ウルトラマン。 NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト

ウルトラマンおもちゃウェブ

ウルトラマン

2019. 我々が『ウルトラマン』というエポックな作品を今一度現代で描く際に、ウルトラマン自身の姿をどう描くのか。 その問題の答えは、自ずと決まっていました。 それは、成田亨氏の目指した本来の姿を描く。 現在のCGでしか描けない、成田氏が望んでいたテイストの再現を目指す事です。 世界観を現代に再構築する事は挑戦出来てもあの姿を改める必要を感じ得ず、成田亨・佐々木明両氏の創作したオリジナルへの回帰しか、我々の求めるデザインコンセプトを見出せませんでした。 成田氏が監修した、佐々木明氏制作によるマスク。 成田氏が望んだ、古谷敏氏の体型データをベースとした体躯。 成田氏が望まなかった、眼の部分に覗き穴を入れない。 成田氏が望まなかった、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭を付けない。 そして、成田氏が望まなかった、カラータイマーを付けない。 と、いう作業を行った結果が今回のデザインです。 ウルトラマンの美しさに、少しでも近づきたいという願いから生まれた姿です。 この想いが、わずかでも観客の皆様に伝わる事が出来れば、幸いです。 生後間もなく青森県へ移り、以後、青森県と兵庫県内の転居を繰り返す。 1954年、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)彫刻研究科在学中、「ゴジラ」の美術スタッフにアルバイトとして参加。 これを機に東宝だけでなく大映や松竹、東映などの特撮美術に携わり、1960年、東映の特撮美術監督に就任。 1965年、円谷特技プロ 当時 と契約し、同社の「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「マイティジャック」などで、ウルトラマンをはじめとするキャラクターや怪獣、メカ、防衛隊のコスチュームや基地のセットにいたるまでをデザインし、映像作品の世界観構築に多大なる功績を残した。 1968年にフリーとなってからは、「突撃! ヒューマン!! 」などの特撮や「樺太1945年夏 氷雪の門」「新幹線大爆破」「この子を残して」「麻雀放浪記」など映画美術のほか、百貨店のディスプレイや博覧会、催事場のデザインなど活躍の場を広げていった。 2002年2月26日、多発性脳梗塞のため永眠。 享年72歳。 2003年「アート・ツアー・イン青森 成田亨が残したもの」展、2005年「成田亨の世界」展、2007年「怪獣と美術」展、2014年〜2015年「成田亨 美術/特撮/怪獣」展が開催された。 耳を疑うほどに嬉しかったのです。 父、成田亨は、自身が試行錯誤しながら生み出した「ウルトラマン」を、 生涯を通して深く愛し、誇りに思っておりました。 同時に、その「ウルトラマン」を生み出した自身の名前がクレジットから消され、デザインが変質され、商業的に利用され続ける人間社会に深い悲しみと絶望を抱いておりました。 その心を正直に発した事で、誤解や誹謗中傷も受けました。 父は悲しみが癒されることなく2002年に他界しましたが、その背中を通して多くを感じながら育てられた私は、父を誇りに思い、時に哀れに思い、そして心から尊敬しています。 生前の父の言葉を思い出します。 「本物は残る、本物であれ」 『真実と正義と美の化身』は、芸術家として生きた当時の父の全てが注ぎ込まれた油彩画です。 その絵画が、当時まだ子どもとしてウルトラマンを見ておられた庵野さんの感性に50 年以上の時を経て触れ、才能を発揮し続ける庵野さんの稀有な感性と交わり、「シン・ウルトラマン」としてどの様な姿でスクリーンに蘇るのか、期待に胸が膨れ、熱くなっております。 昭和の子どもが心踊らせた「ウルトラマン」が、令和の子どもたちに「シン・ウルトラマン」として蘇る。 子ども達の心に残る忘れられない映画の誕生を心待ちにしております。 それは、成田亨氏の描いた『真実と正義と美の化身』を今作のデザインコンセプトにしたいということ。 成田氏の描かれたデザインは現在まで続く「ウルトラマン」の原点であり、私たちは庵野氏の「ウルトラマンの美しさに少しでも近づきたい」という想いに全面的に賛成しました。 私が初めて成田浬氏とお会いしたのは2018年春でした。 それ以来、亨氏の偉業について、そしてご苦労についてお伺いすることができました。 その上で、この機会に改めて成田氏の円谷プロダクションでの仕事と功績に対して惜しみない賛辞をお贈りしたいと思います。 今作をご覧になる多くの方が最高にして美しい「ウルトラマン」を目撃します。 どうぞご期待ください。 株式会社円谷プロダクション 代表取締役会長 兼 CEO 塚越隆行 2019. 14 キャスト・スタッフコメント 監督:樋口真嗣 あらたな、でもそれは私が物心ついた頃から輝き続けているバトンを託されました。 先輩たちが生み出し育ててきた、眩しく重たいそのバトンを次につなぐ責務を粛々と努めて参る所存です。 斎藤 工 私に大役の白羽の矢が立った事以上に、この壮大なプロジェクト及び手にした脚本に至極興奮致しました。 かつて、何者でも無かった私は一度だけ、生前の実相寺昭雄監督にお会いする機会を頂き、前のめりに当時の円谷プロや「ウルトラマン」の様々な話を伺えた事は、全て"ココ"に繋がっていたのではないかと今振り返ると思います。 「ウルトラマン」への特別な想いを持たれていらっしゃる庵野さん、樋口監督と共に、若輩者ながら私の37年間を本作に注ぎたいと思います。 『シン・ウルトラマン』が今の日本に、未来の日本に、必要な作品になるよう、頼もしきスタッフ、共演者の方々と高みを目指します。 長澤まさみ 誰もが憧れる庵野さんの作品に出演出来る事をとても光栄に思います。 『シン・ゴジラ』も劇場へ観に行ったのですが、お客さんの満足感や充実感をその場で強く感じました。 今回の作品では思いがけない展開もありますが、今を生きぬく事はいつもどんな時も精一杯です。 作品を通して少しでも多くの人の心に届くものになればいいなと思います。 有岡大貴 物心のついた時から当たり前のようにウルトラマンをVHSで見て、当たり前のようにウルトラマンの人形で遊んでいました。 世代を超えて、そんな子供が日本中に居たことと思います。 そんなウルトラマンが、庵野さんと樋口監督の手により令和の時代に、さらにパワーアップして僕たちの前に現れてくれること。 最高のエンターテイメント作品の誕生に胸が熱くなります。 ご出演者の皆様に比べ、僕はお芝居の経験が少ないです。 足を引っ張ってしまわないか、オファーを頂いた時は正直嬉しさよりも不安の方が上回ってしまいました。 でも『シン・ウルトラマン』という作品に恥じぬよう誠意を込めて務めさせて頂きます。 早見あかり まさかあのウルトラマンの世界に自分が飛び込むことが出来るなんてまだ夢のようです。 私自身が『シン・ゴジラ』を観た時に感じたあの興奮をまた皆様にも『シン・ウルトラマン』でお届け出来ると思うと楽しみです。 正直、緊張や不安もありますが、庵野さん、樋口監督、出演者の方々と共に『シン・ウルトラマン』の世界を精一杯生き抜きます。 田中哲司 地元の鈴鹿山脈の山間から、いつか怪獣が顔を出すのではないかと、子供の頃、よく空想してました。 「ウルトラマン」は僕たち世代にとって、特別な作品です。 そんな僕が、恐らく最強のチーム『シン・ウルトラマン』に参加出来る事は最高の喜びです。 最善を尽くします。 西島秀俊 世界的人気で誰もが知る「ウルトラマン」を、あの『シン・ゴジラ』チームが再集結して映画化するとお話を伺った時の驚きと興奮がいまだに冷めません。 そして、そのチームに参加できることを非常に光栄に感じています。 脚本を読ませていただきましたが、ファンの方もそうでない方もきっと楽しめる一級のエンターテイメント作品になると確信しています。

次の

NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト

ウルトラマン

は、「 新ヒーローはゼロの弟子! 熱血戦士ウルトラマンゼット!」 、「 ご唱和ください我の名を!ウルトラマンゼット!」。 ストーリー 地球防衛軍日本支部のロボット部隊「ストレイジ」に所属する ナツカワハルキは、ロボットを使って怪獣災害の処理をする最中、地球に襲来した怪獣とそれを追ってきた ウルトラマンゼットとの戦いに巻き込まれる。 戦いの最中、ハルキは身を挺して怪獣の攻撃から避難民を守り命を落とすが、同じくピンチに陥ったゼットから起死回生の手段として自分との一体化を提案され、 ウルトラゼットライザーと ウルトラメダルを授けられる。 ウルトラフュージョンを敢行して力が強化された姿となったゼットは怪獣を撃破することに成功。 かくしてハルキは次々現れる怪獣やその裏で暗躍する宇宙人との戦いに立ち向かうこととなる。 登場人物 ストレイジのメンバー ナツカワ ハルキ 本作品の主人公。 23歳。 ストレイジの作戦班に所属する新人ロボットパイロットで、空手の達人である。 性格は礼儀正しい体育会系で、人一倍強い正義感を秘める。 「押忍!」と返事をする癖があり、上司のヘビクラやクリヤマに対しても使用する。 ゲネガーグとの戦いで落命した際にウルトラマンゼットと一体化し、ウルトラフュージョンする力を得る。 ナカシマ ヨウコ 本作のヒロインにしてストレイジ作戦班所属のエースパイロット。 24歳。 地球防衛大学を首席卒業し、武道や茶道の心得もある才女。 勝気で負けず嫌いな性格である一方、コジローのような年上の男性やゼットにときめく女性らしい一面ももつ。 オオタ ユカ ストレイジ装備研究開発班に所属する天才女性科学者。 22歳。 数々の博士号を取得しており、組織のロボットやアイテム開発を担当する。 怪獣への好奇心からストレイジに入隊した経緯があり、生物学や伝承にも明るい。 ヘビクラ ショウタ ストレイジの隊長。 34歳。 怪獣に対する作戦統括および現場指揮を担当する。 温厚かつフレンドリーな性格で、癖のある隊員たちをまとめる。 ハルキに稽古をつけるほど高い身体能力の持ち主。 イナバ コジロー ストレイジ整備班のリーダー。 59歳。 寡黙だが班員たちからは厚い信頼を寄せられており、「バコさん」の愛称で呼ばれる。 地球防衛軍日本支部 カブラギ シンヤ 怪獣研究センター生化学研究部の青年。 26歳。 回収したゲネガーグの破片に潜んでいた寄生生物セレブロに取り付かれ 、以後ウルトラゼットライザーと怪獣メダルを使って暗躍する。 クリヤマ 地球防衛軍日本支部長官にしてストレイジの創設者。 64歳。 その他 朝倉 リク ( あさくら リク ) 『』の主人公。 朝倉リクについては「」を参照 本作品のウルトラマン ウルトラマンゼット 光の国のに所属する新人ウルトラマン。 年齢は約5000歳。 青を基調とする体色や頭部のとさか、Zの形をしたが特徴。 性格は体育系に近い熱血漢で、語頭に「ウルトラ」を付ける癖がある。 一方で地球の言葉使いには慣れておらず、地球人のハルキとの会話では独特な言い回しで困惑させるコミカルな面を見せる。 かねてから尊敬していたの弟子を公言しており、やを含めて師匠と仰いでいる。 ゼロからは高い潜在能力を秘めると目されつつも正式な弟子とは認められておらず、実力も三分の一人前と評価されている。 ゲネガーグを追って地球に来訪した際にハルキと一体化し、ウルトラメダルの回収およびゲネガーグ襲来によって目覚めた怪獣を食い止めるために戦うこととなる。 一体化後はウルトラゼットライザーおよびウルトラメダルでウルトラフュージョンを敢行することで力を強化する。 ウルトラフュージョンする際は、インナースペースに突入したハルキが変身する形態に応じた名乗りを叫びながらウルトラメダル3枚をリードし、後ろに出現したゼットが「ご唱和ください、我の名を!ウルトラマンゼット!」と叫んだ後、ハルキが復唱しながら突き出したウルトラゼットライザーのトリガーを押し込むことで変身が完了する。 形態 オリジナル ウルトラメダルの力を取り込んでいないゼット本来の姿。 アルファエッジ ゼロ、セブン、レオのウルトラメダルで変身する姿。 変身時のコールは「宇宙拳法、秘伝の神業!」。 セブン、レオ、ゼロと受け継がれてきた宇宙拳法や、スピードを重視した空手ベースの格闘戦を得意とする。 ベータスマッシュ 、、のウルトラメダルで変身する姿。 プロレスのようなパワーファイトを得意とするタイプ。 ガンマフューチャー 、、のウルトラメダルで変身する姿。 超能力および多種多様な光線技を使ったトリッキーな戦い方を得意とする。 スペック 名称 身長 体重 出典 オリジナル 52 3万3千 アルファエッジ 3万5千t ベータスマッシュ 4万2千t ガンマフューチャー 3万2千t 武器 ゼットランスアロー アラスカで発見された太古の石器が変化した専用武器。 レバーを操作することで炎と氷の力を操ることができる。 技 ゼスティウム光線 全形態で使用可能。 体内でスパークさせたエネルギーを十字に組んだ両腕から打ち出す光線技。 発射時は前面にZの字が展開する。 ゼスティウムメーザー アルファエッジの必殺技。 額のビームランプから超高熱の破壊光線を発射する。 ゼスティウムアッパー ベータスマッシュの必殺技。 拳にゼスティウムエネルギーを纏い、空中の敵に打ち込む。 ゼスティウムドライブ ガンマフューチャーの必殺技。 鞭状に形成したゼスティウムエネルギーを叩き込む。 ゼットランスアロー使用技 ランスカッター ゼットランスアローのエッジ部分で相手を叩き切る。 アローショット ゼットランスアローの先端から光弾を発射する。 ゼットランスファイヤー レバーを引いて発動。 炎で相手を燃え上がらせる。 ゼットアイスアロー レバーを引いて発動。 氷で相手を貫く。 旧作からの登場 ギャラクシーライジング ストレイジ 日常的に出現する怪獣に対抗する「地球防衛軍日本支部(GLOBAL ALLIED FORCES JAPAN)」のロボット部隊。 正式名称は「対怪獣特殊空挺機甲隊」で、ストレイジ(STORAGE)の名は英語表記「 Special Tactical Operations Regimental Airborne and Ground Equipment」の略称である。 各国の部隊が航空戦力の充実を図るなか、「日本といえばロボット」という意見から例外的に特空機の開発および運用が行われる唯一のチームになった背景をもつ。 特空機 ストレイジに配備される対怪獣用ロボット。 戦闘を含め、瓦礫撤去や消火活動といった怪獣災害への対処を任務とする。 パイロットはローテーション制で、作戦班のハルキとヨウコが務める。 その他の装備 ステッグ 作戦班が地上任務の際に使用する特殊車両。 から提供されたコンセプトカー「LQ」を使用している。 ビームライフル 怪獣を攻撃および威嚇する際に使用する光線獣。 登場怪獣・宇宙人 本作品の新怪獣 凶暴宇宙鮫 ゲネガーグ• 身長:67メートル• 体重:6万トン 第1話に登場。 光の国でウルトラゼットライザーとウルトラメダルを飲み込み逃亡していた宇宙怪獣。 小惑星や怪獣をも飲み込む巨大な口が特徴で、そこから放つ破壊光線や体側面の鰓から発射される拡散光弾を攻撃手段とする。 ゼットとゼロの追跡を受けながらも、体内から吐き出したブルトンによってゼロを異空間に飛ばすことに成功。 地球に降下後はゼットやハルキのセブンガーを敗北寸前まで追い詰める。 しかしハルキがゼットと一体化してアルファエッジにウルトラフュージョンすると次第に劣勢となり、最期は上空でゼスティウム光線を浴びて爆散する。 その他の怪獣・宇宙人• 登場アイテム・用語 ウルトラゼットライザー ハルキ、リク、カブラギが使用するアイテム。 デビルスプリンターによる混乱に対応するため、光の国で開発された。 トリガーを押し込むとヒーローズゲートが展開し、通り抜けた先にあるインナースペースでウルトラメダル3枚をスキャンすることで、変身者をメダルの力を有したウルトラマンにウルトラフュージョンさせる。 変身後は武器としても使用でき、攻撃モードの状態でメダルを再スキャンすると必殺技が発動可能となる。 ウルトラアクセスカード ウルトラゼットライザーの起動認証キーの役割を持ったカード。 使用者の姿が描かれている。 ウルトラメダル ウルトラゼットライザーと並行して開発されたウルトラマンの力を宿すメダル。 名称 備考 ゼロメダル ゼットがウルトラゼットライザーとともにゼロから託される。 セブンメダル レオメダル ウルトラマンメダル ゲネガーグ戦後、ヨウコが回収する。 エースメダル ゲネガーグ戦後、ハルキが回収する。 タロウメダル ティガメダル ゲネガーグ戦後、正体不明の人物によって回収される。 ダイナメダル ガイアメダル ゼットホルダー ウルトラメダルを収納するボックス。 地球人には視認できない物質で出来ている。 怪獣メダル カブラギがウルトラメダルの技術を流用して独自に開発したメダル。 怪獣の力を宿す。 名称 備考 ゲネガーグメダル 「ハルキのウルトラナビ」のみ登場。 ネロンガメダル デビルスプリンター 次元を超えて様々な宇宙に散らばり、怪獣が凶暴化する要因となっている邪悪な因子。 キャスト レギュラー・準レギュラー• ナツカワハルキ -• ナカシマヨウコ -• オオタユカ -• ヘビクラショウタ -• イナバコジロー - 2 -• カブラギシンヤ - 1• クリヤマ長官 - 1• 朝倉リク - 声の出演• ウルトラマンゼット -• ウルトラマンゼロ - 1• AI音声 -• ナレーション - 2• ウルトラゼットライザー音声 - ゲスト• サトシ - 佐藤玲央 1,2• セイジ - 角田楓馬 1,2• ヒロシ - 髙岡大地 1,2• 整備班員 - 中能史繁 1,2• 化学班員 - 1• 誘導員 - 川辺稜 1• 避難所の子供たち - 坂庭巨生、相澤子龍、田島陽翔、鴫原凛、川松陽南、小林茉里菜 1• 髙橋リキ 1• リポーター - 2,3 スーツアクター• ウルトラマンゼット -• ウルトラマンゼロ 1 -• セブンガー 1 - 梶川賢司• ゲネガーグ 1 -• ゴメス 1 、ネロンガ 2 -• 永地悠斗 2 スタッフ• 監修 - 塚越隆行• 製作統括 - 永竹正幸• 製作 - 隠田雅浩• 企画 - 黒澤桂、金木勲、春山ゆきお、吉崎邦法、濵田健二• チーフプロデューサー -• プロデューサー - 岸根明、大石淳子()、嵯峨隼人• 音楽プロデューサー - 関根陽一• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽協力 -• コ・プロデューサー - 足木淳一郎• アソシエイトプロデューサー - 村山和之• シリーズ構成 - 、• 脚本 - 吹原幸太 、 、 、 、 、根元歳三 、 、池田遼• 監督 - 田口清隆 、 、 、中川和博 、 、 、越知靖 、内田直之• 撮影 - 村川聡• 照明 - 小笠原篤志• 美術 - 木場太郎• 録音 - 星一郎• 操演 - 根岸泉• スクリプター - 森永恭子• 編集 -• キャスティング - 島田和正• 助監督 - 越知靖• 特撮助監督 - 内田直之• アクションコーディネート -• 視覚効果 - 三輪智章• VFXコーディネーター - 豊直康• 特殊造型 - 福井康之、亀田義郎、原規弘• キャラクターデザイン - 後藤正行• 背景 -• スーツアクターサポート - 大野まゆみ• 設定監修 - 池田遼• メインタイトルロゴデザイン - 竹内純• 音響効果 - 古谷友二• アシスタントプロデューサー - 岡本有将• 特別協力 -• ウルトラマンZ製作委員会• 本編終了後には、ウルトラメダルに描かれたヒーローや怪獣メダルに描かれた怪獣を解説するミニコーナー「ハルキのウルトラナビ」が放送される。 milplus• HAPPY! にて配信中。 ゼットとゼロが出会ったころの時代が描かれる。 話数 配信日 サブタイトル 登場キャラクター 脚本 第1回 2020年 6月20日 ゼットとゼロの出会いの話 ウルトラマンゼット ウルトラマンゼロ 足木淳一郎 第2回 6月27日 透明怪獣に出会ったら 他媒体展開 ゲーム 『』 本作品の放送と連動したシリーズ『ウルトラマン フュージョンファイト!ゼットヒート』が稼働中。 脚注 [] 注釈• 円谷ステーション 2020年3月26日. 2020年3月28日閲覧。 2020年3月26日. 2020年3月28日閲覧。 円谷ステーション 2020年6月2日. 2020年6月2日閲覧。 www. tv-tokyo. ウルトラマンZ|テレビ東京アニメ公式. 2020年5月11日閲覧。 ウルトラマン公式 ULTRAMAN OFFICIAL by TSUBURAYA PROD... 2020年6月5日. 2020年6月5日閲覧。 50-54, 「放送直前!最新情報続々!! ウルトラマンZ(ゼット)」• 円谷ステーション 2020年4月28日. 2020年5月10日閲覧。 80-81, 「対怪獣ロボット部隊ストレイジの仲間たち」• 円谷ステーション 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 ツイート. より 2020年6月26日閲覧。 円谷ステーション 2020年4月21日. 2020年5月10日閲覧。 円谷ステーション 2020年5月5日. 2020年5月5日閲覧。 円谷ステーション 2020年5月19日. 2020年5月19日閲覧。 円谷ステーション 2020年5月26日. 2020年5月26日閲覧。 2020年6月7日. 2020年6月7日閲覧。 46-47, 「ついにわかったウルトラマンゼット変身の秘密!! 円谷ステーション 2020年4月16日. 2020年5月10日閲覧。 , pp. 50-51, 「ウルトラメダルの力でウルトラフュージョン!! , p. 77, 「ウルトラスゴイぜ!! ゼットの超武器 その名はゼットランスアロー!! 78-79, 「超武器ゼットランスアロー4大攻げき技大公開!! 48-49, 「メダルを取りかえて新たな姿に転身!! 50-51, 「出げきせよ!対怪獣ロボットセブンガー!! Car Watch. 2020年6月19日. 2020年6月20日閲覧。 ウルトラマンZ. 2020年6月20日閲覧。 , pp. 82-83, 「地球SOS!凶悪怪獣ぞくぞく出現!! パトリック・ユウ [ 810pat] 2020年6月18日. ツイート. より 2020年6月26日閲覧。 西島まどか [ macashishi] 2020年6月26日. ツイート. より 2020年6月27日閲覧。 ウルトラマンZ ゼット. 2020年6月2日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 (2020年6月28日閲覧)• 円谷プロダクション. 2020年6月20日. 2020年6月20日閲覧。 参照作品.

次の

ウルトラマン公式 ULTRAMAN OFFICIAL by TSUBURAYA PROD.

ウルトラマン

実際の商品とは多少異なることがございますが、ご了承ください。 本サイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものと致します。 詳しくはをご確認ください。 TM& C 1994,2014 TOHO CO. ,LTD. TM& C 1965,2014 TOHO CO. ,LTD. C 1992 TOHO PICTURES,INC. TM& C 1992,2014 TOHO CO. ,LTD. TM& C 1972,2014 TOHO CO. ,LTD. TM& C 1974,2014 TOHO CO. ,LTD. C GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. C BANDAI C 2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C 2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C 2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C 2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C BANDAI NAMCO Entertainment Inc. C 2017 テレビ朝日・東映AG・東映 C 2016 テレビ朝日・東映AG・東映 C ウルトラマンオーブ製作委員会・テレビ東京 C 劇場版ウルトラマンオーブ製作委員会 C LMYWP2014 C LMYWP2015 C 2013 LEVEL-5 Inc. C 2014 LEVEL-5 Inc. C 2015 LEVEL-5 Inc. C 2016 LEVEL-5 Inc. C LEVEL-5 Inc. , LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED. C CAPCOM CO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. Based on the "Winnie the Pooh" works by A. Milne and E. Shepard. TM& C TOHO CO. ,LTD. TM& C 1965,2014 TOHO CO. ,LTD. C 1992 TOHO PICTURES,INC. TM& C 1992,2014 TOHO CO. ,LTD. TM& C 1972,2014 TOHO CO. ,LTD. TM& C 1974,2014 TOHO CO. ,LTD. C Warner Bros. Entertainment Inc. C Legendary All Rights Reserved. GODZILLA and the character design are trademarks of Toho Co. , Ltd. C 2014 Toho Co. , Ltd. ,LTD. C 円谷プロ C ウルトラマンR/B製作委員会・テレビ東京 (C)Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK C Spin Master Ltd. All rights reserved. All Rights Reserved. , LTD. , LTD. Designed by Chiharu Sakazaki C 2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 C 2019 Mojang AB and Mojang Synergies AB. Minecraft and Mojang are trademarks of Mojang Synergies AB. Based on the "Winnie the Pooh" works by A. Milne and E. Shepard. C BANDAI 2016 C BANDAI2017 C BANDAI,WiZ C BANDAI 2009 C 2013,2017 SANRIO CO. , LTD. APPROVAL NO. S581953 C PIKACHIN C '76,'88,'96,'01,'05,'12,'13,'18 SANRIO CO. ,LTD. APPROVAL NO. S584236 C '76, '96, '01, '13, '18 SANRIO CO. , LTD. TOKYO, JAPAN L APPR. S584422 C 2018 San-X Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C) Disney. Milne and E. Shepard. , LTD. C '76,'79,'88,'93,'96,'01,'05,'13,'19 SANRIO CO. , LTD. C 2019 San-X Co. , Ltd. All Rights Reserved. C 2017 San-X Co. , Ltd. All Rights Reserved. C SAN-X CO. ,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. , LTD. APPROVAL NO. C 2019 Viacom International Inc. All Rights Reserved. Nickelodeon,Slime and all related titles,logos and characters are trademarks of Viacom International Inc. C Disney C Disney. Milne and E. Shepard. All rights reserved. Milne and E. Shepard. Milne and E. Shepard.

次の