スリップ ストリーム。 テスラ モデルS 純正19インチ スリップストリーム ホイール 4本set SlipStream Wheel 8Jx19 :1076891

SQL Server 2008 R2 / 2012 のスリップストリームメディアのシンプルな作成方法 at SE の雑記

スリップ ストリーム

コーナーでは逆に遅くなる事も スリップによる速度向上の恩恵は、原則として直線コース・ストレートを走行する場合に限られる。 コーナリング時においては、スリップストリームに入る事によって速度が低下する。 その理由はダウンフォースにある。 スリップエリアでは前方からの空気量が減るため、空気抵抗と同時にマシン前輪側のも減少する。 また、コーナリング時には前走車が発生させる乱気流によってマシンコントロールが困難になる。 長くスリップを使いすぎると、エンジンやブレーキ等の冷却 (空気による冷却)が十分に行われなくなり、これらがオーバーヒートする可能性が高まる。 スリップストリームはうまく利用すべき後続マシンの特権ではあるが、追い抜くべきところで追い抜けないと自身の首を絞めかねない諸刃の剣でもある。 スリップが効く距離 スリップストリームの恩恵を受けるためには、どの程度の距離まで前走車接近すればよいのだろうか?車両の速度や形状、気象条件等によって異なるが、高速のF1においては100m以上の距離があってもスリップが効くようだ。 スリップの効果の程度については、前走車との距離によって異なる事が知られている。 スリップストリームを使った予選戦略 1周の純粋な速さを競う予選において、スリップストリームはしばしば有効な戦略として採用される。 ロングストレートを持つサーキット、例えばモンツァやバクー市街地コース等においては、チームメイト同士が協力し合い、互いのスリップストリームを相手に利用させることで、ラップタイムの向上を目指す事がある。

次の

スリップストリーム (文学)

スリップ ストリーム

スリップストリーム( Slipstream)は、やなどの非主流文学や、主流(メインストリーム)文学()といった型にはまったジャンルの境界を越えた、一種の幻想文学もしくは非リアリスティックな文学のことである。 伴流文学、 変流文学、 境界解体文学とも言われる。 「スリップストリーム」という言葉は、作家のが、7月発行の『SF Eye』第5号の記事の中で作り出した言葉である。 スターリングはこう書いている。 「……これは諸君をとても不思議な感じにさせる類の書き物だ。 20世紀の生活が諸君に感じさせる方法、もし諸君が若干の感受性を持っていればだが」。 この言葉を受けて、スリップストリーム文学は「不思議さの小説」と言及されていたが、それは他に広く使われている定義と同じくらいわかりやすい定義である。 たとえば、やの作品はSFと純文学の境界解体という面がある。 『火星のタイムスリップ』のマンフレッドや『』の時間旅行者ビリーは予知能力を持っているという設定だが、ここでの予知能力は「鋭敏さ」のと読める。 前者の場合はタイトルの「火星」も「タイムスリップ」もメタファーであり、で置き換えるなら「火星植民地のような場所(=たとえば、伝統の薄いアメリカ社会)におけるタイムスリップのような心理状態(=と呼ばれる的な先取り的時間感覚)」と読むこともできる。 また、オースターのはと純文学の境界解体と捉えられる。 探偵が人を探すのだが、その人とは自己の投影であり、結局「自分探し」なのではないか、と読める。 これらのように、SFや探偵小説などの非主流小説のを借りつつ、純文学的な思想表現を試みる、というのが(非主流と主流の)境界解体と言われるゆえんである。 『Feeling Very Strange:The Slipstream Anthology』の編集者であるSF作家とは、スリップストリームの中心にあるのはで、恐怖とか笑いとかいう文学的効果をそれほど持ったジャンルではない、と主張した。 スリップストリームは(思弁的小説)と純文学小説の狭間に落ち着く。 ただし、いくつかのスリップストリームがSFやファンタジーの要素を用いている限りは、すべてがそうだとは言えない。 スリップストリーム文学の作品群に共通して認められる要素は、ある程度のシュール、不完全なリアル、またはきわだった反リアルである。 スリップストリームとされる作家は、ディックやヴォネガットの他に、SF作家では、、、、などであり、それ以外では、、、、、、、ロバート・F・ジョーンズ()、、スティーヴ・エイレット()、ジャン・ヴィルト()、、、が挙げられる。 においても、『』はここに含まれる。 スリップストリームは「見慣れた光景をいつもと違う角度から眺めたような感覚」を誘発するもので、そういった要素を持つ作品は、文学以外にも音楽、映画、、インスタレーションなどにも見いだされる。 映画では、『』、『』、『』、テレビドラマでは、『』、『時空刑事 ライフ・オン・マーズ』()、『The Singing Detective』()などが、スリップストリームに位置づけられる。 注 [ ].

次の

スリップストリームとは?その効果と注意点をまとめてみた!

スリップ ストリーム

かつて80年代のジャンプ漫画の「よろしく!メカドック」のレースシーンでは、「俺のスリップストリームを破ってみろ!」「おぉぉ!マシンが後ろに引き寄せられるようだ!は、離れない!」などというセリフでスリップストリームが描写されていました。 セリフだけを聞いていると、ブラックホールをイメージするとんでもない現象のようにも思えます。 はたしてスリップストリームとは何でしょう?それは、誰でも利用できるものなのでしょうか? 物理現象としてのスリップストリーム 結論から言えばスリップストリームは、物理現象およびそれを利用したドライビングテクニックです。 地球は大気で取り囲まれています。 この大気は自動車にとっては目に見えない壁そのもの。 この壁を車体前方で切り裂きながら、自動車は走行します。 高速走行時、車体によって切り裂かれた大気は、車体後部で急激にもとに戻ろうとします。 少々大ざっぱですが、この現象がスリップストリームです。 ドラテクとしてのスリップストリーム スリップストリームを発生させている車両の後部は、気圧が低く、空気抵抗が比較的少ない状態になります。 そこに後方から近づくと、ある距離から急激に前走車に引っ張られるような感覚を覚えるでしょう。 前走車は、反対に後方に引っ張られます。 これが、「おぉぉ!マシンが後ろに引き寄せられるようだ!は、離れない!」の理由です。 スリップストリームのなかでは、空気による抵抗が少ないので、アクセルの開度を緩めても、速度を維持することができます。 これを利用して、勝負時にはアクセルを全開にして相手を一気に抜き去るドライビングテクニックが、モータースポーツ界でのスリップストリームの使い方です。 しかし、現代のモータースポーツは、空力付加物によって走行中のクルマを安定させているという面もあるので、スリップストリームを使うと、その効果が十分に発揮できなかったり、前走車の乱流に巻き込まれてハンドリングが不安定になるというデメリットもあるのです。 もしも我々一般人がスリップストリームを使用するなら、高速道路で前走車にピッタリと張り付き、「風よけ」として利用しつつ燃費を稼ぐことができそうですが、はたしてどうなのでしょう? スリップストリームは誰でも使えるのか? では、スリップストリームは誰でも利用できるのか、といえば答えはノーです。 というのもスリップストリームで燃費を稼ぐのであれば、前走車にかなり接近する必要があります。 どれ位接近したらよいのかというと、時速90km走行時で30m以内といわれます。 そこまで接近すると、燃費はおよそ11%向上するという実験結果があります。 しかし、風よけ効果を狙って大型車の後方に付くのは、安全上おすすめできません。 前方投影面積の大きな大型車の後方なら、確かにスリップストリームの効果は大きいのですが、吸引力も増大し追突事故の原因になります。 普通車の視界では大型車の前方が見えないため、事故の原因となり得ます。 日本の高速道路を走行する際には、時速の数字と同じだけの車間距離を開けることが望ましいとされていますし、あまりに近づくと車間距離不保持違反に問われることになります。 スリップストリームは一般道で使用すると、交通事故につながりかねません。 高度なドライビングテクニックを持ったレーサーだからこそ使える技、と割り切るのが無難ですね。

次の