ハムスター 買う。 ハムスターを飼うのにかかるお金・必要な飼育用品

種類でさがす(小動物)

ハムスター 買う

ハムスターの飼育セット!amazonや楽天で購入できるおすすめは? ハムスターの飼育セットは 、ペットショップなどでも販売されています。 ですが、 少しでも安く購入をしたいと 考えるなら「amazon」や「楽天」のような ところを見てみることをおすすめします。 また、インターネットならペットショップへ 行く時間がない人でも簡単に 購入することができます。 ここでは、amazonと楽天で購入できる、 おすすめ飼育セットをご紹介していきます! ・amazonのオススメ こちらはドワーフハムスター (ジャンガリアン・ロボロフスキーなど)用の 飼育セットになっています。 値段が安く手に入るのであまり お金をかけたくない人にもおすすめできます。 また、 コンパクトなので場所をとらず、 一人暮らしの部屋にもOKです! 「 」 この飼育セットは、安い代わりに トイレやトイレ砂・餌はついていないので、 自分で購入する必要があるでしょう。 amazonなら、トイレ用品や餌なども 一緒に購入することができ、 飼育用品を全て合わせても 3000円台でおさめることができます。 ・楽天のオススメ 「」 こちらはゴールデンハムスター用の 飼育セットになっています。 ゴールデン用と記載はありますが、 ジャンガリアンなどの ドワーフハムスターでもOKです! この飼育セットは、トイレの砂・餌、 チップまでついているので、 あとはハムスターを連れてくるだけで 大丈夫なのです! 簡単に、ハムスターにとって過ごしやすい 環境を用意することができます。 ハムスターの飼育セットのメリットとデメリット ハムスターの飼育セットは、 確かに簡単に準備ができて初心者さんに おすすめできます。 ですが、 メリットだけではなく、デメリットも あるということを知っておきましょう。 ここでは、ハムスターの飼育セットの メリットとデメリットを詳しくお話していきます。 ・飼育セットのメリット ここでお話する飼育セットのメリットは2つです。 全て揃っているので簡単に すぐにハムスターを飼うことができる 飼育セットの1番のメリットは、 飼育「セット」なのでほしいものが 全て揃っているということです。 1つ1つ揃えるとなると、多くのものを探し、 選ばなければならないので 難しいと感じてしまう人もいるでしょう。 特に、ハム飼い初心者だと、 何をどうすればいいのか 分からなくなってしまうのではないでしょうか 飼育セットは、 セットになっているものを 購入すればいいので、初心者でも安心です!• 1つ1つそろえるよりも値段が安い 飼育セットは、 1つ1つ買い揃えるよりも 安い値段でハムスターを 飼い始めることができます。 値段は3000円台からあり、ケージなどに あまりお金をかけられない 学生などでも安心です。 誰でも手が届く値段で 全て揃えられるというのは嬉しいですよね。 ・飼育セットのデメリット ここでお話する飼育セットのデメリットは2つです。 1つ1つ揃えたものよりも安っぽいものが多い 飼育セットは、安く購入することができますが、 見た目が安っぽいものも多くなってしまいます。 「実際、安いのだからしょうがない」とも 感じると思いますが、それが 許せない人にはおすすめできません。 飼育セットでも 値段が高いものを選べば それなりな見た目のものが 手に入りますので、後は 自分の財布と要相談になると思います。 デザインが決まっているので個性がない 飼育セットは、 デザインが決まっているので 個性がなくなってしまいます。 よくも悪くもシンプルなものが多く、 どこにでもあるデザインになって しまうでしょう。 可愛いケージでハムスターを 飼いたいと思っているなら、 飼育セットではなく、1つ1つ選び、 揃えたほうがいいでしょう。 ハムスターの飼育道具は別々に準備するのもおすすめ!必要なものリスト ハムスターの飼育道具は、こだわりや お金に余裕があるなら別々に 準備するのもおすすめです。 飼育セットで揃えるのとは違い、 しっかりとした安っぽさがない ケージ類を揃えることができます。 ここでは、飼育道具を別々に 揃える際に必要なものを全て ご紹介していきます。 1.飼育ケージ 1つ目の飼育道具は飼育ケージです! 飼育ケージには大きく分けて 2つのタイプがあります。 水槽のようなタイプと、風通しの良い 隙間が開いているタイプです。 湿気がこもらないという点では、 隙間が開いているタイプがおすすめです。 もちろん、水槽のようなタイプでも ハムスターを飼うことができるので、 自分の好みに合わせて選んでみてください。 2.餌入れ 2つ目の飼育道具は餌入れです。 餌入れは、プラスチック製と 陶器製のものが主になっています。 おすすめは断然陶器製のものです。 プラスチックには匂いが移りやすく、 清潔を保てないことがあります。 陶器製のものなら、匂い移りもなく、 丸洗いもできて清潔に使うことができるでしぃう。 3.給水器 3つ目の飼育道具は給水器です。 これは、絶対に忘れてはいけません! 水は 、毎日替えるので給水器の大きさは そこまで大きいものではなくても大丈夫でしょう。 また、ハムスターは水分の多い野菜 (キャベツ・きゅうり)をあげれば水はいらないとも 言われていますが、野菜だけではなく、 水も用意してあげることがおすすめです。 4.トイレ 4つ目の飼育道具はハムスター用のトイレです。 周りに砂が飛びちらないように 工夫がされているものを選びましょう。 素材はプラスチックが多く、 匂い移りなどが心配になってしまうかもしれません。 ですが 、ちゃんと毎日砂を替えていれば 気になる匂いは出ませんので安心してくださいね! 5.小屋 巣箱 5つ目の飼育道具は小屋(巣箱)です。 巣箱は、プラスチック・陶器・木製などがあります。 どれでもOKですが、木製はおすすめしません。 匂いや湿気などに弱く、お手入れ方法を間違えると 腐ってしまうこともあります。 1番いいのは、やはり陶器製の小屋です。 ハムスターに合った大きさのものを用意してあげましょう! 6.回し車 6つ目の飼育道具は回し車です。 回し車には、さまざまな種類がありますが、 選ぶときは必ず余計な隙間が 開いていないものを選びましょう。 隙間に足が挟まって、怪我や 骨折の原因になってしまうことがあります。 7.床材 6つ目の飼育道具は床材です。 木のチップ・コーンチップ・新聞紙などを 使うことができますが、 1番のおすすめは 新聞紙をシュレッダーで細かくしたものです。 口に入っても安全なインクを使っているので、 ハムスターにとっても安心です。 アレルギーが心配なら、コーンチップが良いでしょう。 ただ、あまり販売している場所がないので、 インターネットなどで探すことになってしまうと思います。 木のチップももちろん使うことができるし、 安く、どこでも手に入るので 手軽に入手できるという安心感がありますね。 8.トイレの砂 8つ目の飼育道具はトイレの砂です。 トイレの砂には主に2種類あります。 固まらない砂• 固まる砂 上記の2つです。 固まる砂は、トイレ掃除をするときに とても楽ですが、ハムスターが万が一 飲み込んでしまうと危ないので ここではおすすめしません。 固まらない砂を、毎日しっかりと 交換してあげるのがハムスターにとっては 清潔を保てるのでいいのではないでしょうか。 9.温度調節・管理用品 9つ目の飼育道具は、温度調節・管理用品です。 温度調節・管理用品で 1番良いのは エアコンになります。 1年中同じ温度を保つことができるので、 ハムスターへの負担もなくなります。 エアコン以外にも、夏なら 小動物用の冷感シートなどがありますし、 冬ならホッカイロや湯たんぽを 使うことができるでしょう。 まとめ ここでは、ハムスターの飼育セット 飼育道具について詳しくご紹介していきました。 飼育セットは、安く、簡単に道具を揃えることができます。 そのかわり、安っぽさが目立つものも多いのです。 飼育セットは何を買い揃えればいいのかわからない ハム飼い初心者さんにおすすめです。 1つ1つ揃えると、自分好みのハムスターケージに することができます。 値段も、飼育セットよりは高くなってしまいますが、 ハムスターにとっての快適さは 負けない部屋が作れるでしょう。 ここではハムスターを飼育するための 飼育道具について 詳しく説明していきました。 ハムスターのストレスを 最低限にするためにも、 良い部屋を作ってあげたいですね。 上記はハムスターの人気ランキングです! どのハムスターもかわいくて 迷ってしまいますが、 お気に入りの子を見つけられるといいですね。

次の

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ハムスター 買う

良い店?悪い店?ペットショップを選ぶ3つのポイント 自分が訪れたその店が、果たして良い店なのか、はたまた悪い店なのか。 見るべきポイントは、ずばり以下の3つです。 お店がキレイかどうか?ニオイや、清潔感など衛生状態をチェック• 売られているハムスターは安い?高い?おハムたちの価格をチェック• 店員さんは質問にちゃんと答えてくれる?店員さんの知識をチェック これだけ抑えれば、ペットショップ業界に携わっているような人でなくとも、そのお店が良いか悪いかはある程度判断できます。 1.お店がキレイかどうか?ニオイや、清潔感など衛生状態をチェック お店全体の清掃は行き届いているか。 ハムスターのケージ内の清掃は行き届いているか。 匂いがキツくないか。 入店したら、まずはお店の中の様子をよく観察してみましょう。 商品がホコリを被っていたり、ハムスターのケージがうんちまみれだったりするお店、実際に存在します。 また、一見清潔そうに見えても、ニオイがキツイお店は、見えない部分が不衛生な状態です。 そういうお店は要注意。 そもそも、ペットショップにいるハムスター達はまだ幼生期のため、抵抗力が充分ではありません。 菌などの影響を受けやすく、不衛生な環境に置かれているのは望ましくありません。 なるべく清潔なペットショップを選びましょう。 2.売られているハムスターは安い?高い?おハムたちの価格をチェック ハムスターは¥1,000~¥3,000前後で販売されるのが一般的です。 価格の高い安いは当然ハムスターの種類によっても変わってきます。 ですが、あまりにも高い価格で販売されていたり、逆に安すぎるお店は、それなりの理由があります。 安すぎる理由• 薄利多売のために、劣悪な環境に置かれている• 怪我をしている• 病気になったことがある• 出産したことがある• 長期間売れ残っている(年寄りのおハム) 基本的に、激安で販売するためには、ハムスターにかける手間(人件費、エサ代等)を削減する必要があります。 激安の場合、あまり手がかけてもらえず、エサもろくにもらえず、不衛生な環境に置かれているハムスターである可能性が高いです。 そういった場合、病気になっていたりすることもあります。 怪我をして放置されているような子もいます。 安くするため、無理な繁殖や近親交配をして数を増やしているようなお店も実際に存在します。 また、ハムスターは生後3か月程度で繁殖力を持ちます。 オス、メスを区別できず、同じケージに入れて販売しているお店などで、偶然に出産してしまったハムスターなどが売られていることがあります。 そのほか、長期間売れ残ってしまって歳を取っているハムスターを値段を下げて販売していたりする場合もあります。 どちらにしても、そういったハムスターは悲しいですが、お迎えしないほうが良いですし、そのようなペットショップは論外です。 一匹数百円など、あまりにも安いペットショップでは、購入しないようにしてください。 では高いお店が良いお店なのか? 答えはもちろんNOです。 稀に、希少なタイプのハムスターが例外的に高いことはあるかも知れません。 また、デパートに入っているペットショップは、若干価格設定がお高い場合があります。 しかし、どこのショップでも見るようなゴールデン、ジャンガリアン、ロボロフスキーなどのスタンダードな種類が、¥5,000円を超えるなど、あまりに高値で販売されている場合には、悪質なぼったくり店の可能性もあります。 そういった場合は、まず店員さんに話を聞いてみましょう。 納得のいく説明ができないようであれば、そのペットショップも考えものです。 3.店員さんは質問にちゃんと答えてくれる?店員さんの知識をチェック 店員さんはハムスターに詳しい? かかりつけの動物病院はどこか聞いてみよう ペットショップ選びで絶対にやった方がいいのが、店員さんに話を聞いてみるということです。 ハムスターの生態に詳しい店員さんがいて、質問にしっかりとこたえてくれるお店は、比較的安心です。 逆に、ハムスターの事をよく知らない店員さんしかいない場合は、間違った飼育方法を行っている可能性が高く、よくありません。 店員さんには、必ず 「ハムスターの手術が出来る病院を教えてほしい」と、質問してみましょう。 信頼できるお店であれば、ショップのハムスターが体調を崩した時用のかかりつけ動物病院が必ずあるので、答えてくれます。 また、お客さんからの相談が多いペットショップであれば、壁に動物病院の地図や電話番号を書いたチラシなどが貼ってあったりしますので、店内もよく見てみましょう。 店員さんが良くない場合は、そのショップは避けた方が無難でしょう。 さらに、例えば、ジャンガリアンハムスターのブルーサファイアを「ブルーサファイアジャンガリアン」などと誤った表記をしていて、店員さんがその正式名称を答えることが出来ない。 なんてこともあります。 そんなショップも良くないです。 お店を判断するためにも、ハムスターを知ろう たまに、キャンベルハムスターや、キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターの交配種を、 ジャンガリアンハムスターとして販売しているお店があります。 キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターの交配種は、遺伝子的な問題で、障害が起きることが多々あります。 生殖能力を持たない個体も多々産まれます。 そのような個体を販売しているショップは論外です。 そうしたお店を判断するためにも、ペットショップに行く前に、ある程度ハムスターの種類の知識も頭にいれておきましょう。 良いペットショップで、ステキなおハムをお迎えしましょう! 残念なことに、ペットショップは、店舗ごとのクオリティが千差万別です。 たとえ同じチェーン店であったとしても、店舗によって全然違う場合もあります。 ハムスターを飼うということは、新しい家族をお迎えするということです。 人間同士に置き換えて考えればわかりやすいと思いますが、 「家が近いからこの人でいいや」 と、適当に結婚して家族になるなんてことはまずありえませんね。 デートを重ね、相手の人となりを見たり、ご両親に挨拶したりして、初めて家族になれるかどうか判断します。 それと同じで、「最寄りのペットショップで適当に選べばいいや」と安易に考えず、まずは良いペットショップを選択しましょう。 良いショップには、きっとあなたと出会うのを心待ちにしているおハムがいるはずです。 しっかり悩んで、素敵な家族を見つけましょうね。 ハムスターは、基本的に暑さや寒さに弱い生き物です。 暑い夏の間、また寒い冬の間は、ハムスターが体調を崩しやすい季節です。 ハムスターは環境の変化に弱いため、新しい環境での生活は、大きなストレスとなります。 ストレスは体調不良に直結しますので、余計に不安です。 ですので、ハムスターのお迎えはなるべく 気候の穏やかな春や秋にしましょう。 ハムスターになるべく小さな負担で新環境になじんでもらえるように、調整すると良いです。 冬にお迎えして春になると、色が変わっちゃった!ということもしばしば。 冬場のお迎えの際には少し注意が必要です。 関連する記事• 2018. 25 ペットと共に暮らす時、とても重要になってくるのがトイレ問題。 わんちゃんやねこちゃんと同様に、ハムスターにもトイレが必要です。 ゴールデンハムスターや[…]• 2018. 04 突然ですが、皆さんは定期検診や人間ドッグには行きますか? かかりつけの病院はありますか? 「病院?まぁ、具合が悪くなったらテキトーなとこに行くわ」 な[…]• 2018. 03 ハムスターとの生活はとても楽しく魅力的なものです。 ハムスターをこれからお迎えする方は、色々な情報を調べ、ハムスターのことを知り、準備をしたことでしょ[…]• 2018. 14 皆さん知っていますか? 野生のハムスターは、あんな小さな身体にもかかわらず、一日に20~30kmも走ります。 まさにアスリート。 オリンピ[…]• 2018. 07 野生のハムスターは地面の土を掘って巣穴を作り、草葉を集めて巣穴に運んで布団のように潜って暮らします。 その土や草葉の代わりを果たすのが床材です。 可愛[…]• 2018. 01 とっても小さなハムスター。 彼らの身体には、野生の環境下で生き残るための様々な機能が備わっています。 おハムな生活 by. Powered by. pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

種類でさがす(小動物)

ハムスター 買う

良い店?悪い店?ペットショップを選ぶ3つのポイント 自分が訪れたその店が、果たして良い店なのか、はたまた悪い店なのか。 見るべきポイントは、ずばり以下の3つです。 お店がキレイかどうか?ニオイや、清潔感など衛生状態をチェック• 売られているハムスターは安い?高い?おハムたちの価格をチェック• 店員さんは質問にちゃんと答えてくれる?店員さんの知識をチェック これだけ抑えれば、ペットショップ業界に携わっているような人でなくとも、そのお店が良いか悪いかはある程度判断できます。 1.お店がキレイかどうか?ニオイや、清潔感など衛生状態をチェック お店全体の清掃は行き届いているか。 ハムスターのケージ内の清掃は行き届いているか。 匂いがキツくないか。 入店したら、まずはお店の中の様子をよく観察してみましょう。 商品がホコリを被っていたり、ハムスターのケージがうんちまみれだったりするお店、実際に存在します。 また、一見清潔そうに見えても、ニオイがキツイお店は、見えない部分が不衛生な状態です。 そういうお店は要注意。 そもそも、ペットショップにいるハムスター達はまだ幼生期のため、抵抗力が充分ではありません。 菌などの影響を受けやすく、不衛生な環境に置かれているのは望ましくありません。 なるべく清潔なペットショップを選びましょう。 2.売られているハムスターは安い?高い?おハムたちの価格をチェック ハムスターは¥1,000~¥3,000前後で販売されるのが一般的です。 価格の高い安いは当然ハムスターの種類によっても変わってきます。 ですが、あまりにも高い価格で販売されていたり、逆に安すぎるお店は、それなりの理由があります。 安すぎる理由• 薄利多売のために、劣悪な環境に置かれている• 怪我をしている• 病気になったことがある• 出産したことがある• 長期間売れ残っている(年寄りのおハム) 基本的に、激安で販売するためには、ハムスターにかける手間(人件費、エサ代等)を削減する必要があります。 激安の場合、あまり手がかけてもらえず、エサもろくにもらえず、不衛生な環境に置かれているハムスターである可能性が高いです。 そういった場合、病気になっていたりすることもあります。 怪我をして放置されているような子もいます。 安くするため、無理な繁殖や近親交配をして数を増やしているようなお店も実際に存在します。 また、ハムスターは生後3か月程度で繁殖力を持ちます。 オス、メスを区別できず、同じケージに入れて販売しているお店などで、偶然に出産してしまったハムスターなどが売られていることがあります。 そのほか、長期間売れ残ってしまって歳を取っているハムスターを値段を下げて販売していたりする場合もあります。 どちらにしても、そういったハムスターは悲しいですが、お迎えしないほうが良いですし、そのようなペットショップは論外です。 一匹数百円など、あまりにも安いペットショップでは、購入しないようにしてください。 では高いお店が良いお店なのか? 答えはもちろんNOです。 稀に、希少なタイプのハムスターが例外的に高いことはあるかも知れません。 また、デパートに入っているペットショップは、若干価格設定がお高い場合があります。 しかし、どこのショップでも見るようなゴールデン、ジャンガリアン、ロボロフスキーなどのスタンダードな種類が、¥5,000円を超えるなど、あまりに高値で販売されている場合には、悪質なぼったくり店の可能性もあります。 そういった場合は、まず店員さんに話を聞いてみましょう。 納得のいく説明ができないようであれば、そのペットショップも考えものです。 3.店員さんは質問にちゃんと答えてくれる?店員さんの知識をチェック 店員さんはハムスターに詳しい? かかりつけの動物病院はどこか聞いてみよう ペットショップ選びで絶対にやった方がいいのが、店員さんに話を聞いてみるということです。 ハムスターの生態に詳しい店員さんがいて、質問にしっかりとこたえてくれるお店は、比較的安心です。 逆に、ハムスターの事をよく知らない店員さんしかいない場合は、間違った飼育方法を行っている可能性が高く、よくありません。 店員さんには、必ず 「ハムスターの手術が出来る病院を教えてほしい」と、質問してみましょう。 信頼できるお店であれば、ショップのハムスターが体調を崩した時用のかかりつけ動物病院が必ずあるので、答えてくれます。 また、お客さんからの相談が多いペットショップであれば、壁に動物病院の地図や電話番号を書いたチラシなどが貼ってあったりしますので、店内もよく見てみましょう。 店員さんが良くない場合は、そのショップは避けた方が無難でしょう。 さらに、例えば、ジャンガリアンハムスターのブルーサファイアを「ブルーサファイアジャンガリアン」などと誤った表記をしていて、店員さんがその正式名称を答えることが出来ない。 なんてこともあります。 そんなショップも良くないです。 お店を判断するためにも、ハムスターを知ろう たまに、キャンベルハムスターや、キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターの交配種を、 ジャンガリアンハムスターとして販売しているお店があります。 キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターの交配種は、遺伝子的な問題で、障害が起きることが多々あります。 生殖能力を持たない個体も多々産まれます。 そのような個体を販売しているショップは論外です。 そうしたお店を判断するためにも、ペットショップに行く前に、ある程度ハムスターの種類の知識も頭にいれておきましょう。 良いペットショップで、ステキなおハムをお迎えしましょう! 残念なことに、ペットショップは、店舗ごとのクオリティが千差万別です。 たとえ同じチェーン店であったとしても、店舗によって全然違う場合もあります。 ハムスターを飼うということは、新しい家族をお迎えするということです。 人間同士に置き換えて考えればわかりやすいと思いますが、 「家が近いからこの人でいいや」 と、適当に結婚して家族になるなんてことはまずありえませんね。 デートを重ね、相手の人となりを見たり、ご両親に挨拶したりして、初めて家族になれるかどうか判断します。 それと同じで、「最寄りのペットショップで適当に選べばいいや」と安易に考えず、まずは良いペットショップを選択しましょう。 良いショップには、きっとあなたと出会うのを心待ちにしているおハムがいるはずです。 しっかり悩んで、素敵な家族を見つけましょうね。 ハムスターは、基本的に暑さや寒さに弱い生き物です。 暑い夏の間、また寒い冬の間は、ハムスターが体調を崩しやすい季節です。 ハムスターは環境の変化に弱いため、新しい環境での生活は、大きなストレスとなります。 ストレスは体調不良に直結しますので、余計に不安です。 ですので、ハムスターのお迎えはなるべく 気候の穏やかな春や秋にしましょう。 ハムスターになるべく小さな負担で新環境になじんでもらえるように、調整すると良いです。 冬にお迎えして春になると、色が変わっちゃった!ということもしばしば。 冬場のお迎えの際には少し注意が必要です。 関連する記事• 2018. 16 突然ですが質問です! ハムスターのケージは、どこに、どうやって置いてますか? これからハムスターを飼おうという人は、ネットや書籍を通じて[…]• 2018. 23 というわけで今回は、 「可愛いハムスターをお迎えしたい!けど、あんまりハムスターのこと知らないなぁ。 」 という方に、国内でペットとして人[…]• 2018. 03 ハムスターとの生活はとても楽しく魅力的なものです。 ハムスターをこれからお迎えする方は、色々な情報を調べ、ハムスターのことを知り、準備をしたことでしょ[…]• 2018. 07 野生のハムスターは地面の土を掘って巣穴を作り、草葉を集めて巣穴に運んで布団のように潜って暮らします。 その土や草葉の代わりを果たすのが床材です。 可愛[…]• 2018. 17 ハムスターをこれから飼おうという人から、 「ハムスターって巣箱いるの?」 って、よく聞かれます。 結論から言うと、ハムスタ[…]• 2018. おハムな生活 by. Powered by. pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の