ソードアートオンラインキリト復活。 ソードアートオンライン10話でキリトの手が切れてしまいましたが、すぐに復活...

【SAOアリシゼーション】キリトの右腕に何があった?復活するの?

ソードアートオンラインキリト復活

公理協会の最高司祭・カーディナルにセントラル・カセドラルの支配者にして、もう一人の最高司祭・アドミニストレータの打倒を託されたキリトとユージオは、整合騎士との戦いの末、アドミニストレータと対峙します。 圧倒的な剣技を持つキリトでしたが、 アドミニストレータはシステムを通じてキリト同様にソードスキルを使用できたため、キリトの技を全て弾き返します。 既にアンダーワールド内で使用したことのあるソードスキルでは、アドミニストレータに通用しないことを悟ったキリトは、ユージオにも見せたことがない「二刀流」を使うことで事態を打開します。 キリトとアドミニストレータが同時に同一のソードスキル「ヴォーパル・ストライク」を発動し、キリトの右腕の剣がアドミニストレータの左腕に直撃しますが、反対に アドミニストレータの左腕の剣もキリトの右腕に突き刺さり、お互いの腕を切断することになります。 既に右腕を失っていたアドミニストレータは両腕を失ったことになりますが、髪の毛でキリトを縛り上げ、キリトは再びピンチに陥ります。 それでも「まだだ!」と諦めないキリトは、最後の力を振り絞り、残った左腕で渾身の一撃をアドミニストレータに叩き込みます。 修復が間に合わないと察したアドミニストレータは現実世界への逃走を図りますが、暴走した元老長チュデルキンが炎に包まれながらまとわりついたせいで脱出に失敗。 そのままチュデルキンとともに焼失します。 自身の右腕とユージオの命、大きな代償を失いながらもアドミニストレータに勝利したキリトは、外部(現実世界)へのコンタクトを試みます。 しかし、 現実世界から聞こえてきた音声は何かただならぬ様子でした。 菊岡から「アリスを連れてワールド・エンド・オールターを目指してくれ。 」と告げられ、アスナの幻影を見た所で現実世界の主電源ラインを切断され、そこでSAOアリシゼーション第24話は終了します。 キリト廃人化の現象は、ユージオを失った悲しみによって引き起こされたようです。 【SAOアリシゼーション】キリトの右腕は復活するのか 異界戦争でアンダーワールドにダイブしたアスナやシノンと対面することで、キリトのフラクトライトは徐々に活性化しつつありました。 そこにユージオの記憶が流れ込むことで、キリトは夢の中でユージオと対話をし、 ユージオを失った悲しみを乗り越えます。 ユージオは決して生き返るわけではないのですが、ユージオの思い出が永遠にここにある・・・ その事を思い出したキリトは、 再び歩き出すことを決意します。 復活したキリトは心意の力に覚醒し、さらにパワーアップを果たしていました。 この時、失っていたキリトの右腕も再生します。 目覚めたキリトは青薔薇の剣に込められたユージオの力によって、圧倒的多数の敵軍の動きを凍結し、二刀流のスキルコネクトによって殺人ギルド「ラフィンコフィン」の頭領であったPoHを撃破します。 さらに夜空の剣の力を使いPoHを樹木の姿へと凍結し、アインクラッド時代から続いていたPoHとの因縁とついに決着をつけるのでした。 まとめ 今回はSAOアリシゼーションWoUでの失われたキリトの右腕について、解説しました! アインクラッドからアルヴヘイム・オンライン、ガンゲイル・オンラインと、いくつものVRMMORPGで戦い、ピンチを乗り越えてきた主人公キリト。 しかし、右腕を失ったまま廃人状態となってしまう・・・キリトがここまでのダメージを負うことは今までありませんでした。 (アインクラッドでヒースクリフ戦にて瀕死となりますが、これは後にすぐ救済されます) アドミニストレータとの戦いはそれだけ激しいものであったし、親友のユージオを失うというのは、それほどにショックだったということですね。 確かに現実世界での恋人・アスナ、妹のリーファを除いたら最も長い時間をともに過ごしてきたユージオとの別れですから、相当に苦しかったのでしょう。 ユージオはファンの間でもとても人気のキャラなので、キリトやアリスだけでなくファンにとっても非常にショックな出来事でしたし、実際キリトと同様・・・とまではいかなくとも、ポッカリ胸に穴が開いてしまったような空虚な気持ちに陥ったファンも多かったようです。 しかし、決して生き返りはしないが、確かに自分の中にはユージオの思い出生きている・・・と、キリトが「ユージオとの対話をもって復活を果たす」シチュエーションは激熱の展開! そして待望のキリト復活からの宿敵・ラフィンコフィン撃破という流れは、アインクラッド編とアリシゼーション編がリンクする素晴らしい構成となっています。

次の

ソードアートオンラインでキリトが死んだのに復活して茅場を倒...

ソードアートオンラインキリト復活

【お願い】 が非常に多い作品なので追記の際は 可能な限り出典明記をよろしくお願いします。 概要 の草分け的作品。 英語表記は 『』、略式名称は『』(間違っても竿ではない)。 複数のを舞台とした長編小説である。 著者は九里史生。 ただし版の発行以降は、同氏著作の「」を電撃大賞に提出した際に使った『』名義で紹介されることが多い。 後発のweb小説と異なり、やではなく著者の個人サイトに連載されていた。 さらに言えばあくまでも作者のデビューはで第15回電撃小説大賞で大賞を受賞したことによるものであり、SAOは本来は出版する気が無かったもののその後に目に留まって出版されたという経緯であるため、数あるweb小説でも出版までの経緯は特殊な部類に入る。 そのための通り、後発のweb小説出身作品と比べても 設定の変更・後付が非常に多いが、原作サイドは「設定のアップデート」として理解を求めている。 またこの発表年の関係で、作中の年代が現在ではもう 近未来と言えない2022年~2026年 web版では2012年設定 という設定になっている。 勘違いされやすいが、このタイトルはあくまでも劇中でののタイトルを意味するものであり、実際に存在するオンラインゲームではない。 また、「ソードアート・オンライン」そのものが舞台となるエピソードは最初の章だけだが、後の章でもソードアート・オンラインのテーマや基幹技術が引き継がれているため、決してタイトル詐欺ではない。 商業成績 2018年8月の時点で原作文庫シリーズの累計発行部数は 全世界2200万部。 内の1300万部以上は国内である。 第1巻は電撃文庫初の国内単巻100万部を突破。 原作小説のみの累計2200万部はライトノベルとして最高である。 電撃文庫ではとあるシリーズの次に1000万部を突破した。 監督は第1期・2期は、第3期は。 第1期は地上波にて「アクセル・ワールド」と放送局が共通していた。 各期で地域によっては放送局の変更が行われており、第2期ではが放送局から外れ、第3期はシリーズで初めて(を除く)での地上波同時配信を行うものの、地上波での放送局は大幅なリストラが行われている。 なお、ネット同時配信そのものはExtraEdtionが、の他にで同時配信された。 劇場版は原作者川原礫書下ろし完全新作ストーリーで、 第3期及び原作第21巻以降は本作も正史に組み込まれている。 VR空間を舞台にしたこれまでの作品と異なり、現実世界を舞台にしたAR上での物語が展開される。 第3期は第1話が1時間枠での放送となった。 また、合計4クールの放送予定なが ら2・1・1という変則的分割放送であり、2018年10月に開始して2020年9月完結(予定)という事になった。 また、最終章となるUnderworld LAST SEASONは当初は2020年4月放送開始の予定だったが新型コロナウイルスの影響により2020年7月への延期となった。 ゲーム コンシューマーゲーム 2019年3月末現在、PS系列にて、リメイク・完全版含めて計7作品が発売されている。 そして2019年3月31日、アニメ第3期の前半最終話と共に家庭用最新作「」が発表された。 とのクロスオーバー作品「」はシリーズにカウントされない番外編扱いであるが、コンシューマーの世界観をベースにしており物語の時期も年表に組み込める形となっている。 ソーシャルゲーム 2019年11月時点で、との3作がサービス中。 インテグラル・ファクターはIFストーリーを交えながらオリジナル主人公がアインクラッドを第1層から登ってゆくオンラインRPG。 メモリー・デフラグはキリトの回想という形で原作(アニメ)・ゲーム版時間軸両方のストーリーを追体験するARPGとなっている。 他3作はサービス終了済だが、プログレス・リンク以外はを迎える形で円満終了しており、コード・レジスタはストーリー回想モードの提供が続けられている(新規登録は不可)。 はインテグラル・ファクター同様のアインクラッド追体験型の作品で、オリジナルキャラクター中心の作品。 逆にはALOを舞台に主人公がキリト一向に迎え入れられる作品である。 はその両者の中間程度で、SAO・ALO・GGOの3つのゲームを内包したシーズ・グローバル・プラットホーム「SGP」が舞台となった。 本作はキャラクターすべてが3D化された中国版も存在した。 2019年春から探索アクションRPG『』が稼働予定。 実写ドラマ 2016年8月2日、 アクセル・ワールドとの関係 クロスオーバー作品まで発表されたSAOとAWであるが、 アクセル・ワールド10巻のあとがきにて「両作品にはストーリー的なつながりは無い」と明言されているので注意されたい。 AW10巻発売から数年が経ち、グラファイト・エッジの言動やAW19巻の挿絵などSAOとAWの関連性の有無は限りなく黒に近づいているものの、 2017年3月末現在、両者作品の関係について新たなアナウンスはされていない。 も SAOとAWの正式な関係を決めるものではなく、作中でも登場人物の口から不自然なくらいにしつこく前置きされるので留意しておきたい。 「AW勢のいた世界」が「本作の21年後」なのか「の西暦2047年」であるのか、時間干渉のルールがどうなっているか(歴史の修正力が働くのか、等)も不明である。 ストーリー 西暦2022年、とある大手電子機器メーカーが「」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。 元ベータテスターの少年キリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、正規版SAOの世界を満喫するのであった。 しかしそんな感動も束の間、2人はログイン時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。 混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした10,000人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。 SAOのゲームデザイナーである茅場晶彦の名を名乗ったその男は、淡々とのチュートリアルを開始する。 曰く「ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台『浮遊城アインクラッド』の最上部である第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。 時系列・各エピソード収録巻 続刊中 『プログレッシブ』(前日談) 『ユナイタル・リング』(最新エピソード) アニメオリジナル 『Extra Edition』(OVA) 『オーディナル・スケール』(劇場版) 『GGOでサトライザー率いるスコードロンと対決』(アニメ3期第1話) 文庫未収録短編 『シュガーリィ・デイズ』(アニメ第2期 円盤第5巻限定版特典) 『クロマティック・カラーズ』(画集描き下ろし短編) 『ホープフル・チャント』(劇場版入場者特典) 『コーディアル・コード』(劇場版円盤限定版特典) 『ディスタント・ジャーニー』(アニメ第3期 円盤第1巻限定版特典) 『If You Were Here』(アニメ第3期 円盤第8巻限定版特典) 『If You Wish It』(アニメ第3期WoU 円盤第2巻限定版特典) 以下、22巻にて再録 『ザ・デイ・ビフォア』(アニメ第1期 円盤第1巻限定版特典) 『ザ・デイ・アフター』(アニメ第1期 円盤第9巻限定版特典) 『虹の橋』(Extra Edition円盤第9巻限定版特典) 『Sisters' Prayer』(アニメ第2期 円盤第9巻限定版特典) マテリアル・エディション(ME)他 作者自らによる同人誌。 シュガーリィ・デイズの続編などここでしか読めないエピソード多数。 加筆修正の上商業作品として再録されることも多い。 マテリアル・エディション:リミックス(ME:R) 同人誌のMEから8の短編とweb版設定資料集、及び山田孝太郎が作画をリファインjした漫画2本を収録したもの。 漫画はオリジナル版も縮小形式で収録されている。 電撃屋から公式通販で買えるので、MEの中では入手しやすい。 その他 TVアニメ化する以前には、稽古場PROJECTによって 作者公認(制作に参加している)のボイスドラマ『ソードアート・オンライン ボイス』が製作されている。 年表 より詳しくは 参照。 繰り返しになりますが、可能な限り出典の明記をお願いします。 特に、初期のエピソードや文庫再収録短編などは設定の変更が顕著です。 キリトとアスナ邂逅・アルゴ登場 2023年 3月 公式年表 アスナ、血盟騎士団入り 3月31日 公式年表 第25層攻略完了。 アインクラッド解放隊壊滅 4月8日 赤鼻のトナカイ(第2巻) 公式年表 キリト、月夜の黒猫団入り 6月12日 赤鼻のトナカイ(第2巻) 公式年表 月夜の黒猫団壊滅。 サチ死亡 10月18日 ホープフル・チャント(劇場来場者特典) 公式年表 第40層攻略完了。 キリト、エリュシデータ&二刀流入手 2月23日 黒の剣士(2巻) 公式年表 シリカ登場 3月6日 攻略者たち(ME) 公式年表 キリトVSアスナのデュエル 4月11日 圏内事件(第8巻) 公式年表 アスナお昼寝。 圏内事件発生 5月11日 Sister'sPrayer(第22巻) 第22巻219P 警察庁、SAO事件被害者の一斉救出強行を検討 5月12日 Sister'sPrayer(第22巻) 第22巻266P ユウキ、アスカ・エンパイアに初ログイン 6月24日 心の温度(第2巻) 公式年表 リズベット登場 8月 公式年表 ラフィン・コフィン討伐戦 9月 水音、金槌(ME) ME:R 9月23日 うわさの副団長様(ME) ME:R 攻略組プレイヤー人気投票 10月4日 十四回目の秋(ME) ME:R シリカ誕生日 10月19日 アインクラッド(第1巻) 公式年表 第74層攻略完了。 キリト、二刀流スキル露見 10月23日 アインクラッド(第1巻) 公式年表 キリト、アスナにプロポーズ 10月24日 ザ・デイ・ビフォア(第22巻) 公式年表 キリトとアスナ、システム上の結婚 10月30日 朝露の少女(第2巻) 公式年表 キリト、ユイと邂逅 10月 アルゲードの決斗(ME) ME:R ラーメン屋の真実(笑) 11月5日 アインクラッド(第1巻) 公式年表 ヌシ釣り 11月7日 アインクラッド(第1巻) 公式年表 75層決戦、SAOクリア 2025年 1月19日 (第3-4巻) 公式年表 須郷登場 1月20日 フェアリィ・ダンス(第3-4巻) 公式年表 キリトALOに初ログイン、ユイ復活、キリトとリーファ邂逅 1月22日 フェアリィ・ダンス(第3-4巻) 公式年表 ユージーン撃破~アスナと再会。 第1回BoB 10月 公式年表 第2回BoB 12月13日 (第5-6巻) 公式年表 キリト、GGOにログイン。 の異名を持つ少女。 各編サブキャラクター・設定 詳細は各リンク先を参照。 (VRマシン) すべての始まり。 夢のVRゲームマシンにして、のために生み出された 悪魔の機械。 (ソードアート・オンライン) 剣の世界。 すべての始まりであり、魔法の存在しない巨大な(浮遊大陸)。 (アルヴヘイム・オンライン) 妖精の世界。 キリト達のホームグラウンド。 妖精となって空を飛ぶことができる。 () 銃の世界。 最終戦争後のの地球。 シノンのホームグラウンドで銃撃戦が主体。 VRゲームではなくARゲーム。 プレイヤーは異次元からの侵略者を水際で食い止める防衛隊員となる。 魂の世界。 その本質はVRMMOではなく…? ザ・シード規格の全VRMMOが融合した謎のゲーム。 過酷なサバイバルMMOになるとのことだが…!? 和の世界。 外伝作の舞台。 ユウキもかつてプレイしていた。 (ソードアート・オリジン) ゲーム版オリジナルのVRMMO。 SAOの過去の時代をベースに更にリメイクしたような作品。 外伝(オルタナティブ) 原作と時系列を共有。 キリト一行とは別の場所で、別の人々による別の物語が描かれる。 作画は ()。 ゲーム コンシューマー パラレルワールド。 75層でのヒースクリフとのデュエルから分岐し、以降の各章は基本的に地続き。 コード・レジスタとプログレス・リンクのみ時系列を共有している可能性あり。 ビギニングのみ本編開始前のSAOアルファテストを舞台としている。 (VR体験イベント)• (VR体験イベント)• ゲーム版でもSAO舞台の三作でノンテロップOPとして使用。 松岡禎丞 、ユージオ cv. 島﨑信長 、アリス cv. ちなみに、他の電撃文庫キャラでプレイアブルキャラクターとして選ばれたのはそれぞれ1人ずつだが『ソードアート・オンライン』だけはキリトとアスナの2人が選ばれた。 電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION でプレイアブルキャラクターとしてユウキ、サポートキャラクターとしてオルタナティブよりレンが参戦。 レンについてはメディア展開、CVが付くのは本作が初(ただし、本作での担当声優は)。 2015年12月25日~2016年1月31日の間のみ無料配信。 以降は税抜きで741円。 関連イラスト 関連タグ一覧 記事が存在するものだけでも膨大なため、サブキャラクターや作中作内部の用語、ネタタグやカップリングは各記事を参照。 二次創作 外字タグ・表記ゆれ その海外人気の高さから、海外版タイトルで投稿されているイラストも2000件以上存在する。 日本語表記でタグ付けされていない作品も少なくないので、 より多くの作品を閲覧したい場合は下記のタグでも検索すると良い。

次の

『SAO』最終章の最新PV公開、キリト目覚める EDテーマは藍井エイル

ソードアートオンラインキリト復活

4月25日より放送される人気テレビアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズの最終章『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』。 その最新PVが22日、公開された。 オープニングテーマ「ANIMA」(ReoNa)の音源が初解禁となり、エンディングテーマがの「I will... 」に決定した。 2018年10月より放送がスタートした「アリシゼーション」編は、主人公・キリトが壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブし、ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めてさまよう物語。 アリシゼーション編の完結となる今作は、ガブリエルの策略によって暗黒騎士のアカウントを与えられた現実世界の米国プレイヤーたちが、次々と仮想世界「アンダーワールド」にログインし、アスナたちは必死に止めようとする。 PVではアスナやアリスたちが戦う姿が描かれ、ラストには、キリトがついに目覚めている。 エンディングテーマを担当する藍井は「1stクールでも『アイリス』を歌わせていただいたので、再びこうしてエンディングテーマを歌わせていただけることにとても感謝しています。 今回の新曲『I will…』は、大事な人の心に寄り添いともに歩んでいくことがテーマになった楽曲で、壮大に展開していくバラードとなっています。 この『I will…』がSAOと皆さんの心に寄り添えますように」とコメントを寄せた。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の