マーク・ボラン。 Rock|T

Rock|T

マーク・ボラン

1970年代に登場し、デヴィッド・ボウイとともにグラムロックの双璧をなした伝説のバンド、T. Rex。 そのリーダーであるマーク・ボランが今年2017年に生誕70周年/没後40年を迎えるにあたり、T. Rexのトリビュートアルバム『T. Rex Tribute 〜Sitting Next To You〜 presented by Rama Amoeba』がリリースされる。 本作は、マーク・ボランをこよなく愛するアーティスト、アキマツネオ(元マルコシアス・バンプ/現Rama Amoeba)が総合プロデューサーとなり、彼の呼びかけによってROY(THE BAWDIES)やシシド・カフカ、志磨遼平(ドレスコーズ)、加藤ひさし(コレクターズ)など豪華アーティストが参加。 それぞれ思い入れたっぷりのカバーを披露している。 中でも聴きどころは、アルバムのサブタイトルにもなっているデヴィッド・ボウイとの幻のデュエット曲「Sitting Next To You」を、アキマと吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)がカバーしていること。 Rex初心者からコアなファンまで楽しめる内容となっている。 冒頭で述べたように、T. Rexといえば初期の「グラムロック」のイメージが強いが、実際はソウルやディスコ、パンクなどの要素も取り入れ大きく変化を遂げていた。 本作を通して、そんなT. Rex/マーク・ボランの豊かな音楽性が特に若い世代に届くことを期待したい。 アルバムのプロデューサー、アキマツネオにT. Rex/マーク・ボランの魅力を聞いた。 (黒田隆憲) T. Rexを知らない世代にも聞いてもらいたい ーーまずは、このようなトリビュートアルバムを出すことになった経緯を教えてください。 アキマツネオ(以下、アキマ):実は去年もトリビュートアルバムを出しているんです。 それは、僕がライフワークのように毎年行なっている、マーク・ボラン追悼イベント『GLAM ROCK EASTER』があって。 それが去年30周年だったんでその記念としてね。 で、今年はマーク・ボランが生誕70年、没後40年という、これまた大きな節目でして。 2年連続にはなってしまうのだけど、ここでやらないわけにはいかないと思って。 ーーなるほど。 アキマ:今作では「Sitting Next To You」という、デヴィッド・ボウイとマーク・ボランの共作曲が軸になっています。 実際にはテレビで演奏が、イントロまでしかできなかった幻の曲なのですが。 ーーマーク・ボランが司会を務める音楽番組『Marc』の、最終回のゲストが朋友デヴィッド・ボウイで、番組の最後に2人の共作曲「Sitting Next To You」を演奏するはずが、イントロでマークがステージの段差でよろけてしまい、演奏が中断してそのまま放送が終わったという。 アキマ:そう。 で、その9日後の9月16日にマークは交通事故で亡くなってしまった。 彼は、この曲が演奏できなかったことを悔やんでいたらしいんですね。 それを僕が、何とかカタチにできたらいいなという気持ちがあって。 このトリビュートアルバムの大きなモチベーションになったんですよね。 それらを解析して、「こんなふうに演奏したかったんじゃないか?」という想像のもと、完成したバージョンを、僕と吉井(和哉)くんのデュエットで作り上げたんです。 ーーなるほど。 まさにスペシャルなトリビュート曲ですね。 Rexを知らない世代にも聞いてもらいたいという気持ちがあって。 それで、T. Rexとはあまり関係のない人がボーカルを取るのでも全然かまわなかったんですよね。 というのは、例えばもし、僕が本作で全曲ボーカルを担当してしまったら、単にマニアックなだけの内容になってしまう気がしたんですよ。 それではやっぱり出す意味がなくて。 それよりも今、様々なシーンで活躍しているミュージシャンが参加してくれることによって、これまでT. Rexを聞いたことのないような人達にも聴いてもらえて、「いいな」と思ってもらえたら嬉しいなと。 なので、なるべく幅広いジャンルの人たちに参加してもらいました。 ーー元々、アキマさんと交流がある人たちを集めたのですか? アキマ:ほとんどの人は交流がありました。 でも、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)くんのように、今回で初めて会った人もいます。 共通の知り合いはいたのですが、直接話したことがなかったんですよね。 で、とにかくみんなには、自分のスタイルを思う存分出してもらいたくて。 それは伝えました。 ーー選曲はどのように決めていったのでしょうか。 アキマ:それぞれ好きな曲を選んでもらうと、重複してしまうこともあるじゃないですか。 でも、とりあえずは参加してくださったアーティストには何を歌いたいかの希望を聞き、ダブった場合は調整してもらう感じでした。 でも、割とすんなり決まりましたね。 中には「どの曲でもOKです。 歌います」とか、「どの曲を歌ったらいいと思いますか?」っていう人もいて。 その場合はこちらからリクエストを出しました。 たとえばT. Rexを元々好きで詳しい人とかだと、かなりマニアックな曲を言ってくるので(笑)、それだとビギナーは辛いなというのがあったりして。 大ヒット曲はもちろん押さえつつ、マニアにも納得してもらえる選曲というのは、ある程度は意識しました。 結構、トリビュート盤ってこのバランスが難しいんですよ。 アキマ:そうですね。 昨年、『GLAM ROCK EASTER』の30周年を記念してリリースしたT. しかもこの曲、僕は大好きなんだけど、かなりキビしい曲だから(笑)。 ここは去年に引き続き、同年代の加藤くんにお願いするしかないなと思いました。 おそらく加藤くんが、当時の時代背景を一番よく分かっているし、「加藤くんじゃないと歌えないよ」って。 そしたら快諾してくれたんです。 アキマ:そうなんです。 入れた理由はそれだけかな(笑)。 ーーマークがギターで参加したデヴィッド・ボウイの曲「The Prettiest Star」を入れているのも、変化球技として面白いですよね。 アキマ:はい。 さっきも話したように、「Sitting Next To You」を入れることが本作の肝であって、デヴィッド・ボウイのパートを吉井くんに歌ってもらったわけだけど、出番としてはほんの少ししかない。 「これだけのために吉井くんに声をかけるのはなあ」と思った時に、そういえばデヴィッド・ボウイの曲で、マークがギターを弾いていたことを思い出して。 この「The Prettiest Star」という曲は、1970年にリリースされて、それ以降の2人は表立った共演、共作というのはなかったんですけど、亡くなる間際にまた交流してたんです。 マークが亡くなった後、彼の息子ローランの養育費もボウイが出してくれてたんですよね。 ーーそうだったんですね。 アキマ:ボウイも亡くなってしまったので、そういう意味でも今回のトリビュート盤に彼の曲を入れたくて。 それで吉井くんに、「もう1曲歌ってよ」って声をかけたんですよね。 「The Prettiest Star」は、歌詞の内容もこのトリビュート盤に相応しいですし。

次の

マーク・ボランが日本の音楽に与えた影響・・・本日9月16日はマーク・ボランの命日

マーク・ボラン

q []. createElement 'script' ;r. hjsv; a. hotjar. 1977年のこの日、30歳の誕生日のちょうど2週間前に、彼はこの世を去った。 マーク・ボランの他界は、その数週間前におきたエルヴィス・プレスリーの死に世界中が衝撃を感じている時に起こった。 しかし、もしも当時、彼の人並みはずれた才能が充分な尊敬を得ていなかったとしても、死後何十年もの間に、真に個性的な究極のポップ・スターは、新しい世代のリスナー達から新たな尊敬と評価を与えられてきた。 彼の命日を前向きな日に変えるために、我々はマーク・ボランの20曲のプレイリストをここに発表する。 彼自身の名前で発表した曲や、ジョンズ・チルドレンやティラノザウルス・レックスで発表した初期の曲と共に、ファンが好むヴィンテージ・ヒット曲の数々、ファンに愛されたアルバム収録曲、そしてT. レックスのシングルを網羅した。 1965年の10月、ずっと望んでいた名声を得るのは何年も先の話だった18歳当時の初期のインタビュー記事の中で、マーク・ボランはイブニング・スタンダード紙の記者モーリーン・クリーヴに、こう語った。 「僕自身は、不死という考えには興奮しない。 でも、4年間、物質主義的なアイドルになるという考えには惹かれるよ」。 1977年3月に、NME誌のポール・モーリーが行なった彼の最後のインタビューは、彼の人生が短命に終わっていなかったら、その後で何が起こっていたかを示唆していた。 「沢山準備していることがあるんだ」と、彼は言った。 「このバンドで、リハーサルをやっているんだ。 これまで一度もやったことがなかった。 僕はただ、次から次へと曲を演奏していただけだった。 だから、この新しいバンドはすごくタイトなんだ。 全員が、このバンドに在籍していることを誇りに思っている。 最初からこれをやっているべきだったよ」。 残念ながら、彼が何を準備していたかは、もう決して分からない。 しかし、このプレイリストは、彼がすでに達成したことを、素晴らしい形で思い出させてくれるだろう。 レックスのアルバムを購入/DL/Streaming•

次の

ベルベット・ゴールドマイン〜マーク・ボランやデヴィッド・ボウイがいたグラマラスな日々|TAP the SCENE|TAP the POP

マーク・ボラン

Photo: GETTY T. レックスのフロントマンであるマーク・ボランの元交際相手でバンドメイトでもあったグロリア・ジョーンズはバンドがロックの殿堂入りを果たすことを今は亡き彼がどう感じていると思うかについて語っている。 ロックの殿堂は2020年に殿堂入りするアーティストを発表しており、T. レックスがナイン・インチ・ネイルズやデペッシュ・モード、ホイットニー・ヒューストン、ザ・ノトーリアス・B. 、ドゥービー・ブラザーズと共に殿堂入りすることが明らかになっている。 「彼ならきっと『やっとだよ!』と言っていたでしょうね」とグロリア・ジョーンズは米『ビルボード』誌に冗談を交えて語り、次のように続けている。 「彼はとても謙虚な性格だったけど、自分が誰であったかは理解していたわ。 彼は自分の価値を分かっていたの」 グロリア・ジョーンズはT. レックスのメンバーとして1973年からマーク・ボランが亡くなった1977年まで彼と共に演奏しており、彼との間に息子のローラン・ボランをもうけている。 グロリア・ジョーンズはT. レックスに加入する以前、モータウン・レコードに所属して活動していた。 グロリア・ジョーンズは次のように続けている。 「彼はとても名誉に感じていたはずよ。 涙を浮かべることになってたんじゃないかした。 私は彼が喜んでいることを確信しているし、光栄に思っているはずよ」 グロリア・ジョーンズは続けて、5月2日にオハイオ州クリーヴランドで開催される殿堂入りの式典にはローラン・ボランや元T. レックスのドラマーであるビル・レジェンドと共に出席するつもりだと語っている。 「素晴らしい時間になることを確信しているわ」と彼女は語っている。 「この賞は私たち家族だけでなく、忠実なファンや友人たちを初めとした、マークの創造的な夢を理解を示していたすべての人たちのためのものよ。 私たちは一緒になって笑い合い、涙を流しながら素晴らしい時間を楽しむつもりよ」 ロックの殿堂は今年で35年目の発表となっていて、プロデューサー、ジャーナリスト、アーティスト・マネージャーであるジョン・ランドウも殿堂入りが決定している。 昨年はレディオヘッド、ジャネット・ジャクソン、ザ・キュアーらが殿堂入りを果たしていた一方で、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやクラフトワークらが殿堂入りを逃している。

次の