檸檬 梶井 基次郎 解説。 『桜の樹の下には』のあらすじ、解説、感想とかとか。

『桜の樹の下には』のあらすじ、解説、感想とかとか。

檸檬 梶井 基次郎 解説

梶井基次郎の生い立ち 梶井基次郎の生い立ちを解説していきます。 まずは年表を作成しましたのでご覧ください。 1901年 大阪府に誕生 1919年 第三高等学校入学 1924年 東京帝国大学入学 1925年 同人誌「青空」創刊、『檸檬』『城のある町にて』 1926年 結核が悪化し、療養 1927年 『冬の日』 1928年 『冬の蠅』『桜の樹の下には』 1930年 『愛撫』『闇の絵巻』 1931年 『交尾』 1932年 肺結核のため他界 1901年、梶井基次郎は貿易会社に勤務する父の元に生まれます。 しかし梶井基次郎の父は酒におぼれる人物であったため、母のヒサは子供を道ずれに自殺をしようと思い詰めたこともありました。 しかし母は教育熱心で、梶井基次郎は幼少期より『百人一首』などの和歌や『平家物語』などの古典や物語に親しんでいました。 第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部)へ進学した梶井基次郎は、文化の学生と親交を深めて文学的な知識を蓄えていきます。 しかし梶井家では祖母・弟・異母妹が結核性の病気で他界、梶井基次郎自身も肋膜炎などで発熱を繰り返し、療養生活を送りながら5年で第三高等学校を卒業します。 梶井基次郎の経歴 東京帝国大学英文学科に入学後は、同人誌「青空」を創刊し、小説家としての道を歩んでいきます。 この時に発表した小説『檸檬』は梶井基次郎の代表作として著名で、小林秀雄や三島由紀夫などの文学者から高く評価されており、梶井基次郎の命日である3月24日は「檸檬忌」と呼ばれています。 しかし、結核は梶井基次郎に重くのしかかることとなり、1926年には静岡県伊豆湯ヶ島温泉で療養を余儀なくされます。 このことは梶井基次郎の作品にも大きく影響を与えることとなり、『冬の日』『冬の蠅』など自分の病気と死を意識した作品を発表するに至ります。 その後も病気のと闘いで居住地を転々としますが、『桜の樹の下には』『交尾』などの小説を書き続け、『交尾』は井伏鱒二に「神業の小説」と評価されるなど文壇で注目を浴びます。 しかしながら、病には勝てず体は蝕まれていきま、1931年に肺結核のため、31歳という若さで他界します。 梶井基次郎の作品は、孤独や絶望といった色合いが強い作品が多いのですが、 死の直前に発表した『のんきな患者』では孤独や絶望の色は消えています。 梶井基次郎と宇野千代 梶井基次郎が療養のため湯ヶ島温泉に滞在していた時、同じく湯ヶ島温泉に来ていたのが川端康成でした。 川端康成は梶井基次郎にとって、目上で尊敬すべき存在であり、川端康成の『伊豆の踊子』の校正を手伝うなど、川端との親交を深めたと言われています。 また川端康成から紹介された文学者、宇野千代と恋仲関係に陥りますが、この時宇野千代は同じく文学者の尾崎士郎と婚姻関係にあり、その後宇野千代と尾崎士郎の離婚の一因になっています。 「私」は京都に住む学生である。 「得体のしれない不吉な塊」が「私」の心を終止押さえつけている。 それは肺の病気・神経衰弱や借金のせいだけではなく、その「不吉な塊」のせいだと考えている。 昔は好きだった文具書店の丸善でさえも今の「私」には重苦しい場所となっている。 ある朝「私」は京都の町を散歩していると、以前よりお気に入りの店だった寺町通の果物屋で、珍しく「私」の好きな檸檬が売られているのを見つける。 そのことにより、「私」の心を押さえつけていた「不吉な塊」がいくぶん晴れた気がした。 そこで久しぶりに文具書店の丸善へ足を運ぶ。 しかし、再び憂鬱な気持ちになってしまい、棚から本を取り出すのも憚られるのであった。 いくら画集を見ても憂鬱な気分は晴れず、積み上げた画集をぼんやりと眺める。 「私」は檸檬をその積み上げた画集の上に置いてみた。 「私」はその檸檬をそのままにして外へ出た。 檸檬を爆弾に見立てた「私」は丸善が木端微塵に爆発する想像をしながら、新京極を下っていくのである。 簡単に書くとこのようなストーリーなのですが、なぜこれが梶井基次郎の代表作になるのかは私のような素人にはわからないですねw 「得体の知れない不吉な塊」が何なのかが語られることは作中ではありません。 陰鬱な気分を吹き飛ばしてくれる「檸檬」を爆弾に見立て、現在の憂鬱の象徴である「京都丸善」へ設置し、この「得体のしれない不吉な塊」が吹き飛ばしたい、という梶井基次郎の心情描写が素晴らしいのかなと思います。 のんきな患者(1932年) 結核症状で入院生活を過ごす主人公が、母親との愉快な会話や、同じ結核で亡くなった人々やその家族など庶民の暮らしを中心に描いた小説。 それまでの梶井基次郎の作品は心理描写が中心でしたが、この作品は客観的な本格小説となっています。 しかしながらこの作品を仕上げて3か月後に梶井基次郎は死去したため、その後の梶井基次郎の作品を読むことは残念ながら叶いません。

次の

檸檬(梶井基次郎)のあらすじ | あらすじ文庫

檸檬 梶井 基次郎 解説

その作品価値は不滅。 31歳で夭折、死後、評価が高まった不朽の古典。 31歳という若さで夭折した著者の残した作品は、昭和文学史上の奇蹟として、声価いよいよ高い。 その異常な美しさに魅惑され、買い求めた一顆のレモンを洋書店の書棚に残して立ち去る『檸檬』、人間の苦悩を見つめて凄絶な『冬の日』、生きものの不思議を象徴化する『愛撫』ほか『城のある町にて』『闇の絵巻』など、特異な感覚と内面凝視で青春の不安、焦燥を浄化する作品20編を収録。 目次 檸檬 城のある町にて 泥濘 路上 橡の花 過古 雪後 ある心の風景 Kの昇天 冬の日 桜の樹の下には 器楽的幻覚 蒼穹 筧の話 冬の蠅 ある崖上の感情 愛撫 闇の絵巻 交尾 のんきな患者 注解 三好行雄 解説 淀野隆三 本文より 私は何度も何度もその果実を鼻に持って行っては嗅いでみた。 それの産地だというカリフォルニヤが想像に上って来る。 漢文で習った「売柑者之言」の中に書いてあった「鼻を撲つ」という言葉が断れぎれに浮んで来る。 そしてふかぶかと胸一杯に匂やかな空気を吸込めば、ついぞ胸一杯に呼吸したことのなかった私の身体や顔には温い血のほとぼりが昇って来て何だか身内に元気が目覚めて来たのだった。 「檸檬」 本書「解説」より 読者はこの小話で『檸檬』の発見を語られ、作者が古くからもっていた『檸檬』を感ずる、或いは作者がいつまでも失うまいと思われる古くならない『檸檬』を感ずる。 『檸檬』は氏の観念的焦燥の追及する単純性或いは自然性の象徴ではない、寧ろ氏自身の資質である。 そうして特に私はこの一編に現われた西欧的な風格を指摘したい。 そこには批判も、それより生れるところの諧謔さえもがある。 日本的自然主義とも耽美頽唐派とも、また心境小説、私小説とも異なる独自の小説である。 少年時代は三重、東京などに転居を繰り返す。 1919年、エンジニアを目指して三高理科に入学するが次第に文学に惹かれ、1924年、東京帝大英文科に入学。 同人誌「青空」で積極的に活動するが、少年時代からの肺結核が悪化し卒業は叶わなかった。 療養のため訪れた伊豆の湯ケ島温泉で川端康成、広津和郎に親近し創作を続けた。 しかし病は次第に重くなり、初めての創作集『檸檬』刊行の翌年、郷里大阪にて逝去。 享年31。 私には、金がなく希望も失ってた頃がありました。 毎日、憂鬱で退屈な日々でした。 その頃、ふと高校の国語の先生の事を思い出しました。 お金や地位などへの執着心がなく、本当に人間らしい人で、温厚で情に溢れた素晴らしい人格の先生でした。 高校の国語の授業で(当時は授業中ライターで火遊びをしながら、全く授業など聞いていませんでしたが... )、先生に音読してみなさい、と当てられ、この檸檬の文の意味も分からず、朗読した事を思い出しました。 不良少年だった当時、檸檬を読んでも何も私には響くものがありませんでしたが、 ふと思い出して10年ぶりにこの作品を読んだ私は、その頃の私の有り様や社会の冷徹さを感じてた事から、読みながら号泣してしまいました。 金がなく、希望もなく、退屈な毎日がとても辛かった。 けれども私には文学という高尚な逃げ道がある。 私にとってのこの本そのものが、梶井基次郎を慰めた檸檬と同じようなものでした。 金が無くとも、皆が感じるような喜びが私には無くとも。 街や想像に美しい眺めを映し出し、そんなもので私は幸せを味わっても良いのだ。 国語の先生の生き様と梶井基次郎の文章が相まって、感動が押し寄せました。 挫折を味わった人間にとって、この小説は非常に深みのあるものです。 そして、金にある程度余裕がでてきた今もなお、忘れてはならない美徳を大切にして生きてゆきたい。 そのような価値観を私に教えてくれたこの本に感謝です。 国語の先生に...... あの時私は何も意味も分からず音読しましたが... 卒業から何年も経って挫折を味わった私の記憶には確かに、残っていました。.. 将来の私へのメッセージだったのかもしれない。 その頃この小説をもう1度読み、そこからまた頑張ることが出来た。 ありがとう。

次の

小説『檸檬』の意味をネタバレ解説!梶井基次郎が「不吉な塊」で象徴したこと

檸檬 梶井 基次郎 解説

タグ 黒猫 十五少年漂流記 ゴリオ爺さん 故郷 ラスティニャック 刺青 秘密 山椒大夫 ジュール・ヴェルヌ 年表 津軽 ブリアン ドノバン ゴードン 歯車 高瀬舟 変身 グレーゴル・ザムザ バルザック 代表作 正義と微笑 ハックルベリーフィンの冒険 蜜柑 アグニの神 杜子春 ハックルベリー・フィンの冒険 ハックルベリーフィン 異邦人 ムルソー トロッコ オススメ アンナ・カレーニナ トルストイ 魯迅 狂人日記 どんな話 阿Q正伝 アンナカレーニナ 実存主義 芹川進 蜘蛛の糸 ある崖上の感情 タシュテーゴ ダグー 檸檬 はつ恋 城のある町にて 初恋 Kの昇天 ボヴァリー夫人 フラスク それから 狭き門 偸盗 春琴抄 嵐が丘 藪の中 六の宮の姫君 クイークェグ スタッブ アッシャー家の崩壊 パンドラの匣 ロデリック・アッシャー ハムレット クローディアス ホレイショー オフィーリア ガートルード ポローニアス ひばり スターバック かっぽれ 越後獅子 マア坊 竹さん 捕鯨 冒険小説 イシュメール エイハブ 犬と笛 駈込み訴え 太宰治 憂国 夫婦善哉 織田作之助 島崎藤村 破戒 志賀直哉 清兵衛と瓢箪 三島由紀夫 登場人物 ドイツ文学 ヴィヨンの妻 蝿の王 チェーホフ かもめ ロシア文学 戯曲 井上靖 女の一生 ヘルマン・ヘッセ 赤き死の仮面 ジョン万次郎漂流記 人間失格 ネタバレ 蟹工船 小林多喜二 日本文学 詳しいあらすじ 井伏鱒二 雪国 車輪の下 駒子 痴人の愛 谷崎潤一郎 ナオミ 赤ひげ診療譚 赤髭 あらすじ 敦煌 赤死病の仮面 走れメロス 自負と偏見 斜陽 Hemingway The Old Man and the Sea 老人と海 pride and prejudice Jane Austen 高慢と偏見 注文の多い料理店 外套 なめとこ山の熊 三四郎 満願 章ごと 感情教育 富嶽百景 考察 ニコライ・ゴーゴリ アンゴウ こころ 感想 こゝろ 親友交歓 トカトントン 解説 ワーニャ伯父さん デイヴィッド・コパフィールド David Copperfield 河童 罪と罰 党生活者 プロレタリア文学 心中天網島 坊っちゃん 羅生門 鼻 芋粥 玄鶴山房 脂肪の塊 目次• 『檸檬』の登場人物 私 肺尖カタルや神経衰弱を患い、借金を背負っている。 「えたいの知れない不吉な塊」に心を押さえつけられている。 えたいの知れない不吉な塊に心を押さえつけられ、「私」は京都の街を放浪し続けていました。 その頃の「私」は肺尖カタルや神経衰弱を患い、借金も背負っていましたが、いけないのは病気でも借金でもなく、その「不吉な塊」だと感じました。 以前親しんでいた音楽や詩にも辛抱ができなくなり、金もないため好きだった丸善も避けるようになりました。 友達の下宿を転々として暮らしていた「私」は、友達が学校へ行ってしまうと空虚な気持ちになり、いつものように街を彷徨いました。 ある果物屋の中に入ると、そこには檸檬が出ていました。 その檸檬の冷たさを感じ、何度も匂いを嗅いでいるうちに、自分の心を押さえつけていた不吉な塊が、いくらか弛んでくるのを「私」は感じました。 「私」はその檸檬を握りながら往来を歩き、その檸檬の重さこそが自分の探していたものであり、全ての美しいもの、善いものを重さに換算したものだと考えました。 幸福を得た「私」は、普段避けていた丸善に入りました。 しかしその途端、幸福な感情は逃げていき、「私」の心は憂鬱になりました。 画集を取り出すことすら重く感じた「私」は、抜き出した本をバラバラとめくっては置くことを繰り返しました。 積み上げた本を見ているうちに、「私」は袂に入っている檸檬を思い出しました。 様々な色彩の本を積み上げて城に見立て、その頂点にその檸檬を起くと、檸檬の周囲の空気だけが緊張しているような印象を与えました。 「私」は、それをそのままにして、何食わぬ顔をして外へ出ることを思いつきました。 爆弾を仕掛けたような気分で丸善を出た「私」は、その爆弾が大爆発を起こし、気詰まりな丸善を木っ端微塵にしたらどれほど面白いだろうと想像しながら、京極の街を下っていくのでした。 作品の概要と管理人の感想 『檸檬』は、一九二五年に発表された梶井基次郎の代表作です。 檸檬の持つ鮮やかな色彩や、冷やりとした感触によって揺れ動く心情を詩的に描き、しばしば日本の短編小説の最高傑作と評される作品です。 この作品で描かれるのは、果物屋で手に取った檸檬によって変化していく語り手の心情です。 「えたいの知れない不吉な塊」に心を抑えつけられた語り手は、以前のように音楽や詩を楽しめなくなっています。 彼は「見すぼらしくて美しいものに強くひきつけられ」、古い裏通り、安っぽい絵の具で塗られた花火、色ガラスで飾られたおはじきなどを見て慰められています。 以前まではお気に入りだった、様々な色合いの商品で飾られた丸善も、借金で生活が蝕まれるようになってからは、重苦しい場所に感じるようになっています。 このような気持ちを抱えたまま街を放浪していた語り手は、お気に入りの果物屋に入り、檸檬を手に取ります。 その檸檬の冷たさは快く、語り手は「ずっと昔からこればかり探していた」かのようなしっくりとくる感覚を覚え、幸福を感じます。 檸檬によって「軽やかな昂奮に弾」み、今まで敬遠していた丸善にずかずかと入っていった語り手でしたが、すぐに幸福が逃げていくのを感じます。 彼は画集を本棚から引き出しても元に戻す力がなく、ただそれを積み重ねていくことしかできなくなります。 しかし、袂にあった檸檬を思い出すと、再び「軽やかな昂奮」が戻ってきて、積み重ねた画集の上にその檸檬を据え付け、眺め入ります。 語り手は更なるアイディアを思いつきます。 それは画集の上に据え付けた檸檬をそのままにして外へ出るというものでした。 丸善の棚に爆弾を仕掛けてきたつもりになった語り手は「気詰まりな丸善も粉葉みじんだろう」と考えながら街を歩き去ります。 憂鬱な気持ちで街を歩いていた語り手が、檸檬を手に取ることで快活さを取り戻すという心情の変化は、読み手の心をも揺れ動かします。 その檸檬を爆弾に見立てて丸善に置き去る結末では、語り手と同じように心が軽くなるような感覚を味わう人も多いのではないでしょうか。 また、この作品は、本当に色彩が鮮やかです。 憂鬱な気分を抱えたまま街を彷徨っていた語り手は「あの安っぽい絵具で赤や紫や黄や青や、さまざまの縞模様を持った花火の束」、「びいどろという色硝子で鯛や花を打ち出してあるおはじき」などを好みます。 丸善の中にある「赤や黄のオードコロンやオードキニン。 洒落た切子細工や典雅なロココ趣味の浮模様を持った琥珀色や翡翠色の香水壜」といった描写も印象的です。 そして、語り手が檸檬を買う果物屋は、暗闇に浮き上がるように描写されます。 店頭に点けられた幾つもの電燈が驟雨のように浴びせかける絢爛は、周囲の何者にも奪われることなく、ほしいままにも美しい眺めが照らし出されているのだ。 『檸檬』より 最後の一文では、「活動写真の看板画が奇体な趣きで街を彩っている京極」を語り手は歩き去っていきます。 語り手が抱えていた重苦しく憂鬱な心情と、これらの街のカラフルな描写は非常に対照的で、お互いがお互いを際立たせているようです。 その中でも「レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色」と表現される檸檬の色は、非常に際立って連想されます。 語り手は、赤や青のカラフルな画集を積み上げます。 この「画集を積み上げる」という描写は、それまでに描かれたものの中でも最も色彩に富んでいます。 そしてその色彩に富んだ画集の頂点に、語り手はその檸檬を乗せるのです。 見わたすと、その檸檬の色彩はガチャガチャした色の階調をひっそりと紡錘形の身体の中へ吸収してしまって、カーンと冴えかえっていた。 『檸檬』より このように表現される光景は、非常に清々しい印象を与えます。 この檸檬の鮮やかさは、モノトーンの上に置かれてようやく発揮されるようなありきたりなものではなく、色とりどりの画集の上に置いてもなお際立つどころか、ほかの「ガチャガチャした色の諧調」を吸収して「カーンと冴えかえる」ほどの鮮やかさです。 つまり、それまでに描かれてきた数々の物の中で、頂点に立つ鮮やかさを持つものとして表現されているのが、檸檬なのです。 そしてその檸檬の鮮やかさに釣られるように、重苦しく憂鬱であった語り手の心情も段々と色を帯びてきます。 結末では、画集の上に置いた檸檬を置きっぱなしにして丸善から出ることを語り手は思いつき、それを実行します。 京極の街を歩き去るときの心理描写は直接書かれていないものの、誰にも理解されない秘密を抱え、にやりとする語り手の顔が思い浮かぶようです。 憂鬱な気持ちを抱えたままの語り手であれば、このようないたずらを思いつくことはできなかったでしょう。 彼が快活な気分になったのは、気詰まりな丸善を爆破するという妄想によるものです。 しかしそれ以上に、そのようないたずらを「思いつくことができる」ということを知り、自分の心に余裕ができてきたという自覚を持つことができたのが、語り手にとって重要だったのではないかと思います。 芥川龍之介の短編小説に『』というのがあります。 その作品における蜜柑もまた、人の心を和ませる役割を担っています。 柑橘というのは何か人の心を豊かにする効果があるのでしょうか?私たちも、檸檬や蜜柑を目につく場所に置いておくだけで、普段とは違った心持になれるかもしれませんね。

次の