やっと 英語。 やっとの類語・言い換え

ついに/とうとう/やっと/ようやく

やっと 英語

この場合の「やっと」 に相当する英語は、大体「finally」で十分ですね。 I finally got my driver's license! やったー!運転免許証をやっと取れた! I finally got a reply regarding the research scholarship! 研究生の奨学金について、返答がやっと来た! I finally did it! やっとできた! ----------------------- また、ネガティブの場合でも「finally」は使えます。 I guess it was a long time coming. ついにグウェンと別れたよ・・・。 ま、いずれそうなるとは予想してたけど。 ----------------------- 他の言い方として、「at last」などもあります。 Time to eat some real sushi! やっと日本に戻った!さっそく本格的な寿司を食べたい! At long last, we meet. やっと君と会えたね。 ----------------------- 平均的に英語で使う単語数は5000。 一方、日本語能力試験で一級取得するには一万、知っておかないといけないらしいです。 何が言いたいかというと、英語で「やっと」・「ようやく」のような感情を表すには、言葉に感情を盛り込む必要があります。 ということは、単語にストレスを加えることです。 」を使う場合、以下の例文1、2のようにポジティブとネガティブな使い方ができます。 例文1: Julian: I've finished my homework at last!! =(やっと宿題終わったー!) 例文2: John: Sorry I'm late with the homework Julian. (宿題遅れてすみません) Julian: At last.. (やっとか <皮肉り>) こういって、感情を言葉に盛り込むことによって意味が変わるのが英語です。 ご参考までに: 「やっと会えた」: - We meet at last! - We finally meet! ジュリアン.

次の

やっとの類語・言い換え

やっと 英語

I did not hear the news until tonight. 「今夜になるまではその知らせを聞かなかった」が原義となって「今夜になってやっと(初めて)その知らせを聞いた」の意味を表現します。 それをIt is~thatの強調構文にしたのが次の例文です。 It was not until tonight that I heard the news. 肯定の強調構文は it is A[強調]+ that B[残り]で「B[残り]はA[強調]だ」と和訳しました。 こんな具合です。 It is I that love you. (肯定文) 一方、ここで使っているのは 否定の強調構文で、「 It is not A that B」の形で「BはAではない」の意味を表現します。 It is not I that love you. Not until tonight did I hear the news. 「not until+名詞」がセットになって意味を持つことがよくあります。 こんな具合です。 そこで、 Not until tonightを強調のために文頭に引っ張り出します。 すると、not until名詞は否定語なので、直後の文で「疑問文型の倒置」が起こります。 それでは類題です。 私たちは健康を損なうまで、その大切さに気がつきません。 【第33章 否定(2)】例文=295 ・.

次の

「花金」の英語表現!待ちに待った金曜日に使いたいフレーズ11選!

やっと 英語

I did not hear the news until tonight. 「今夜になるまではその知らせを聞かなかった」が原義となって「今夜になってやっと(初めて)その知らせを聞いた」の意味を表現します。 それをIt is~thatの強調構文にしたのが次の例文です。 It was not until tonight that I heard the news. 肯定の強調構文は it is A[強調]+ that B[残り]で「B[残り]はA[強調]だ」と和訳しました。 こんな具合です。 It is I that love you. (肯定文) 一方、ここで使っているのは 否定の強調構文で、「 It is not A that B」の形で「BはAではない」の意味を表現します。 It is not I that love you. Not until tonight did I hear the news. 「not until+名詞」がセットになって意味を持つことがよくあります。 こんな具合です。 そこで、 Not until tonightを強調のために文頭に引っ張り出します。 すると、not until名詞は否定語なので、直後の文で「疑問文型の倒置」が起こります。 それでは類題です。 私たちは健康を損なうまで、その大切さに気がつきません。 【第33章 否定(2)】例文=295 ・.

次の