横浜 中華 街 南 奥 美食。 南粤美食|中国・広東料理|横浜中華街|e

南粤美食(ナンエツビショク) 横浜中華街: 本日も中華日和

横浜 中華 街 南 奥 美食

横浜中華街には複数の美味しい中華料理店が存在する。 広東、四川、延辺、そして台湾料理まで堪能できる、まさに中華のメッカである。 どの店も自慢の中華料理を出しているが、なかでも「南粤美食」 神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル はランチタイムになると行列ができるほどの人気店。 特に人気の料理は、腸詰め干し肉貝柱釜飯 1680円 と、香港海老ワンタン 980円 、そしてアヒルの炭火焼き 1500円 だ。 なかでも腸詰め干し肉貝柱釜飯を香港海老ワンタンと一緒に注文する客は多く、独特の食べ方がある。 そう、香港海老ワンタンのスープはご飯にも合うのだ 麺なしワンタンも美味しい。 そもそもだが、腸詰め干し肉貝柱釜飯自体が非常に珍しい料理であり、過熱することで干し肉の旨味と塩分がご飯にあふれ出し、香ばしさとともに肉の美味しさをご飯に付加する。 さらに貝柱の魚介の旨味もご飯に溢れ出るのだからたまらない。 可能ならば、そのふたつを食べる前にアヒルの炭火焼きを注文しておきたい。 腸詰め干し肉貝柱釜飯は注文を受けてから炊くため、20分ほど時間を要するので、完成まで香ばしく焼かれたアヒルの炭火焼きにかじりついて中華の神髄が到着するのを待ちたい。 ランチタイムは15時近くまで大行列ができているので、時間がない人はオープン前から並ぶか、または昼の部が終わる直前に立ち寄りたい。 長ければ約2時間も並ぶ時もあるからだ。 まあ、それほど美味しいのである。

次の

地図 : 南粤美食 (ナンエツビショク)

横浜 中華 街 南 奥 美食

横浜中華街のメイン通りから少し離れた、の前にある 南粤美食 ナンエツビショク に伺いました。 こちらはのお店です。 丸鶏の塩蒸し焼きが名物みたいでしたが、今回は売り切れでした。 お店は小さめですが、2階もあるので意外と入れます。 前菜メニュー。 肉メニュー。 海鮮メニュー。 野菜メニュー。 麺、ご飯メニュー。 ドリンクメニュー。 鶏の塩蒸し焼きが売り切れだったので、代わりに注文。 前菜三種盛り。 1980円税別。 、クラゲ、焼豚が入っています。 焼豚が特に美味しかったです。 クラゲも今まで食べたことない食感でした。 は普通です。 車エビのチリソース煮。 1680円税別。 食べかけで申し訳ないですが、大きな車エビが4個入っています。 ソースが揚げた車エビと絡まって絶品です。 香港海老ワンタン。 980円税別。 大きな海老ワンタンが6個入っています。 海老がぷりぷりして美味しいです。 厚切り豚ロース蒸し煮 1480円税別 肉と油のバランスが良いですね。 トロトロに蒸されていて、脂っこさは感じません。 釜飯のメニューもあるようで、注文されている方がいらっしゃいましたが、美味しそうでした。 横浜中華街はメインの通りより少し離れた所に名店が多いですね。 次回は丸鶏の塩蒸し焼きをリベンジしたいと思います。 ご馳走さまでした。

次の

【横浜中華街】遂に発見!香港の庶民ご飯を「南粵美食」で堪能!

横浜 中華 街 南 奥 美食

東京餃子通信編集長の塚田です。 皆さん「新年快乐!」。 2月5日は春節、旧暦のお正月です。 中国では年末に親族や友人があつまって餃子を食べる習慣があるのですが、それにならって2月4日に横浜中華街のカウントダウンイベントに参加してきました。 私は横浜で生まれて40年以上経つのですが、横浜中華街でのカウントダウンは未体験でした。 2月4日の19時頃に横浜中華街につくと、思いのほか静かな様子。 爆竹がバチバチなってたり、年越しを祝う人たちが道にあふれていたりするのを想像していたのですが、かなり閑散とした雰囲気です。 普段と違うのは春節を祝う提灯が並んでいることぐらい。 媽祖廟もこの時間はまだまだ閑散としています。 カウントダウンイベントは本当に実施されるのか心配になってきます。 年越しを祝うために友人たちと集まったのはローズホテルの「南粤美食(ナンエツビショク)」。 粤って見慣れない感じですが、中国古代における南方異民族の呼称で、現在は広東省の別称として使われています。 広東料理のことを粤菜と読んだりもしますよね。 「南粤美食」は、広東の郷土料理が食べられる知る人ぞ知る人気店です。 この日は5000円のコースをお願いしました。 まずは前菜から。 干し肉、クラゲ、ピータン、きゅうり、豚バラ炭焼き。 どれも美味しいのですが、干し肉は、ものすごく旨みが凝縮されていて驚き。 続いて「南粤美食」の名物料理「塩焗鷄」。 丸鶏の塩蒸し焼きです。 塩気が丁度良いんですよね。 続いて広東湯。 旨みが凝縮されていて、さらにとっても身体に良さそうなスープです。 スープの中に霊芝が入っていました。 ガン抑制等の効果があるらしいですね。 初体験だったのですが、食べることは出来ないんですね。 食べられなくても、エキスがスープに染み出しています。 続いて「炒双鲜」。 海鮮と野菜の炒め物です。 ホタテが贅沢に使われています。 以下も美味しい。 こちらは車海老のエビチリ。 むちゃくちゃ大きな車海老を贅沢に使っていました。 ぷりっぷりで、海老の甘みもすごい。 年越しといえば水餃子なのですが、南部の方では雲呑の方がメジャーなので、雲呑を頂きました。 海老の雲呑スープです。 薄めの皮に海老餡がたっぷり包まれています。 皮からピンク色の海老餡が透けて見えますね。 海老のプリプリっとした食感、干しエビのような旨み。 そして滑らかな食感も感じます。 実は、この雲呑の餡には海老の他にカレイのすり身が入っているとのこと。 カレイがないとこの味を出すのは難しいらいしいです。 続いて 生蠔豆腐。 土鍋で煮込まれた牡蠣と豆腐。 この牡蠣も美味しかった。 ものすごく濃厚な味です。 そして一点してさっぱりと青菜の炒め物。 ニンニク風味ですが非常にさっぱりしています。 緑の色がものすごく美しいですよね。 そして締めは香港炒面。 麺ともやしだけのシンプルな焼きそばなのですが、これがまた旨いのです。 具材がシンプルなのは、麺の美味しさだけで勝負できるという自信の表れでもありますよね。 この麺を仕込むのはものすごく手間がかかるそうで、通常は出していない裏メニューとのことです。 最後はデザートで終了。 最初から最後まで全てが美味しく驚きのある非常に満足度の高いコース料理でした。 食事が終わったのは22時過ぎ。 カウントダウンまではまだ2時間ぐらいあったので、近くのバーで時間を潰しました。 そして年越しカウントダウンが始まる少し前に関帝廟へ。 この時間になると関帝廟もイベントのために入場規制がされます。 中華学院の校庭にステージが組まれていて、たくさんの来場客が集まっていました。 ようやくカウントダウンの雰囲気が出てきましたね。 そして24時を回るタイミングで、みんなで「新年快乐!」と唱和をして新年を迎えます。 関帝廟の方で爆竹が「バチバチバチバチバチ」っと鳴り響き、これぞ中華街の春節というような雰囲気になってきました。 その後、ドラと太鼓が鳴り響くなかで獅子舞が登場。 目がクリクリしていて色も鮮やか。 瞬きしながら動き回る姿が可愛らしいんですよ。 終電が0:30頃だったので、最後までは見ることはできなかったのですが、春節の雰囲気を十分楽しむことができました。 年が明けてからの派手な春節イベントも楽しいですが、大晦日をゆったり過ごすというのも良かったです。 0 tokyogyoza.

次の