お力添えさせていただきます。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

「お力添え」の意味と使い方!類語やビジネスでの例文も紹介

お力添えさせていただきます

[スポンサードリンク] 基礎 意味 相手からの支援を謙譲語で表した言葉です。 支援を受けた時に、お礼を述べる際に使ったり、手伝ってもらえないかとお願いする時に使います。 この言葉の意味で重要なのが、「 相手からの」助けであるということです。 決して自分に向けて使用できる言葉ではないので、ご注意ください。 正しく使うには 「お力添え」は言葉の意味通り、 自分の行いに対しては使えない言葉ですが、ビジネスの場面で知らずに使ってしまうケースが多々あります。 以下に誤用例をいくつか挙げます。 「御社に対して少しでもお力添えになれたらと思います。 」 お力添えは相手からの支援を意味し、この文章では自分が相手に手助けをしたい事を伝えるので不適切です。 丁寧に表現しようと「添え」を使ってしまいがちですが、この場合は不要です。 この場合、「少しでもお力になれたらと思います。 」とするのが正しいです。 「お力添え出来なかったこと、誠に申し訳ございません。 」 何か仕事を任されたのに、結果を出せずに終わってしまい、お詫びする時に上記のような発言をする方がいらっしゃいますが、これは誤りです。 この場合は、「ご期待に添えられなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適切です。 また、「お役に立てず、誠に申し訳ございません。 」という表現は、自分がサポートする程度の立場の場合なら可能ですが、仕事を任されるほど大きな役目を果たせなかった場合には、誠意不足のため、使い方に注意が必要です。 「今回のお問い合わせに対し、お客様のお力添えになれなかったこと、深くお詫び申し上げます。 」 このケースでは「お客様のお役に立てなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適当です。 使い方・例文 相手にお願いをするときに このような件でご連絡させていただき大変恐縮ですが、今回の依頼の件でお力添えいただけますでしょうか。 お力添え頂ければ大変有り難いのですが、難しいようでしたらお断りして頂いても構いません。 今案件について、お力添えいただければと思っております。 お礼の言葉を述べるときに 本件についてお力添え頂けたこと、誠に感謝します。 これまで皆様のお力添えで多くの事業を成功させることができたこと、厚く御礼申し上げます。 大変多くの方のお力添えを賜りました。 心よりお礼申し上げます。 今回の件について、大変お世話になりました。 今後ともお力添えの程、宜しくお願い致します。 新年を迎える事が出来たのも、皆さまのお力添えの賜物と、心より感謝しております。

次の

助力を願う依頼文で大活躍!「お力添え」の意味と使い方とは?

お力添えさせていただきます

「ご尽力いただき」という言葉を使ったことはありますか。 力になってくれた人に対して感謝の気持ち述べるときの前置きの言葉として使います。 この記事では、「ご尽力いただき」の意味と使い方、例文、類語表現について詳しく紹介していきます。 「ご尽力いただき」の意味を正しく理解し、お世話になった方へ対して最大限の感謝の気持ちを伝えましょう。 早速見ていきます。 「尽力」の意味 「尽力」は、漢字の通り「力を尽くす」という意味を持ちます。 「じんりょく」と読みます。 「する」という動詞をつけて「尽力する」という使い方もします。 「町の復興のために尽力する」というように使います。 「ご尽力いただき」の意味 「ご尽力いただき」は、お世話になった目上の人に感謝の気持ちを述べるときに使う前置きの言葉です。 「尽力」には「力を尽くす」という意味があり、これに敬語表現が付いていることから目上の人に丁寧な感謝の言葉を述べるときに使うといいでしょう。 「快く力を尽くしてくださり感謝しております」という気持ちを簡潔で丁寧なフレーズの「ご尽力いただき」を使って伝えましょう。 「ご尽力いただき」の敬語 「ご尽力」 「ご尽力」という語に含まれる敬語は「ご」です。 丁寧語の接頭語になります。 丁寧語とは言葉や文章を丁寧にする敬語のことを言います。 具体的には、言葉に「ご」や「お」といった丁寧語の接頭語をつけたり文末に「です」や「ます」をつけたりします。 丁寧語は最も簡単で取り入れやすい敬語のため、最初に抑えておきましょう。 「いただき」 「いただき」は「もらう」の謙譲語の敬語表現です。 謙譲語とは、自分をへりくだって表現することで相手を敬う敬語の種類です。 謙譲語の特徴としては、主語が自分になります。 「ご足労いただき」とはつまり、自分が「足を運んでもらった」という意味になります。 「もらう」の謙譲語の「いただき」はビジネスシーンにおいて頻繁に使う言葉なので、意味や使い方まで理解しておく必要があります。 「ご尽力いただき」の使い方 「ご尽力いただき」の使い方を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」はビジネスのさまざまな場で使うことができます。 「ご尽力いただき」という言葉を使うタイミングはお礼を言ったり謝罪をしたり相手へ自分の気持ちを伝えるときに使います。 どのような言い回しをすれば素直な気持ちが伝わるのか考えていきましょう。 メール 例文「この度はご尽力いただき誠にありがとうございました」 メールでは尽力してもらったことへの感謝をストレートに伝えましょう。 メールの内容が尽力してもらったことへのお礼の場合、冒頭でこの例文のように感謝の気持ちを述べます。 その後にさらに詳しく、この部分で助かった、ありがたかったという気持ちを伝えます。 手紙 ご尽力いただきありがとうございます 例文「この度は、ご尽力いただきありがとうございます」 最もシンプルな使い方です。 尽力してもらったことへの感謝の気持ちを伝えましょう。 「ご尽力いただき」は敬語表現のため、取引先や目上の人に対して使います。 相手に失礼のないように敬意の気持ちを持って誤った敬語を使わないように注意しましょう。 ご尽力いただきますよう 例文「何卒、ご尽力いただきますようお願い申し上げます」 「ご尽力いただきますよう」というフレーズは、相手へお願いをするときに使います。 取引先や目上の人に何か手を貸してほしいとき、知恵を出してもらいたいときに丁重にお願いするときに使います。 ビジネスシーンにおいて経験のある人の手を借りることは必須です。 関係を有効に保って手助けしてもらえるようにしましょう。 ご尽力いただき感謝します 「ご尽力いただき」の類語を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」に似た言葉を覚えておくと言い回しや言い換えをするときに役に立ちます。 「ご尽力いただき」は「力を尽くしていただき」という意味ですが、伝えたいことはなんとなく異なるというときもあることでしょう。 その時の状況に適した言い回しをしましょう。 お力添えをいただき 例文「この度は、お力添えをいただき大変感謝しております」 1つ目の「ご尽力いただき」の類語は「お力添えをいただき」です。 「力添え」とは漢字の通り「力を添える」「助力、援助」という意味を持ちます。 「お力添え」という表現は「ご尽力」という表現より少し弱い援助を表します。 尽力の方が密に援助してもらったときにつかう言葉に適しています。 ご助力いただき 例文「ご助力いただきましたこと、心より御礼申し上げます」 2つ目の「ご尽力いただき」の類語は「ご助力いただき」です。 「助力」とは「手助け。 手助けすること。 力を貸すこと。 加勢」という意味を持ちます。 ニュアンスとしては「お力添えをいただき」という表現に近いため、「尽力」よりは弱い表現となります。 ご支援いただき 例文「いつもご支援いただきありがとうございます」 3つ目の「ご尽力いただき」の類語は「ご支援いただき」です。 「支援」とは「力を添えて助けること。 他人を支え助けること。 援助」という意味を持ちます。 これも「お力添え」「ご助力」のニュアンスに近い表現です。 「ご尽力いただき」の相手別の使い方を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」という言葉は使う相手によって表現の仕方が変わります。 また「ご尽力いただき」は丁寧な敬語表現です。 そのため、取引先や目上の人に対して使う表現です。 相手に失礼のないように正しく理解しましょう。 上司 例文「部長にご尽力いただいたおかげでプロジェクトが成功しました」 上司に「ご尽力いただき」というフレーズを使うときは、ストレートに感謝の気持ちを伝えましょう。 「部長のおかげで」だけよりも「ご尽力いただいた」を加えることで一層のありがたみが伝わります。 目上 例文「この度はご尽力いただき、心より感謝申し上げます」 目上の人や取引先の人に対して「ご尽力いただき」を使うときは、最上級の敬語を使うようにしましょう。 「ご尽力いただき」だけでなく、「申し上げます」と謙譲語を加えることでさらに丁寧な表現になります。 「ご尽力いただき」を正しく使おう いかがでしたでしょうか。 「ご尽力いただき」の意味や使い方、例文、類語を紹介してきましたが、理解することはできたでしょうか。 「ご尽力いただき」というフレーズを正しく使い、ビジネスシーンにおいて相手と友好な関係を築きましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

助力を願う依頼文で大活躍!「お力添え」の意味と使い方とは?

お力添えさせていただきます

[スポンサードリンク] 基礎 意味 相手からの支援を謙譲語で表した言葉です。 支援を受けた時に、お礼を述べる際に使ったり、手伝ってもらえないかとお願いする時に使います。 この言葉の意味で重要なのが、「 相手からの」助けであるということです。 決して自分に向けて使用できる言葉ではないので、ご注意ください。 正しく使うには 「お力添え」は言葉の意味通り、 自分の行いに対しては使えない言葉ですが、ビジネスの場面で知らずに使ってしまうケースが多々あります。 以下に誤用例をいくつか挙げます。 「御社に対して少しでもお力添えになれたらと思います。 」 お力添えは相手からの支援を意味し、この文章では自分が相手に手助けをしたい事を伝えるので不適切です。 丁寧に表現しようと「添え」を使ってしまいがちですが、この場合は不要です。 この場合、「少しでもお力になれたらと思います。 」とするのが正しいです。 「お力添え出来なかったこと、誠に申し訳ございません。 」 何か仕事を任されたのに、結果を出せずに終わってしまい、お詫びする時に上記のような発言をする方がいらっしゃいますが、これは誤りです。 この場合は、「ご期待に添えられなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適切です。 また、「お役に立てず、誠に申し訳ございません。 」という表現は、自分がサポートする程度の立場の場合なら可能ですが、仕事を任されるほど大きな役目を果たせなかった場合には、誠意不足のため、使い方に注意が必要です。 「今回のお問い合わせに対し、お客様のお力添えになれなかったこと、深くお詫び申し上げます。 」 このケースでは「お客様のお役に立てなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適当です。 使い方・例文 相手にお願いをするときに このような件でご連絡させていただき大変恐縮ですが、今回の依頼の件でお力添えいただけますでしょうか。 お力添え頂ければ大変有り難いのですが、難しいようでしたらお断りして頂いても構いません。 今案件について、お力添えいただければと思っております。 お礼の言葉を述べるときに 本件についてお力添え頂けたこと、誠に感謝します。 これまで皆様のお力添えで多くの事業を成功させることができたこと、厚く御礼申し上げます。 大変多くの方のお力添えを賜りました。 心よりお礼申し上げます。 今回の件について、大変お世話になりました。 今後ともお力添えの程、宜しくお願い致します。 新年を迎える事が出来たのも、皆さまのお力添えの賜物と、心より感謝しております。

次の