず、ピアノができると得なことが多いから位に思っている程度です(多分)。 もしかしたら中学受験などで塾に行くようになったら、ピアノどころではなくなるかもしれないし、中学入ってからもクラブ活動で音楽とは全く関係のないものに興味を示し、全く弾かなくなる可能性もあることも分かってはいるみたいです。 上手くいけば、音大などに進めば一生ピアノを弾き続けることも考えられますが・・・。 もしかしたら最低あと4~5年しか弾かないかもしれないのにグランドピアノって必要なのでしょうか?又、音楽の道に進んだ場合、小さい頃からグランドピアノで弾き慣れてなかったら、手遅れってことはあるのですか?教えて下さい。 3才からピアノを習っている姪のことです。 現在、小学2年生ですがピアノ歴5年目と言うこともあり、結構弾けます(ソナチネあたりを弾いているらしい)。 母親(義理の姉)が教育面も含め、そう言うことにとても熱心で家で練習も毎日、びっちりついて見ています。 なのでピアノの先生からも良くできる子と思われていて、先生も厳しく又熱心な方できなかったら別の日に無料で補習をしてくれる位だそうです。 その先生からグランドピアノを買うことを薦められたそうです。 私も結婚前習っていたのであのなんとも... A ベストアンサー はじめまして。 ピアノを教えている者です。 質問者様も、グランドとアップライトの違いを「あのなんとも言えない音色は魅力を感じます」とお書きになっていらっしゃいますね。 グランドとアップライトの差は、タッチ・ペダル・音の幅(アップライトはpp~ff程度だが、グランドはppp~fffまで幅広い)・演奏者への音の届き方(アップライトは通過音が演奏者に届くが、グランドは直接音が入るので細かいニュアンスを聞き分けやすい)等、別の楽器と言って差し支えないほど違いがあります。 ですから、経済面と置き場所さえ問題がないようであれば、習い始めからでもグランドを使っていただきたいくらいです。 大抵の生徒さんの場合、グランドに買い換えると嬉しいためか練習時間が自然に増えます。 細かいニュアンスを聞き分けやすい楽器で練習時間を増やすと、弾みがついたように上達していきます。 とは言え、全ての生徒さんが上達するわけではありません。 「習い始めたきっかけが自分の意思ではない」ことはあまりご心配には及びません。 習っていくうち、自分自身でも好きになっていかなければ続きません。 また、お子さんの場合はうまくできなければ泣いてしまうのは当たり前のこと。 泣いた数だけ困難を克服できたことの喜びも知っているはず、それは成長の糧となっているかと思います。 最終的には親御さんのご判断かと思いますが、どうか「あと4~5年しか弾かないかも」といった損得勘定をなさらないでください。 この先4~5年弾き続けられれば、例え忙しくなってレッスンを辞めてしまったとしても、 部活や受験勉強の息抜きにピアノを楽しめる程度の技術はついていると思います。 その技術は、姪御さんにとって無形の財産ですから・・・。 はじめまして。 ピアノを教えている者です。 質問者様も、グランドとアップライトの違いを「あのなんとも言えない音色は魅力を感じます」とお書きになっていらっしゃいますね。 グランドとアップライトの差は、タッチ・ペダル・音の幅(アップライトはpp~ff程度だが、グランドはppp~fffまで幅広い)・演奏者への音の届き方(アップライトは通過音が演奏者に届くが、グランドは直接音が入るので細かいニュアンスを聞き分けやすい)等、別の楽器と言って差し支えないほど違いがあります。 ですから、経済面と置... A ベストアンサー 他の方の回答と重なる所がありますが、「難易度」や「平均」と一口に言っても、たとえば楽譜などに書いてあるものは目安でしかなく、どんなふうに弾きたいか、どのレベルまで持っていきたいか、あるいは弾く人にとって得意な種類の曲か苦手な所の多い曲か、などによると思います。 miho0111さんは、「子犬のワルツ」、好きですか?もし好きでしたらその気持ちを大事にして、楽譜に書いてある難易度や、他の人が何年生(ピアノをはじめて何年目)で弾いたかとか、そういうことはあまり気にしなくていいのではないかなと思います。 コツ、ですが、他の方も書いていらっしゃるように、リズムや曲の流れ(弾んでいる所や流れている所とか)にノって弾くこと。 それから、細かい音符も多いのでそういうところを丁寧に練習するといいと思いますよ。 楽しんでがんばってください。 Q ピアノ講師歴10年のまだまだ新米ですが、10年目にして すごい逸材がでてきました。 本人と親御さんの要望もあり、コンクールを受けさせてみる事に なりましたが、選曲で迷っています。 今年長で、小1の夏をメドにしておますが、どのような曲ふさわしいでしょう? かつて聴きにいったコンクールでは土人の踊りやソナチネを弾いた子 が目立っていましたが、ものすごく綺麗に粒揃いで弾けるなら 古典で勝負もいいのですが、ギロックや湯山昭さん、中田喜直さんなど 一風変わったものの方が通りやすいかな、と思っております。 何分私の経験が浅く、連日勉強していますが、これおすすめ!という曲がありましたら、教えてください。 今のレベルはブルグミュラー中盤位です。 A ベストアンサー こんにちは。 コンクールの開催者は…等々で選曲も変わってくると思いますが,良さそうな曲をいくつか挙げさせて頂きますね。 一応オクターブはとどかない事を前提にします。 質問者さまが挙げられている作曲家とほとんど一致していますので あまりご参考にはならないかもしれませんが 汗 質問者さまのおっしゃるように きれいな粒の揃った音が出せるなら 小さなお子さんが弾くモーツァルトなどは大変魅力的ですが なかなか難しいですよね。 私の知る限り ごく最近の傾向はあまり分かりません 汗 ごめんなさい 小1くらいの生徒さんのコンクール曲は,古典派作品を除けば,比較的ギロックの作品や邦人作品が多い気がします。 3楽章全部弾くのは時間的に無理だと思いますので 1,2楽章または 2,3楽章の組み合わせが良い感じです。 ただ前者の組み合わせの場合 2楽章が後ろに来て終わるので少し不利かな…と思いますが。 ベンダ作曲:「ソナチネ」 ピアノコスモスVol. 2より イ短調です。 有馬さんの作品は他に「舞曲」や「蝶々」など,難易度は低めですが良い作品がありますね。 全音楽譜出版社。 もし時間的に無理ならこちらがオススメです。 あまり知られていない曲ですが コンクールに向く曲だと思います。 シクサスはエストニアの作曲家で神秘的な作風です。 音楽之友社からこどものピアノシリーズとして出版されています。 テンポがかなり速いですが,指定のテンポで弾きこなせれば かなり好印象を持たれる作品ではないかなぁ…と感じます。 とても子供らしい作品です。 コンクールの開催者は…等々で選曲も変わってくると思いますが,良さそうな曲をいくつか挙げさせて頂きますね。 一応オクターブはとどかない事を前提にします。 質問者さまが挙げられている作曲家とほとんど一致していますので あまりご参考にはならないかもしれませんが 汗 質問者さまのおっしゃるように きれいな粒の揃った音が出せるなら 小さなお子さんが弾くモー... Q 小学3年生、ピアノ発表会の曲の選曲のご相談。 来年の3月のピアノ発表会で弾く曲の相談をさせて下さい。 現在ブルクミュラーが終わり、ギロックを始めています。 『誰もが知っている作曲家、有名な曲、クラシック』でお勧めはありませんか?この条件は娘の希望です。 過去の発表会で他のお姉さん達が弾いているのもいいのですが、本人がどれくらいのものを弾けるか全くわかりません。 今、子供が今一番弾きたがっているのはモーツァルトのソナタです。 また、モーツァルトのソナタで一番弾きやすいのは何番でしょうか? 先生にまず相談というのは承知しています。 でも、先生に相談する前に何曲か自分で候補を絞っていきたいと思います。 (前回、選曲だけでワンレッスンつぶれてしまいました。。。 これだけは避けたいです。 子供もガックリしてました。 ) 過去の質問も探してみたのですが、解決できませんでした。 どうぞ宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー モーツァルトのソナタで小学生向きなのはやはりK. 545でしょう。 左手に2、3カ所オクターブが出てきますが、なんとかなるのではないでしょうか。 youtube. 難易度別になっているのでこの中から選ぶのも良いかもしれません。 html youtubeに模範演奏?があります。 youtube. 生徒数の事情などから、上の子は2才から4才までの2年間をカワイ、4才から現在までヤマハに通っています。 ヤマハは最初から自分の席が決まっており、常にお母さんの隣りにすわり、先生が「立って」と言えば立ち、「歌って」と言えば歌う、学校教育のような感じでした。 レッスンの内容も、カリキュラムに沿って進むという雰囲気が強く、子どもの気持ちが別のところにいっても、注意して修正させたり、他の事をしている子どもは放っておくという感じでした。 カワイのほうは、お母さん達は後ろに座り、子どもたちは先生の近くの床にそれぞれ座ります。 カリキュラムもあり、一応それに添いますが、歌っている時に楽器に興味を持って、太鼓をたたく子がいたら、それに合わせて「次はみんな、楽器さんでやってみましょう」という風に、子どもそれぞれに合わせて常に楽しい雰囲気で進みます。 また、音楽を聴いた印象を絵に描いたりというような、情操教育も行います。 どちらも小学生になると、個人レッスンが可能です。 先生の雰囲気でいうと、ヤマハは小学校の先生、カワイは幼稚園の先生という感じです。 個人的な意見ですが、小さい内はまだ音楽がどのようなものか理解できていないと思いますので、楽しい雰囲気でリズム感や音楽に対する興味を育てて行った方がいいと思いますので、私はカワイの方がいいと思いました。 ヤマハでは、必要以外に楽器を触らせてくれませんが、カワイでは、大太鼓、小太鼓、マリンバ、シンバルなどから、タンブリンまで自由に触れるようにしてあり、いつ使ってもいいようにしてあります。 そんな雰囲気から言っても、音楽に親しむのにはカワイの方がいいかな?と思いました。 #1の方も書いておられますが、うちの息子もカワイからヤマハに変わって、ピアノを弾くのが大嫌いになりました。 いずれにせよ、3才であれば今はピアノを弾いたりするのは無理でしょうから、音楽全体を楽しませたいとお考えであれば、カワイのほうがお勧めです。 余談ですが… #2の方が、エレピでレッスンをしていると書かれていますが、現在の幼児音楽教育では、小学生以下の子どもがピアノを弾くのは手の大きさや、力が足りないという理由から、キーボードを使うように指導されています。 これは、カワイでも同じでした。 ただ、ヤマハのほうはエレクトーンを使うので、小さな子どもが上鍵盤、下鍵盤と両方を使わけさせられるのはどうかな?と疑問に思い、先生に聞いたところ「無理に両方の鍵盤を使わなくてもいいんですけど…」みたいなあやふやな返事が返ってきて、「将来的に、エレクトーンを売ろうとしているのかな?」と不信感が芽生えました。 長くなってすみません… 音大出身で、4才と7才の子どもがおります。 生徒数の事情などから、上の子は2才から4才までの2年間をカワイ、4才から現在までヤマハに通っています。 ヤマハは最初から自分の席が決まっており、常にお母さんの隣りにすわり、先生が「立って」と言えば立ち、「歌って」と言えば歌う、学校教育のような感じでした。 レッスンの内容も、カリキュラムに沿って進むという雰囲気が強く、子どもの気持ちが別のところにいっても、注意して修正させたり、他の事をしている子どもは放っておくという感じでした。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... Q ヤマハのジュニア専門コース(J専)二年目に通ってます。 他の子供達より1年早くはじめてるのでまだ小学校1年生です。 家の近所の教室ではJ専コースをやっていないので、車で1時間かけて通っていて、レッスンも厳しいし、コンクールや休日レッスンなどで休みもほとんどピアノ漬け状態に親子共々疲れてきました。 本人はグループは楽しいけど、個人レッスンは辛そうです。 グループのお友達と分かれたくないから通っているという感じです。 ピアノは先生も厳しく、練習も平日2時間ほど弾いてます。 (休みの日はもっと練習します)最近音も良くなってきて、レベル的には良い感じになってますが、先生の求める事がどんどん高度になってきて練習しても追いつかなくなってきました。 それに、「グランドピアノを持っていないとコンクールには勝ち進んで行けない」と言われて、売込みが凄いのです。 小学校1年生にグランドがいるのでしょうか・・・。 本人は「ピアニストになりたい!!」と言ってますが、親的には音大に入ってほしいと思っています。 (でも、レベルの高い音大など狙ってません!!)このままJ専に通ったら上手くなって行くのは分かるのですが、小学校1年生には過酷過ぎるように思えて・・。 音大に入るには小さい時からこんなに練習させないといけないのでしょうか? 近所の個人レッスンに替えると、レベルが落ちるような気がして・・・。 ヤマハのジュニア専門コース(J専)二年目に通ってます。 他の子供達より1年早くはじめてるのでまだ小学校1年生です。 家の近所の教室ではJ専コースをやっていないので、車で1時間かけて通っていて、レッスンも厳しいし、コンクールや休日レッスンなどで休みもほとんどピアノ漬け状態に親子共々疲れてきました。 本人はグループは楽しいけど、個人レッスンは辛そうです。 グループのお友達と分かれたくないから通っているという感じです。 ピアノは先生も厳しく、練習も平日2時間ほど弾いてます。 (休みの日は... A ベストアンサー お嬢さまは1年生で、よく頑張っておられますね。 これは、お母様のサポートが素晴らしいからですよ。 まず、J専とは、このような所です。 今活躍されている、JAZZピアニストの上原ひろみさんもJ専出身です。 もう一人の上原(下の名前は忘れました)さんも、同期のJ専でクラシック界で活躍されています。 また、YAMAHAの雑誌などに登場する40代~50代の先生方は、初期のJ専出身者が多いです。 レベルの高い音大のピアノ科の学生さんは、幼児から親子で努力されてきた方が殆どを占めていると思います。 それに、音大でもレベルの高い所は先生の質も違いますので、良い先生に教えてもらう方がお嬢さんにとってプラスになると思います。 私の周りのもおられますが、お母様の力の入れようは、すごいです。 よくTVで取り上げられる、小学校のお受験ママと同じ感じです。 個人宅のレッスンは、趣味程度のレッスン内容の先生や専門家を育てるレッスンなど形態が様々です。 将来ピアニストを目指す人の、音大教授クラスのレッスンですと、J専と同様の練習が必要です。 ピアニストを目標にしているなら、グランドピアノは絶対必要です。 早い方が良いと思います。 これは、アップライトとグランドではピアノの構造が違う為、鍵盤のタッチやぺダルなどが異なる為です。 専門家になるなら、これは重大問題です。 お嬢様は、やる気もあり、才能もあるようですので、お母様のサポートは大変でしょうが、このまま、続けていかれてはと思います。 辞めることは、いつでもできますので、お嬢様ご本人がやる気のある間は、継続してあげてください。 現在活躍されているプロのピアニスは、小さい頃に何かを犠牲にしてきた話しを聞きますので、それだけ厳しい世界のようです。 お嬢さまは1年生で、よく頑張っておられますね。 これは、お母様のサポートが素晴らしいからですよ。 まず、J専とは、このような所です。 今活躍されている、JAZZピアニストの上原ひろみさんもJ専出身です。 もう一人の上原(下の名前は忘れました)さんも、同期のJ専でクラシック界で活躍されています。 また、YAMAHAの雑誌などに登場する40代~50代の先生方は、初期のJ専出身者が多いです。 レベルの高い音大のピアノ科の学生さんは、幼児から親子で努力されてきた方が殆どを占めてい... Q エレクトーンを4名のグループで習っているものです^-^ 先日、先生が「メヌエットの意味を知っていますか?」と質問されたので、4名揃って「ヨーロッパの古い宮廷舞踊曲です~~」と答えたところ、「自分が教わったのは、メヌエットと言うのは、宮廷での食事の時のBGMと言うことです。 ですから、あまり早く弾くとお食事が喉につまるので、落ち着いて演奏してください。 」とおっしゃいました。 PCの辞書等で調べてみても、「宮廷舞踊曲」と出ています。 どなかた、メヌエット=お食事のBGMと言う説を詳しくご存知の方、どうか教えてください。 ちなみに、宮廷ではお食事とみんなで踊る時を同じくしたのでしょうか? もし、そうであるのなら 先生のおっしゃる説も宮廷舞踊曲と言う説も結局同じと言う事になるのかも。。。。 ^^; でも、WIKIでメヌエットを調べてみると、「ベートーヴェンによってスケルツォが分派した。 ですから、あまり早く弾くとお食事が喉につまるので、落ち着いて演奏してください。 」とおっしゃいました。 PCの辞書等で調べてみても、「宮廷舞踊曲」と出ています。 どなかた、メヌエット=お食事のBGMと言う説を詳しくご... A ベストアンサー メヌエットは舞曲ですよ。 loc. html vc026 を見てください。 clip26 Baroque Dance: Pas de menuet de deux mouvements です。 ついでに言うと、3拍子の舞曲と言うより、その2小節をひとまとめにし、6拍子感覚で演奏します。 速度については時代によっても変わってきますが、ワルツよりは遅いです。 発祥はバロック時代。 太陽王が君臨したフランス宮廷で宮廷舞踏は発展していきました。 その為、用語はフランス語です。 彼はまた、幕開きソリストを務めるダンサーでもありました。 この頃の宮廷音楽家はリュリでした。 彼もまた、音楽家であるのと同時にダンサーでもありました。 この頃のダンスは舞踏譜として一部残っています。 食事の為のBGMにステップがあるわけありませんよね。 蛇足ながら、音楽家の為のバロックダンス、という講習を受けた事があります。 "ラ・ブルゴーニュ"というクーラント・ブレ・サラバンド・パスピエの4曲で構成された曲でしたが、舞踏譜通りに一通り踊ると見た目の優雅さに反して、汗だくになります。 とてもではありませんが食事をしながら興じられる物ではありません。 それにしても先生.... 絶句 リュリって誰ですか、て聞いてみてください。 知らないかもしれないですよ。 音楽史を不真面目にでも勉強すれば、一度は遭遇する名なのですが。。。。。。 メヌエットは舞曲ですよ。 loc. html vc026 を見てください。 clip26 Baroque Dance: Pas de menuet de deux mouvements です。 ついでに言うと、3拍子の舞曲と言うより、その2小節をひとまとめにし、6拍子感覚で演奏します。 速度については時代によっても変わってきますが、ワルツよりは遅いです。 発祥はバロック時代。 太陽王が君臨したフランス宮廷で宮廷舞踏は発展していきました。 その為、用語はフランス語です。 彼はまた、幕...

次の

ガロップ(ギャロップ)/音楽用語♪音楽のおはなし

ギャロップ 意味

ギャロップってなに? まず「そもそもギャロップってなに?」ってことなんですが、 ギャロップ: 馬術・競馬 で、最も速い走り方。 襲歩 しゅうほ。 駆歩 くほ。 という意味だそうです。 つまりギャロップクロールとは「馬が駆けるようなクロール」である。 ということですね! ギャロップクロールの泳ぎ方とは?写真付きで解説 水泳では、上下に跳ねるように。 そして「タン・ターン」という不規則なリズムで泳ぐことをギャロップクロールと呼んでいます。 テレビでみるようなトップスイマー達(特に200m以上の種目)や、トライアスロンのエリート選手達の多くがこのギャロップのリズムで泳いでいるように思えます。 以下、写真付きで解説していきます。 ギャロップの泳ぎ方:ステップ1 横向きの姿勢から、右手をかき。 右手のかき終わりに合わせて、左手を入水します。 体の向きを「パッ」と早く入れ替えるようなイメージで行うこと。 なぜ「パッ」と早く入れ替えるようにするのか?というと、ギャロップクロールは、リズムが左右で不規則な泳であるからです。 具体的には、呼吸する側のリズムがはやく。 呼吸をしない側のリズムは遅い。 という形で左右でリズムが違います。 ステップ1は、呼吸する側の練習。 つまり、 リズムが早い方の練習をしていますので、なるべく体の向きもはやく入れ替えるような意識を持つことが大切なのです。 ギャロップの泳ぎ方:ステップ2 ステップ1でかいた右手をリカバリー(腕を戻すこと)し、入水させます。 つまり、ギャロップクロールはキャッチアップクロールができていないとはじまりません。 キャッチアップクロールについての記事は下記よりご覧ください。 感覚を言葉にした形の説明で申し訳ないのですが「タン・ターン、タン・ターン」というリズムを頭の中で流しながら行うとうまくいきやすいと思います。 まとめ ギャロップの泳ぎ方:ステップ1 横向きの姿勢から、右手をかき。 右手のかき終わりに合わせて、左手を入水(左呼吸の人は、左手をかく+右手入水) ポイント1:右手(左手)をかく時、なるべく体を上へ上昇させるイメージで水をかく ポイント2:「呼吸をしよう」とすることで、体を上に持ち上げやすくなるので、呼吸をつけながら行う ギャロップの泳ぎ方:ステップ2 ステップ1でかいた右手をリカバリー(腕を戻すこと)し、入水させる ポイント:右手(左手)が入水するまで左手(右手)は水をかかずに前で待たせること(=キャッチアップができている必要あり) ギャロップの泳ぎ方:ステップ3 ステップ1とステップ2を合わせて連続で泳ぐ。 「タン・ターン、タン・ターン」というリズムを頭の中で流しながら行うとうまくいきやすい。

次の