ココナッツ オイル 便秘。 溜まった便をツルンと出す!オリーブオイルで便秘を解消する方法と効果を解説

ココナッツオイルは妊娠中に使って良い?使い方や効果は?

ココナッツ オイル 便秘

スポンサードリンク 便秘の原因4つ 便秘になる原因として、身近なものでは以下の4つが挙げられます。 便秘の原因1 食生活 動物たんぱく質や脂肪分のとりすぎ 私、お肉大好き!!!っていっぱい食べているあなた。 そう、あなただけでなく、悪玉菌もお肉大好きなのです!! 悪玉菌が増えて腸内環境を悪くし便秘につながる可能性が。 食物繊維が不足 食物繊維には、腸内で便をキャッチして一緒に排泄してくれる働きがあります。 また便に水分を加えることで柔らかくし、排泄しやすくしてくれるのです。 よって食物繊維が足りないと便秘になりやすくなります。 水分不足 身体の水分が不足すると、腸の働きが悪くなり、その結果、便の水分量が減ってしまいます。 これが便を硬くしてしまいます。 便秘になると、大腸に溜まった便は水分をさらに吸収してしまうことで、便がより硬くなり、悪循環に陥ってしまいます。 過度なダイエット 食事量を極端には減らすことによって、便を十分に作る事が出来ません。 食事の度に新しい便が作られますが、それを肛門まで押し出す程の食事量でない場合は古い便がずっと腸に溜まり、どんどん硬くなりカチコチの便になってしまい余計出しづらくなってしまいます。 便秘の原因2 ストレス 副交感神経は、胃や腸の働きに大きくかかわっています。 ですので、精神的にストレスが溜まると、副交感神経のバランスがくずれ、その結果、腸の働きが低下し便秘になりやすくなります。 人間の心の健康は身体の健康にもつながるよね! 便秘の原因3 運動不足 腹筋が弱いと腸のぜん動(うんちを腸から出すための動き)が弱くなり、便秘になりやすくなります。 便秘の原因4 睡眠不足 便は副交感神経が働いている時、リラックスしている状態の時に作られます。 そして、睡眠している時に、副交感神経はよく働いています。 腸内には以下の3種類の菌が存在しています。 日和見菌は人間だったら嫌な奴! 腸内環境が悪化しているということは、悪玉菌が増え過ぎてしまっているわけです。 そして日和菌も悪玉菌に味方しちゃってる最悪パターンです。 腸内環境の乱れはあらゆる病気の原因になります。 便秘を放っておくと大腸ガンになったりと、 病気の8割はこの腸内環境にかかっているといっても過言ではないくらい、腸は大切なんですよ。 また便秘が長引くと、口臭から便の匂いがしたりと、悪いことだらけです。 便秘の方はまず、上記4つの生活習慣を見直すことが良いでしょう。 そしてさらに、ココナッツオイルが便秘解消のお手伝いをさせていただきます!! ココナッツオイルが便秘に効く理由 デトックス効果 現代人はを日頃の食事から多く摂取しています。 その量、なんと生涯で、ドラム缶1本分!!! そんな食品添加物、天然由来のものならまだしも人間にとって害でしかないものも中には多く含まれています。 そんな食品添加物が腸内の絨毛というヘダにへばりついてしまうと・・デトックス出来ない!! その結果、腸内に便が溜まりやすくなってしまい、腸内環境を悪化させてしまいます。 ココナッツオイルはこの絨毛まで浸透していき、へばりついた食品添加物をきれいにしてくれる効果があります。 絨毛が綺麗になると、効率的に腸が動き、デトックス効果、便秘解消が期待できます。 ラウリン酸 ココナッツオイルにはラウリン酸が多く含まれています。 これは母乳にも含まれている成分で、抗菌作用や、免疫力に優れています。 そしてラウリン酸の素晴らしいところは、腸内の悪玉菌を攻撃し、善玉菌の働きを活性化させてくれるのです!!! 便のすべりをよくする ココナッツオイルは植物性オイルですので、便のすべりをよくしてくれます。 指輪が抜けなくなった時、オイルを垂らすと抜けやすくなる・・あんなイメージ笑 便をスルっと排泄しやすくする効果があります。 ビタミンE ストレスや睡眠不足などによる自律神経の乱れは、腸内環境を悪化させます。 ビタミンEにはこの自律神経を整える作用があります。 交感神経と副交感神経のバランスを整えるため、便を作る副交感神経の働きを正常に戻してくれるのです。 ココナッツオイルにはこのビタミンEが少量ですが含まれています。 また、このビタミンEは末梢血管を拡張する効果があり、腸内の血管が促進されるので、ぜんどう運動が活発になり、便が出やすくなるという効果も期待できます。 では、どのくらいココナッツオイルを摂取すればいいのでしょうか? ココナッツオイルの摂取量、摂り方 1日大さじ2杯が目安です。 最初から大さじ2杯摂るよりも少しづつから始めて身体を慣らしていくことも大切です。 また過剰摂取は逆にお腹がゆるくなりすぎてしまう可能性があるので気を付けて下さい。

次の

【ダイエット&冷え症改善】ココナッツオイルで2週間で効果実感!!|シティリビングWeb

ココナッツ オイル 便秘

頑固な便秘になってしまうと、最終手段として便秘薬に頼ってしまいたくなりますが、便秘薬に頼り過ぎると身体が薬の刺激に慣れてしまって、便秘薬を飲み始めた頃の薬の量では効かなくなり、どんどん薬の量が増えていくことがあると言われています。 便秘薬を使う場合や継続する場合は、医療機関など専門の方にご相談されることをおすすめします。 スポンサーリンク 便秘薬を使う前に日頃から便秘に効く野菜を食べることにより、頑固な便秘から解放されて毎日スッキリとしたお通じを目指してみませんか? まずはデトックスウォーターでお通じを改善 なかなかお通じが出ない人におすすめなのが、デトックスウォーターです。 腸の働きを助けてくれて、便秘を改善しやすくしてくれます。 まずは、このデトックスウォーターを飲んで お通じを改善していくことから始めましょう。 簡単デトックスウォーターレシピ ミネラルウォーターにレモンと塩をいれたらOK。 水 250ml• 岩塩 小さじ1/2• レモン汁 半個分 レモンのような酸っぱいものが苦手な方には、飲みずらいかもしれません。 少しづつ飲んだり、無理せずに自分のペースで飲み進めてください。 私は、自宅にレモンの木を植えているので、いつかレモンが実ったら使って飲みたいと思っているのですが、今年もレモンの花が咲いてしばらくしたら…虫が花を食べてしまっていました。 今年もまた自家製レモンのデトックスウォーターはできなさそうです。 便秘に効く野菜 ゴボウがおすすめです。 食物繊維が豊富なゴボウは冷え防止や便秘解消に効果があると言われています。 ゴボウについて…主な成分はイヌリンと呼ばれる食物繊維です。 イヌリンとは、不溶性食物繊維なので血糖値やコレステロールの上昇を抑えたり、腸の働きを整えたりしてくれる 便秘に効く野菜です。 ゴボウの皮にはサポニンと呼ばれるコレステロールや脂肪分の吸収を抑えてくれる作用が特に多く含まれているので、ゴボウの皮まで食べてほしいです。 発酵食品や、乳酸菌は腸内の環境を整えてくれるので、便秘に効く野菜のゴボウをあらかじめ千切りにしたり、ささがきにし茹でたものをキムチや納豆と合えたり、また具だくさんのおみそ汁に入れたり、と簡単に取り入れることができます。 ゴボウはトマトと相性が抜群です。 トマトソースを作る際にささがきにしたゴボウを入れて作ってみてください。 とっても美味しいし、食べ応えがあって満腹感もあります。 スポンサーリンク ココナッツオイルを使って ダイエットの時こそ、良質の油を取り入れて欲しいです。 油にはお通じの通りを良くしてくれる働きがあります。 私の友人はココナッツオイルを毎日スプーン1杯摂取するようになったら、スルッとしたお通じが出るようになったといっていました。 個人差はあるかと思いますが、取り入れてみる価値はあるかと思います。 ココナッツオイルは酸化しにくいオイルと言われているので、 便秘に効く野菜を天ぷらにしたり、野菜炒めにしたり。。。 とたくさん取り入れてお通じを改善してみてください。 酸化しにくいオイルはお肌にも良いので、取り入れることでお通じの改善にもそしてお肌の改善にも効果が期待できます。 ゴボウを皮ごと千切りにしてココナッツオイルを使ってゴボウのかき揚げを作っても良さそうですね。 かき揚げには小麦粉を使うのが定番ですが、米粉を使って揚げたり、米粉と小麦粉をブレンドしたり…変えてみると食感が変わって美味しいですよ。 油ものをとりすぎると、背中にニキビや吹き出物がでる方がいらっしゃいますが、ココナッツオイルを使った揚げものですと出にくくなるかと思います。 まとめ 今回は便秘に効く野菜のゴボウを使ってお通じを改善できる方法をお伝えしました。 便秘に効く野菜であるゴボウ。 ココナッツオイルや発酵食品と組み合わせて食べることでお通じの改善だけではなく、お肌の改善にもダブルで効果が期待できるのでぜひ取り入れて欲しいと思います。

次の

便秘解消 「オイル」で大腸の腸壁はなめらかになるのか?

ココナッツ オイル 便秘

芸能人やモデルそして海外のセレブなどが愛用しており スキンケアとしてでなくダイエット食品としても使われているココナッツオイルですが このココナッツオイルを食べたことによって便秘が 解消されたという声が続々と挙げられてきています。 便秘に一番向いているのが エキストラヴァージンココナッツオイルですので これを使って便秘を解消していくのがベストです。 ここではココナッツオイルの便秘解消の効果と 便秘に効く正しい摂取方法をお伝えしたいと思います。 ココナッツオイルの便秘解消の効果 なぜココナッツオイルが効果的なのかというと 大きく分けてふたつの理由があるとされています。 このラウリン酸は本来母乳に含まれて赤ちゃんの免疫力を 高める効果があるのですが、ココナッツオイルにも約50%含まれていることが 明らかになり、これだけ話題になりました。 ココナッツオイルに含まれるラウリン酸を摂取することによって 細胞の働きを促進させる作用があり、腸を細胞から活性化させることで 便を押し出すぜんぞう運動を引き起こし、便秘を解消してくれるのです。 オリーブオイルと似た効果なのですが、植物性オイルは 腸内を滑りやすくして、さらに便につるっとさせ 潤滑液の役割を担ってくれます。 食物繊維だけを食べると便が固形させれるのですが 固くなりすぎて逆に便秘になりやすくなってしまいます。 その場合に例えば野菜サラダと一緒にココナッツオイルをかけて 食べることで、つるっとした理想的な便をつくることができます。 このふたつがココナッツオイルが特に便秘に効果的とされています。 またその他、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸であり、 消化スピードは 通常の脂肪酸の4倍、代謝スピードは10倍とされています。 ですので、脂肪として体につくことはなく、さらに基礎代謝を上げるため、 内臓機能の向上をさせ、胃腸の働きを増大させることができます。 つまりココナナッツオイルは便秘にやばいぐらい効いちゃうということです。 便秘にどれくらいで効く? ココナッツオイルを食べてどれくらいで便秘に効くのかというと およそ12時間後~72時間後とされています。 ほとんどの方が12時間後ほどに便意が起こって 便秘を解消できたと答えているほど即効性も高いです。 エキストラバージンタイプはラウリン酸の配合量が56%と ココナッツオイルの中で一番の含有率で効果的とされます。 中でも ココウェルのエキストラバージンココナッツオイルが人気とされます。 温かい飲み物に入れるとすぐに溶けていきます。 私としてはコーヒーに入れるとココナッツ風味になり飲みやすくなるのでおすすめです。 基本的に調理方法などはなく、そのまま何かと 混ぜるようにして食べていくので簡単です。 注意点としてはココナッツオイルは日本人にあまりなじみがなく 量が多い場合は 下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。 ですので、大さじ1杯は超えないように量は守るようにしてください。 今までにないラウリン酸が便秘に効く可能性は大いにあるので試す価値はありです! 以上ココナッツオイルの便秘解消の効果と食べ方でした。

次の