日本橋クルーズ。 『日本橋から神田川 隅田川クルーズ』日本橋(東京)の旅行記・ブログ by フィーコさん【フォートラベル】

【子連れでクルーズ】日本橋のイマと昔を巡る【高島屋SC・HARIOカフェ】

日本橋クルーズ

台風は大丈夫でしたか、地図子です。 千葉にお住まいの方は早く日常が戻ってくることをお祈りします。 地図子もなかなかスリリングな朝を過ごさせていただきました・・・それは次回。 さて、今回のブログのテーマの発端は次のような私のツイートからでした。 地図子ブログで一番最初に歩いたや、春に歩いた旧中川を早乙女くんが一生懸命漕いでいるのを見たら、クルーズに行きたくなってしまった!!🚤一番上流まで行けるツアーはどれなんでしょう…? — 地図子 mapchizuko 普段よく川歩きをしている地図子ですが、 常々「もっと水面を近くで見てみたいな〜」と思っていたところ、 このツイートにさんから「いいね」を頂きました。 これは行くしか。 そういうわけで真夏のある日、同じく地図子仲間ののんちゃんをお誘いし、 クルーズさんのクルーズに参加してみました! 地図子たちが参加したのは「クルーズ90分」のコース、 大人1名2500円ということでなかなか参加しやすいお値段です。 スタートで、だけでなくやも通るのコースです。 クルーズさんHPから拝借したコースの地図です。 それでは川歩き大好き地図子独自の視点からクルーズを振り返ります。 のふもとかられっつごー!• 江戸時代の面影を探す まずクルーズで川を巡ると驚くのは、 街中だと開発で消えてしまうような昔の痕跡が川沿いには色濃く残っていることです。 からスタートしてすぐのでは、 江戸時代に造られたの城壁の名残を見ることができます。 女性には麦わら帽子の貸し出しがあります。 城壁は綺麗に保存されているものもあれば、少し積み方が荒いものもあります。 水路の付け替えや再開発で城壁を一度バラし、積み上げ直すことがあるそうですが、 江戸時代の頃のように隙間がないように積み上げ直すことができないそうです。 築くは積年、壊すは一瞬ですね。 計算された排水溝のような穴も発見。 江戸時代の面影といえば城壁のような人工物だけでなく、地形からも垣間見れます。 の渓谷を通ると、他のより緑が圧倒的に多く、 釣りしている人が描かれていた江戸時代の浮世絵が思い起こされますね。 陸では見られない戦争の痕跡を見つめる クルーズでは普段東京を歩いているだけでは見られないものがたくさん現れます。 城壁や渓谷のような江戸時代の面影より更に驚いたのは、 戦後74年経っても川の空間には戦争の跡がくっきりと残っていたことです。 の後楽橋の橋下にはなんと大量の銃痕が残っていました。 ガイドさんによると、この辺りで銃撃を受けた人は 米兵が飛行機に乗って笑いながら銃を撃つ姿が見えたとか。 橋の裏にも銃痕。 表面を歩いていると全く気が付きません。 スタート地点のも下の写真をよく見ると、 アーチの左側の部分が少し黒くなっているのが分かりますでしょうか。 これも船がの下で燃え続けて橋を焦がした跡だそうです。 一見高層ビルが立ち並びキラキラに見える東京の街にも、 このように争いの歴史のレイヤーが潜んでいることがよく分かります。 街中に消えた川の入り口を見つける ここまではクルーズでガイドさんに教えてもらって楽しんだ内容ですが、 地図子がクルーズで一番楽しみにしていたこと、それはズバリ・・・ 暗渠の入り口です!! 今まで色々な川を歩いてきましたが、川を歩いていると必ず暗渠に遭遇します。 水の気分になって暗渠の中を流れるのは川歩きマニアの浪漫ですが、 クルーズだと水面と同じ目線で少しだけその気分が味わえます。 まずだったのはからに入る近くで現れる分水路です。 お友達ののんちゃんはイケメン船長さんに注目していましたが、 地図子の関心は船長さん・・・の右のトンネル的スペースですね。 さんではこの分水路の中も探検していて、羨ましい限りです。 その次はの駅近くにあるこちら。 ・近くのを水源とし、 池袋近くを通ってに流れ込む、谷端川の合流地点です。 感がすごいです。 一周してに戻ってきた後も、 に流れ込んでいた小さい川の痕跡をいくつか見ることができます。 元々のの自然の流れだったらしい景色です。 有名な橋を見上げる 最後の注目ポイントは、なんといっても川に流れる橋です! 普段川歩きや街歩きをしていると橋を渡ることになるので、 正面からの姿を見上げることはなかなか難しいです。 でもそんな夢を叶えてくれるのもこのクルーズ。 最後は素敵な橋を見上げていきましょう! 聖橋 の橋といえば! 渓谷にの建造物のように架かる聖橋です。 この素敵なアーチは渓谷の地盤が固いから建築可能だったそう。 そしてチラリと中央線が映っているのもポイントです。 船長さんこだわりのポイントでもあって、 写真を撮るためにがを越えるタイミングを待ってくださりました。 がに流れ込む直前に架かる。 柳色のアーチ、実際に今でも川沿いに残る柳、 そして周りの風情ある船問屋すべてが合間って素敵な空間です。 船問屋はやで見ても、やっぱりこのでの風景を思い出しますね。 橋梁 の下をくぐると、晴れてに流れ着きます。 やとは違って川幅が広く、波で船も結構揺れました。 上流を見ると、人ではなくがを横目にを越えていきます。 が大川と呼ばれていた頃の下町感を一番感じる橋です。 の上に浮かぶ大きな橋、・・・ですが、現在はメンテナンス工事中! それでも優しい船長さんオススメポイントで、 2つの富士山のようなの間からそびえ立つを撮るために またしても船を少し止めてくださいました。 空も広く、スカッとした気持ちになる橋です。 最後は同じく美しい・・・ですがこちらもメンテナンス工事中。 奥にはではなく、月島のがそびえ立ちます。 この辺りで船がに戻っていくと、クルーズもそろそろ終わりです。 今度はとの工事が終わった頃、 またはガイドさんオススメの大横川の桜の時期にも乗ってみたいものです。 今回の・・クルーズはここまでになります。 普段隣を歩いているだけの川を、実際に中を通って景色を見上げられるのは とても楽しい思い出になりました。 大雨のときの増水などが話題になりやすいですが、 今は開発や船での通勤構想なども進んでいますし、 このクルーズのように東京の川を身近に感じられる機会は嬉しいですね。

次の

日本橋川・神田川・隅田川をクルーズしてみた

日本橋クルーズ

140,786アクセス• 阪急トラピックスの日本橋 現地集合 現地解散の 「日本橋川・神田川クルージング 」に申し込んで参加して来ました。 都内の川はキレイになったとはきいていましたが、神田川は・・・「臭〜!」ちょっとドブの臭いがしました。 前日からの雨が止まず、当日の家を出る頃小雨になりましたが ツアーは催行中止の連絡はないのでビニールのカッパを携帯して行きました。 「船は屋根無し 傘禁止」と、案内にはあり。 日本橋は仕事で近くには何度も来ていますがゆっくり見たのは初めてです。 神田川も船からしか見れない風景に満足(笑) 集合場所の『滝の広場』に来てみると、普通に当日受付で1500円も安い東京湾クルージングが出ていることがわかり 「んー 納得いかない・・・旅行会社、取りすぎじゃね?」(同じコースで、トイレ付きの船) 他にも 45分コース 60分コースと、いろいろありました。 「日本橋川 神田川 90分コース」は 日によって出航時間も本数も変わります。 「東京湾クルージング」で ネットで出てきます。 帰ってから検索出来ました。 この天気、自分達で行こうと思っていても行かなかった位グスついていましたから 予約して強制的に行けたことは良かったかもしれません。

次の

日本橋クルーズに乗って水上から東京を眺める

日本橋クルーズ

地下鉄日本橋駅直結なのですぐ入店できます。 地下から入るとすぐ左手にパン屋さんの Rituelが。 ミートパイを買ってみました。 ミートソース感が強め。 味はあまり濃くなく、子どもにも食べやすいです。 しかし、値段は高め。 一つ400円から500円前後です。 次は なかほら牧場でソフトクリームを試します。 結構薄味でさっぱり。 すうっと溶けて行く感じでした。 SCのB1は小さいイートインが多く、女性のお一人様には使いやすそうですが、家族連れとなると難しいお店も多いかも。 お惣菜屋さんの PARIYAは少し広めなので、そこなら座れるかな。 しかし、どうしても何処かで見たことのあるようなお店ばかりになってしまっていますね。 今回は1階とB1しか見ませんでしたが、その中で独自性のある店舗というと、 365日と日本橋 くらいですかねえ。 代々木八幡の365日はたしかに美味しいです。 何度も買ったことがありますが、外国流ではなく日本ぽい素材の組み合わせや日本人に食べやすい食感・サイズ感のパンを作っているお店だと思います。 今回は行列していましたのでパスしましたが、落ち着いたらまた伺いたいですね。 それにしても、二子玉川高島屋SCは子連れにスポットを当てたストア展開で家族連れに大人気なのは有名な話ですが、ここ日本橋のSCは子連れに優しいというよりはお一人様の女性を意識したお店が多いなと思っていたら。 働く女性たちがに向けて、朝食の提供、会社帰りの趣味の充実をテーマにしているのがこちらのSCなんですね。 BYガイヤの夜明け テレ東 誰を対象にした店舗なの?と思いましたが、そう考えれば納得がいくのかも。 とにかく、 子連れの家族連れに向けた店というのは残念ながら少ない印象です。 さて、この高島屋SCに寄ったのには訳があります。 私たちの乗る 日本橋クルーズ船では食べ物飲み物の持ち込みがOKなのです! そうではないお船もあるので要確認 というわけで、 お船で飲み食いするためのワインやフードを買いに、成城石井と紀伊国屋へ。 どっちも入っているんですね 準備万端で、日本橋の橋のたもとに向かいます。 日本橋クルーズ クルーズ船が出ている場所はここです。 私たちが予約していたのは、「日本橋クルーズ」さんのお船。 ブラタモリで有名になった日本橋のお堀。 ちょっとタモリさんになった気分で 解説を聞きつつほろ酔い気分でお堀の歴史に浸ります。 江戸時代、流通の要だった日本橋川。 今でも倉庫が立ち並び、荷を下ろすための場所も残っていて、当時が偲ばれます。 渋沢栄一の旧邸宅跡地なども。 佃煮で有名な佃島も見られます。 地理や近代史を子どもたちが学ぶようになったら、また連れて来たいです。 解説は難しくてわからないと思いますが、小さい子でも 橋の中をくぐって裏が見えたり、水門を抜けたり、 面白い看板を見つけたり、水面を泳ぐ 魚の影を見つけたりして、楽しめますよ。 波も全くないかと言われればそうでもなく、結構揺れるところもある 隅田川はやはり流れがかなりありました ので、迫力がありますよ。 私たちの乗った時には、サギが魚をくわえている姿が至近距離で見られて、子どもたちは喜んでいました。 さて、 ハイライトの隅田川、スカイツリーの見えるところまできました! うーん。 大きいですね、隅田川。 それにしても、 日本橋から割とすぐ隅田川まで出ることができて、驚きました。 あとはまた来た道を戻り、日本橋の船着場に到着です。 お菓子を食べてお船散歩で大満足。 「また来たいね〜!」と喜んでいた子供達でした。 年齢制限はありませんが、 船の座席に座っていられないくらい小さい子には向かないと思います。 スポンサーリンク ムロホンビル3でコーヒータイム 「ムロホン」という地域、ご存知ですか? 日本橋室町と日本橋本町からなる地域を「ムロホン」と最近呼ぶらしいのですが、昔からある老舗や、リノベーションで入った新しい話題のお店が次々入っているところらしいのです。 そして、ムロホンビル3というビルには、ガラスメーカーのHARIOさんがカフェを出したとの情報が。 何ともステキなカフェじゃありませんか。 一階にはガラス細工のアクセサリー屋さんまであるという。 これは行くしかない!ていうことで、行ってきました。 ちょうど3時のおやつタイムにバッティングしてしまったので、少し混んでいましたが、二階三階がカフェになっており、席数がそこそこあったおかげですんなり入れました。 見える景色がザ・日本橋ですねえ。 そんなに分かりやすいロケーションではないと思いますが、店内はほぼ満席で、外国人客が多かったです。 では、注文を。 コーヒーは ハリオのドリッパーで ハンドドリップor マシン抽出or サイフォン が選べるんですね。 豆はハワイ カウが千円で一番お高い。 私はエチオピア グジ ナチュラルという豆にしました。 うーむ、変わった香りだけど 、味が凄くいい。 しっくり来ます。 後で知ったんですが、こちらのカフェのお豆は ブリュワーズチャンピオンの粕谷さんのお店「philocoffea」から仕入れている模様。 美味しいはずですね。 ドーナッツをお供に。 ドリップペーパーがナフキンがわりになっていてキュートでした。 HARIOのドリッパーやサイフォンのミニチュアが当たるガチャガチャもあり、大喜び。 子どもよりコーヒーマイスターの資格を持つ夫の方が喜んでいたという。 まとめ 最新の日本橋高島屋ショッピングセンターをめぐり、 昔船着場から多くの荷が下され、日本経済の中心地として賑わった名残を味わう日本橋クルーズ。 日本橋の新旧をめぐるお散歩コース。 いかがでしたでしょうか。 親子で、街の変遷や歴史についておしゃべりも弾むコースだと思います。 他にも日本橋にはお気に入りのお店やスポットが複数あるので、また紹介したいと思います。 ぜひ船旅+ムロホン巡りも、いってみてくださいね。 スポンサーリンク.

次の