沢村栄純 球種。 沢村栄純 (さわむらえいじゅん)とは【ピクシブ百科事典】

ダイヤのA成宮の能力まとめ!球種や球速に決め球!過去の成績は?

沢村栄純 球種

1934年11月20日、静岡の草薙球場で行われた日米野球第8戦。 ここまで7戦全敗だった日本だが、この試合で先発した17歳の沢村が、ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグ、ジミー・フォックスら大リーグの球史に残る名選手たちから次々に三振を奪ってきりきり舞いさせたのだ。 六回まで両軍とも得点なくゼロ行進。 七回にゲーリッグに本塁打されて惜しくも0-1で敗れたが、大リーグと雲泥のレベルの差があった日本の野球界に沢村の快投は、大きな希望の灯をともした。 左足を高く上げた独特の投球フォームからの快速球と「3段ドロップ」とも評された大きなカーブを武器に、36年に日本職業野球連盟が旗揚げすると史上初のノーヒットノーランを成し遂げるなど巨人のエースとして活躍。 だが、度重なる徴兵によって肩を痛め、プロ通算5年で63勝22敗の成績を残して44年に台湾沖で27歳の若さで戦死した。 中京大スポーツ科学部の湯浅景元教授はかつて調べてみたことがある。 苦労したのは映像探しだったという。 まだ8ミリカメラもさほど普及していない時代だっただけに、八方手を尽くしてもなかなか見つからない(テレビ放映を録画したものは、編集の手が加わっているかもしれないので除外したそうだ)。 調査に着手して2年ほどして、ようやく米国で沢村が投球前に軽く投げている映像を発見した。

次の

【ダイヤのA】沢村栄純の「ナンバーズ」とは?エースナンバー沢村の変化球を徹底分析

沢村栄純 球種

ナンバーズとは 沢村のナンバーズ ナンバーズとは、 沢村が投げる七色に曲がるクセ球のことです。 田舎の弱小中学野球部のエースだった沢村は、指導者に恵まれず独自のフォームや投げ方で投手を務めてきました。 その変則的なフォームや独特の握り方、スピンのかけ方がこのクセ球を投げれる要因だったのです。 クセ球が大きく発覚したのは体力テストの遠投の時でした。 全力で遠くに飛ばそうと思った球は、大きく弧を描きフェンスより大きく手前までしか投げることができませんでした。 この時監督は無意識に投げる沢村のクセ球に気づき、徐々に沢村の能力を認めていくようになります。 そして練習を積み重ね、握り方やフォームの基礎を学んでいきます。 1年の夏にはカットボールを覚え、冬にはフォーシーム(ストレート)、チェンジアップと握り方を研究し習得。 今では自身のクセ球を意図的に操ることに成功しています。 ではここで現実世界(プロ野球選手)のナンバーズについて解説していきます。 プロ野球選手でナンバーズを扱う投手はいるかという問いの答えは、 いません。 ナンバーズというのは、 ダイヤのエースの作者 寺島裕二さんが魔球として独自でネーミングされた変化球です。 しかし、ナンバーズの原型は現実世界に存在します。 それは、 ムービングファスト(ムービングボール)です。 ムービングファストとは、 ストレートと同等の球速の打者の手元で不規則に変化する球です。 これは先程述べた手元で七色に曲がるクセ玉と同じですね! 手元で変化するので、打者の芯を外して凡打にできることがこの球の強みです。 皆さん聞いたことがあるムービングの一種が、ツーシームファストこと ツーシームだと思います。 ツーシームも打者の手元で曲るのですが、あれは右投手ならシンカー方向、左投手ならスクリュー方向に少し沈む球ですね。 それに比べムービングファストは、変化の仕方や方向が定まっていないのでより厄介な変化球となっています。 ここで主なツーシーム使い、ムービング使いを挙げてみます! ムービングファストが武器のプロ野球選手• 桑原謙太朗 阪神タイガース• 岩田稔 阪神タイガース• 守屋功輝 阪神タイガース• ニール 埼玉西武ライオンズ• アドゥワ誠 広島東洋カープ など ツーシームについては上記以外の選手で投げる選手がたくさんいます。 しかしムービングファストについては、上記以外にも発掘できて2,3人ほどです。 プロ野球界でも希少な存在となっています。 ナンバーズが実際どんな軌道をした球なのかをみたい場合は、ぜひ上記の選手たちのピッチングを見て下さい!! 沢村が操るナンバーズ一覧 ナンバーズは全部で12種類 ナンバーズは名前の通り数字が割り振られ区別されています。 0~1の12種類あり、その中でも操れるものをピックアップしていこうともいます。 ツーシーム (ナンバー2) プロでもよく多投されているシンカー方向に沈むムービングボールです。 沢村は秋ごろに習得し冬練で制度を上げ、春にはうまく操れている状態になっています。 ミットの位置にアジャストするほどの制球力があるので、今後試合でも登場する可能性は大いにあります! フォーシーム (ナンバー4) 何も変化しないスピンを利かせた真っ直ぐです。 縫い目に2本の指をかけ、指先に神経を全集中させきれいなスピンをかけます。 沢村は現在 最速138kmのフォーシームを投げます。 それに出所が見えないフォームから投げ出されるのでバッターの体感は143kmほどの速球に感じます。 このフォーシームというスピードボールを軸とすることによってほかの変化球を生かすことができます。 いわば原点で最強の球。 チェンジアップ (ナンバー3) フォーシームと同じ腕の振りから繰り出すブレーキの利いた球でタイミングを外します。 ボールの握り方は、okサインや鷲掴みなど回転を少なくし、ブレーキをかける持ち方なら自分の感覚に合うものにカスタマイズできるのが特徴です。 落合コーチに教えてもらいうまくはまり、習得させました。 今では決め球としても扱うことができ、相手にこの球を意識させることができます。 カットボール (ナンバー5) 沢村が初めて意図的に操るれるようになった変化球です。 印象に残っているのが1年の 夏大会決勝の稲城実業戦ですね。 カットボールでゲッツーを取ったときは鳥肌ゾワッときましたね(笑) 高速チェンジアップ (ナンバー6) スプリットと少し似ています。 落ち幅があまりなく、少しブレーキが利いたボールです。 想像するとしたら、プロ野球の則本投手などが投げる「チェンジオブペース」という緩球ですね。 そのボールはストレートより約10kmほど遅いタイミングを外すための球種となっています。 チェンジアップは急速差が20kmあり空振りを誘うのに対して、高速チェンジはタイミングを少し外しひっかけさせる為のボールです。 沢村はチェンジアップの練習時にこの球種に手ごたえを感じ、今も練習しています。 試合ではまだあまり投げていませんが、この球も習得することで投球により厚みが生まれてきます。 カットボール改 (ナンバー7) 鋭く曲がるカットボールにより磨きをかけキレを持たせた球です。 1年の夏に習得したものを冬練でレベルアップさせました。 後輩キャッチャーの奥村などは取ることができないレベルのスピード、キレ、曲がり幅を持っています。 現時点で沢村の最高の決め球だと思われます! スプリット(ナンバー11) フォークより少し浅くボールをはさむようににぎり、打者の手元でストンと落とすボールです。 降谷は1年夏に習得し武器としていますが、沢村はまだ制球が定まらず試合では投げずらい状況です。 しかし白龍高校との練習試合で美馬に対して、御幸のリードによりスプリットを試合で解禁しました!ここから公式戦でも投げれるように習得してほしいです。 終わり いかがでしょうか。 今回は沢村が現時点(196話)までに操れているものを中心にピックアップしました。

次の

ダイヤのA act2で沢村栄純が覚醒した球種と球速は?アニメでナンバーズ習得で無双? | マジマジ情報局

沢村栄純 球種

オリ変で再現したかったんですが、カットボール改にオリ変を使ってしまったので、今回はムービングで代用。 チェンジアップ(ナンバー5) 前から投げてましたが、ストレートの球速が上がったことで、より緩急が付いて強力に。 カットボール改(ナンバー7) 沢村の元々の持ち球「カットボール」の改良版です。 ストレートと変わらない球速から打者の手元で大きく変化します。 元の「カットボール」は打者の直前で少し変化し打者をつまらせる球だったのが、 握りを改良したこの「カットボール改」はキレと変化量が増しており、打者から空振りを取る球になってます。 ちなみにこの球を見た天久は興味津々で沢村に投げ方を聞いてました。 カットボール改のパラメータ パワナンバー : 10300 00105 10623 こちらがオリジナル査定です。 球速や球種などを1年時より大幅に成長させてます。 act2沢村の決め球である カットボール改は「カットボール」を改造したオリ変で再現しました。 なかなかえぐい変化をしますw オリ変枠がないのと、SFFが増えた都合上、高速チェンジアップは ムービングファストに変えてます。 それによって今度はツーシームが習得できなくなったので、代わりに Hシュートを付けました。 また、練習試合でレフトの守備につくようになったので、外野のサブポジも付けたかったんですが、ポイント不足で断念。 どうせこれからナンバーズが増えると思うので、サブポジ含めてまた作り直します。 投球動画 実際にカットボール改を投げてみました。 えげつない変化です。 捕手目線からご覧ください。

次の